ぐるっとまわってちゅるちゅるポン! -しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オースケ クッキング Ⅶ vol.40
オースケ クッキング Ⅶ vol.40


突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪


P8310266.jpg

梅奴の和風洋風綯い交ぜ系です(笑)。例の梅肉ダレが少なくなったのでオリーブオイルで伸ばします。やや濃いようなら水や味的薄いようなら醤油も・・。で豆腐は水切りして全て冷蔵庫でよく冷します。頂く前にこのような状態で。まあ豆腐は油とのマッチングも基本的にはいいので大方オーケーでした。水切りすることでグッと水っぽいさがないような仕上がりになります。まあこれでザーサイの微塵切り等をトッピングすれば・・、和洋中のそれになります(笑)。でも食えるだろうか・・^^?

P7319699.jpg

トンカツですが、まあ薄いスライスだったので紙トンカツといったところでしょうか・・(笑)?正直いえば・・、最近では普通揚げ物はしないことにしています。しかしやっぱどこかでトンカツや唐揚げをやりたい気持ちはあるわけで・・、本日はそれをカモフラージュして実現するに至りました^^。ということでフライパンに薄く油を入れて油で焼くというトンカツです。政治家の皆さんがよくやられるあの解釈の違いということです(笑)。まあ実状はトンカツなんですが、油でパン粉をつけてソテーしたということにしました(笑)。そのためには豚肉が厚ければ、油を多く使用しなければなりませんのでこんな薄いのになりました。もちろんトンカツソースとかで頂いた思います(笑)。トンカツは何となく薄いのでもありかな・・?って思いましたが、問題は薄いから揚げなんですな・・(笑)。これはちょっとな・・(笑)。ほんじゃ~^^。

スポンサーサイト

テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅶ vol.39
オースケ クッキング Ⅶ vol.39

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

P8280211.jpg

もやしのナルムを韓国海苔で頂きます。ナルムは塩とゴマ油です。こうして韓国海苔で頂くもの同一国籍系で結構いい感じでした。本場で実際そういう食べ方があるのかは存じ上げません(笑)。でもありそうでもありますが、やっぱ基本的には暇の賜物なのでしょうな・・^^。

P9060387.jpg

チョーズボラ型惣菜講座・・(笑)?塩蔵ワカメは普通より短時間で洗いながら処理します。まあこれが唯一のポイントかも・・?まず玉葱を炒めて、しなって来たなったところで、あればゴマと魚粉を入れてワカメ投入後、市販の麺汁で味付けです。簡単な割にはいい感じでっせー^^。それに麺汁の量さえ間違わなければ誰が作っても同じような仕上がりになるところもお勧めなんです^^。ややビジュアル的にどうかとも思いますが、玉葱の甘さがワカメとマッチングが鴨葱のそれに匹敵するようなと申し上げていいような・・(笑)?お時間許すなら、些少の生姜の微塵切りなどもオプションでありでしょうか・・^^?ウチの最近の売れ筋惣菜ですのでお勧めしますわよ~^^。

テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅶ vol.38
オースケ クッキング Ⅶ vol.38

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

P9050371.jpg

産直市で芋の茎を下処理された状態で売っていました。もちろん100円ぐらいで、しごうする手間も省けて有難いですな・・^^。コンニャクと普通に煮ました。芋の茎なんかそんなにはスーパーには置いてないので珍しいお惣菜になった昨今でしょうか・・?って申し上げても昔はよく出されたお惣菜なのでしょう・・?そんなレッドブック型お惣菜も多くなってきているので、何とか連綿と受け継がれて欲しいものです^^。

P9060392.jpg

ソバめしです。まあ本場は神戸で、そのなかでも長田付近がさらに本場ってイメージですが、私は正直まだ本場では頂いたことはありません。本日は暇にまかせてチャレンジです。キャベツと玉葱は微塵切りで肉はないのでパス(笑)。まあこの時点ですでにアウトローなスタンスとなっています(笑)。普通に焼きそばを作る要領でご飯もいっしょに。ソバは予めまな板でカットして洗っております。鉄板ならその場でカットもありでしょうが、フライパンなので暇テクとなっています(笑)。魚粉、天カス等も。それに本日は一味で激辛系にしてあります。ソースは常備の業務用?オタフク焼ソバ専用ソースで、甘いのが好みならお好みソースやケチャップ追加もありでしょうか・・?ソースの種類や量が味を左右しますので、素材感は後方に追い遣られます。やっぱそんなところがB級なんでしょうな・・(笑)。それにどう上手に作っても感動しないところもB級なんでしょうな・・(笑)?ほんじゃ~^^。

テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅶ vol.37
オースケ クッキング Ⅶ vol.37

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

P8140017.jpg

枝豆です。ただそれだけ・・(笑)。でもコメントそれだけだとあまりも些少なんで少しばかり与太でも・・^^。下関市安岡産で、枝豆など地物では一応ブランド野菜ぐらいの評価はあるのでしょうか・・?よくご覧下さい。表面に薄毛がたくさんあるでしょう。これは新鮮な証拠です。そういえば、根や枝のまま販売されていたので、その辺の鮮度のことを充分に考えられて出荷されているほどです。それに実の入りがしっかりで、まあ最近こんな程度のいい枝豆には遭遇しませんでした。やはりこのレベル頂いてしまうと・・、他がちょっとですな・・(笑)。お値段のことを申し上げてなんですが・・、これで580円です。普通の倍近くはしますが、考え方によってはお店で頂くと、小分けにされているのを寄せ集めてこのぐらいの量にすれば1000円ぐらいはするでしょうから安いといえば安いです。やっぱこのクオリティなのでニトリ系なのでしょうな・・(笑)?

P8280196.jpg

ハムです。料理ではないですな・・(笑)!ほんじゃ~^^。←アホッ!何がほんじゃ~^^。やん(笑)!もっと手を加えられたものを出さんかい^^!⇒確かに・・^^。でもこれは結構普通に美味しかったもので・・^^。←さらにアホッ!そういう問題でもないと思うのだけれど・・(笑)。

テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅶ vol.36
オースケ クッキング Ⅶ vol.36

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

P5088469.jpg

以前紹介させて頂いたプロバンス風のサーモンをそのまま食べればいいものを・・、余計なアスパラとレタスでボリュームを出すというセコい作戦にでました(笑)。まあやらないほうがよりいい例でした(笑)。

P8280200.jpg

梅冷奴です。葱を乗っけようと思いましたが、やや食感的にどうか・・?って思いましたのでお好み焼用の青海苔にしました。多分このほうが正解だったように思います。これも料理といえるようなものではありませんが、冷たくして頂くといい感じなので、いかがでしょうか・・^^?最近どうも安易になびいてしまってごめんチャ^^。

テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅶ vol.35
オースケ クッキング Ⅶ vol.35

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

P8210126.jpg

茄子の糠漬けということで、オヤヂのショボさ弥増す(笑)。

P8210145.jpg

逆皿うどんです。前に一回ご紹介したような・・?でもいいんですぅ~^^!普通は麺が下でその上から餡かけなんでしょうけれど・・、麺のパリパリ感も捨て難いということでビジュアル的にちょっとイマイチですが、混ざってすぐに柔らかくならないようにときどきウチではこうします。アホですな^^!そしたらこのときは麺が少し湿気っていてパリパリ感はあまりなくて、よく混ぜてふやかして頂きました(笑)。オイオイ^^!

テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅶ vol.34
オースケ クッキング Ⅶ vol.34

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

P7189584.jpg

秋刀魚缶で先日やったものの応用編です。本日は味付鯖缶でしました。生姜微塵切りとゴマそして基本の酢です。大方これもオーケーでした。胡瓜はシャキとさせるのに氷水に付けておきました。混ぜて頂きます。安い割には結構いい感じなのでショボ系惣菜としてはA級かもしれんな・・(笑)。←それどういう意味やねん(笑)?

P7179539.jpg

チャーシューの切れ端でチャーシュー丼です。チャーシューを漬け込んだタレを少し煮詰めて味を調整します。それをチャーシューと炊き立てのご飯にジャーの中で食べる前に混ぜておきます。そうすれば味が均一になって混ぜる手間も省けますわよ~^^。このテクはタレの少ない鰻のうな丼をどうするか・・?ってことから編み出されたチョーテクですので、「暇やな!」って思われてもいかがでしょうか(笑)?ほんじゃ~^^。

テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅶ vol.33
オースケ クッキング Ⅶ vol.33

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

P6129061.jpg

梅きゅうの例のものを冷シャブ用の豚に混ぜ込みました。ビジュアル的にイマイチですが、味はグンバツでしたわよ~^^。←それは分かった・・^^!でもこのビジュアルはどうにかならんか・・(笑)?青味とか少し乗せるだけで結構違うと思うよ~^^!⇒確かにそうだけれど・・、君のようにいちいち論うのもどうかとも思うな・・(笑)!←あのな・・^^!

