FC2ブログ
ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!-しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
福来家⑤
―― 先日の一龍で頂いたサービス券を使用して・・^^。  ――

福来家(北九州市小倉南区)⑤

DSCF3455.jpg

前回③で「最近の豚骨に迎合しないスタイル」とサブタイトルをつけましたが、やっぱ今回も同じでここは豚骨ラーメンに対してちょっと譲れないポリシーのようなものを感じましたな・・^^。まあその辺も少しサービス券のグループ店とも比較しながら述べてみたいと思いますわよ~^^。サービス券は宝龍からのを一龍で使用させて頂き、その一龍で頂いたものを本日こちらの福来家で・・^^。500円が400円になりました。そしてまた頂いて帰りました。忝いことですわよ~^^。

DSCF3460.jpg

でこのスープの豚骨テイストや香りはやっぱここのウリの一つなんで、この「とんこつ~~~~!」ということが前面に出っ張っているわけです。最近のちょっとマイルドタイプというか、クセを取り除いて食べ易いタイプにするようなところがないわけで、やっぱ豚骨王国の本場のある意味矜持的なものを感じるわけです^^。そういう点では関東の方々にはちょっと食べ難い味だとはいえそうです^^。

まあそれは宝龍や一龍でも同じように感じますが、宝龍は骨粉感がちょっと少ないように思いますし、一龍はややテイスト的にソフトに振っていらっしゃるように思います。まあその辺は好みの問題になるとは思います。

DSCF3465.jpg

麺についていえばここはご覧のように少し茹でると縮れています。多分加水率が結構低いか、ちょっと粉等の配合が違うのでしょう。伸びない麺でこのスープに合わせていらっしゃいます。で、やはりこの組み合わせもやっぱウリでしょう。基本的には北九では福岡のポキポキ感はないようだけれど、ほんの数パーセントぐらいはそんな部分もあるのではないでしょうか・・?もっとも麺の太さが違うので、あまり根拠のある話ではないでしょうな・・(笑)。

これに対して宝龍はややしなやかに啜り感もあるようで、これもやっぱ好みでしょうか・・^^?以前宝龍で柔麺でオーダーされた方がおられましたが、大将は結構茹でていらして「ちょっと茹でて溶けるでは・・?」ってこちらが思うほどだったんです(笑)。やっぱ宝龍は少し加水率のある麺を使用なさっていらっしゃるのでしょうな・・?

DSCF3458.jpg

ということで本日もやっぱ本場の豚骨ラーメンの真骨頂を感じた次第です^^。柔な豚骨が多くなりつつある昨今ですが、「やっぱ豚骨は臭くてもこうあるべき!」と一杯のラーメンから感じられると換言してもいいでしょう!ところでこちらはこの場所のオープンはそんなに古くないので、どこか他の場所でやられていた先代の味を受け継がれての現在の味なのでしょうか・・?そうだとしたら結構特徴のあるラーメンなんで、結構古くからのファンも多いのでしょうな・・^^?ほんじゃ~^^。

  ’1112

スポンサーサイト



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
フォロワーより
久しぶりにコメントさせていただきます。
最近は紹介いただいたお店を
随分フォローさせていただいております。

ホント、このクーポンシステムは素晴らしいですね?
共存共栄のあるべき姿と思います。

一枚でひとグループ対応されるとの事ですが、
各店が発行したものを印鑑を頼りに
各店同士で一定の負担で買い戻すシステムなのかしら?
…などと邪推してしまいました。

小生の場合は志士から、こちら福来家へときました。
次は泰玄かと考えています。

小倉方面にお伺いする機会が増えそうですわ~(笑)
2011/12/27(火) 19:18:12 | URL | あっかん #d4X6GCCs[ 編集]
あっかんさんへ
こんにちは~^^。
コメントありがとさん。

どういうシステムかは分かりませんが100円でも安いのはウレピーですな・・^^。
また宝龍にでもお伺いして暇なら大将にお聞きしてみましょうか・・(笑)?

味は好みの問題でもあるので、
合わないときもあるかもしれません。
よってそのときは許して下さいよ~ん(笑)。

またお時間許すときにでもご感想お聞かせ下されば・・、と思っております^^。
2011/12/28(水) 13:47:53 | URL | オースケ #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.