ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!(笑)  -しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
錦うどん②
―― 典型的家族経営の地元系うどん屋さんなんです^^。 ――

錦うどん(北九州市小倉北区)②

P2194848.jpg

P2194823.jpg

前回はいつだったか・・?もう結構になるはずです。って思って調べてみると・・、2004年6月ですから・・、もうすぐ7年になります^^。その間1回ぐらいは画像なしでお伺いしているかもしれませんが、忘れてました(笑)。北九でうどんを頂くことはラーメンに比べると極端に少ないわけですが・・、ここはやはり私にとってはトップランクであることには変わりないです。

P2194858.jpg

ということで14時ごろお伺いしましたが、8台分ある駐車場は満杯で入れませんの、しばらく横で待機しているほどです。お昼時はよほどナイスなタイミングでないと不可能のように思います(笑)。 ここの角を左に行くとその駐車場です。右に行くとお店です。赤いテントのところです。

P2194850.jpg

ベタですが、一応お店の前から・・^^。

P2194833.jpg

前回はごぼう天うどん450円でしたが、本日はかやくうどん450円です。一般的なかやくうどんにしては高いですが、乗ってるものをご覧になるとやっぱニトリなのですな・・(笑)。他に主だったところのメニューはかけ350円、肉うどん500円、そしてサイドの鶏おにぎり等は60円ですので、まあ贅沢トッピングをしなければ・・、大方1コインです。

P2194837.jpg

純手打ちですが、ロッドの置きが入ると思うので・・、少しアイドルタイムになるとその辺のところが出るのでしょうか・・?本日のうどんはそのロッドの最後の数玉の一つだったんで、やや中途半端な感じでした(笑)。しっかりとコシがあるのならある、また博多うどんに代表されるようなヤワヤワならチョーそれ系になってほしいですわよ~^^。まあうどんをてぼに入れて温め直されるときに、柔麺といわれれば、そうしてもらえそうなお店の雰囲気ではあります。

しかしここは麺のうどんよりも私の中ではやっぱ出汁の利いた汁が魅力的なんです。ここまでしっかりと出された汁はなかなかありません。むしろ「もう少し薄くてもいいですよ!」なんていいたくないます(笑)。そんな汁をこのうどんはよく持ち上げてくれます(笑)。やった!うどんにもこの表現を使った~^^!

P2194821.jpg

そして具の説明でも・・^^。ごぼう天、えび天、あげ、わかめ、かまぼこなどです。初めての方はあれこれ乗っているのでこれがいいでしょうか・・^^?つまりの具が100円ということになります。贅沢すると肉トッピング200円?もありなのでしょうな・・?

P2194828.jpg

問題なく450円ではおねだん以上なんです(笑)。こんなんですから、550円出してラーメンを頂くこととチョイスになると・・、近くにあればかなり迷いそうですな・・(笑)。それにしても・・、この出汁はやっぱ惜しげもなく材料を使用していらっしゃるのだろうか・・?

帰りに天ぷらを揚げていらっしゃった大女将のお孫さん(多分小学生)がお昼の忙しいときだけ(土曜日)のお手伝いだったのでしょうか・・?それが終わってカウンターの隅でうどんを食べていらっしゃいました。カウンター内にはお母さんもいらしたでしょうから・・、親子3代で切り盛りされるうどん屋さんになるのでしょうな・・。こんなほのぼのな雰囲気が何気なくあるお店少なくなりましたな・・。ほんじゃ~^^。

PS
ここのうどんのことがさらにもっと知りたければ・・、プロがいるのでそちらをクリックしてください(笑)。リンクにあるらーめんくーぱーのブログです。そこでブログ検索に「錦うどん」と入れるとアホほど出てきます(笑)。

ということで、分かったことは・・、大将と次女さんのことで、本日の麺は間違いなく次女さんだったのでしょう・・^^。そして7年前のヤワヤワだったのは大将のだったのでしょうな・・^^。まあプロはその辺のところを微に入り細に入り解説されていますわよ~(笑)。しかしよくもあれだけ行って、あれだけ書くことがあるものだ・・(笑)。

スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.