FC2ブログ
ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!-しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
清陽軒
とんこつクラシック復活か・・? 清陽軒(久留米市)

PB030762.jpg

PB030810.jpg

PB030775.jpg

PB030784.jpg

本日は福岡市の南で家族の用事がありまして、それが済んでどこに行くか・・?ってことで・・、こちらになりました。普通の家は食事の内容のジャンルは何にする?というようなところから始まるのでしょうが、何となくもうラーメンに決まっているので(笑)、どこのお店にする?ということから始まるわけでして・・、やっぱウチの家は普通とちと違うのでしょうか・・(笑)?

まあそこから30分ぐらいで行けると思っていましたが、小一時間かかりました。確かに地味な建物です。これは分かり難いです^^。でも14時ごろというのに駐車場は満杯ですでに地元では復活を遂げられた感はしっかりとあります。現在ではチョーメジャーになられた大砲ラーメンと元は同じところです。その個人店の清陽軒が数年前に閉店してから、地元のファンからかなり復活を期待されてのことのようでした。詳しいことはこちらで・・。

この清陽軒が地元ではどのぐらいの位置だったか?そして現在のこちらがどんな感じなのか?は私が申し上げると間違っていると思いますが、敢えて愚を承知でいわせて頂きたいと思います^^。

屋台仕込みラーメンとすっぴんラーメンのツートップにサイドのメニュー構成ですが、屋台ラーメンの方が多く出ていて一般的なようなので、そちらを2杯にしました。すっぴんは焼飯セットにしました。

[清陽軒]の続きを読む

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

大栄ラーメン
直球久留米系Part Ⅱ 大栄ラーメン(久留米市)

P9127729_01.jpg

P9127754_01.jpg

さて、梁山泊からもう一つ宿題店に^^。しか~~~~し、探すもございません(笑)。←君の場合は間違ったところを探しているので、ある方がおかしいのチャウ^^?⇒悔しいけれど言い得て妙(笑)!以前かずやんさんが紹介されていましたり、地元久留米のサイトで話題になっていた清陽軒です。そちらは本年4月(5月?)に復活系として、久留米のラーメンを語るには欠かすことのできないお店のようです。

その場所ですが、西鉄花畑駅から斜めに延びる道路沿いということははっきりと覚えておりました。しかし~~~~し、探していたのは北西の方で、帰って確認すると南東方面だった(笑)。もう困ったものですな・・^^!しか~~~~も、驚くことに梁山泊からのすぐのところで、その前を通っていたのだからHELPしようのないアホとはこのことでしょう・・(笑)。
[大栄ラーメン]の続きを読む

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

梁山泊
直球久留米系Part Ⅰ 梁山泊(久留米市)

P9127698_01.jpg

P9127719_01.jpg

さて以前よりずっと宿題になっていましたこちらにお伺いしました。ってこれのシリーズもちょっと前のですわ~^^。何度かお伺いするもお休みとか、しばらく休まれていたりでした。以前チャンカメさん(リンクにあります。)にその実態ははどうなかの?お聞きすると最近はやっているよと仰っておられましたので、リスト上部になっていましたが、やはり久留米となるとな・・(・Ω・`)。本日、暖簾を拝見したときには、流石にズッキーニ系でした(笑)?←確かに嬉しいのは分かるが・・、それはちと誇大表現ですわ~^^!ちょうど2台続けて駐車場に。前のチョー高級外車は福岡ナンバーだったので、わざわざでしょうか?高級外車の後をついて行くと普通でさへ結構ショボいのにさらにショボさが増幅しますな・・(笑)!

