ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!(笑)  -しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
文福
◆ ちょこっと北九若松特集だったりして・・^^。

文福(北九州市若松区)

aDSCN1846.jpg

地元ブログを拝見させて頂いているとupされていて・・、うどんなのにここはお伺いしてみようと思うようになった次第です。場所は大正市場付近で、結構な老舗のようです。まあやっぱ知らないということはあれですな・・(笑)。ほんでもって横にその市場や付近のお店の契約駐車場があって、チケットをもらえるのでお店でハンコ押してもらうと1時間無料になります。

aDSCN1852.jpg

この前の通りを行けば、あの松崎ラーメンのところに出ます。

aDSCN1856.jpg

aDSCN1854.jpg

こちらは商店街です。全国のこういう場所は少なくないですな・・。郊外の大型SCに押され気味なのは経済の原則で社会の趨勢なのでしょう。理解は出来ますが、やっぱな・・。この通りも人で溢れ返っていた時代は確実の想像できます。それに小倉の旦過にしても、ここにしても北九の古きよき片鱗を感じることの出来る数少ない場所の一つになってしまったのでしょうな・・。誰もいない通りを通っていても、往時を思うと来し方の年の緒は軽くないことを感じさせてくれる場所でもありますな・・。

aDSCN1844.jpg

で、入ると女将さんがすぐに本日は海老天終了しました。と、仰いましたので、ごぼう天400円にしました。最初から何ですが、これちょっと前は350円と記載されていたのをハケ~ンしましたので、最近改定されたのでしょう(笑)。やっぱ小麦の原価の負担増なのでしょうな・・^^。

aDSCN1848.jpg

ということでよ~く温められて出てきました。ビジュアルですが、正直これからではごぼう天とは判断付き難いです(笑)。それにこの天ぷらの結構しっかりとしていてふやけるのにちょっとかかりました(笑)。一口。わ~、この出汁加減好きですな・・^^。錦@小倉北区はしっかり系なんですが、これはマイルド系でしょうか・・?甲乙付け難いですな・・。それにうどんは手打ちですが茹で置きですからふにゃふにゃです。逆にそういうところがこの出汁となかなかマッチしていて、嵌り系と申し上げて差し支えないでしょう^^。

aDSCN1847.jpg

aDSCN1845.jpg

と、いうことで頂いていると天ぷらがすべてふやけましたところでB級感もグンバツになりました(笑)。ポイントはこの時点で油っこくないということでしょう。これだけ天ぷらが汁に溶けているのだから・・、普通は少し油っぽくなるはずですが、そこがならないところがやっぱ長年地元で指示を得て来られた理由でしょうか・・^^?少しうどんで通ってしまいそうか・・(笑)?いけないですな・・(笑)。ということで・・、お馴染みのあのフレーズです^^。ちょっと下手なラーメンの出番はないです(笑)。ほんじゃ~^^。

北九州市若松区浜町2-7-4 TEL 093-761-1374
11:00~14:30? 定休:土日祝

※ 営業時間ですが、おおよそということです。15:00頃まで開いているときもありますし、電話していただければ開けておきますとのこと・・(笑)。私は何ぼ何でもうどん1杯でそこまでは出来ませんから・・(笑)。

スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
 ↑ のコメントの後にナンですが(^^;)
開店後50年弱ですね!年がばれますが、
小学校の時に子ども同士で始めていった
飲食店が開店時の文福さんでした。
まだ健在だと思うと・・・。
2014/09/01(月) 19:05:00 | URL | champ #mQop/nM.[ 編集]
champさんへ
感無量でしょうか・・^^?

小学生で子供同士でうどん屋さんとは・・、

なかなか小学生だったと理解して宜しいでしょうか・・(笑)?

ぢつは私も同類項でした・・(笑)。

やっぱちょっとスリルとサスペンスのあった一杯でしたな・・(笑)。

どんなんやん・・(笑)。

でもマジで旨かったな・・^^。

もうあれほど旨いと思わせるようなうどんは存在しないのでしょう・・(笑)。

2014/09/02(火) 12:32:47 | URL | オースケ #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.