ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!(笑)  -しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
ということでまた与太系
ということでまた与太(笑)。

本日も業務用で与太りますか・・^^?あちこちのブログを拝見していると・・、私は業務用だと思っているところで、結構高評価されていらっしゃるブロガーの方もおられます。もちろん逆の場合もあるわけで・・、私は評価しているところが業務用であることも・・(笑)。実際のところどのお店も確認しているわけではではありませんが、一応怪しいところは分かる範囲で確認します。何を確認するか・・?ってことですが、ここではいえません(笑)。もしそれで業務用のようならほぼ8~9割は業務用で間違いないと思います(笑)。

それにもっといえば厨房の調理台などにそのものを置かれている場合もあります(笑)。そこの場合は隠そうというような考えもないようなので、こちらが「少しぐらい隠したらどう・・?」って逆に言いたくもなりますわ~(笑)。でも分かり難く努力されているところもあってわざわざその容器を変えていらっしゃるところもあります。でもそうなると反対に「カモフラージュしないといけない理由は何だろう?」って聞いてみたくなります(笑)。まあそんなお店に限って結構な値段を取っていらっしゃるところもあります。そしてこの手のお店はやたらとオプショントッピングが多くて拾っていくと結構な値段にもなるものです(笑)。もちろんそのトッピングも業務用の工場?で作られたものでしょうけれど・・(笑)。私はそんなお店でお金を払った後、デジカメのデータを全消去させられたことがあります(笑)。

でもまあ業務用と分かれば・・、私の場合は基本的にupはしません。ネタ不足解消に(笑)?何となくカモフラージュさせれば書けなくもないけれど・・、一応ここをご覧になられている方のためを思っています。ただ有名店や新店とか激安店で、なぜ行かないのか?ってご指摘を受けそうなときはその場合ではありません。古い記事ではupしているのは、どうだったか分からなかったので訂正まではしていません。またラーメンでいえば業務用も使用していますが、アレンジされていてあくまで業務用はサブ的に使用していらっしゃる場合はその限りではありません。まあそのまま業務用を出されていらっしゃると「少しはアレンジなり調理加工を施されたらどう・・?」って老婆心ながら思ってしまいます(笑)。

ここまで書いたところで全くとりとめのない与太になってきたのは充分に分かりますが、もう少し・・^^。業務用を出されておられるところはやっぱ後ろめたい気持ちで出されてのだろうか・・?って思ってしまいます。それとも仕事と割り切られておられるのだろうか・・?ちょっとお聞きしてみたいと思うだけれど、そうなると趣味悪いと思われても仕方ありませんな・・(笑)。でもそんな場合でも「旨けりゃなんでもあり!」とまでは思われてないことだけはどこかで信じたいよな・・(笑)。ほんじゃ~^^。

スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
晩ですマスターさま

同感です。
まあ、小生の場合、鈍感って、"味覚"も"洞察力"もですが・・・

そもそもというか、
>デジカメのデータを全消去させられたことがあります
事実であれば、そういうことを強要する店自体が客の鈍感さ以上に商道を逸脱していると思います。

業務用の是非は別としても、支払の対価として商品を提供する。
客を満足させればとりあえずOKなのに、非常に残念ですね~

自家製麺の某有名店で、トイレにいっている間にテーブルの上においておいた自分の車の鍵に、他の客に出すチャーハンをこぼされていたことがありました。
仕方ないとしても、その後の対応に違和感を覚えました。味がいい店だけに非常に残念でした…
2011/08/08(月) 22:32:05 | URL | あお #mQop/nM.[ 編集]
あおさんへ
おはようございます。
お店のあれこれありますから慣れました(笑)。
まああまり言われるところはセカンドはないぐらいで・・^^。

自家製麺でチャーハンのあるところ・・、それで美味しいところ・・、少し限定されるかな・・(笑)?
2011/08/09(火) 10:46:21 | URL | オースケ #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.