そして車を下りると「臭い!」のですな・・(笑)。これこれ、とんこつラーメン店はこれでなくては・・(笑)!もちろんラーメンも臭いのでしょうが、とんこつネイティブにとってはラーメンを前にするとその辺はチョー鈍感になってしまうのか・・?主からえさを期待して忠実に座っている犬状態と申し上げたら分かり易いかもしれません(笑)。

[梁山泊]の続きを読む

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

秀ちゃんラーメン
またもや佐賀で博多系やん^^! 秀ちゃんラーメン(白石町)

2008_11030104.jpg

2008_11030115.jpg

さて他の者はイベントに行っている間に私だけもう一軒お伺いすることにしました。←やっぱ(笑)?⇒場所は白石町ですので、佐賀の市街地から南西の鹿島市方面にちょっとあります。付近はレンコンの一大産地で、こちらのお店の近くでも掘られていました。この作業はかなりな重労働でしょう。

詳細の場所は佐賀市南部と鹿島市を結ぶ主要道路ぞいですが、やはりレンコン畑?の多い農業地ばかりですわ~^^。ということは近いところにはラーメン店などほとんどないように思いました。変な時間帯の訪問となったけれど、しっかりと開いていい加減系にはありがたいですわ~^^!。カンター内外ではお店の方がビシビシと働いておられて最初から好印象です。まずはカウンターに一度座りかけるも撮り難いようなので、了承をとって小上がりに・・^^。まあ、快くでしたわ~^^。

[秀ちゃんラーメン]の続きを読む

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

一休軒 本庄袋店
グループ店の一つ^^! 一休軒 本庄袋店(佐賀市)

2008_11030090.jpg

2008_11030099.jpg

先日の3連休は佐賀の方に家族でお伺いしました。世間は3連休、私は1連休だった!←オイオイ1連休って・・?そういうときは普通に1日休みと言うべき^^!⇒確かにそれで間違いなけれど・・、やっぱ言葉だけでも連休って言いたいやん(笑)!←分かった!だったらお好きなように^^!⇒もちろん断っておきますが、ラーメンがメインではありませんので・・(笑)。でも私にはちょっとメインっぽいかな・・(笑)?家族の方もお昼は何も言わないのにラーメンになることは暗黙の決定事項のとなっているようです(笑)。でも、まあ苦情もないようなので・・^^?←それはチャウ(笑)!トホホ系で諦められてられているのじゃ・・(笑)?⇒そない、はっきりと言わんでもええんチャウ(`ε´#)?

こちらかずやんさんが行かれるまでは私存知上げませんでした(・ω・`)。一休軒グループは佐賀では言わずもがなのお店です。本店、鍋島店、いちげんとお伺いしているので、やはりこちらもお伺いしたいな・・!って思っておりましたチャン^^!しかしこのグループも少しずつお店によってテイストが違っています。

[一休軒 本庄袋店]の続きを読む

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

沖食堂
沖食堂(久留米市)

100_9011q.jpg

100_9014q.jpg


こちらもかなり前に頂きました。でもこちらは同じような印象です。ちょっとだけ甘い、パシャパシャ系のスープに中麺です。少し固麺指定がいいでしょうか?とにかく丁寧な仕事振りが感じられます。チャーシューが小さいけれど、これもなかなか好みのタイプです。これで320円はないでしょう?と、いった感じです。焼飯も魅力あります。お伺いしたとき、外人さんが5人でラーメンと焼飯を囲んで召し上がっておられました。もちろん英語です。何とも変な感じでした(笑)。食後は何人かは併設のクーラーからアイスクーリームです。やはり、デザート感覚なのでしょうか(笑)。別にええけどー(笑)。場所は明善高校の横です。

久留米市篠山町4-330  0942-32-7508

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

一竜軒
一竜軒(唐津市)

100_9067q.jpg

100_9070q.jpg

さてかねてから、懸案だった唐津の2店です。福岡に宿泊した翌日、少しばかり昼間に行けそうなので、回って帰りました。まずは、こちら、何も言うことはありません。御覧の通りです。知らない方のために、元々は北九州市の小倉北区にあったそうで、何年か前に故郷に帰られたそうです。マイルドなラーメンです。場所は唐津南高校の前の通りを北にしばらく行くと左側にあります。

唐津市菜畑4070-2  0955-75-3455

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

関東軒
関東軒(唐津市)