P7319738.jpg

東京の某有名ブログで取り上げられていたので、やってみました。枝豆と酢飯は結構合いそうだということがテーマでして、あれこれとプロトタイプ的にも出されていました。まあ雲丹の軍艦巻はよくご存知でしょうが、枝豆の軍艦巻が登場したときは思わず笑ってしまいました。「何ぼ何でもそこまでせんでもええやろう!」って・・(笑)。で、やっぱ酢飯に素直に混ぜ込みましたら、まあ感動ほどではないけれどいい感じでしたわよ~^^。これも前日の枝豆が余っていたのでやったまでで、買ってまですることではなさそうですな・・^^。まあそういうときにはいかがでしょうか・・^^?

テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅶ vol.32
オースケ クッキング Ⅶ vol.32

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

P7089417.jpg

小松菜のひじき梅肉和えです。この手の和え物はやはり頂く前に和えるといいでしょうか?昼に作って晩に出すとやっぱ予想通り水っぽくなって、ひじきの香りも少し付いてしまいました。やっぱ守るべきところは守らないと・・!って思った次第です^^。まあその対処法として混ぜるものの間にラップで間仕切りやそれぞれを包んでおいていただく間にそのラップを取り除くと簡単に和え物等の基本は守れます^^。どうぞこのテクは使えますよ~ん^^!←だったらこのとき使えばいいやん(笑)!⇒確かに・・^^。でもまあ小松菜はよく絞っていたのでいいかな・・?って思ったんよ・・^^。ひじきの香りまでは予想しなかったけれど・・。

P6199314.jpg

ホタテの梅肉焼きです。でもこれはリカバリー系です(笑)。最初はお刺身のように和風カルパッチョっぽく梅肉や醤油で味付けしてました。頂いてみるとイマイチだったので、それを取り上げてすぐにフライパンで火を通してこのようなものに・・(笑)。香ばしくてなかなかものに変わりました^^。まあ出たとこホイ!系の料理は得意というより、計画性の無さのなせる技でしょうな・・(笑)。やんぬるかな・・(笑)!

テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅶ vol.31
オースケ クッキング Ⅶ vol.31

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

P7319744.jpg

胡瓜の塩昆布まみれです(笑)。シャキシャキ感を出そうと思えば胡瓜を氷水につけるといいでしょう。まあ想像通りの味ですが、なかなかいい感じですぜ・・^^。

P7319694.jpg

上記の胡瓜の面取りで出た廃材的な胡瓜を使用して、人参とわかめで・・。味付けは魚粉と麺つゆというこれまた簡単系で・・^^。レシピを縷々説明するほどでもないんで、本日はこのぐらいで・・^^。ほんじゃ~^^。

テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅶ vol.30
オースケ クッキング Ⅶ vol.30

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

P7179522.jpg

海老シメジ炒めです。これはニンニクが少し入っておりおます。味付けはチャーシュータレとオイスターソースです。ソースが余って捨てるのもなんなんで・・、パンに付けて食べていた・・。そちらのほうが旨かったりして・・(笑)。

P7299654.jpg

梅風味厚揚げ豆腐です。厚揚げは一手間ですが、湯通しして油抜きをしておくとさっぱりな仕上がりにあなります。ということでこれはいつもの甘辛い味付けに箸も伸びなくなりがちなので変化をつけました^^。わかり難いですが、梅肉の細かいのが入っています。それだけではまだ酸味が足らないようなのと、味付けという意味で酢と出汁を少し入れて片栗でとろみです。ややとろみの付け方をいい加減にしていたので、ひじきが偏りました(笑)。冷たくして頂くといいでしょうか・・^^?

テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅶ vol.29
オースケ クッキング Ⅶ vol.29

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

P7319711.jpg

ヅケ鉄火です。まあビジュアル的に情けないことになっていまあ~す(笑)。基本的に鮪のカットが大き過ぎて・・(笑)。これだと海苔のハーフではなしに、普通の巻き寿司サイズで巻けばよかったかな・・^^?しか~~し、自分でいうのもなんですが、味はよかったんで、すぐに完売でした^^。醤油は付けなくてそのままで充分でしたわよ~。ヅケって鮪の持っている、特徴といより特長をよく反映した調理法だということが分かりますな・・。まあそれは魚の食べ方に対して持っているある意味日本人の連綿と続く積年の経験の賜物なのでしょうな・・?

