FC2ブログ
ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!-しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
202001<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>202003
オースケ クッキング Ⅰ vol.24
オースケの突撃!我家の晩御飯! 44




oc437.jpg

家の者がさんしょをたくさんもらってきたので使ってほしいとのリクエストでした。さんしょをすり鉢ですっていきます。少しのようですけれど結構な量です。油と塩も少しずつ入れてソースのような感じになりました。それを冷奴にかけて。取るときは少し混ぜてもいいでしょう。ちょっと訳の分からない割りには結構いけました^^。

oc438.jpg

まあ皿うどんということで^^。バリバリよりちょっとしなーとなったぐらいが好きでうすが、これなんかも意見百出でしょうね^^?「私はかなりふやけたの。」とか?こんなどうでもいいことにこだわれるってちょっとすばらしいとは思いませんか^^?って、ゆーかー、単なるバカのようで(笑)。

oc439.jpg

まあやきとりということで、塩焼きで以前にもやったように胡椒をかけていただくと結構いいです。ポリポリ^^。

oc440.jpg

菜っ葉炊いたのです。下ごしらえと出汁さえしっかり取れば、後は簡単だと思います。つまり煮るだけです^^。

oc441.jpg

もやしとキャベツの炒め物です。最強の最低価格料理です^^。しかし、すばやく仕上げると値段の割りにはいいのではないでしょうか?味付けは塩と日本酒ぐらいです。すばやく仕上げるために塩は炒める直前ににかけておきます。最後に胡椒ぐらいですか?うちでは十分に熱した中華鍋で強火で30秒ぐらいだと思います?子供はこれが結構好きです。あっという間にお皿は減っていきます。安いということではやはり親思いですね(笑)。

oc442.jpg

あさりと具とご飯は別々に料理するという結論に到達すまでには何回失敗を重ねたことでしょうか(笑)?アサリは火を通し過ぎるとすぐに固くなりますので、茹でてパカーンと開いたら取り出して身を外しておきます。そのアサリのスープに塩で味を調えて炊飯器で炊きます。他の具もそのアサリのスープで炊いておいてご飯が出来上がればアサリ以外を混ぜます。アサリはご飯が少し冷めてから、上だけにおいていきます。これだけアサリが入っているという豪華になる演出をほどこします。しかーーしご飯の中には一つも入っていません(笑)。最後にさんしょをパチンとやって香りを出して乗せます。まあ、香りはいいけれど食べるときはちょっと食感が違うので食べにくいです(笑)。

スポンサーサイト



テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
皿うどん
ちょっと言わせて貰っていいですか?
我が家は白菜(芯の方)、人参、椎茸、豚肉、えび、鶉卵を弱火で
白菜がしんなりするまでじっくり塩コショウで炒めて市販の皿うどん(袋入り)のスープに少しオイスターソースを投入し、完成!なるべくパリパリ感のある内にフィニッシュです。
すいませんバカで・・・。
2006/06/05(月) 00:31:16 | URL | いすけ #-[ 編集]
Re:皿うどん
いえいえ、やっぱりこういう食べ物は
それぞれに家庭で結構違うものですよね^^。
それに、家庭内でも違うから
それぞれの立場を理解し合うようにしないといけませんね(笑)。

そんなに複雑なら最初から作るな!
って言われそうですね(笑)。

PS
なるほど市販のスープにオイスターソースですか?
味にコクが出て複雑になりそうですね。
アドバイスありがとうございます。
またやってみましょう^^♪
2006/06/05(月) 15:42:41 | URL | オースケ #-[ 編集]
( ..)φメモメモ
もやしとキャベツ炒め、先に塩を振っとくんですね。
あんまり早いと水気が出るので、直前ってことですね。

やきとり、すっごくたくさん串にささってるんですが、ながーい串なんですね(笑)
2006/06/06(火) 00:35:07 | URL | こん #4ARdecsc[ 編集]
Re:( ..)φメモメモ
仰るとおりで!
まあ別にスプーンやお皿に
加える分の塩を用意しておいても同じです。
私は洗いものを減らすために直接かけておきます^^。

串も手抜きで(笑)!
倍の8本用意すると返すのに倍かかります。
基本は「めんどっちーから。ということで(笑)。
しかし、ポイントの押さえ方はさすがです^^。
2006/06/06(火) 11:41:04 | URL | オースケ #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.