100_9072q.jpg

100_9076q.jpg

唐津からもう一軒。醤油ラーメンのお店です。スープのこの味にたどり着くのにかなりな企業努力があったのでしょうね。複雑で私にはよく分かりませんが、どんなんが入っているのでしょうね。麺も平打ちの縮れ麺で、もちもちとしています。好みの問題からして敢えて言いませんが、一つだけ合わないところがありました。でも問題なくおいしいと思います。麺の違う、ラーメンもきっとおいしいに違いないでしょう。とんこつ王国にある、醤油ラーメンの名店ですね。お客さんも多いこと。場所はJR筑肥線の和多田駅の近くです。

唐津市和多田本村2-1  0955-72-0045

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

大龍
大龍(久留米市)

100_9007q.jpg

100_9009q.jpg

もうかなり前に頂きました。そのときの印象は久留米ラーメンっておいしいなーとしきりに思った次第です。で、本日の印象はというと「こんなんだっけ??」ラーメンが変ったのか?私の方の好みが変ったのか?よく分かりません。とにかくもっと切れがあったように思います。麺は中麺でややこってりときたスープでした。それにしてもお客さんの多いこと。場所は久留米ICを下りて日田方面に行けばすぐ北側です。市内に数店舗、あります。

久留米市東合川7丁目13-45  0942-44-0229


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

味納喜知
博多ラーメンを佐賀県で・・^^! 味納喜知(武雄市)

2008_08170056.jpg

2008_08170069.jpg

「武雄に名店あり!」と常々お聞きしておりましたこちらに^^。読み方は「みのきち」。一応、申し上げておきますが、こちらメインで武雄にお伺いしたわけではありませんから^^。ちゃんとしたメインの理由はありましたチャン^^!←そんなこたーどうでもいいやん(笑)!⇒いえいえ、またラーメンメインで行っていると思われるのは沽券にかかわることですよ~^^。←なるほど^^、でも答えようがないわな~(笑)。

1時30頃に着くとお店の前に行列です。ありゃ・・、しかもこの付近は田んぼ地帯もいいところというロケですから、なおのことサプライズです。そして、やっぱ最近はロケの要素はかなり減ってきていると思わざるを得ないようです^^。で、ちょっと30分後にもう一度お伺いしました。今度は何とか、座れましたが、すぐに満席です。確かに席数は多くはありませんが、やっぱすごいですな・・^^。

[味納喜知]の続きを読む

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ほっとステーション基山
普通はまず行かんよ~(笑)! ほっとステーション基山(基山町)

2008_08170032.jpg

2008_08170020.jpg

さてお盆休みということで佐賀方面に行くことになりました。で、10時30分ごろ鳥栖に着き、工場見学をする予定が、お休みでやってないということでした。ラーメン店が開店するにはまだちょっとありますし、こちらも11時からです。じゃあ、佐賀市内に候補店は下調べしておりましたのでそちらに行こうということになったけれど、その前に場所確認だけでもと思い、行くともうすでにやっているではありませんか^^?ということでリー即系となりました(笑)。

もっともこの名前では普通は行きません!というより行けません(笑)。でもイエローさん のところで盛んにリピートされているので宿題になっておりました^^。そしてそこで得た情報では、丸幸ラーメン@基山の姉妹店ですが、経営は別です。大将は以前丸幸の大将だったとか・・?などほとんど名前以外は間違いなく由緒正しきラーメン店でしょう^^。最近では久留米がご実家の山口在住のかずやんさんも取り上げられていました^^。

[ほっとステーション基山]の続きを読む

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

久留米屋
大牟田オフ関連麺Ⅲ 
チョーハイハードル系か^^? 久留米屋(久留米市)


2008_04200032.jpg

2008_04200025.jpg

さて久留米に12時前に終電でたどり着くとやはりこちらでしょうか~^^?ここは夜の8時に開店という、チョーハイハードル系なお店です。そのようなお店ですので普通にしていては存じ上げることはありません。最初に教えて頂いたのは隊長です^^。やはり隊長も何度もアタックされたように思います。そしてトップランクでした。そうであるなら・・、ぜひお伺いしたくなるのは麺バカというものでしょう^^?