P6129063.jpg

白菜お揚げさんの炊いたのということで・・^^。まあこれだけだと折角アクセスされた方に申し訳ないので、少しまあその周辺で与太など・・^^。これはご覧のように白菜の柔らかいところだけです。固いところは他に使用しています。それでしっかりと鰹節やイリコや昆布などの天然の素材で出汁を取って炊くと結構ジミ~な旨さになります。これは粉末の出汁を使ったか忘れましたが、まあTPOで使い分ければ宜しいかと・・^^。揚げは一応油抜きしてあります。ということで、やっぱ昔はこんなお惣菜は旨いと思ったことは皆無だったんですが、ショボくなると些か仕方ないことなのかも・・(笑)?ほんじゃ~^^。

テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅶ vol.28
オースケ クッキング Ⅶ vol.28

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

P7189571.jpg

先日のトマトの塩昆布で、昆布の旨みということでの存在感がなかったんでリベンジアゲインです^^。今回は塩昆布をまぶして冷蔵庫で放置プレーでしました(笑)。他にオリーブオイルとパセリなんです。まあ塩昆布の味が前よりはトマトに乗っていたと思いますが、まだまだでしたな・・?まあまたチャレンジしようと思いましたわよ~^^。それにしても和洋綯い交ぜ料理と化してきました(笑)。

P7189592.jpg

マーボーナス丼です。ご飯が白トビしていてすみません(笑)。そこら辺がプロとの違いでしょうか^^?先日の豚肉(ミンチ)味噌を使用すると簡単です。もちろん普通に豚ミンチからでもこれはそんなに変わらないでしょう・・?その場合は生姜やネギなどの微塵切りも一緒に炒めるといいでしょう。まずはナスはやはり厚くカットすると火が通り難いので、通り易いぐらいまで薄くカットすると扱い易いでしょう。レシピ集にはあまり書かれてないことですが、結構一気呵成に調理できますわよ~^^。まあ本来なら油通しというテクを使うとナスと油の馴染みからいいのでしょうが、家庭では後片付けもいれて手間なので、少し茹でるという方法もいいでしょうか・・?あっさりに仕上がります。片栗で餡を付けて完成。まあこのぐらいなら・・、某大手のレトルト系は買わなくて済みそうですわよ~^^。それに自分で作るほうがえぐくなく仕上がることもあるし・・^^。ほんじゃ~^^。

テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅶ vol.27
オースケ クッキング Ⅶ vol.27

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

P7319729.jpg

ガスパチョです。すり下ろした玉葱とFPにかけたトマトをコンソメで煮て冷したものです。オリーブオイルと塩も少し入れたかな・・?本来ならニンニクを少し入れるといいのだけれど・・。正式の作り方と違うのは出たとこホイ!的にやっているので致したかないでしょうか・・・(笑)。しか~~し、売れ行きイマイチ・・(笑)?こんなに手を加えたのに・・!って思いはどこかにありますな・・(笑)。やっぱそのままなるべく手を加えないように努力したほうが宜しいかと・・(笑)?

P7119464.jpg

きんぴらなんですが、賞味期限の切れた高級蒲鉾をどうにかするべく、安易にきんぴらに追加投入しました^^。やっぱ高級蒲鉾はそのまま何もせずに頂くに越したことはないということがヒシヒシと分かります。こうすると全く高級蒲鉾の真価が分かりません。何のためにわざわざこうまでして頂かないといけないのか・・(笑)?やっぱネタのためか・・(笑)?ここはそのままか、やっても山葵とか柚子胡椒ぐらいまででしょうか・・?って、本日は二つとも繰言系になってしまったチャン^^。ごめんチャ^^!

テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅶ vol.26
オースケ クッキング Ⅶ vol.26

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

P7319717.jpg

こにゃ~にゃ~^^。本日もクッキングですでに4回連続になっていてほぼ料理ブログと化しておりますが、まあ正直やる気の問題もあるのでしょうけれど、ほとんど行けてません(笑)。で、これが改善するかと・・?っていえば、はっきりと申し上げてここのところはこの路線になるように思います(笑)。お店ネタはまだもう少しあるので小出しにして何とか粘ろうかとあこぎな手法に・・(笑)。よって正直ご覧になられている方もフレッシュ感はないと思いますので、お許し下さい(笑)。ということで・・、野菜の簡単バター炒めです。人参やアスパラとかは下茹でしてあります。バターだけなら味が薄そうなので、塩を少々いれております。バターの香りがしていつも中華系とはちと違っておりました^^。やはり同じ味だと箸は伸びにくいのがよく分かります(笑)。

P3206121.jpg

ホルモンキムチ炒めです。ニラなどの野菜も入っています。まあそんなに難しくはありません^^。ちょっとコリアンっぽくコチジャンや唐辛子パウダーも入っていると思います。ホルモンって結構下処理の優劣で味が違うように思いますけれど・・、皆さんはいかがでしょうか・・?ということで・・、変わり映えしなくてごめんチャ^^!

テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅶ vol.25
オースケ クッキング Ⅶ vol.25

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪


P4106700.jpg

チャンポンです。本日は休みだったんで、これを4人分作りました。麺の玉は6玉だったと思います。ベースだしはうどんのスープではなかったでしょうか・・?充分に食べられました^^。ということで、お店の方の大変さがわかった次第です。4人前でも結構な労力なのです。それを昼時例えば20人来たとしたらこんなのを5回作るとなるとそれはそれはもうヘトヘトになりそうです。そしてやっぱこの手のものは一回でたくさん作るとそれだけで思うように調理できないことです。ときに実践して分かること等や反省することありありでしたわよ~^^。

P4036560.jpg

分かったチャーハンはもういい!ってことですな・・(笑)!でもときどきは許してチョ^^。だって・・、作るとどうしてもupしなくては・・?って・・(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅶ vol.24
オースケ クッキング Ⅶ vol.24

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

P7299663.jpg

これは豚ミンチの醤油味です。生姜や砂糖も少し入っていて甘辛い仕上がりになっています。これを用意しておくとあれこれと簡単に出来てしまいます。もちろんご飯に乗っけるのもありで・・、中華料理の魯肉飯(ルーローファン)系になります。本日はすぐに出来るものを3つほど作ってみました。

P7299667.jpg

まずは冷しぶっかけうどんです。このミンチを乗っけて麺つゆでも醤油でもいいでしょうか・・^^?チョー簡単で結構いい感じですので、まあうどんのコシをどうのこうのいわないなら・・、お店まで行かなくて済みますわよ~^^。自分で作っていてなんですが、私はこのぐらいなら充分です(笑)。

P7299689.jpg

それからピーマン炒めです。まあこのミンチ肉だけでは味が薄いので醤油を少し入れております。料理のタイトルを付けるとすると・・、肉ピーマンぐらいでしょうか・・?そうなるとあの中を繰り抜いたハンバーグのようなのを想像しそうです(笑)。まあそれよりか・・、青椒肉絲に近い・・?中華材料をほとんど使ってないので中華にはなってないですが、手間を考えれば・・、ヘタな青椒肉絲よりはこれで充分かも・・(笑)?

P7119472.jpg

豆腐の肉味噌あんかけです。豆腐を使用すればこんな感じですわよ~^^。って、ゆーかー、麻婆豆腐っぽい感じ・・^^?それなりに食べられます(笑)。チョー簡単ですわよ~^^。まだ出たとこホイ!的な応用メニューもあると思いますので・・^^。ほんじゃ~^^。

テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅶ vol.23
オースケ クッキング Ⅶ vol.23

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪


P6179211.jpg

トマトの冷製といえば少しカッコよく聞こえますが、冷し焼きトマトなんです(笑)。←ゆっくりと理解すれば分かるが・・、ちょっと分かり難いですな・・(笑)!⇒プチトマトをオリーブオイルで焼きます。塩をして、下ろし玉葱を加えて少し炒めます。それでいいのだけれどやや量が足らないのでショートパスタのペンネで増量というあこぎな手に出ました(笑)。冷たいところを頂きますわよ~^^。

P7189586.jpg

オイスター焼きそばです。具はご覧のような感じです。針生姜が入っています。炒めて手早くオイスターソースと醤油で絡めます。当初の対策ではオイスターソースだけだと結構使用し、その分高くくつきますので、半分ほど醤油で代用させました(笑)。←しか~~し・・、やってみると醤油を半分ぐらい入れたほうが味がしまるようです。ということで・・、オイスターソースを使用されるときは醤油をセットで使われるといいかも・・?まあやっぱ醤油は使わないほうが好みの味に仕上がるようならもちろん醤油なしにしておいてチョ^^。オイスターソースを使用することで、ちょっと中華寄りな味付けになりますわよ~^^。まあもっと中華寄りにする方法もあるのだけれど・・経費がかさむので最近はほとんどやっていません(笑)。まあこういうところにも最近のショボ系は反映されているということすな・・(笑)!ガックシ・・○| ̄|_。

テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅶ vol.22
オースケ クッキング Ⅶ vol.22

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

P6289383.jpg

胡瓜ともやしのナムルということで・・、味付けはゴマ油と塩です。The simple cooking is good^^!

