ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!(笑)  -しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
響③
― チョー馴染んでくるイニシエ系(笑)。 ―

響(下関市)③

DSCN2590.jpg

DSCN2599.jpg

前回は’807だから4年6ヶ月ぶりになります。まあその間休みとかにお伺いしているとは思います^^。入ると大将は横の畳み部屋のようなところでテレビをご覧になっていらっしゃいました^^。おくつろぎのところどうも済みません^^。でもすぐに来られたところで、ラーメンとだけ申し上げると手慣れた感じで作り始められました。しかしまあイニシエ感すでに蔓延しています(笑)。ここはこれでオーケーです^^!

DSCN2597.jpg

DSCN2592.jpg

ざっくりと頂いたところで、大将のお手製のこんにゃくをサービスで出して頂いたことをきっかけに少しお話しさせて頂きました。このラーメンは山口のトンコツではなくて、九州で頂いているようで、九州のどこのお店で修行されたのか?ということをお聞きすると・・、私で3代になりますとのことでした。しかも私になって17年ということでした。だから初代、2代と受け継がれての3代ということです。よって初代がどこで修行されたか?までは分からないということのようでした^^。

DSCN2587.jpg

DSCN2588.jpg

本場九州でもイニシエ系を探すのは困難な状況下、関門海峡を渡って存在するということはやはり是非とも続いて欲しいものですな・・。しかしまあ本日はややイニシエ感に乏しかったですな・・^^。それでも優しい感じのプースーは顕在で、最近のパリッとした、主張の強いトンコツには少なからず辟易気味なショボいオヤジを結構潤わせてくれたげな・・(笑)。

DSCN2595.jpg

話してみるとここの大将も結構面白い方でしたな・・(笑)。まあ本場福岡でイニシエ系は難しい方は行かれてみてはいかがでしょうか^^?そのときはイニシエ系にインパクトを求めるのはあり得へんことをお忘れなく・・(笑)。それにしてもショボいオヤジには馴染む!馴染む(笑)!おごちどした^^。ほんじゃ~^^。

’1301


PS

DSCN2602.jpg

お店のから少しだけ海の方に行くとこんな感じです。リンクしている前回の記事のラストの画像のところからです。北九方面になります。

スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
この友田川、昔はうなぎが捕れてたんですよ!
2013/01/28(月) 20:20:22 | URL | まさしぃ #-[ 編集]
同感です
小生も先日ラーメン好きの同級生とこちらのお店の事を「下関のイニシエ系」ということで意見が一致したところでした。
またお伺いしてみます(^O^)/
2013/01/28(月) 23:38:47 | URL | あっかん #d4X6GCCs[ 編集]
まさしぃさんへ
その頃は全国の汽水域でそんな環境だったのでしょうな・・^^。
2013/01/29(火) 12:14:16 | URL | オースケ #-[ 編集]
あっかんさんへ
そうでしたか・・^^?
またご感想でもどうぞ^^!

PS
ところで・・、桃太郎のところのレスはご覧になられました・・(笑)?
2013/01/29(火) 12:16:29 | URL | オースケ #-[ 編集]
しばらく
閉めておられた此方の店舗ですが、
最近何やら改装しておられるみたいです。
ご主人も奥さまもかなりのご高齢のようでしたので
全くの新店が出来るのでしょうか?
また見かけたらお知らせします。
そんじゃ~(笑)
2014/01/25(土) 13:31:05 | URL | あっかん #d4X6GCCs[ 編集]
あっかんさんへ
私も少しだけですが、ブロ友の方からお聞きしておりました。

そうです。
大将もご年輩なので、どうなのかな・・?と思っていました。
他の方に譲渡されてその方のお店(他業種のお店ということも?)ということもあり得ますか・・?
実際現在の大将は確か前の大将から受け継がれたようにご本人から伺ったことがあります。

まあよく通られる縄張りエリアでしょうから、看板等が上がったらおせーて頂戴な・・^^!

私としては響のリニューアルは非常に嬉しいところです^^。

2014/01/25(土) 19:49:20 | URL | オースケ #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.