駅から歩いていきました。お店の中は満杯で外で待つことになりました。夜の12時に久留米の営業中のお店の多いでしょうけれど、待つお店となるとそうざらにはないでしょうな~^^?幸いすぐに出てこられてそんなには待たずに済みました。
[久留米屋]の続きを読む

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

北国ラーメン
大牟田オフ関連麺Ⅱ
ちょっとラーメン系をば・・^^。 北国ラーメン(大牟田市)


2008_0419大牟田ラーメン0003

2008_0419大牟田ラーメン0010

さて大平山を出て私たちは、本日泊の場所久留米に・・。大牟田オフなので大牟田のビジホに電話するが、満室です。どうもイベントがあるらしく仕方なく電車で30分の久留米に取ることになりました。

約2時間で着くことになっていたけれど、あれこれとあってさらに1時間かかりました^^。そして会場の大牟田まではもう少しかかることになりました。一番エライ人に電話すると誰か駅まで行かせるとのこと。本日主催のあたしさんとアールさんが途中までいらしていただいてすぐにたどり着けました。ありがとうございました。
[北国ラーメン]の続きを読む
佐賀福岡遠征麺 Ⅱ 大臣閣
佐賀福岡遠征麺 Ⅱ 大臣閣

大臣閣(佐賀市)②

2008_02020032.jpg2008_02020030.jpg


2008_02020034.jpg2008_02020027.jpg

ラーメン500円
「いちげん」から程近く、福岡県境になるこちらに。こちらは通し営業で遠征組みには行きやすいです。2時ごろだったと思われます。お客さんはおられませんが、実力は皆さんが認められいるところでしょうか?

前回は名前の由来等をお聞きしていましたので、本日はやっぱりあちこち遠方から来られますか?ってまたお聞きしようと思いましたが、多分そうだと思われてやめておきました(笑)。もっともわれわれもかなり遠い部類で間違いないでしょう(笑)。

持って来られたときにはいい感じの泡立ちで、結構な状態を確信しました。まあ前回と比べてマイルドになっていたようですが、MAXの2歩手前ぐらい(あくまで想像^^。)でなかなかな状態ではなかったかと思います。もちろん充分の充分でしょう。

そしてここは久留米人をもってしても、唸らせるだけのものはあるということです(笑)。多分私の分からないところで厳しい判断をされても・・、っていうことに違いないでしょう。やはり豚骨の経験値の問題で、一部の方々を除いて(笑)種類と量と質ではやはり足元には全く及ばないでしょう。それは裏を返せば、私ごときショボ系がこういうラーメンを軽々しく語ってはいけないのかもしれません(笑)。

私、その久留米人の方に「オースケさん、ここは遠征しても行く価値があるのでお勧めしますよ~!」って言われました。久留米の実力店をもってしてもそう仰います。でも、そのときは「もうすでに行ってますよ~。」とは言えず、話をそのままにしていてご無礼しました(笑)。

前回も言いましたが、もう大盛とライスを頂いて他には行きたくないようなお店です(笑)。やはりここはやや固麺もいいかもしれません。表のチョーパフォ系オブジェはやはりインパクト、メッチャあって大好きです(笑)。ウチの家のにも1つほしいな~!って思いました。←お店じゃないのにアホやん(笑)! でもどうもこれに出会えると結構和むんだな~^^!

