FC2ブログ
ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!-しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
オースケ クッキング Ⅱvol.24
オースケ クッキング Ⅱvol.24

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

辛いソース

関西在住のころ、お好み焼屋さんにはこれがありました。って、現在もあるのでしょうけれど^^。お好み焼が焼き上がって仕上がると、よく聞かれていました。「辛いソースはどうされますか?」多分こちらではあまり馴染みのない事かもしれません。お店によってはおかれておられるところもあるかもしれませんが少なく、私の経験からすると、基本的にはあまりないように思います。って、ゆーかー、辛さは一味とかでつけるのが一般的ではないでしょうか?

その辛いソースと普通の甘いソースの缶が二つおかれていて、お好みで最初に辛いソースを塗って甘いソースとダブル構成が私たちの中では一般的でした。そして、青海苔や鰹節、マヨネーズという順番だったように思います。もともとはソースを作るときにでる副産物的なもので、タンクの底に沈殿したものとお聞きしました。

2007_07090006.jpg

そしてその辛いソース、お店によってはメッチャ辛いところがあって、それはすごかったのも覚えています(笑)。その辛いソースの一般販売がこの「どろソース」です。まあ、一般販売なので激辛系とまではなっていないようです。もっともその頃はこの一般名詞は知らないし、ただ単に「辛いソース」でした^^。

お好み焼はもちろん大阪風で、関西を離れてなかなかその辛いソースのお店に巡りあえず、数年前にこのオリバーソースのどろソースがスーパーの棚に並んでいたときは即買いでした^^。もちろん、関西のスーパーではよく売っていたように思いましたが、こちらではその習慣がないせいか?さほどで売れ筋とはいえないので、置かれているお店が少ないのかも知れません。これでもまだまだ辛くはなく、さらに一味で増強するときもあります。私の知っているお店では唯一、下関市彦島の「美美」は辛いソースはございましたが、辛さはさほど辛くありませんでしたので、一味を使用したのは言うまでもありません^^。

2007_08270001.jpg

さらにこれでご覧のように焼そばとかも十分ありです。普通の焼そば用のオタフクソースとかのブレンドありで、皆さんも辛いのお好きなら、一度やってみられても面白いかも知れません。

因みに関係ありませんが、麺の太いタイプの焼そばもなかなかなくていいものです。特に現在では全国展開されている、大阪の「風月」は茹で麺のそれでした。鶴橋本店で頂いたときはいきなり鉄板に放り出され、散って熱かったのを覚えています(笑)。これはスーパー売りの名古屋の名城食品のもので、やはり流通が整うとこれも普通に買えるのはうれしいものです。ところで広島では広島風お好み焼のこのような辛いソースのあるところはあるとお聞きしましたが、どのぐらいあるのかな~^^?もしかしたら、スーパーとかでも売っているかもしれんので、次回遠征時でもちょっと偵察にでも行こうかな~^^?

2007_11210006.jpg

ついでにもう1つ。イカ天(かす)をオプションで追加するところが結構あるのでおつまみコーナーから1つ買ってきて普通の焼そばに使ってみました。フライパンに割り入れるのが、好ましいやり方でしょうけれど、手がベト付くので、ご覧のように袋からそのまま放り込んで箸とかで割っていくと手間が省けます。

2007_11210007.jpg

まあ、コクというか、やっぱB級度が格段に出てきて安っぽい私には美味しくなるように思いました(笑)。ちょっと大きくカットしているので、イカ天だけも味わえます。ソースの染み加減では、その食感と味はやっぱB級の醍醐味です(笑)。もちろんこの「どろソース」利用もありです。皆さんもいかがですか^^?←こういうものをお勧めしてどうするの~^^?

スポンサーサイト



テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.