ぐるっとまわってちゅるちゅるポン! -しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オースケ クッキング XI vol.39
オースケ クッキング XI vol.39

突撃!家飯! なんでもありーの(笑)♪

aDSCN5589.jpg

出し巻きです。まあ少しヨッパーモードで作っている割には・・^^。って、ゆーかー、ヨッパーモードだからここまでやれるという噂もチラホラ・・(笑)。まあ厳しくいえば・・、大根おろしのトッピ感はやっぱヨッパー系ならではで、少し雑ですな・・(笑)。

aDSCN6657.jpg

豚肉の唐揚です。ちょっとカッコよくいえば・・、炸猪肉絲といったとこでしょうか・・^^?しか~~し、まあ食べ易いようにカットして揚げただけで、まんまです(笑)。

aDSCN6311.jpg

ササミの海苔巻き揚げでしょうか・・^^?まあ普通にあっさり唐揚です。海苔が揚げているときに取れるかと思いましたが、何となくそのままでした。プロならそこにちょっとしたテクが存在するのでしょう・・^^。

aDSCN6649.jpg

乾麺の混ぜ麺です。ご覧のようなペロンペロンな麺に醤油ベースのタレを絡めて頂きます。まあそこに海老パウダーとか加えていると思います。それで、ポイントは少しサラダ油も入れていてジャンク加減を増強させています。

スポンサーサイト

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング XI vol.38
オースケ クッキング XI vol.38

突撃!家飯! なんでもありーの(笑)♪

aDSCN6040.jpg

ちょっとその辺にあるもので作ったものです。汁はベースは和風うどん出汁で、イリコ粉を追加しました。麺は五島うどんの乾麺のを茹でたものです。ネギがなかったので買っていた、中国野菜の空心菜を2本ばかし拝借して・・。で、天カスです。まあちょっと訳の分からない寄せ集め系な割りには問題なく食べれました^^。これで出汁とかをしっかり取ればまたグンバツな湯麺系になるのでしょうな・・^^。それにしてもこういうものを他所様に食べてもらうと麺は五島うどんやし・・、変な野菜は入っているし・・、「これは何・・?」という質問は必須ですな・・(笑)。それで食べないのか?といえば・・、普通に食べてしまうと思いますよ~(笑)。そんな結構怪しい一杯のご紹介だったげな・・^^。

テーマ:今日の晩ご飯 - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング XI vol.37

オースケ クッキング XI vol.37

突撃!家飯! なんでもありーの(笑)♪

aDSCN5478.jpg

台南担仔麺(タイナンタンツーミエン)風です。といいましてもどこまでも和風な素材と調理法ですのでご了承下さい(笑)。詳しくはこちらです。結構違うといえば違いますな・・(笑)。小さなお椀で頂きます。麺は米粉(ミーフン)もあります^^。

PS
名古屋系のアレの元はこれだったとは教えてもらうまでは全く想像すらしなかった・・(笑)。マジこれからアレにもっていくかな・・(笑)?

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング XI vol.36
オースケ クッキング XI vol.36

突撃!家飯! なんでもありーの(笑)♪

aDSCN7039.jpg

魯(滷)肉飯(ルーローファン)です。まあスライス肉で先日はやってみましたが、雰囲気はイマイチです(笑)。よってブロックの3枚肉を使用しました。まあ最初は圧力鍋ですが、仕上げに少し煮込みまして味を凝縮させました。調味料は醤油、酒、砂糖、味醂、干し椎茸、五香粉ぐらいだったでしょうか・・?毎回申し上げておりますが、五香粉はほんの少しです。まあわざわざ中華テイストにするまでもない方は不要でしょう(笑)。やっぱ本場の醤油なしではこのぐらいではないでしょうか・・^^?でも自分でいうのもなんですが、割りと「らしく」なりました^^。ほんじゃ~^^。

テーマ:今日の晩ご飯 - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング XI vol.35
オースケ クッキング XI vol.35

突撃!家飯! なんでもありーの(笑)♪

aDSCN6157.jpg

チャーハンですが、どこが違うか・・?ってことですが、多分お分かりならないだろうから、すぐに申し上げます。って、ゆーかー、やっぱアレよ・・!暇・・(笑)!まあ具等はなんでも宜しいです。本日は人参、ピーマン、ソーセージ、それに玉葱はあった方が味に厚みが付くように思います。問題は味付けです。変化を付けようと○コメ(まんまやん!)出汁入り味噌汁の液体タイプを使用しました。そういうのわざわざ買うか?といえば・・、買いません。販促の非売品で付いていたので、それを買ったという販促の作戦にもろ乗りました(笑)。タダでくれるものに非常に弱いのだ・・(笑)。でそれだけではあれと思って醤油を少し追加です。味噌なので胡椒ではなしに、一味で辛系に。卵は敢えて外してみました。思っていたより旨かったですので、みなさんも試してみて下さい^^!まあわざわざ買うこともないので、味噌汁を少し煮詰めて使われるといいでしょう^^。味の基準はないので途中で確認して加減してチョ^^。