  ’0802

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

佐賀福岡遠征麺 Ⅰ いちげん
佐賀福岡遠征麺 Ⅰ いちげん

いちげん(佐賀市)

2008_02020019.jpg2008_02020018.jpg

2008_02020024.jpg2008_02020016.jpg

ラーメン530円
本日は単独ではなしにびおさんとムギバヤさん の3人で佐賀遠征となりました。私も佐賀までは久ぶりとなり、まずご要望のありましたこちらにお伺いしました。私はもう7、8年ぐらい前になりましょうか?そのころ1度お伺いしておりまして、豚骨ハイレベル地域の印象を強くしたことを覚えています。やっぱ、この辺は違うな~^^!って。

1時30分ごろの訪問となったでしょうか?それでも駐車場は満杯の大盛況です。10年ほどでしっかりと人気店になられたようです。何とか入って混んでいる割にはすんなりと早く出てきたようです。因みにこの日は麺上げはお弟子さんがされていたようです。

で、一口。マイルドな感じです。クセが取られ過ぎとでもいいましょうか?本日のスープは先日頂いたこちらの師匠のお店「鍋島一休軒」に比較的似ていたようだけれど、いかがなものでしょうかな~?

まあはっきりと申し上げると他のお店と比べるとやはり格段にいいのでしょうけれど、どうしてもこのレベルのお店になると期待をしてしまうようです(笑)。真価はこんなもんじゃあないな~!っていうような感じですか(笑)?そのためには通わないと難しいというのが実感でしょう。やはり遠征組には日頃の行いを正しておくことを強くお勧めします(笑)。ということで、なかなか私にはそのレベルのラーメンに辿り付けそうもありませんな~(笑)。まあ「いちげん」だけにいえるコメントであって他所のお店にはちょっと使えないものだと思えますか(笑)?

佐賀市川副町大字西古賀925-1 TEL 0952-45-7865
  ’0802

HP

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

私には合っていたようだ(笑)。 鍋島一休軒
私には合っていたようだ(笑)。 鍋島一休軒

鍋島一休軒(佐賀市)

2007_12200096.jpg2007_12200095.jpg

2007_12200097.jpg

ラーメン530円 特製780円
さて唐津の青竜軒を出て、もう一軒どこにするか?考えました。普通なら問題なくチョー有名店一竜軒ということです。豚骨ファンは結構遠くから来られます。私も2年半ぶりだから、あまり考えずにお店の方に行きました。先日定休日ハンターになったこともあって(笑)。

お店はほぼ満員です。しかし、駐車スペースは1台ほどあったようなので、入ることは可能でした。しか~し、しばし考えて、その日はパスしました。理由はといいますと、本日は鍋島一休軒です(笑)。結構お休みの日の遠征で諦めていたところです。1時間ぐらいは大回りになりますし、しかもかなり後ろ髪系になっていたのは事実です。一竜軒をまたげる私って凄いか?やっぱかなりバカですか(笑)?

着くと隣は・・^^?お店の画像をご覧下さい。お好み焼のソースの旗と看板の一部です。そうです。「広島風お好み焼 おこのみ亭」でした(笑)。もちろんちょっと入りかけたのは言うまでもありません(笑)。ちょっと入ってみたい衝動をグッと堪えて隣に・・^^。お店は2重ドアで北国によくあるタイプのように思いました。豚骨のにおいが外に流れ出るのに気を使っていらっしゃるのでしょうか?最初に申し上げておきますが、こちらは佐賀ではかなり実力ともにメジャーになっておられます、「いちげん」の大将の修行先ということです。

早速、「大盛は1玉半ですか?」とお聞きすると、大盛はないとのこと^^。チャンチャンで、普通にしました^^。メニューになくてもやっぱ聞いてしまいます(笑)。すみません^^。まあ、きれいなお店です。てきぱきと作られてサッと出てきました。受け皿がなんとも歴史を感じさせてくれます。しかし、受け皿を受け取るときバランスを取り間違えて、少しこぼしました^^。もう一度すみません^^。

一口。最初からインパクトは来ません。しかし結構私には合っているようです(笑)。麺も黙っていましたのでやや柔らかいですが、味はこの方があるかも知れません。量も少ないところの大盛ぐらいはあるのでは・・?またチャーシューが薄くて私好みで量も結構多いです。少ないところのチャーシュー麺ぐらいはあるのでは・・^^?大盛をされない理由も少し分かりました。

