ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!-しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201802<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201804
来々軒 宇佐町店
タイトルオビ プロト2

■ 来々軒 宇佐町店[北九州市小倉北区]

bDSCN2546.jpg

思考力低下は否めず何となく訪問・・(笑)。

bDSCN2545.jpg

そして大方いつものミニ焼き飯の2番だったか?を頼んでもやし抜きで・・(笑)。それにしても安いですな・・^^。

bDSCN2549.jpg

一つ大将にお聞きしたいこともありますが、やっぱアレなので止めておくことに。内容は・・、「なぜここのチャーハンは玉子を入れてないのか?ということです。」それに玉子入りを頼めばそれでやってくれるのか・・?ってことも(笑)。まあ玉子の入ってない焼飯を探すのはちょっと難しいとは思います。

bDSCN2550.jpg

それでこれからもお聞きすることはないとは思いますが、予想される答えは・・「昔からそうだったので・・。」ということでしょう(笑)。ということで大方平均的な仕上がりだったように思います。ほんじゃ~^^。

  ’1801

♯【認定ヘビロ系解除激期待店】


PS

bDSCN2548.jpg

bDSCN2652.jpg

上はこの日のです。下は認定ヘビロ系激解除期待店なのに性懲りもなく?その後またお伺いしたものです(笑)。大方同じ様ですが、後日の方は少しあっさり感はなかったように思います。絵的には座る場所の状況でWBとかも違いますから何ともいませんが、でも正直こちらはそんなにはぶれないように思います。その辺が大将の年季なのでしょうな・・。

スポンサーサイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

shops info.
shops info.

bDSCN2270.jpg

bDSCN2271.jpg

オープンしたのは存じ上げておりましたが、ただ予約のみということすっかり忘れておりました(笑)。やっぱアレだ・・(笑)。まあここの大将は確か以前にラジオでそば打ち道場のことを話していらして、知ることになりました。それで、一般店ではなしに1年ぐらい前に?こういう形でオープンされていました。場所は瀬戸内ラーメン 大島のところを少し南に行った東側です。それで先頃こちらで、内容を知るに至って「そうだった。」となった次第です(笑)。それからググるとこちらでも取り上げられていました。一応お知らせしておきます。


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

shops info.
shops info.

bDSCN2678.jpg

蘭蘭@山口市の駐車場の場所が代わっています。お店の前の4台ぐらいはそのままですが、横の方にあったのが、入口を出てまっすぐのところになっています。一応お知らせしておきます。



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

shops info.
shops info.

bDSCN2656.jpg

bDSCN2655.jpg

場所は新下です。天ぷらの天吉(山口県下関市一の宮町2丁目18−2)の近くなのですぐに分かります。駐車場もあります。それで・・、オープンされたのは数か月前かなよく憶えていません(笑)?例のアレで放置プレーになっていました(笑)。近くに大学がありますので、看板通りのガッツリ系で、麺もあります。一応お知らせしておきます。

テーマ:定食 - ジャンル:グルメ

shops info.
shops info.



すぶた屋@宇部市は多分ですが、福岡のデパ地下のイートインコーナーで営業されているようにお聞きしています。また営業されるようになりましたらお知らせします。でも気付くの遅いとは思います(笑)。



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

一輝亭
タイトルオビ プロト2

豊前国シリーズ 14

■ 一輝亭[大分県宇佐市]

bDSCN2251.jpg

本日は果たして開いているのだろうか?角を曲がったところで、暖簾を確認できました。長年の苦労は忘れてしまいました(笑)。それにしてもハイハードルなお店でした。場所はJR 柳ヶ浦駅を出てほんの少し中津方面に行ったところです。田園風景の中にありますから、知らないでたどり着けることはりません。まあ宇佐市の中心部はここより山側に行ったところになりますが、最寄りの駅はこちらになるのでしょうか?因みにこの暖簾の仕舞われたお店の画像はその長年の苦労中の一コマです(笑)。

bDSCN2249.jpg

まあ駐車場も満杯。入ると待ちです。狭いキャパとはいえ、やっぱ人気店なのはすぐに分かります。しばらくたって待っていると女将さんに小上がりに誘導されました。同じぐらいの年齢の方と同席ご一緒させてもらいました。注:違っていましたら全くのすみません(笑)。ラーメン600円のみです。

bDSCN2250.jpg

結構混んでいるのにすぐに来ました。そんなに混んでないのに全く来ないお店の理由は何なのでしょうか(笑)?私は以前それでお店を出たことはあります。よく分からないお店でした。少し待たすぐらい方が、混んでいる感を演出してより期待感を増幅させる戦略なら全く論外な話です。スープは微かに旨味感じるようなパシャパシャ系で、これまでにほとんど遭遇したことのないスープです。すぐに好みだと分かりました。それで・・、もやしの入っていないバージョンで頂いてみたいと思ったことはいうまでもありません(笑)。麺もいい感じです。こりゃ~辛子高菜もあることだしすぐにリピ計画は策定されました^^。正直こんな味で人気を博しているとは思ってもいませんでしたな・・。