テーマ:今日の晩ご飯 - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング XI vol.34
オースケ クッキング XI vol.34

突撃!家飯! なんでもありーの(笑)♪

aDSCN5474.jpg

ちょっとすぐには分からないように思えますから・・(笑)。ぢつはナスです。皮をむいてカットしてオリーブオイルで炒めます。しなってきたところで塩ぐらいで味付けですが、ご覧のように粉チーズを on しますので計算して下さい。味的は斬新さはありませんが、少し変わっていてなかなかのでやってみられてはいかがでしょうか・・^^?

aDSCN5381.jpg

エビフライのタルタルです。海老を曲げないようにして揚げるテクはありますが、家ではそこまでの手間はいいかな・・?ってことで・・^^。やっぱ揚げ立ての熱々は、安い冷凍でも充分納得感ありますな・・(笑)。。

aDSCN5388.jpg

米粉(ミーフン)です。私はこの細いタイプはビーフンではなしにミーフンです^^。ビーフンとなるのは・・、ケン○○のときです(笑)。これはタイ製のそれで、開封して少し使用してからしばらく放置していました。それで調理してちょっと頂くと少しヒネているような匂いもありましたので、食べるやめる提案をしましたが、却下されてパクついていましたので、異議申し立てはやめておきました・・(笑)。

aDSCN5479.jpg

麻婆豆腐です。絹ごし豆腐が余っていたし・・、ちょうどミンチもあったので成り行きで作りました。自分で作ると味が調整できるところがやっぱいいですな・・^^。ところで麻婆豆腐の豆腐は私は大方絹ごしを使用していましたが、聞くところによると・・、木綿でされるところも結構あるようですな・・^^。またやってみる予定に・・^^。ほんじゃ~^^。

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング XI vol.33
オースケ クッキング XI vol.33

突撃!家飯! なんでもありーの(笑)♪

メイキング・オブ・チャーハン


aDSCN4540.jpg

クッキングは完成型ばっかなので、たまにはメイキングでもどうか・・?って思いました・・^^。しか~~~~し、選んだものが、チャーハンという、まあ撮りながらの作業タイプのものではなかった・・(笑)。さっさと仕上げるのは結構なポイントなのでわざと不味くしてるということに・・(笑)。

aDSCN4541.jpg

まずは材料等です。普通はろんもち、このように皿には置きません(笑)。まな板の上でスタンバって包丁でスライドさせてフライパンです(笑)。ハムよりベーコン使用の方が味に厚みが加わるようなので、やってみてチョ^^。

aDSCN4542.jpg

青ネギ以外の具を炒めます。

aDSCN4544.jpg

aDSCN4546.jpg

ご飯投入です。出来れば冷ご飯をチンしてから使うのが少しベストかと・・。こういうの割りとポイントかもしれなせんな・・^^?

aDSCN4547.jpg

aDSCN4549.jpg

卵の投入順はそれぞれあるとは思いますが、本日はこのタイミングにしました。コーティングしない仕様です。って、ゆーかー、中華鍋使用せずにフライパン(IHなので)ならそういうことは不可能に近いと思います。

aDSCN4551.jpg

フライパンでもよく振りながら混ぜます。画像的にはその雰囲気出ているように思えます・・?ナイス^^!ここで醤油などで味付けです。

aDSCN4552.jpg

仕上げに青ネギです。さらに少し混ぜて完成です。

aDSCN4554.jpg

aDSCN4558.jpg

本日はオニオンスープを付けました。粉のインスタントです(笑)。今回はそれなに食べれたが、撮りながらのチャーハンはやっぱ問題なのだ・・(笑)。それにチャーハンはやっぱフライパンより中華鍋で調理するものかな・・^^?IH だと仕方ないところもありますな・・^^。ほんじゃ~^^。

テーマ:今日の晩ご飯 - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング XI vol.32
オースケ クッキング XI vol.32

