ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!(笑)  -しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
長門峡のところのお店?
なんちゅーか・・、これはマジ社会貢献(笑)! 長門峡のところのお店?(山口市)

PA301287.jpg

PA301279.jpg

数年前に1回upしていたのでご存知の方も少なくないと思います。長門峡の道の駅の山口寄りの駐車場の横にありますのですぐに分かりますわ~^^。まあ他の用事で通っただけでこれを最初からメインにしてお伺いしたわけではありませんと、一応申し上げておきます^^。でもあまり信じてもらえないと思います(笑)。

PA301299.jpg

しか~~~~し、お店の前にこの看板を確認したときは一応ニッコリしたのはいうまでもありませんわ~(笑)。

で、もちろん松茸うどんをコールしました。お店の中ではある意味「出来レース」の雰囲気です(笑)。でもお店の方もほとんどがこの時期これを頼まれるのをご存知で、他のものを頼む方がいらしたら、強制的にこれにしなさいと仰るようですか?マジのところは分かりません(笑)。

最初のときは500円でマジ松茸が食べられるのか・・?半信半疑だったんですが、本日はリピータだから余裕が違います^^。でも・・、やっぱ他の余裕はありません(笑)。

しかも国産のです。500円での提供は自分の山があるから出来ると仰っていました。

PA301284.jpg

確かに松茸にです。まあこれだけ入っていたら・・、もちろんいう事はありません。でも一言・・。結構薄くスライスされていらっしゃるものありました(笑)。こんなこと書いても充分許されるほどのサービスなんです^^。

肉も入っていますが・・、この肉は松茸の香りを少しスポイルさせていうようなので不要かな・・?味はよくなります。

PA301293.jpg

本日のこの麺の画像は全く意味のないものですな・・(笑)。撮っていてそう思ったけれど・・、一応撮るところがやっぱ困ったチャンです(笑)。

PA301300.jpg

まあこと私に関して言えば・・、松茸は数年前にここで頂いて以来だから・・、やっぱ普通に日頃は食べられないものでしょうな・・(笑)。その点では日頃食べられない方々に愛の手を差し伸べていらっしゃるということは社会貢献と申し上げて過言ではないのでは・・?って思えてきます(笑)。皆さんもいかがでしょうか・・^^?

PA301278.jpg

11月いっぱいまで(定休はなし)は何とか提供する予定だということです。まあsold outや収穫終了などのときはご理解下さいよ~ん^^。次回松茸をいただけるとしたら・・、またここ以外に考えられないかな・・(笑)?ほんじゃ~^^。

PS
ちょっとうどん画像を折角なので記念に撮っておきますと申し上げると・・、「だったらこれを撮っちゃったら・・!」ってこのトップ画像のをお出しになって下さいました^^。有難いことです。多分これだけで数万円はするだろう・・?国産の上物なので・・、二桁になるだろうか・・?

しか~~~~し、問題は・・、こんな間近で高級国産松茸などまじまじと拝見したことなかったんで・・、他に5~6枚撮ったのだけれど・・、全部ブレブレでした(笑)。ぢつは・・、これもまだ画像としては甘いな・・(笑)。やっぱな・・(・∀・`)。


スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
おもてなしの心
いやぁ旨そうですね(笑)

しかも、肉は置いといて他のキャストにしても
春菊(ローマ)、ゆずの皮と
助演男(?)優賞クラスの実力派が脇役を務めるなど、
麺バカアカデミー賞(…があったら)ノミネート間違いなしですね?

是非、小生も伺ってみたいですわー。

貴重な情報をありがとうございました。
2010/11/02(火) 07:22:58 | URL | あっかん #-[ 編集]
あっかんさんへ
こんにちは~^^。
コメントありがとうございます^^。

確かにここは仰るように松茸を盛り立てるアイテムまでの気の配りようです。

肉はおいといて・・(笑)。

まあイベント半分でいかれてもいいかも・・?
松茸嫌いならオススメはしません(笑)。
2010/11/02(火) 12:57:36 | URL | オースケ #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.