FC2ブログ
ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!-しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
202009<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202011
一瑞
思っていたよりアッサリだった・・^^! 一瑞(広島市)

PA240268.jpg

PA240291.jpg

こちらも結構お伺いしてみたいと思って宿題になっていたお店です。しかし、場所が広島の中心部なので、やはり混み合うところは本能的に避けていたようにも思います^^。その辺がやっぱオヤジなのでしょうか(笑)?

まあここは通し営業らしくお伺いし易いところではありましたので、本日はアイドルタイムの14時ごろになりました。お客さんはおられません。ルッワッキー・・^^!
PA240270.jpg

PA240274.jpg

最初に女将さんが辛いのは大丈夫ですか・・?って仰るぐらいの気の配りようです。やっぱ激辛系のつけ麺と思わないで入られる方もおられるということでしょう。因みに辛さは辛くお願いしましたが、や個人差があるのでこればかりはご苦労なことだと思います。

で、私の場合も途中でお聞きになられました。まだオーケーなことを申し上げるともう少し辛くしましょう、と仰いましたが、まあ最初ということもあってか、それほど辛くする必要もないので、そのまま頂きました。ここは辛いの苦手な方以外は普通ぐらいでそれから追加してもらうのがいいと思います。事実一旦辛くしてしまうと、もう辛くないようにすることは出来ないと仰っていましたので・・。

PA240276.jpg

PA240286.jpg

麺とのからみがご覧のように非常にいいのではないでしょうか・・^^?←オヤジの食べたものはヤダ!⇒因みにまだ頂く前のものですのでご安心下さい(笑)。

PA240271.jpg

まあこれからは私の感想です。はっきりと申しまして、もっとパワフルな感じを想像していましたが、アッサリとしていてチョイサプライズです。確かあれこれと入っていると仰っていらっしゃいましたが、それがあまり前面に出ないようにコーディネイトされてまとめ上げられているようです。

PA240265.jpg

PA240266.jpg

言い換えれば大人の味?とでも申し上げましょうか?変な嫌味な味や妙な甘さがないことです。あまり経験値がないのであれこれいばお叱りを頂戴しそうですが、ここをリピートしていると他所のはドギツク感じられてくるような感じでしょう?それに無化調であることもそんな味になっている要因なのでしょうか?

それにしてもお好み焼きといい、広島は独自に食文化の発展する素地があるように思います?多県の方々は広島に行かれたらメジャーなお好み焼きもいいけれど、この広島つけ麺もいかがでしょうか・・^^?次回お伺いしたらちとさらに辛くしてもらおうかな・・^^?それに丼バカとしてはここのメニューに一瑞丼600円というのが載っていたのが少しばかりな・・(笑)。←やっぱ・・、アホッ!やな・・^^。

広島市中区鉄砲町8-24 TEL 082-224-0880
水曜定休
’0910

地図

スポンサーサイト



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
オースケさん

着々と広島の宿題をやっつけていらっしゃいますね~

ココのウリは無化調且つ唐辛子にあります。
多くの”広島風つけ麺”では表面にラー油を浮かべて辛みを出すのですが、ここではパウダー状の本場唐辛子が使われるのでスープ全体に辛みが馴染み、最後の一滴まで変わらぬ味がキープされています。
そして余計な油分がないため”大人の味”になっているのでしょう。
個人的には広島風つけ麺の中で最上位に位置付けています。

ただし業界のCPはあり得ないとも思っていますがね。。

2009/11/03(火) 08:26:30 | URL | sin #17lDahr.[ 編集]
sinさんへ
なるほど・・、そうだったんですか・・^^?
いわれてみれば、ラー油使用のところが多いのかも知れません?
ラー油なら表面付近がテリトリーですので(笑)、
表面付近をたくさん使用すると辛さは薄くなっていくのでしょうな・・。
その点ではこちらは理論的な加工技術を施しておられるのでしょう。

CPの話は地元だけに厳しいとは思いますが、
またじっくりとお聞きしたいと思います(笑)。
2009/11/04(水) 14:44:13 | URL | オースケ #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.