突撃!家飯! なんでもありーの(笑)♪

aDSCN5202.jpg

南瓜の餡かけ風です。まず南瓜は素揚げにします。それを出汁の利いた汁をトロミを付けてものに入れて混ぜるぐらいでしょうか・・?肉はミンチ肉の方がいいのでしょうがなかったので細切れにして使用しました。こういうのは薄味にするがポイントでしょう。

aDSCN5200.jpg

ぬか漬けです。巨大お化け胡瓜を頂きました。縦割りにしてスープンで中の種のところをこさぎとります。注:「こさぐ」という動詞は方言でしょう(笑)。固そうだったので漬ける日数を倍近くに設定しますが、その頃になるとすっかり忘れて5~6日漬けていたことになります(笑)。ご想像通りかなり酸っぱいものになっています(笑)。あ~、でも充分に食べれるよ~^^。って・・、そういう問題ではないやろう!って、か・・(笑)。


aDSCN5387.jpg

オクラの鰹節和えぐらいでしょうか・・?まあそれだけならあれですから・・、出汁や醤油を少し入れているとは思います。

aDSCN5228.jpg

追い鰹素ラーメンです。うどんの出汁をとりました、。それを使用します。なければ・・、市販のインスタント出汁でいいでしょう^^。その出汁を丼に入れるのですが、そのとき鰹節を入れて追い鰹にします(笑)。正確にはこういうなの追い鰹とは言わないように思いますが、「まあいいか?」の精神で・・(笑)。スープに確認できますでしょうか・・?仕上げにサラダ油を少し。それからチョーナイステクを伝授します^^。麺を茹でているときに少し冷めたと思ったらどんぶりごとレンジに1分ぐらい入れてチンします。誰も言ってくれないので自分で言っておきます。素晴らしいでしょう^^!これで復活します。シンプルな和風ラーメンになりまっせー^^!ほんじゃ~^^。


テーマ:今日の晩ご飯 - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング XI vol.31
オースケ クッキング XI vol.31

突撃!家飯! なんでもありーの(笑)♪

aDSCN4815.jpg

ナタ豆サラダです。まあご覧の通りで料理ではありません(笑)。ナタ豆の下処理がすべてです。よく冷して頂くといいでしょう。あまりしないサラダだけにフレッシュ感だけ?はあります(笑)。

aDSCN4225.jpg

豚天です。と申しましても、小麦粉は使用してなくて片栗粉なので豚カラかもしれませんな・・(笑)?豚の薄切りの両面に片栗粉をまぶして揚げます。本日は少しオーバー気味に揚げております。上がって油切りをしっかりとして塩だけです。前にも申し上げましたが、満遍なく塩振りするのは難しいので、極力抑えて節約も出来るように豚天と塩をフライパンに入れて火は付けずにフライパンで煽って仕上げます。この方法は自分いうのも何ですが、ちょっと表彰状ものだと思っています(笑)。←このアホッ!さっさと帰れ^^!

aDSCN4884.jpg

ししとうの炒め煮ぐらいでしょうか・・^^?ししとうは中をしっかり取ってきれいにします。最近私はこれ系の調理の場合はサッと湯通ししてから炒めます。湯通しする時間は厚さによります。このししとうなら数秒でいいでしょう。まあ表面の青臭さ取りぐらいな感じです。その方が味にカドが取れていいように思います。

aDSCN5140.jpg

混ぜ麺です。ご覧の通りで味付け豚ミンチは作っておきます。作り方は簡単にいえば、生姜微塵切り、醤油、砂糖等で少し煮込んだものです。まああれば五香粉(ウーシャンフン)や中国山椒や味噌など、好みに合わせて使用するといいでしょう。麺は武居製麺@下松市のつけ麺用のもので、出汁は市販の麺汁ですると手っ取り早いです。トッピしている豚ミンチが市販感を除去してくれます(笑)。混ぜるとき少しサラダ油を入れるとしっとりと来ますので、よく混ぜるのもポイントですな・・^^。ほんじゃ~^^。

テーマ:今日の晩ご飯 - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング XI vol.30
オースケ クッキング XI vol.30

突撃!家飯! なんでもありーの(笑)♪

aDSCN0786.jpg

鶏鍋です。大勢でこんな一人用鉄なべは無用の長物と化しますな・・(笑)。具は鶏ぶつ切り、エノキ、青ネギ、人参、白菜の葉のところなどでしょう・・^^?出汁はうどん系のそれです。

aDSCN4812.jpg

ゴーヤチャンプルです。ゴーヤを頂いたのでチョーブリヒサシでやってみました。このゴーヤはあまり苦くなかったのか・・?苦味取りが上手だったのか・・?分かりませんが、食べ易かったですな・・。因みに豆腐は少し水切りしてあります。憶えてないのなんともいえませんが、画像からすると余った卵だと思います?少し混ぜているようです。

aDSCN3296.jpg

豚角煮を作ってやや量的に少ないようなので、豆腐投入してボリュームを出すセコい手に出ました・・(笑)。豆腐は煮ると簾が少しは入るようなので、一煮立ちしたら・・、日を止めて一日は放置プレーしておくと味は染みるでしょう。

aDSCN2725.jpg

イカ中華丼です。本日イカは刺身用のゲソや端のパーツを使用していますので、ちょっとゴージャスな中丼でしょう・・?でもまあゴージャス系ならゲゾ等は使わないとは思いますな・・(笑)。刺身用なんで、日頃の冷凍ものとは違いますから、仕上げのところで投入してあまり火を通さないようするのがポイントでしょう^^!それに薄味で真価でしょうか・・^^?多いようにカモフラージュさせるためにイカに似た白い蒲鉾(縁はピンク)を入れているのだ・・(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング XI vol.29
オースケ クッキング XI vol.29

