FC2ブログ
ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!-しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
本場へ道 PartⅡ⑨ やまさ家②
本場へ道 PartⅡ⑨ やまさ家(広島市)②

2008_06140054.jpg

2008_06140037.jpg

本日はやっと入れました(笑)。実はかなり前になりますが、滑り込みアウトをしてまして残念な思いをしました(笑)。本日はお好み焼では珍しくびおちゃんがいっしょです。かなり前からのお聞きしていましたので、ラーメンを1軒行かずにそうしましたチャン^^。ラーメンばかり行っている君、バランスのいい訪麺活動しないとな~^^。←って、私に言われたくない!ってか~(笑)?

画像を撮っていると大将がカウンターの中から「お撮りしましょうか?」って仰いましたけれどオヤジの2ショットは絵にならないものの極みなので丁重にお断りしました(笑)。
2008_06140039.jpg

鉄板はご覧のようにすばらしいです。この辺は鉄板サイドで頂くことが基本である広島ならではの大きさもあります。ピカピカで悔しいけれど(笑)、やっぱ本場以外と決定的に違うところでしょう。

2008_06140041.jpg

まあ、本日もおいしゅうございました。やっぱキャベツの火の通し方など、ちょっとここを頂くと家では絶対にマネはできないな~!なんて思えちゃいます。それに本日気付いたのですが、玉子は意図的に黄身のところを少しだけ横に外して上に乗せられているのだな~?って思いました。前回のときははみ出たからそうされていると思ったけれどそうではなく、半熟加減をさらに強力にされているようですか^^?

2008_06140049.jpg

本日も厚みのある仕上がりになって出てきました。そしてやっぱ断面を本日は撮ることにしました^^。納得の一枚です。きれいに上から半熟卵、麺、豚肉、もやし、キャベツ、ベースです。そのどこかにセロリパウダーが入っていてなんともハーモニアス?な一枚となっています。ここに小麦粉でつなぐというような考え方はありません。重ねる妙とでもいいましょうか?

2008_06140034.jpg

帰りに大将が表に出て来られて一枚撮りました(笑)。そして先日の滑り込みアウトの件を申し上げると恐縮されておられて(笑)、まあ一応は1時30分までだけれど、お客さんが多いときはギリギリまで開けていると返ってご迷惑をお掛けするようなことになりかねないので、1時15分には閉めるときもあるとのこと。本日も1時20分でした。遠くから行かれる方は少し早いほうがいいかも知れませんな・・。

肉玉そば730円

広島市安佐南区高取北1丁目4-30 TEL 082-872-1121


地図


--------- PartⅡ 総括 ------------

なし^^!・・という訳にも・・(笑)?

PartⅠが終了してもまだお伺いしたいお店が結構ありましたが、そう容易く広島まで行くわけにも行かず、PartⅡのupは延々と7~8ヶ月を要しておりました^^。

タウンページで広島のお好み焼店を調べると1700店ほど出てきます。電話帳ではさらに増えて、電話のないところや掲載されないところとなるともう誰も分からないと思います(笑)。実際広島の町の中にはすぐにお好み焼屋さんがあって、確かにこの多さは他所の地域からしたら尋常ではない感じです(笑)。そしてそれだけ地域に根ざしたお店が存在する広島はやはり暖かいな~と思います。

また裏を返せば、お伺いすると地元で固まっていらっしゃるので入り難い一面もあります(笑)。実際私もラーメン店ではあまりありませんが、お好み焼店では何度かパスせざるを得ないような状況に置かれました(笑)。この和やかな会話の雰囲気のところに入っていって、画像を撮る行為が迷惑行為以外の何ものでもないことは想像に難くないところでした(笑)。もっとも何軒かはさほどそうでもなかったかもしれません^^。

まあそのようなお店を地元系のお店だとすると、もう一方では普通に店主ちょっと距離感のあるお店もあると思います。どちらがいいとか、そういうことではありませんので誤解のないようにお願いします^^。まあ、私としてはこのようなお店のほうが入りやすいのは事実です(笑)。

しかし、一端鉄板上のことなるとそのようなことはさほど存在しないのではないでしょうか?PartⅠのまとめのときも書きましたが、やはり広島風のお好み焼は焼き手としての店主の力量のウエイトが関西風よりも高いのはその加工方法が示す通りだと思います。もちろん素材としてのキャベツやその他の材料を選ぶことはどちらでも同じですが、その粉の配合等で関西風は決まる一面もあるので、そういう点に関しては関西風のほうよりも味付けにはシンプルさ的要素も要求されているとも言えそうですか?

そして広島人でない私が得た一つの感想としては本場地元の方々の推される一枚はこのシンプルさ的面もあるように思えてきました。決してしつこくない、究極言えばキャベツの甘みがしっかりと出た、ソースとのバランスにあるように思えてきましたけれど・・?今回はこれで一応終了しますが、また機会がございましたら、ときに紹介させて頂きたいと思っています。皆さんも是非本場に行かれて召し上がってみて下さい。何か違ったものを感じられるかもしれません。ダラダラとごめんチャ^^。

やっぱ旨いところはメッチャ旨いよ~!本場は~\(^0^)/!

スポンサーサイト



テーマ:お好み焼き - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.