bDSCN2248.jpg

食べたところで、ご一緒させていただいている地元の方に、ちょっと営業時間等についてお聞きしてみました。多分最近では昼だけの営業になっていることと一応14時まですが、それまでに sold out になる率は結構あるのでシャッター11時から13時頃までの訪問をご教示して頂きました。やっぱそれでなかなか営業中になってなかったのだ・・。頂いているときもお客さんはどんどん来られていました。こんな感じなので14時までは暖簾は仕舞われるのでしょう。山口からはちょっと距離はありますが、福岡市までとほとんど変わらないし、まあ広島市ほどではないのでやっぱアレなのかな?って、アホなオヤジは安易に?思うのでした(笑)。ほんじゃ~^^。

  ’1711

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

やまごや 吉田店
タイトルオビ プロト2

豊前国シリーズ 13

■ やまごや 吉田店[北九州市小倉南区]

bDSCN2322.jpg
bDSCN2330.jpg

元々は普通の山小屋チェーンか FC 店だったのですが、少し前にリニューアルしてひらがなのブランドになりました。しかもサブタイトル的に「九州麺匠の味」となっています。リニューアルしてもお客さんは多いです。付近は結構な強豪店が競合するのになぜかここの山小屋は孤軍奮闘的な感じとでも申し上げましょうか?まあ私の知っている限りではここの山小屋は群を抜いているように思います。まあそれはリニューアル以前もお伺いしてその美味しさは他の山小屋にないものが少しあるからかな?って勝手に?思った次第です。といいましても山小屋は数えたことはありませんが、本店も入れて10店舗ぐらいしか訪問していません。

bDSCN2324.jpg

さてよく憶えてはいませんが、内部の配置はマイナーチェンジぐらいでそんなには変わってないように思いました。麺は数種類から選べるのでこの日は唐辛子入りの麺にしましました。すぐに出て来て頂くと最初は全く辛くありません。しばらくすると少し辛味がじんわりと出ているのはわかりませすが、まあこれにして辛くなるのを期待してはいけません(笑)。

bDSCN2325.jpg

ラーメンは美味しいです。やっぱここ独自の何か?を施されているのでしょう?多分地味な下処理とかではないでしょうか?この日は辛子高菜も頂きました。ライス小130円でも結構あって辛子高菜と頂きました。確かに最近ではラーメン630円は普通のような値段になってきましたが、やはりショボいオヤジには高いです(笑)。でも辛子高菜もフリーで頂けて合計760円なら大方適正価格ではないでしょうか?

bDSCN2316.jpg

bDSCN2317.jpg

それにしてもなぜゆえにニューアルなのか?とその本意をお聞きしてみたいとも思いましたな。実際、居酒屋でも営業されて、麺や他の内容のリニューアルもあって、山小屋のアンテナショップ的な立ち位置でもあるようにも思えました。まあお近くまで行かれたら山小屋の新展開の雰囲気を味わわれてはいかがでしょうか?ほんじゃ~^^。

  ’1711

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

みんずラーメン
タイトルオビ プロト2

豊前国シリーズ 12

■ みんずラーメン[北九州市小倉北区]

bDSCN2347.jpg

何ていいますか・・?ちょっとしたオオボケで、こちらの以前の戸畑店にお伺いすると「小倉店にいます。」と貼紙です。「全くいつの話や?」って大笑いです。戸畑店の休業からすでに3年以上は経っているはず・・(笑)。全く忘れているのだからやっぱアレ極まれりという感じですな・・(笑)。まあこうなったらしかたないから付近の龍王にお伺いしてみようかな?って思うもこの日は何となく年甲斐もなく?意地っぽくなってしまった(笑)?

bDSCN2337.jpg

やっぱ私の記憶ってやっぱアレで、駐車場もお店の西隣と思っていましたが、東隣でした(笑)。普通ラーメン600円です。もやしを抜いてもらいました。多分5年ぶりぐらいでしょうか・・?イメージからいえば濃い感じですが、ご覧のようにそんなには濃い感じではありません。ネット情報では門司本店のオヤジさんの息子さんが戸畑店をされていて、小倉店はその息子さんのようでした。つまり本店のオヤジさんのお孫さんということになります。その門司本店も’14年に閉店となってもう3年になりますな・・。それで現在はこの小倉店は戸畑店の大将がなさっていてもう5~6年なのでしょうか?

bDSCN2341.jpg

帰って戸畑店の記事で画像を観察すると・・、本日のラーメンにクリソツのようです。もう「美味しかった。」ということしか憶えていませんが、味もほぼ同じなのでしょう。帰るときに「味は少し変わりましたか?」と聞かないでよかったとマジで思ったげな・・(笑)?