突撃!家飯! なんでもありーの(笑)♪

aDSCN5137.jpg

中華風冷奴です。干し海老を水に浸けて柔らかくします。その戻し汁は他に使用します。この場合あまり浸けると海老の味も出て行くのでほどほどに・・^^。それを微塵切りして少し多くの油で炒めて海老の香りを油に付けます。それから醤油を入れて掛けダレにします。忘れていましたが、玉葱も入れるときもあるとは思いますが、本日は画像から判定は出来ません・・(笑)。またあればこのように坦々麺等で使用するような味付け豚ミンチをトッピするのもいいでしょう。タレは冷めてから掛けても可です。やや手間のかかる冷奴ですが、変わっててそれなりにいいですな・・^^。

aDSCN4697.jpg

餅ベーコンです。餅にベーコンを巻いてフライパンで焼くだけです。ベーコンに塩気があるので大方そのままでいいでしょうが、少し足らないときは仕上げに醤油を掛けて香ばしくしてもいいでしょう。簡単な割にはよく出るメニューです^^!って・・、ここはお店か・・(笑)。

aDSCN4705.jpg

つるむらさき?のアッサリ炒めです。まあ中華料理でいうところの炒青菜(ツァオチンツァイ)的なものです。お店では炒める青物の野菜は日替になったり、指定したりします。ニンニクを入れるといいのですが、普通にありませんでした・・(笑)。味付けは塩、酒ぐらいで、醤油もいいでしょうが、その場合はほんの少しです。あくまで野菜の味メインに仕上げることだと思います。やや茎など部分が太いときはその部分だけ下茹でもありです。この後、またこれをしましたが、茎が思ったより固くて、下茹でしたにもかかわらず・・、固くて食べれなかった・・(笑)。シンプルなだけになかなか難しいですわよ~^^。

aDSCN0333.jpg

炊き込みご飯です。もう忘れましたが、鶏ミンチを入れているのでは・・?まあ思い出したようにしますな・・^^。冬にはこれに粕汁は定番な感じですな・・^^。炊き込みご飯と粕汁に鰯の干物や漬物などなら・・、ご年輩系なお献立だこと・・(笑)?←って、ゆーかー、これ系には結構馴染んでいるやろう・・(笑)?

テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング XI vol.28
オースケ クッキング XI vol.28

突撃!家飯! なんでもありーの(笑)♪

aDSCN4238.jpg

さやいんげんの四川風炒めです。連休明け頃、出回るこの豆はさやいんげんでしたっけ・・?全く違っていたりして・・(笑)。まあ火の通り難いものは最初に下茹でしておきます。この場合はその豆と人参です。豆板醤を最初に油で炒めてカドをとるのがポイントの一つですが、やや油がパチパチとしますので注意しましょう。その後、生姜微塵切りを投入してから肉、野菜の順番です。そこからは時間との勝負です。味付けはオイスターソースと醤油、料理酒などでしょう。

DSCN9444.jpg

蛸のスライスです。モロッコ産ですが、これは処理や保存方法がよかったのか・・?結構いい状態で美味しかったですな・・^^。料理じゃなくてすみません(笑)。しかしまあ蛸の本場の瀬戸内海周辺でもモロッコ産の蛸になるとは・・、やっぱ経済の原則と流通なんでしょうな・・(笑)。まあ手っ取り早くいえば・・、高級蛸は東京や大阪など高値の付く場所にすんなりと運ばれるということでしょう・・^^。

DSCN9448.jpg

肉団子です。まあこれも毎回一緒で、マンネリなんですが、しつこくupします・・^^。鶏、豚半々で生姜、醤油、塩、砂糖、玉子、片栗粉、胡椒を入れて混ぜて冷蔵庫で馴染ませます。本日はそれを油で揚げました。入れているものは他に少しあったかもしれませんが、思い出せないし、まあ次回はまたあるもので変化するので、毎回少し違うようにも思います(笑)。揚げ立ては、味的に助けられていますな・・(笑)。翌日これを余らせておいて野菜と炒めて、スープを入れてトロミを付けて、少し趣を変えました。注:「騙しました。」ともいいます・・(笑)?

