FC2ブログ
ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!-しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
オースケ クッキング Ⅲ vol.36
オースケ クッキング Ⅲ vol.36

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

P6194937.jpg

「タンタンドン」ってことで、以前作ったこともあるようですが、まあ同じものは2回作れないということで、本日もupいたしました(笑)!ドンマイ!ドンマイ!←オイオイ!ちょっとは気にしたり、気を使ったりしろ!ってんだ~(`O´*)。

まあこれも作り方を少しばかり(・Ω・`)。しょうがのみじん切りを少し炒めたところに豆板醤を入れて、カドをとるようにします。それから豚ミンチ、玉ねぎ、ネギなどを入れて、炒めたところで味付けします。どのようにしたかは・・シークレットです^^。って、ゆーかー、忘れました(笑)。まあ醤油と砂糖と出汁とかを入れて、さらに辛バージョン系にするために一味ではなかったかと思います^^?

P6194933.jpg

そうして中国山椒を少し入れてスパイシーさを出します。これで味はほとんど整えてしまっていますが、好みにより中国山椒をオプションにしておきます。入れ過ぎるとえぐくなるよ^^。

まああまりお店では出ないと思います(笑)。←確かにそんなもん、あるか!ちゅーねん(`O´*)!⇒でも、君が思っているほど食えないこともないので・・^^。時期的にカレーもホット系が好まれるので、これも皆さん一度作ってみられてはいかがでしょうか・・?漢字で書けば担々丼ですが、なんとなくカタカナでタンタンドンで・・、どう・・^^?

実はこのとき少し具のほうが余りまして、後日これを使ってチャーハンを作りました。「タンタンチャーハン」といったところでしょう^^?トータル的に味がしっかりと馴染んでこれも充分にありと思われました^^。画像は撮ってなくてごめんチャ^^!まあ似たような感じではありました^^。一味を使っているので普通より日持ちもするから少し多く作られて応用されてはいかがでしょうか・・^^?そのときは料理の前にタンタン○○といようにつければネーミングもオーケーですのでご安心下さいよ~ん^^!←困った、アホッ(`A´)!


P7015310.jpg

これだけではなんですから、やっぱスパイシー系ということで、「激辛もやし冷やしうどん」です。ってネーミングの語呂があまりよくないです(笑)。ということで改めまして・・、「激辛冷もやしうどん」でどうでしょうか・・^^?←あんまり変わらないな・・(笑)!その辺はどうでもいいから気にせんでええよ~^^!⇒分かった^^。って、ゆーかー少しは一緒になって考えろ!つ~の(`O´*)!

まあ作り方は和風出汁にとろろ昆布を入れて一味を入れておきます。ととろ昆布を入れると味もよくなりますが、ドロッっとして馴染みがよくなり、麺が出汁を持ち上げてくれます(笑)。←お~、その卓越した表現力(笑)!ちょっとバカの○○のような感じもせんでもないけれど・・(笑)。⇒それを冷蔵庫で冷やしておきますわ~^^。

実は・・、それをまだ何に使うか・・?って決まってなかったな・・(・Ω・`)。←オイオイ、そういうものをあたかも計算通りってコメントするんじゃねぇ(`A´)!⇒確かに^^。その証拠に・・、このうどんはトライアルの細うどんで賞味期限が4日ぐらい切れていて、これをどうにかしないとな・・!って思って苦肉の策で作ったも同然ですわ~^^。確かにうどんは茹で直さないとどうにもならないぐらい固かったな・・(・Ω・`)。あまり褒められたことではないです。

P7015314.jpg

もやしは少し茹でて水で冷ましておきます。できれば冷蔵庫で冷やしておくとさらにいいでしょうか?

出汁だけだと少しあっさりしするので油を少し加えて、後は食べる前に豪快に混ぜるだけ。天カスとかあればなおいいでしょうか・・?これは前日晩ご飯に出たかき揚げを取っておいたので刻んで混ぜてあります。

まあ少し変わった冷やしうどんになりました^^。←もちろんお店にはないようなものだろう・・(笑)?⇒最近、よく分かってきていらっしゃる・・^^!おおきにです^^。←オイ!だれも褒めて言っているわけやないからな・・(`A´)!

スポンサーサイト



テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.