ちょっとバランスいいラーメンだったなあ^^。でも、やっぱり、こんなラーメンでも合わない方もおられるのだろうな~(笑)?と何となく思っちゃいました(笑)。それがラーメンなのでしょうかね^^?って分かったようなことも言っちゃってすみません^^!それで思い出したことがあります。

先日、門司港でアクセントから関東の方だと思いますが、「おいしいラーメンはご存じないですか?」と聞かれましたが、ちょっと困ってしまって、ラーメン屋さんの多い場所だけをお教えするにとどまりました。ましてや私がこんな麺バカでこのようなブログなんてしていて、その辺のお店はほとんどお伺いしているなんてとてもじゃないけれどいえませんでした(笑)。

もっとお教えすればとも思いましたが、どうなのでしょうかね?基準って違って普通で、やっぱいくらメッチャおいしいと思われても普遍性はないように思えて仕方ありませんな~^^!それでいいのでしょう^^。一竜軒またいで正解か?どうか?分かりませんでしたが、私にはしっかりと納得できたようです^^。ごめんチャ^^!←誰に言ってるの~(笑)。 ヒ・ミ・ツ(笑)!このシリーズは一応本日まで。お粗末様でした^^!また、もうええちゅーねんのエブリウ系か~(笑)?

佐賀市鍋島町八戸1144-1 TEL 0952-26-8095
  ’0712

地図

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

佐賀にはあるんだな~^^! 青竜軒
佐賀にはあるんだな~^^! 青竜軒

青竜軒(唐津市)


さて、福岡泊でしたので、翌日そこから遠い地域は突撃しやすいけれど、午後4時ごろまでには帰らないといけないので、あまり遠くまではいけません。ということで隊長からチョー宿題系になっていました。こちらに行くことにしました。って、普通の人なら充分遠いってか~(笑)?まあ直接行くことを考えるとかなり近く、福岡から1時間ちょっとで行けます。しかし、その後時間をとってしまった^^。なぜ?それはこれから申し上げます^^。

2007_12200093.jpg2007_12200092.jpg

え~、画像をまずご覧下さい。お店の看板が出ていません。非常~~に分かりにくいです^^。以前一度ネットで場所リサーチしておいたのでその記憶をたどるとスーパートライアル唐津店の近くです。実際は少し離れていました。分からなくてタクシーの運転手さんにお聞きするが知らないとのこと。タクシーの運転手さんがご存じないということはこれはチョーヤバイ(笑)。ということで、探していると郵便局の配達のバイクです^^。チョー渡りに船です^^。お聞きすると一発でした^^。まあ、地図をリンクしておきますが、ポイントは赤い郵便受です。普通に営業中の札もありますが、お店~~な感じではありません(笑)。私が入るとドッと来られて地元の方はしっかりとご存知です^^。(実はお聞きしたところから結構近かった^^。)

2007_12200086.jpg

え~、メニューはありました。チョー渋い感じ^^!ラーメンはな、な、なんと300円じゃん!大盛は320円じゃん!これは凄いです^^!餃子、5個で200円とかもグイグイ来ます(笑)。これは私系なお店ですぐにジャストフィット系になりそうです(笑)。普通は「も・ち・ろ・ん」大盛です(笑)。しかし、そこはなんとか抑えて普通にしました。厨房とはモザイクガラスのようなもので区切られています。しばらく待つとそのガラスがガラガラと開いて、「はいどうぞ。」となり、なんともいえませんな~^^!この感じ昔は結構あったかも知れませんが、やはりノスタルジー系です^^。そして渡されるとまたガラガラと閉められます。メッチャ落ち着いたパフォーマンスがあってなかなかです。日頃ノスタルジー系に癒されてない方はチョーお勧めです。

2007_12200090.jpg2007_12200089.jpg


スープは珍しい感じの豚骨チョーパシャパシャ系です。ほのかな甘みもあり、いきなり集中系になったのは言うまでもありません(笑)。麺はあまり太くはありませんが平打ちです。あ~、お店の中には自家製麺って書かれていたな~。まあ、滋味系であまりない豚骨ラーメンなので、唐津までまたお伺いしたいと思いました。そのときはこのスープです。チャンポンかな~^^?というのもこれを言われているジモティの方々も少なくなかったからです。それに焼飯も値段(400円?)の割にはかなりな量だったようです。自家製麺といい、わり箸ではないことといい、要らないコストは削減してこの値段になっているところもあるのだろうな~?と思われます。こういうお店近くにないかな~?チョーマジで^^!