aDSCN0135.jpg

シチューライスです。カレーライスのシチューバージョンと申し上げたら分かりやすいかも・・(笑)?まあ巷間、これはありや?なしや?とよく議論されるとお聞きします(笑)。また違った論点から、「シチューだからパンやろう!」って、ご感想などあって、もうこうなると・・、収拾はつきません(笑)。基本線は「ホワイトシチューを作って余ったので翌日はそれを on the rice にした。」ということでそんなに争うこともないでしょうか・・(笑)?普通に美味しいとは思います・・^^?でもカレーは激辛系はありますが、これはあまりしませんし、カレーはウスターソース系もしますが、これはまずしません・・?ということで、カレーの応用力はやっぱ違うように思えますな・・^^?ほんじゃ~^^。

テーマ:晩ご飯 - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング XI vol.27

オースケ クッキング XI vol.27

突撃!家飯! なんでもありーの(笑)♪

DSCN8019.jpg

海老のニンニクバター醤油炒めです。まんまです(笑)。まあ最初にニンニクを炒めると香りがよくなるでしょう。焦がさないように^^。

DSCN9342.jpg

長豆炒めです。まあ正式な豆の名前はあるのでしょう^^。下茹でして生姜を炒めてから投入します。まあ下茹でしているのでそんなには炒めません。それに少し固いぐらいの方が柔らかいよりはいいでしょう。味付けは醤油と塩ぐらいです。あればオイスターソースですが、これやっぱオイスターソースを少し入れているかもしれません・・(笑)?こういうなのはシンプル加減が結構ポイントでしょう^^。

DSCN8033.jpg

小イカの煮付けです。まあ先日のミミイカ同様な調理方法です。このぐらいになると丸ごと煮付けた方が味はいいように思います。中のフネ(長い透明なもの)以外は全部頂けます。煮付ける前にさっと(10~20秒)湯通しすると臭みやヌメリも幾分取れて嫌味少なく仕上がるでしょう。

aDSCN4239.jpg

焼肉丼です。on the rice に焼肉乗せて混ぜて頂くものを予定していたのですが、どうせ混ぜるなら最初から混ぜておいたららどうか・・?ということで、サイコロ焼肉でタレも絡めておいて、ご飯のジャーにフライパンからダイレクトに入れます。それをしゃもじで混ぜてこんな感じで出します。まあこれなら冷めなくていいのもあってやってみられてはいかがでしょうか・・^^?ろんもちスライス肉でも問題はありません^^。

テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング XI vol.26
オースケ クッキング XI vol.26

突撃!家飯! なんでもありーの(笑)♪

DSCN9442.jpg

水菜とさやいんげん?とトマトのサラダです。料理じゃあありません(笑)。ただカラフルなのでネットタイプということで・・(笑)。←ちゃんとした料理を出さんかいな・・(笑)!

DSCN8025.jpg

キャベツのニンニク炒めです。これはやっぱ中華鍋でするとグンバツに仕上がります^^。でも最近はIHなんでフライパン・・^^。基本ニンニクを炒めて香りを出し、塩だけで味付けです。まあ変化させるにはお酒や胡椒も可でしょう。また胡椒の代わりに唐辛子を大雑把にカットして使用するのもありです。まあキャベツの旨さメインなのであくまで脇役としての調味料にします^^。

DSCN8027.jpg

冷奴です。何が違うか・・?ってことですが、鰹節です。この鰹節はご覧になってお分かりでしょうか・・?工場で削ったものを真空パック?に入れてスーパーに並べてあるものではなくて、削られてすぐのものです。しかしまあ昔はそんなお店が結構ありましたが、時代の趨勢なのでしょう?なかなか探すの難しいです。香りや味ははやっぱ違いますぜ~!よって醤油は豆腐とネギに少量かけて、鰹節にはかなり染みますので基本かけません。ちょっと冷奴が高級冷奴になったようです(笑)。←なんやねん!それ・・(笑)。⇒ところで時代の趨勢で思い出しましたが、フランスに大手メーカーの鰹節工場で現地生産でヨーロッパ供給です。モスクワの丸亀製麺では、ロシアの方々がうどんをすすっている時代なんですな・・(笑)。ショボいオヤジはモスクワではネギや天かすフリーになっているのだろうか・・?って、ちょっと思っちゃいましたな・・(笑)。注:前にも同じような内容のこと書いたりしたような・・(笑)。ドンマイ、ドンマイ^^!←それは・・、こっちの台詞・・(笑)!