bDSCN2346.jpg

それにしてもこのラーメンはちょっと最近同じような味のラーメンが増える中で、オリジナルな味に仕上がっていて、「同じ味のラーメンを作ってほしい。」という依頼が仮にあった場合、ちょっとやそっとでこのラーメンのコピーできる調理人は探し出せないように思います。それにここの店主は塩加減は各人によって違うのでそれは調整するというスタンスです。ちょっと作る側からしたら手のかかることですが、それを厭わないところがやはり凄いところなのでしょう。ろんもち本日も塩加減を聞かれました^^。まあお近くまで行かれましたら、いかがでしょうか?

  ’1711


bDSCN2461.jpg

これも数週間後のものです。この日はもやし抜きの薄味でしたが、50円差のみんずラーメンにしてみました。玉子やシナチクが加わるところが違うようです。まあスープのビジュアルも違うようですが、どちらも甲乙つけがたくまとめ上げられているところにやはり大将の経験とそれに伴うテクを感じてしまいましたな・・。

♯【ヘビロ系危惧警戒店】

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

とん平
タイトルオビ プロト2

豊前国シリーズ 11

■ とん平[北九州市門司区]

bDSCN2305.jpg

bDSCN2310.jpg

小倉方面のときはこの前も比較的よく通ります。お昼時なら店内はあふれ返っている場合も少なくありません。そのぐらい付近では人気店です。しかし前回はいつだったか?ほとんど憶えてないぐらい昔ということになりますな・・(笑)。理由はまったくありません。なんとなくです(笑)。本日も小倉北区までお伺いする予定でしたが、得意の?挫折でした(笑)。まあそのお店の内容を予習してないというより忘れたこともありました^^。

bDSCN2308.jpg

ということで14時前なので、そんなには混んではいません。でもここは混んでいても結構素早く出されます。本日も座って1~2分ぐらいでした。ショボいオヤジはラーメン1杯に混んでないのに10分もかかるのは全くアレに感じます(笑)。本日はそのラーメン600円に半ライス50円を付けました。この少ない50円ライスはショボいオヤジには非常に有難いメニューです。因みにここの高菜は辛くありません。

bDSCN2307.jpg

まあいつも思うのですが、看板には長浜ラーメンとありますが、この細麺は博多ラーメンのそれです(笑)。そんな決まりはないよ、といわれれば全く従うしかありません(笑)。

bDSCN2309.jpg

本日もさっさと頂いて帰ったげな・・^^。それにしても実質オンリーの内容でチャーシューとかも多いです。おばちゃん達もテキパキで、大将は14時ごろ昼休みで帰られます?まあその間はおばちゃん達がしっかりとされていますので、全く問題はないように思います。ほんじゃ~^^。

  ’1711

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

東洋軒
タイトルオビ プロト2

豊前国シリーズ 10

■ 東洋軒[北九州市小倉北区]

bDSCN2398.jpg

bDSCN2391.jpg

ぢつは・・、こちらの前に2軒続けてアレだった・・(笑)。「ちゃんと調べて行け!」つ~の(笑)。でも反論すると・・、アレだったときのためにスペヤー店を用意していたのが、それもアレだったので、諦めは付きます。注:やっぱ意味不明(笑)。

bDSCN2388.jpg

ということで普通ラーメン700円です。最近の平均的価格はでは650円ぐらいなのでそんなに高くは感じなくはなったです。しか~~~し、メニュー表の1000円オーバーなところは流石にショボいオヤジにはアレだ・・(笑)。

bDSCN2396.jpg

厨房の麺上げは若い方です。以前のことはべーやんさんのところで詳しく解説を拝見できるので、私のいい加減な推測は無駄というものです。それにしても麺を茹でるのに結構かかっています。すっかり忘れていましたが、ここは麺が少し他所より太いのでそうなのでしょう。それで最初に頂いたとき、つまりすでにウン十年前です(笑)。驚くほど美味しかったのをよく憶えています。それから私のお伺いするときは押し並べてやや普通っぽい感じでした(笑)。よって本日もあまり期待はしておりませんでした(笑)。

bDSCN2392.jpg

でも本日は飾り気なしのストレートで東洋軒の真のジツリキだと思いました。これだけ力強いスープは他所でもそんなにはないように思うぐらいでした。こういうときに限って大盛にしていないなんて・・(笑)。正直この日だけがそうなのか?はたまた最近は安定しているのか?まではわかりません。またべーやんさんにご指導を請いたいと思った次第です^^。ほんじゃ~^^。

