ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!(笑)  -しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
維新うどん⑥
―― ざるうどんでコンプになるのだけれどな・・^^。  ――

維新うどん(防府市)⑥

DSCF16566.jpg

DSCF16596.jpg

冷・熱の組み合わせまではおいといて、焼うどん系のメニューを除くとざるうどんでコンプでしょう。しか~~し、一々うどんを麺汁につけるのウザい私は・・、オネーサンに「ぶっかけの汁とざるうどんの汁は同じか?どうか?」とお聞きすると・・、同じということなので、あっさりとざるはパスしてぶっかけ280円にしました^^。ラーメン店のつけ麺のようなものさえ、一々付けずに最初から麺のほうに全部かけてしまう私ですから・・(笑)。まあ最初からかけてある方が味乗りはいいと思いますし・・^^。それに何より丼で出されるので、フリーの天カスやら、ネギやらを多く入れられるから・・^^。←やっぱ、それかい(笑)!予想はできたけれど・・^^。

DSCF16696.jpg

DSCF16546.jpg

で、本日はネギは青ネギのほうにしました。この方が柔らかくて食べやすかったですな・・。それに本日は下ろし生姜はパスして一味にしました。それをよ~く混ぜて頂くともうジャンク加減はかなりになりましたわよ~^^。うどんを全部頂くと最後には天カスと青ネギの和え物になっていましたな・・(笑)。しかし、これがまた汁がいいので旨いのなんの・・^^。ご飯頼んでトッピングすれば天カス丼になります(笑)。←アイデアはいいけれど、実現は難しいようで・・(笑)!

DSCF15716.jpg

DSCF16726.jpg

ということで、うどんの麺の「引き」は「置き」のときもあるし、そんなにあるわけではありません。そこを最大のポイントとされておられる方はやはりちょっと違うかもしれません^^。まあ最近の私は、あまりそのようなことはないようになって・・、この柔さで充分で、むしろ固いときよりはこのほうがいいように思うときも少なくないですから、ここの場合は第一に出汁のすっきりさ加減に好印象でお伺いしているのでしょうか・・^^?

DSCF16736.jpg

これを1回頂いてみたいと思ってはおりますが、なかなか食指が動かないのですな・・。いずれそのうちということで、このシリーズではお許しを請いたいと思っています。ということで、長々とすみませんでしたな・・^^。まあみなさんもお近くまで行かれたときは行かれてみられてはいかがでしょうか・・^^?カチャカチャ系に行かれるより安上がりは間違いないですぜー(笑)。←まあ君みたいに280円だけの方はいらっしゃらないので、要らんアドバイスやめとけ(笑)!


PS

うどんやラーメンよりこちらのほうがいいかな・・^^?

東行庵@下関市

DSCF17456.jpg

DSCF17556.jpg

スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
質問です。
いつも海外から楽しく拝見しています。
ところで、うどん店の紹介をしているボードの最後のくだりに「賞味いただければ幸せます」と書いてあるんですけど、これは普通でしょうか?
しょうもない質問ですいません。
2012/06/29(金) 23:26:30 | URL | poki #SB5hja6M[ 編集]
pokiさんへ
初めまして^^。
それに海外からこんな西日本のローカルなところをご覧頂き恐縮です。

お答えします^^。
この「幸せます。」という表現は山口のご年配の方が使われています。
福岡でもお聞きしたことはありますので、どこの地域かは正確にはわかりません。

それに若い者で使っている方がいらしたら、それはネイティブ的な使用ではありません。
私ももちろん?普通使用はしていません(笑)。
このぐらいで宜しかったでしょうか・・^^?
まあ標準的には使用しないのでちょっと変な表現に感られるのはよ~くわかります^^。

また何かございましたらなんなりと~!
これからもヨロピクですわよ~^^!
2012/06/30(土) 15:04:41 | URL | オースケ #-[ 編集]
なるほど。
ありがとうございました。
2012/07/01(日) 02:46:38 | URL | poki #UmjkDr1s[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.