ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!(笑)  -しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
来々軒 上富野店⑦
― 本日はイニシエ系感は少し乏しかったか・・(笑)? ―

来々軒 上富野店(小倉北区)⑦

DSCN2790.jpg

こちらではなしに、オイオイ系の中でもトップゾーンにある宇佐町店にお伺いしようと思っていましたが、時間的にちょっと中休みに入っていそうでこちらにしました^^。ところで宇佐町店の営業時間はいつだったけ・・(笑)?確か中抜きあったような・・?なかったような・・?あれだけお伺いしているのに結構暢気な話か・・(笑)。

DSCN2785.jpg

それで本日も得意の裏口から・・(笑)。駐車場はこちら側なので仕方ないですな・・^^。

DSCN2804.jpg

ということでたまには表も撮っておかないとな・・(笑)。で、そんな時間帯だったのでお店は大将お一人で他の方は休憩時間だったかも・・^^?若輩者の私が申し上げるにはちと躊躇いたしますが、まあご年輩なのによく辛抱していらして実直な仕事ぶりで感心しきりです。

DSCN2799.jpg

DSCN2800.jpg

麺はラー麦麺に換えられたようですな・・。そのせいか?どうか?は分かりませんが、やや以前と比べるとイニシエ感は乏しいような雰囲気を受けますな・・(笑)。ピントがスルーしたお蔭でラー麦の表示を確認できますな・・(笑)。って申し上げていますが、ラー麦麺は500円て書かれているからこれは普通の麺なのでしょうか・・(笑)?結構いい加減な話か・・(笑)?

DSCN2793.jpg

DSCN2789.jpg

それで少しイニシエ系の周辺について述べてみたいと思いますわよ~^^。やっぱイニシエ系を頂くときは・・、味などは比較論的要素も充分に考慮すべきことだと思いますから・・^^。

DSCN2788.jpg

同じ味のラーメンを2つ並べて置いてそのラーメンを食べるの前に、一方は美味しいラーメンをもう一方は不味いラーメンを食べたとしましょう。やはり美味しいラーメンを食べた後のそのラーメンは普通ぐらいに思えて、不味い方のあとは非常に美味しく思えるはずです。こういう道理はお分かり頂けると思います。

DSCN2786.jpg

それから少し話は違いますが、例えばツーショットを考えてみて下さい。同じようなショボいオヤジを2人連れて来て、一方は例えばSHARAPOVAオネーサンと、もう一方は普通のオバチャンと並べてご覧下さい。180cm台のモデルでもあるオネーサンと並んだオヤジのショボさは増強しているはずです(笑)。もう一方のオバチャンとは妙に馴染んでいてショボさはカモフラージュされているでしょう(笑)。正直もっといえば、SHARAPOVAオネーサンと並ばさせられたオヤジはある意味結構残酷物語になると思うな・・(笑)。それほど比較されるものによってショボさの多少が決まる訳です(笑)。

DSCN2801.jpg

というような話を前提にしてイニシエ系を考えてみましょう^^。やっぱイニシエ系はそんな側面を持っているように思います。前日等に濃いコッテリなラーメンを食べていると、やっぱ少し頼りないテイストを感じでしまう場合も少なくないのでしょう・・?換言すれば、最初からハンディを持たされているのでどうしても評価はすんなりとは行かないように思います。そんな不利な状況なんです(笑)。でもショボいオヤジはアッサリに逃げたいと思っているので、結構旨いと感じるかもしれませんな・・(笑)。段々と意味不明な与太になってきたところで、本日の与太はこのぐらいで・・^^。ほんじゃ~^^。

  ’1302


誰も撮らないカントリーな事情系山口紀行(笑)! 注:意味不明(笑)。

DSCN2907.jpg

DSCN2911.jpg

DSCN2908.jpg

DSCN2919.jpg

スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
行きました
私も先日行きました。
味も雰囲気もエエ感じでした。
2013/06/21(金) 05:05:09 | URL | クー太郎 #C7JrtlUM[ 編集]
クー太郎さんへ
もちろん裏口○○も利用されたことと思います(笑)。
2013/06/21(金) 21:53:55 | URL | オースケ #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.