唐津市栄町2571-23 TEL 0955-72-2989
  ’0712

地図

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

創作系ですか^^? れいんぼー
創作系ですか^^? れいんぼー

れいんぼー(唐津市)

2007_11010018.jpg2007_11010017.jpg

2007_11010020.jpg2007_11010016.jpg

ラーメン450円
この日はちょっと久しぶりにとある事情で唐津市の一竜軒に行こうと思いました^^。この記事はかなり前のです。実は本日福岡某所で会合をやっておられるので、この記事と下記の記事にそんなに横槍は入りにくいと思われるのでひっそりと分からぬようにうpすることにしました(笑)。こ~ら(笑)。定休日を調べるとやっている日だったけれど、ちょっと資料が古かったのか?やっていませんでした。ずわんねん(笑)!で、田の久は先日行ったし、ということで、一竜軒からすぐのこちらにお伺いしました。お店の感じからしてそのまんまですが、ロック系のお店でもあります(笑)。

出てきたラーメンは予想とは違い創作系でした。てっきりとんこつと思っていましたが、その辺のギャップも面白かったです。しかし、もう少しインパクトもほしいところです。そしてもう少しラーメンにもロック魂が入ってくるといいな~なんて思っちゃいました(笑)。作っていると、レンゲで仕上げに白いものを入れられます。天かすかな~?って思っているとたまねぎでした(笑)。東京によくあるラーメンっぽいそうです^^。他に月替わりの創作麺もあるそうです。場所はちょっとややこしいので、お店のブログで確認してください。

  ’0710




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

本日はちょっとか~^^? 来久軒
本日はちょっとか~^^? 来久軒

来久軒(武雄市)

2007_11010029.jpg2007_11010023.jpg

ラーメン550円
お伺いしたいとずっと思っていましたが、何せ遠いです^^。何かのついでってわけでもありませんけれど、何とかお伺いしました(笑)。←意味分からん(笑)。過去のガイドブックやネットでの評価も結構だったので。まあ、本日の出来はちょっと・・?というような感じでしたので、またお伺いしてみたいと思います。とんこつだったらどうしても仕方ないことでしょう^^。その証拠に変な時間帯の割にはお客さんは結構おられましたけれど・・?

武雄市武雄町大字武雄4190-2 TEL 0954-22-2522
  ’0710

地図

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

チョー市街地本場久留米ラーメンマップ
チョー市街地本場久留米ラーメンマップ!

さて、それから久留米中心部方面に行きました。市内某所にて車を駐車させてチャリをセットして回ります。こうして久留米もチャリで回るとまた違った印象です。

で、何をするかといいますと、何もありません(笑)。だったら、車では出来ないような企画でも^^!「チョー市街地本場久留米ラーメンマップ!」てのはどうでしょうか^^?←かなりバカ(笑)!って、こんなチョーおばかなことには、遠慮は要りませんのでお忙しい方はclick outお願いします^^!



まずは西鉄久留米駅まで。そこからからスタートダッチャ^^!本番久留米にももちろん金龍はあります。どうも違うコンセプトかな~?

2007_10240048.jpg2007_10240026.jpg

まずは駅前商店街から、少し行くと「大龍ラーメン」です。お客さんは多いです。他の大龍のお店と違うのか^^?

2007_10240031.jpg2007_10240033.jpg

って次は本日のメインの「大栄ラーメン」です。ほ~、14:00まではライス付きで500円やん^^!しか~し、本日はすでに「わくう」で塩ラーメンを頂いております^^。時間的にももう少ししてからでええん、チャウケ~^^?って思って付近をチャリ探索に出かけました。だって、中休みなしのようやん^^!