DSCN8036.jpg

冷し梅麺です。例の梅肉ペーストを市販の麺汁で延ばし、、麺を混ぜえてご覧のトッピです。それにしてもちょっとショボさ全開な麺料理に成り下がっていますな・・(笑)?

テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング XI vol.25
オースケ クッキング XI vol.25

突撃!家飯! なんでもありーの(笑)♪

DSCN7833.jpg

梅オクラです。まあそのままです^^。オクラは下茹でして冷しておき、例の梅肉ペーストは混ぜ易いように水等でのばしておきます。出汁ならなおいいでしょうが、そのためだけに造ることもないでしょう。ということで、その場合は冷蔵庫の麺汁です。もちろんそちらも冷して食べる前に和えてチョ^^。

DSCN7835.jpg

蛸のトマト煮です。まあこういうなのはネットでパクってきます(笑)。蛸を白ワインに水を少しいれて増量させて煮ます。白ワインが少なくなって煮詰まりそうになったところでトマトソースを入れてにます。その間何か入れててもいいでしょう。例えばバジルの葉とかです。それはご自由に。温冷どちらもありでしょうか・・^^?こんな煮込みでもやっぱ素材として蛸がグンバツならグンバツな仕上がりになります。やっぱリッチな方が料理するとそれなり美味しいと思います(笑)。正直・・(笑)。

DSCN7842.jpg

ホタテの醤油バターです。チョー小さいベビーホタテが置いてありました。これだけで270円ぐらいだったと思います(笑)。バターで焼いて醤油で味付けです。少し濃かったかな・・^^?

DSCN7844.jpg

海老入りかき揚げ和風ラーメンです。チャーシューにしようか・・?って思ったところでかき揚げをちょうど造ることになったので・・^^。スープは昆布と節からとったうどん出汁です。麺は武居製麺の「麺の匠」でした。まあそれなりな味ではないでしょうか・・?

テーマ:晩ご飯 - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング XI vol.24
オースケ クッキング XI vol.24

突撃!家飯! なんでもありーの(笑)♪

DSCN7831.jpg

これとかショボいオヤジタイプなものではないでしょうか・・^^?厚揚げは油抜きをして冷しておきます。食べる前に茗荷です。それにジャコとネギです。これに麺汁をかけて頂きます。くどくないところがチョーLOVEなところでしょうか・・?茗荷はたくさん食べるとバカになるといわれているのを聞いたことあります(笑)。結構好きな野菜なので、注意しないといけません^^。って、ゆーかー、もうすでにバカなので問題はありません!ってか・・(笑)?

DSCN7773.jpg

イカ焼きそばです。まあこれとかはお店では絶対にないようなものです(笑)。お刺身のゲゾ等をこちらに利用しました。ほんじつは少しニンニクを入れています。まずそれを油で炒めて香り等を出します。それから生姜もちょっと入れて、それからは素早く仕上げます。どんくさいとそれに比例して不味くなりますから・・(笑)。強火でイカ、麺、もやしを入れて混ぜます。仕上げに本日はシンプルに醤油だけではなかったでしょうか・・?なかなかあっさりな仕上がりになりました。カイワレがなぜトッピングになっているか・・?等の質問は即却下いたします(笑)。

DSCN7830.jpg

タンドリーチキンです。一応・・(笑)。自分でもどこがタンドリーチキンなのか・・?よく分かりません(笑)。ヨーグルト、カレー粉、塩、油等に一日漬け込んでオープンで焼きました。塩の量を抑えたせいか、味がしません(笑)。それで急遽、レモンの助けを借りることにしました。大方問題なく完食でした^^。もちろんこれがぢつは・・、タンドリーチキンだったことは言っていませんので、私しか知りません(笑)。

aDSCN3038.jpg

キーマスープカレーです。そんなんあり・・(笑)?ありなんです^^。ますは玉葱微塵切りをしっかりと炒めます。甘みとコクを出すためです。具は豚ミンチ、しめじ、大根です。これは市販のルーを使わずにブイヨンとカレー粉でつくりました。まあ小麦粉等でトロミを付けて一般的なカレータイプでもよかったんですが、やっぱそれでは普通なので・・(笑)。まあ、それなりに食べることはできました^^。ほんじゃ~^^。

テーマ:晩ご飯 - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング XI vol.23
オースケ クッキング XI vol.23

