FC2ブログ
ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!-しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
202001<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>202003
山口 petit ラーメン案内 周南 下松 光編
関門麺協賛(笑) ’10 10月現在


■■ 山口 petit ラーメン案内 ■■     〓 周南 下松 光編 〓


周南市はもうすっかり醤油圏です。でもどこでもそうですが、何かとオーバーラップして来てこちらも変化を楽しむならなかなかいい地域です。それに何といっても下松牛骨系の存在は全国的に珍しいエリアでしょう。それは後ほどまた。

まずはJR徳山駅周辺にあるスター系からご年配のファンの方は多くて懐かしい方も多いでしょう。新幹線口の南側にまず本店@住崎町そして反対側に第二スター@飯島町そしてその東側に第三スター@平和通と3店舗あります。まあ私はその違いが分かりませんが、昔からのファンの方にそのビミョーな違いが分かるとお聞きしたことがあります。あっさり醤油の麺が平打ちでのびは早いように思います。その同じ麺を使用なさっているところでは麺屋ん@周南市夜市があります。また駅周辺では山口では珍しい屋台も数軒あって醤油ではありませんが、○徳もしっかりしたラーメンを出されているように思います。それから再来@河東町も中華一般店ですが、醤油ラーメンに人気があるようです。

トンコツではやはり太陽@周南市富田(旧新南陽市)と毘沙門@周南市夜市が人気を二分されているでしょうか?太陽は山口では珍しい細麺です。毘沙門は現在のラーメンから分かり難いですが、宇部ゴテゴテ系のルーツを持っているとお聞きしたことがあります。まあ麺がやや平打ちタイプなのでちょっと想像は付きません。固麺好みの方はコールマストです。他にトンコツではラーメン屋@周南市築港、たかちゃん@JR新南陽駅前、孫悟空@光市島田、博多一発@JR光駅東があります。

山口には勢力的グループ分けして考えると宇部ゴテゴテ系と下松牛骨系が存在します。単純にお店の数の規模から考えると宇部ゴテゴテ系は下松牛骨系の約3倍ほどありますが、斬新さという点では下松牛骨系に軍配が上がります。最近でこそ全国でスポット的に牛骨ラーメンがあちこちで紹介され出しましたが、これだけのまとまってある地域は全国的に稀有なことだいえそうです。

そんな地元ヲタの話では・・、基本は熊毛にあった蘭らん@下松市だそうです。ここを頂くとすき焼きテイストがよく分かります。そして誰もが認める一番人気店は紅蘭@下松市JR下松駅南口前西です。お昼時は凄まじく混み合うときも少なくありません。ただ牛骨の使用可能な部分が制限されている現在では、昔の味は出せないということです。他に以前○勝だった鳥勝@下松市西豊井元町(ほぼJR下松駅南口前)も正統派といえそうです。付近では珍しく細麺使用のめんくい@下松市栄町、味ごころ@下松市栄町、北斗亭@下松市JR下松駅北口前と駅周辺には集中しています。逆に駅周辺以外の牛骨人気店としては旧くら屋のはな華@光市島田やめんいち@光市島田だということに反論の方はおられないように思います。

メニューも確立していて大中小あり、大2玉 中1,5玉 小1玉の普通となっています。そして大方のお店でいなり寿司がサイドアイテムの定番となっています。

これ以外のジャンルではイリコ系の大島@光市浅江やジャンル分けのできない旧アジト@田布施町の松風@光市浅江等があります。どちらもファンは多いです。それから尾道ラーメンの西遊記@周南市徳山競艇場付近やちょっと周南市街地から山に入りますが、さかえ@周南市須々万とバラエティーのある地域です。

逆にそれだからこそ新陳代謝の激しい地域とも言えそうです。これまでもまたお伺いしたいお店も何軒かあったのですが、その中で一番は旧新南陽市富田古市にあった「さるとび」でした。無化調で自家製手打ち麺のクリアー醤油スープのお店で、私は1回お伺いしてこれは絶対リピートマストだと思って、何となくそのままになってしまっていました。えてしてこういうものだと思った次第です。まあその後の情報をご存知の方がおられましたら教えてほしいものです。数年前にまた始められているかも・・?って淡い期待をもってお伺いしたこともありましたけれど・・。お店の建物はそのままありました・・。

スポンサーサイト



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.