P7179534.jpg

これは画像だけではまずわかりません。作るのはチョー簡単ですので、お教えします。って・・、まあメチャクチャ旨いわけでもありませんが、少しいい感じです^^。秋刀魚の蒲焼味付け缶のジュースは捨てます。それをほぐして酢を少しばかり、これにスライスアーモンドと本日はフライドポテトです。秋刀魚と酢は基本ですが、他はオプションでご自由に・・^^。86円の秋刀魚缶とは思えんよ~(笑)!

P3135747.jpg

キッシュです。またまたすみません^^。どこか違うか・・?ってことですが、ほとんど一緒です(笑)。まあ本日は玉子を入れるのを忘れておりまして・・、これできちんと固まるのだろうか・・?って思っていました(笑)。そのせいか、本日出来はやや柔らかかったですな・・^^。まあホールで撮りましたので、きれいに容器から出ているのがお分かりだと思います。毎回申し上げていますが、食パンのミミを取り除いて棒等で圧縮したものをベースとして使用すると、割に簡単に取り外せます。基本はパイシートでしょうが、まあ素人が安易に手を出して収拾の付かない失敗したことからの価値のある?助言ですわよ~(笑)。これは結構ありなテクなので皆さんお試し下さい^^。しか~~し、失敗しても苦情は言って来ないように・・(笑)。

P3276384.jpg

ホタテ丼です。少しレアっぽいように火を通してもよかったんですが、本日は刺身のままです。というのもタレがタレだけにそのほうがいいかな・・?って思えて。このタレは玉子の黄身と麺つゆの濃縮タイプを混ぜてつくります。やや甘ければ、麺つゆの変わりに醤油でもいいでしょう。ご飯の上にホタテを乗せてとろ~りの麺つゆ卵黄のたれをかけます。ちょっとなんとも贅沢な丼かも・・?実際はそんなに高いホタテではなかったんですけれど・・(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅶ vol.21
オースケ クッキング Ⅶ vol.21

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

P7179502.jpg

トマトなんですけれど・・、まあ大葉と塩昆布にオリーブオイルで冷たくして・・。和洋折衷とアイデアまではいいのだけれど、塩昆布の存在感は薄かったか・・、もう少し塩昆布を乗せてもよかったですな・・^^?そうなると塩味も利いていい感じになるでしょうな・・!

P5088477.jpg

鰯のハンバーグ風?刺身用で鰯が売っていたので買い求めたまではよかったのだけれど・・、下ろしているとやや刺身にするいは鮮度が足らないようなのでこうなりました^^。たたいてすり鉢ですって、しょうが味噌などで臭みをカモフラージュさせてつなぎに片栗粉です。卵を入れるともっとしっかりとまとまるとは思いましたわよ~^^。それにしてもこんなビジュアルはいただけないですな・・(笑)。失格(笑)!でも味はよかったよ~^^。ってそういう問題ではないですな・・(笑)。

P4026413.jpg

マッシュポテトなんですけれど・・、混ぜているものが少し違って、マヨネーズ以外はバターorマーガリン、粒マズタード、粉チーズ(パルメザン?)位だと思います。ややバタ臭い仕上がりになっております(笑)。でもこのマッシュは少しフレッシュ感はあります。サンド用スプレッドとしても・・^^。

P7139484.jpg

シシトウの和風炒めです。シシトウを頂いたのでこんな感じのおばん菜に・・^^。まあ下処理がポイントで、ご覧のように縦半分にして、種やヘタを取り除くときれいに仕上がります。種などがない分食感的にもいい感じですわよ~^^。本日はさらに少しだけ下茹でいたしました。それを油で炒めて醤油、味醂、砂糖等で甘辛く味付けます。魚粉も入れると味がよく馴染みますわよ~^^。オバチャンも好きそうだからおばん菜・・(笑)?←コラッ^^!それにこのコテコテ系はあかんわ~(笑)!

テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。