  ’1712

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

宝来軒 本店

タイトルオビ プロト2

豊前国シリーズ 9

■ 宝来軒 本店[大分県中津市]

bDSCN2283.jpg

bDSCN2287.jpg

皆さんこにゃにゃ~^^。このシリーズも2ケタになってそろそろアレだ(笑)。先日、行橋店にお伺いして本店もブリヒサシでお伺いしてみたくなりました。しか~~し、某サイトでは最近はラーメン1杯750円もするのでショボいオヤジはアレしていました(笑)。

bDSCN2280.jpg

bDSCN2286.jpg

場所は JR 中津駅のところですが、斜め前の駐車場20~24に置けるので助かります。日曜日の14時ごろの店内はオールオヤジというパーフェクトホーム状態な場所です(笑)。デフォしかチョイスできません(笑)。オニーサンがすぐに作って持って来てくださいました。すぐに先日の行橋店の宣言を撤回しないといけません(笑)。「あれ~、麺、細いヤン。」私の記憶っていかにいい加減なのかすぐに分かりました(笑)。全く博多細麺系です。味もやはり老舗の貫禄です。小手先な感じは全くしません。ストレート勝負です。これはやっぱ美味しいです。

bDSCN2282.jpg

bDSCN2284.jpg

後日帰って調べているとここは初代は福岡県朝倉市、つまり筑後のご出身だそうで、大分県の県北のこの地で創業されたそうです。ご親戚の方々もお店を創業されていて、福岡市「博龍軒」や「赤のれん」ということでした。こう考えると豊前地域のラーメンというより、博多地域のラーメンとの関係方が少なくなかったということになります。知らないということはやはりアレなことですな・・(笑)。知らないついでに?いえば、豚骨、牛骨、鶏ガラの三骨スープということです。

bDSCN2281.jpg

まあスープの方も直営ならそんなには違わないと思いますから、北九方面からですとやはり私は行橋店でその老舗の味が味わえると思います。それに丼を所定の棚にまで返却すると200円安く頂けますから・・(笑)。値段のことで恐縮ですが、禁断の替玉をすれば・・、本店120円(税込み130円?)なの対して行橋店は100円やし・・(笑)。まあ本店は・・、フラグシップとしても役割もありますし・・^^!ほんじゃ~^^。

  ’1711

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

笑福亭

タイトルオビ プロト2

豊前国シリーズ 8

■ 笑福亭[北九州市門司区]

bDSCN2232.jpg

bDSCN2226.jpg

最初にお伺いしたのは10年以上前です。それから3年前にお伺いしています。まあ up していないものは省いてはいますが、それがどのぐらいあるか?までは例によって?全くアレです(笑)。最初は400円でその次は450円で、本日は500円になっていましたが、やっぱ低価格で企業努力されているのでしょうな・・。

bDSCN2227.jpg

本日もデフォではもやしと胡椒の件は忘れていましたので、確認してから頼みました。デフォでもやしは入ってないようです(笑)。すぐに出て来ました。まあ丁寧に一杯入魂の感じは伝わってきますな・・^^。最近激減危惧種になっていますイニシエ系です。やっぱオヤジはこれには滅法弱いですな・・(笑)。

bDSCN2225.jpg

それにしてもイニシエ系はどうにかならないのでしょうか・・?戸畑区の八福がやめられて、そして若松区のマルケン、それから下関では響、この同じ門司区では安龍軒も廃業されてもうすぐ10年ぐらいになるのでしょうか・・?最近の同じようなラーメンが増える中、この北九の多様性のあるラーメン店が少なくなるのはなんとも如何ともし難いことも分かるのですが、やはり何とかならないかと思ってしまいます。すするにつれてさらにそんな思いをさせてくれます。

bDSCN2223.jpg

お店のご夫婦の接客も実に丁寧で、マニュアル化するアレなところとはやっぱ違います(笑)。しばらくしたらまたお伺いしたいものです。次回はやっぱセットかな・・?セットは確かチャーシューが1枚少なかったように思います?って、こんなこと憶えていて、他に憶えておかなければならないことを忘れているのはやっぱアレということに他ならないのでしょうな・・(笑)。ほんじゃ~^^。

  ’1710



bDSCN2494.jpg

数か月後にお伺いしたときの絵です。少し違うのがお分かりでしょうか?こちらの方がややアブラとアワの多い仕上がりとなっています。それなりにどちらも美味しかったのですが、敢えて比べるとこちらの方より前記の方が出汁感があったように思います。旨さはアワアワに比例しないということでしょうか・・?それにしてもいえることはやっぱイニシエ系の淡い感じのスープはどうしても一定の状態のキープは困難だということの裏返しなのでしょう・・?まあその辺で経験が物を言うラーメンということになってしまいます。まあ逆をいえばそこがウリなのかもしれません。また繰り返しになってしまいますが、同じような味が増える中で、こういうラーメンはマジ何とか受け継いでほしいと思わずには・・。

♯【ヘビロ系危惧警戒店】

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.