突撃!家飯! なんでもありーの(笑)♪

DSCN7756.jpg

イカ刺しです。下関市の特牛産でした。地元か、すでにご存知の方以外はこの地名は読めないでしょう・・^^。?何、何・・、「とくぎゅう」・・?だったら問題にはなりません^^。「こっとい」です。下関市街地から行けば、橋で有名な角島の手前にあります。それで思い出しましたが、京都に烏丸通りというJR京都駅から南北に伸びる大通りがあって、最初のころは「とりまる通り」と思っていました(笑)。それからしばらくして鳥ではないことが判明・・(笑)。「からすまる通り」と訂正しました(笑)。しか~~し、これもしばらくして正しくは「からすま通り」だと分かりました(笑)。まあ「からすまる」ぐらいまでは許されますが、「とりまる」はやっぱ絶対許さへんやろうな・・(笑)。

DSCN7758.jpg

バリチョー閑話休題。いつもの醤油だけではなしに卵の黄身で頂きました。よく馴染ませて頂きます。醤油を多くするとイカソーメンのようになります(笑)。って、ゆーかー、前にupしましたな・・^^。まあいいか・・^^!

DSCN7764.jpg

トンカツのデミグラスソースです。トンカツは普通です^^。ドミグラスソースですが、市販ものはやや味に厚みがないというか、イマイチのようなので、少し手を加えました。もちろん増量作戦という意味もありまっせー^^。玉葱と人参の微塵切りをデミグラスソースに入れて、ソースとケチャップと水も少量加えてしばらく煮ます。煮詰まりそうなら水の追加もありです。煮えたところで、ミルサーに入れて撹拌して粒のないようにします。再び鍋に入れて煮ます。ソースらしくなったところでオーケーです。結構ウザそうな調理ですが、まあこれはさほどでもありません。味は格段によくなっています。またワインを入れたり、バター仕上げもなかなかな感じになるでしょう。トンカツソースばかりだったのでその分フレッシュ感が少しあったのは確かか・・^^?

DSCN7769.jpg

パジョンとチジミの区別は付きませんが、それです(笑)。3種類作りました。デフォは下のです。人参とネギです。本来はニラでしょうが、わざわざ買いに行く気力はろんもちありません・・^^。左上の焦げっぽいのが、デフォにキムチonです。そして右のがキムチinで混ぜて焼きました。まあキムチが入っていると味にアクセントが少し付くようです。途中よりコチジャンをヌリヌリして頂きました・・^^。桜海老?の干し海老を入れてやろうと思っていましたが、ろんもち?すっかりと忘れていたげな・・(笑)。ほんじゃ~^^。


■ 本日はupも1つあります^^。↓


テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング XI vol.22
オースケ クッキング XI vol.22

突撃!家飯! なんでもありーの(笑)♪

DSCN7159.jpg

キムチ握りです。白菜の固いところでも問題はないでしょうが、今回は葉の柔らかいところばかりを選びました。まあこのぐらいなら温かいご飯で普通に食べた方がいいというご感想をたくさん頂きそうですな・・(笑)。

DSCN7155.jpg

キムチソーメンです。そうめんを茹でて冷して刻んだキムチと混ぜるだけ。そのときキムチの汁や麺汁少し、ごま油もありでしょうか・・?引っ付き難い処理をして冷蔵庫で放置プレーです。麺は延びますが、B級感を優先させてチョ^^。ろんもちまだ食べてはいませんが、調理した器をそのまま使用してすみません。替えないといけませんな・・^^。

DSCN7224.jpg

ツナサンドです。6枚切りを買おうと思ってそのコーナーのところから一つ取って籠に入れてもって帰るとな、な、なんと・・5枚切りだった・・。オイオイ(笑)。多分5枚切りを取った方がやっぱ6枚切りかな?と思われてその6枚切りのところに放置されたものを pick up してしまったのかもしれません(笑)。確認しなかった方が悪いといわれてもやっぱ割り切れないんだよな・・(笑)。それで造ったサンドです。ツナは擂り鉢ですっています。それにマーガリンと少量のマヨ、洋がらしを入れていますが、そんな苦労をは分からずに普通にツナサンドと思って食べていたようだ・・(笑)。オイオイ!って・・^^。

DSCN7228.jpg

韓国風野菜混ぜご飯です。ビビンバ風とでも換言できますか・・^^?具で分かり難いところでは肉ぐらいでしょうか・・?これも何でもいいのですが、他でちょっと使用したのでそれを拝借しました。豚肉の生姜煮です(笑)。まあよく使用するミンチの豚肉や鶏肉でもいいでしょう。なくても可ですが、その場合は麺汁等の出汁を少し多く入れます。コチュジャンを適量で、よく混ぜて頂きます。野菜が多くて結構ヘルシー系になっています。混ぜたところ撮ればよかったですな・・^^。

テーマ:晩ご飯 - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング XI vol.21
オースケ クッキング XI vol.21

