FC2ブログ
ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!-しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
明石の鯛
明石の鯛

もう結構前の話です。京都在住時に大阪のおじさんから「ご飯でも食べに来ませんか?」ってお誘いがありました。もちろん断わる理由などないので二つ返事でお伺いしました。大阪でもほとんど神戸寄りの場所です。

お伺いすると刺身の鯛が大きなお皿ところ狭しと並べてありました。確か1種類だけです(笑)。盛り合わせ的なお皿でそんな量は普通にあるでしょうが、1種類でこれだけの量を果たして飽きもせず頂けるだろうか・・?って失礼にも瞬時に思ってしまいました(笑)。そして「明石の鯛だから美味しいよ!」って言葉も頂戴しましたが、その「気合を入れて頂こう!」って思いは替わらないままだったことも覚えています(笑)。もちろんお刺身以外はその鯛のあら炊きや他の料理もふんだんにあって「自宅の食事とは違う!」ってことも言及しておかなければなりませんでした(笑)。

食事が始まってすぐに「この鯛旨いなあ!」って思いました。これまでの鯛とは全く違うものでした。結構パクパクだったと思います。しかし、依然量はあります^^。終盤になってその量がだんだんと少なくなっていき、とうとう完売です。しかもその間苦労して頂いていた訳ではありませんでした。こんな1種類のお刺身を食べ続けた経験はふぐ以外にはありませんでしたので、正直私が一番驚いていたのかもしれません(笑)。

でもおじさんたちは最初から計算づくだったのでは・・?って後になってそう思えました。明石の鯛はそんなものなのでしょう!馴染みの魚屋さんに頼んでいいのを明石「魚の棚」経由とかで特別に入れてもらっていらっしゃったのでしょう。そういえばこんな話を聞いたことがあります。

長崎の魚関係者が、「明石ばかり鯛のブランドで持てはやされるのは・・?鯛の市場として他所のブランドももう少し考えてもらってもいいのでは・・?」っと思われて明石に食べに来られたそうです。長崎も魚ではブランド産地だということに反対の方はいらっしゃらないほどの場所です。そんな長崎からの一行が明石の鯛を召し上がられると・・、何も仰らずに納得されて帰られたということです(笑)。慮るに長崎の方々の潔さに、やはり「ちょっと差がある!」と思われたように感じた次第です^^。

でもまあお伺いした時期を思い出すと一番の旬だったのも付け加えておきます^^。あの鯛は断然の1位の位置は現在でも揺るぎないものです。って、ゆーかー2位からはほとんど忘れてるし・・(笑)。

スポンサーサイト



テーマ:鮮魚 - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.