ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!(笑)  -しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
双月
―― 黙って出されればマジ豚骨ラーメン・・(笑)! ――

双月(北九州市門司区)

P6169181.jpg

P6169175.jpg

ラーメン休憩室のほうで先行突撃されていました。先日ちょっと福岡からの帰りに門司港のこちらに場所確認でお伺いしてみるとすぐに分かりました。お店も営業中だったんですが、その日はパスして本日お伺いしました。昼の営業は15:00までと夕方からなのでしょうか・・?お休みは日曜のようです。ということで14時前に着くと先客お一人です。

P6169190.jpg

麺は中太麺と細麺のチョイスで・・、どちらでもよかったんでお聞きすると中太麺のほうがボリュームはあるようなのでそうすることにしました。まあ中太麺は北九タイプの麺だろうことは予想付きました。「現場の方」が安部製麺だと仰っていらしたので・・(笑)。

P6169182.jpg

ここは明るいのでSSも確保できるし・・、それに伴ってISOもオートでオーケーですわよ~^^。まあビジュアル的にもほぼ豚骨ラーメンです(笑)。一口。味も豚骨ラーメンで旨いです(笑)。よってサブタイトル通りで、何気に黙って出されれば・・、、マジ豚骨ラーメンで、「帰りに美味しい豚骨ラーメンでした!」ってお礼を申し上げて出ることになります^^。結構自信ありますわよ~(笑)。場所柄豚骨王国の一画の北九なのでなおのこと豚骨が提供されて当たり前ということもあるのでしょうな・・^^。

P6169184.jpg

実際にこれが鶏100%だと誰が思うだろうか・・?ってことですな・・(笑)?それにしてもここまで鶏がらを炊き出すには結構かかるのでしょうな・・?途中やっぱこれ豚骨も入っているな・・?って自分に思い込ませている自分がいました(笑)。まあバカを承知で敢えて申し上げてどこが違うかといえば、豚骨のややカドのあるようなクセがなくてマイルドなところでしょうか・・?でも最近の豚骨の多くはマイルド路線なんでそれさえも違いとは言い難いかもしれませんな・・(笑)!

P6169188.jpg

ということで、ややサプライズな一杯でした。この泡立ち加減も豚骨ラーメンのそれでしょうか・・^^?帰りにその旨申し上げると大将は笑っていらっしゃいました。もちろん私だとは名乗っておりません。一応なるべく提灯持ち的なことはしないように心しているつもりなのでどうも失礼しました^^。

P6169173.jpg

P6169178.jpg

余談ではありますが、天天ノ有@糟屋郡粕屋町も間違いなく豚骨ラーメンだと思える鳥ガララーメンだったことを思い出しました(笑)。珍しくリンクしておきますので、興味ある方はご覧になって下さい。下の方にコメントがあって・・、やっぱ「黙って出されれば豚骨ラーメンだ!」という自信をひけらかして?おります(笑)。 ほんじゃ~^^。

北九州市門司区栄町5-20 TEL 093-331-7588
  ’1106


地図

スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
そそられるビジュアルですわね~
百鶏ラーメンといい、
鶏ガララーメンも十分アリですね?

こちらのお店には伺ったことは無いのですが
是非訪問したいという意欲に駆られるビジュアルでした(笑)

逆に言うと美味しそうに撮ってもらうには
店内の照度を上げる方向の店づくりが求められるのかな?
2011/06/17(金) 22:37:52 | URL | あっかん #xXQZV7.U[ 編集]
あっかんさんへ
おはようございます^^。

そのもう1軒の鶏ガラはまだですが、
どうも地元北九サイトで拝見する限りでは少し違うようにも思います・・?

その意欲こそ全ての源・・(笑)?

そうです。
明るいお店は撮り易いです。
ただ条件があって外からのそれではやや難しいときもあります。
ますSS確保でブレ難くなります。
ISOを下げて画質がきれいになりますが、
私のようなヘボではISOを上げてもさほど変わりないようなときもあり、
やはり他の設定との兼ね合いもあるのでしょうか・・?
そこがヘボとベテランの違いでしょうな・・(笑)?
2011/06/18(土) 10:56:24 | URL | オースケ #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.