突撃!家飯! なんでもありーの(笑)♪

DSCN7219.jpg

パルミジャーノ豆腐です(笑)。豆腐を水切りして炒めます。それを冷まして粉チーズを絡めます。味はご想像通りです。修正点が分かりました。豆腐に少し醤油か?何か?で味付けしていた方がいいです。そうでなければ、粉チーズが大量に要りますから・・^^。やっぱこれでは味が薄いということ・・(笑)。

DSCN7149.jpg

天カス冷奴です。ネット拝見してパクリました^^。はっきり申し上げます。これは結構いいです。ご覧のように簡単で豆腐に天カスonして麺汁です。これポイントでしょう。天カスは少しふやけたところがこれの醍醐味なのでしょう・・(笑)!←このアホッ^^!冷奴如きで醍醐味か・・(笑)?やっぱ豆腐の角をご用意予定か・・(笑)?

DSCN7214.jpg

びんちょうマグロです。仙崎産の天然ものでお安く出ておりましたので、ゲット~~^^!まあ魚はある意味頂いてみないと分からないところあります。これは多分そんなに大きなびんちょうマグロではなかったかと思いますが、なかなかでした^^。だた刺身包丁を出さずに横着カットしたのでこのようビジュアルに・・(笑)。ごめんチャ^^。

DSCN7217.jpg

チーズ春巻です。昔アメリカ人のお連れ様[≒インベーダー系ダチ(笑)]と何気に食べものの話になって・・、「spring rollは旨くて好きだ。」と連呼していたのを思い出します。spring rollとは何の食べものだろう・・?と全く分からなく聞き返しました。それでよくよくお聞きするとどうも春巻の英語名でした。「何それ!チョーベタやん!」と即思ったげな・・(笑)。というまたまた古い話・・(笑)。その中国料理とは関係ない、中にチーズとベーコンとほうれん草というイタリアンっぽい具のspring rollでした^^。春巻、イタリア語でも同じようなベタな訳語になっているのだろうか・・(笑)?とりあえずイタリア行って要る言葉なら、調べてみよう!と・・。って・・、全く要らねぇ~し・・(笑)!ほんじゃ~^^。

テーマ:晩ご飯 - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング XI vol.20
オースケ クッキング XI vol.20

突撃!家飯! なんでもありーの(笑)♪

DSCN6929.jpg

カルツォーネです。まあ偽カルツォーネなんでしょう(笑)。まずはパンのところから・・。ちゃんとしたやり方はあるのでしょうが、性格上?出来ません(笑)。薄力粉を100gとベーキングパウダー5gの袋の半分ぐらい使ったのがあったのでそれだけ・・(笑)。これを混ぜて塩を少々でまとめてしばらく置いてのばして畳んで、横のところも畳み込んでしっかりとくっ付けます。くっ付いなかったので中程のところから出ています(笑)。

DSCN6930.jpg

具はトマト、玉葱、ベーコン、ピザ用チーズ等です。トマトソースがいいのでしょうが、このために作るのも手間なのでケチャップ代用です。200℃のオーブンで20~25分ぐらいでしょうか・・?いい加減やっている割には結構食べれた^^。反省点は・・、もう少しチーズ多くてもよかったかな・・?それからパンのところは固かった(笑)。まあクリスピータイプのピザと思えば問題はないかな・・(笑)。オイオイ・・^^。

DSCN6986.jpg

チキンチャーシューです。チキンはそのまま醤油、生姜、胡椒、味醂等に漬け込みます。焼く前にタコ糸で丸く巻いてオーブンで200℃で30分です。冷まして冷蔵庫で数時間は放置プレーさせます。これ系は放置プレーなしで頂くとやっぱ少し味馴染みせず、一味も二味も違ってきます。端はどうしたのか・・?って、ことですが、もちろんありまんがな・・(笑)。これはよそ行き用です(笑)。

DSCN6993.jpg

赤むつの煮付けです。山口ではこういいますが、山陰ではのどぐろで、全国的にはやっぱのどぐろでしょう。萩は山陰だけれどどういうのだろう・・?多分赤むつと思います・・^^?初めて買って自分で煮付けてみました。見栄えから裏を返さずに煮しました。煮汁が多いと問題はないのでしょうが、ケチって少しでしたので上の半身はやや味が染みてなくて、下の半身を頂いて、もう1回煮たらオーケーでした(笑)。やっぱ、赤むつは旨い!っす・・(笑)。値段のこと申し上げて恐縮ですが、これで1尾で780円ですからウチで頂く魚にしてはそんなに安くはありません。これより2回り大きなのが1800円だったのですが、流石にそれには手が全く出ません・・(笑)。以前小さな赤むつの干物を買いましたが、味はイマイチです。赤むつはやはりサイズが少し出ないと美味しさも出ないということでしょうか・・?


■ 本日はupも1つあります^^。↓


テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。