2007_10240062.jpg2007_10240040.jpg

アーケイド街はを西の六つ門に。ここでは確認しないといけないお店があります。 まずは「あっくん食堂」、それから「久留米荘(撮るの忘れた^^!)」。こちらはチョーイリコ出汁(笑)の老舗のうどんです^^!

2007_10240057.jpg2007_10240056.jpg

さらに文化街?の「久留米屋」です。こちらはご隠居のチョーpush系ですが、ご覧の通り夜の8時30分からのチョーハイハードルなお店です。私なんか、泊まらないとほぼ難しいと思われます^^。しか~し、その計画に着手しようかと思っているのが、困ったちゃんダッチャ^^!

2007_10240049.jpg2007_10240046.jpg

さらに、あ~、こんなところに「南京千両」。またこちらにも「南京千両」^^!こちらは一番人気の「マリン店」のようだ^^!そういえば以前、夜だけ営業なのに昼にattackを繰り返していたな~(笑)!←アホやん(笑)!

2007_10240045.jpg2007_10240043.jpg

「大龍」は西鉄花畑駅に入っているとお聞きしましたが、本日は固い決心で大栄です^^!ところで駅の周辺とはいえ、換気扇の送風口が画像のPのところとは(笑)?コスト、メッチャ、掛かっているやん^^!おそらくそのダスト?の長さの長いこと、い・ち・ば・ん・で・す・ぅ~^^!

そして戻ってきました^^!じゃあ、「大栄ラーメン」を頂いて帰りますか^^?ということになり、お店の前に

「準備中」の札~~(笑)!
ありゃ~^^! オヨヨ~^^!オイオイ~^^!なんてこった~^^!
って言っても・・。

しからば仕方ない^^!こんなどうしようもない時間帯に開いてそうなお店といえば・・?そうだな~?「丸幸ラーメン」の久留米本店的なお店へ^^!ぎりぎり、お昼の営業か~?おう~、ここだ^^!でも、なあ~んかチョーおかしいやん^^!そうです、臨時休業三連休の只中でした(笑)。ったく~(笑)!でも、何とか~^^!って思って斜め前ぐらいのお店を確認するとやっているやん^^!


老舗の実力^^! ひろせ食堂

ひろせ食堂(久留米市)

2007_10240071.jpg2007_10240071.jpg

2007_10240067.jpg2007_10240068.jpg

ラーメン400円 大550円
で、やって来ました。こんな時間帯なのに結構おられます。これがお昼時ならすごいことになっているのだろうことは想像に難くないところでしょうか?

ちょっとかなり時間がたっていることもあり、しかも大盛は1.5玉なので、ちょっとそうしました。しばらくして出てきました。まあ、ブログ的には初登場ですが、以前何度かお伺いしていて、ちょっと薄い感じのイメージしかなかったようです。それは姉妹関係にある沖食も同じです。この辺の久留米系は大砲ラーメンに代表されるような久留米系とはちと違います。

で、一口。薄いけれど・・?って慣れてくるとこれはこれは、この時間帯がそうだったのか?どうかは分かりませんけれど、ちょっとすばらしい、パシャパシャ系でした。いや~、これがやっぱ老舗の実力というものだ!って改めて感じ入った次第です。それからは集中系で、いつまでもこのスープを飲んでいたいような衝動に駆られました^^。大盛にしていて大正解だったな~^^!

後ろでは、兄ちゃんが「やっぱコレッショ~!」てな感じで焼飯ラーメンセット(850円)を満足げに召し上がっておられました。因みにレンゲは申告制で、いえば問題なく出してもらえますよ~^^!究極の仕方なしのひろ食でしたが、本日は定休、臨休等のお店に心から感謝いたしたいと思いました(笑)。アリガトォ^^!

久留米市梅満町1112 TEL 0942-32-8967
  ’0710

地図


PS
ラーメン店巡りよりは、名所旧跡系歴史散策をしたりとか~?もう少しアカデミック系にならんかな~(笑)?


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.