ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!(笑)  -しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
山口 petit ラーメン案内 その他の地域と全般編
関門麺協賛(笑) ’10 10月現在


■■ 山口 petit ラーメン案内 ■■     〓 その他の地域と全般編 〓


北浦方面のお店も紹介しておかないいけないのですが、何分うどんや和食の発達した地域なのでラーメン専門店はそんなに多くはないです。その中ではめんくい@萩市や夜専?のめん遊@萩市などが個人商店であります。また少し山の方ですが、島根県益田市で修行された中華一般の白金龍@萩市明木があります。ここのロケも凄いです。こんなところにお店があるの?というような場所です。長門では金寿@長門市湯本温泉、美祢市では来福ラーメン@美祢市来福台はどちらもトンコツです。また美祢市の山小屋風の喫茶店朝日館@美祢市於福の激辛チャンポンも人気です。

ラーメンではありませんが、山口市をメインとして山口県にはあんかけ焼きそば(一店の登録商標ではバリそば)なるものがあります。これも麺料理としては他所では少ないのではないでしょうか?

それから山口市と防府市にある吟も新しいラーメン店としてはあれこれと提供されています。主に下松牛骨系を出されます。

滋賀県野洲市を発祥として東海から西日本に多い来来亭は社長が山口県宇部市出身ということで?山口県に西日本で最初に進出して来られました。だからお店の数も他県よりはかなり多いです。そのころは山口だけ50円安い特権がありましたが、現在では撤廃されています(笑)。私に何も知らずにここはセントラルキッチンで作られて配送されていると何の疑問も無く信じていました(笑)。だって全国のお店の数を知るとですな・・^^。

そしてラーメンショップの存在が山口県ではちょっとあるように思います。広島県にはありますが、福岡県にはないのがちょっと不思議です。東京本部のFC展開系でしょうか・・?その辺のお店の事情は詳しくは分かりませんが、山口県に10店舗近くあります。これは同じクループと考えると山小屋、一久 三久とお店の数だけでは4大グループの一つでしょうか?味は結構そのお店独自のものがあるようにも思います・・?でも丼は統一されています(笑)。

何となく出たとこホイのような6 PARTSのまとめになりました(笑)。間違いなどありましたら、訂正いたしますので教えていただければ幸甚に存じます。まあ皆さんの山口麺バカ行脚の一助となればそれに越したことはございませんわ~^^。ほんじゃ~^^。

スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

山口 petit ラーメン案内 岩国 柳井編
関門麺協賛(笑) ’10 10月現在


■■ 山口 petit ラーメン案内 ■■     〓 岩国 柳井編 〓


広島に近いこの地域は広島醤油トンコツの影響を受けて出されているところもあります。多分それ系だと思う2店は岡崎ラーメン@岩国市元町と比翼@岩国市装束町でしょうか?

それから岩国といえば名前の知られているところではスエヒログループで、この地域に留まらずつとに有名です。その本店が寿栄広@岩国市JR岩国駅西口です。最近ではどうか?分かりませんが、マイクでオーダーが通りすぐに出てくる早さは福岡トンコツ店のスタンダードな早さと比べても全く劣ることはないと思います。集客からしたら現在ではスエヒロ 欽明路店@岩国市がもっとも多いのではないでしょうか?他にJR南岩国駅のパルティ・フジ付近のパルティフジ南岩国店や広島県大竹市にもあります。最近はちょっと詳しいことまで分かりませんが、メンカタ、アブラ、ヤサイなどと自分好みにカスタマイズオーダーもオーケーだったはずです。

それからトンコツで燦然と輝くのが彩龍@岩国市周東町でしょうか・・?この地域は醤油地域でトンコツ店が少ないのも少し関係しているのは否定できないのかもしれませんが、それを加味してもトンコツではやはり宇部ゴテゴテ系が多い中で、この久留米ナイズされた味は多くの支持を得ていらっしゃいます。

私が最初に存じ上げたたのはネットでも本でもありません。たまたまお店の前を通りかかったときに・・、こんな山の中のラーメン店でこんなに賑わっているとはチョーサプライズでした。もちろんまだ麺バカさんにも知れ渡るずっと前のころの話です。早速日を改めてお伺いしてさらにサプライズでした。現在の場所はその場所から少し北寄りになっています。それからトンコツでは香林@岩国市JR岩国駅東口、やまびこ@岩国市室の木町そしてたちばな@岩国市由宇町などがあります。

変わったところでは製麺所直営の山綱@岩国市今津町でしょうか。地元系の古くからのお店です。閉店してのぉくれ柳井店に統合された?のぉくれ@岩国市玖珂もありました。

柳井市周辺ではまず瀬戸内海の島のたちばなや@周防大島町、みかちゃん@周防大島町、ながうら@周防大島町、為八@周防大島町等があります。たちばなやはイリコの総本山的なお店で、行かれた方がロケと味にびっくりされて帰られることでも有名です。広島からわざわざ来られる方も少なくありません。

それからタレントの松村邦洋さん高校時代ご用達のまーちゃんラーメン@田布施町や旧大畠町のサンマー麺などの珍しいものもある地元系安さん@柳井市大畠もあります。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

山口 petit ラーメン案内 周南 下松 光編
関門麺協賛(笑) ’10 10月現在


■■ 山口 petit ラーメン案内 ■■     〓 周南 下松 光編 〓


周南市はもうすっかり醤油圏です。でもどこでもそうですが、何かとオーバーラップして来てこちらも変化を楽しむならなかなかいい地域です。それに何といっても下松牛骨系の存在は全国的に珍しいエリアでしょう。それは後ほどまた。

まずはJR徳山駅周辺にあるスター系からご年配のファンの方は多くて懐かしい方も多いでしょう。新幹線口の南側にまず本店@住崎町そして反対側に第二スター@飯島町そしてその東側に第三スター@平和通と3店舗あります。まあ私はその違いが分かりませんが、昔からのファンの方にそのビミョーな違いが分かるとお聞きしたことがあります。あっさり醤油の麺が平打ちでのびは早いように思います。その同じ麺を使用なさっているところでは麺屋ん@周南市夜市があります。また駅周辺では山口では珍しい屋台も数軒あって醤油ではありませんが、○徳もしっかりしたラーメンを出されているように思います。それから再来@河東町も中華一般店ですが、醤油ラーメンに人気があるようです。

トンコツではやはり太陽@周南市富田(旧新南陽市)と毘沙門@周南市夜市が人気を二分されているでしょうか?太陽は山口では珍しい細麺です。毘沙門は現在のラーメンから分かり難いですが、宇部ゴテゴテ系のルーツを持っているとお聞きしたことがあります。まあ麺がやや平打ちタイプなのでちょっと想像は付きません。固麺好みの方はコールマストです。他にトンコツではラーメン屋@周南市築港、たかちゃん@JR新南陽駅前、孫悟空@光市島田、博多一発@JR光駅東があります。

山口には勢力的グループ分けして考えると宇部ゴテゴテ系と下松牛骨系が存在します。単純にお店の数の規模から考えると宇部ゴテゴテ系は下松牛骨系の約3倍ほどありますが、斬新さという点では下松牛骨系に軍配が上がります。最近でこそ全国でスポット的に牛骨ラーメンがあちこちで紹介され出しましたが、これだけのまとまってある地域は全国的に稀有なことだいえそうです。

そんな地元ヲタの話では・・、基本は熊毛にあった蘭らん@下松市だそうです。ここを頂くとすき焼きテイストがよく分かります。そして誰もが認める一番人気店は紅蘭@下松市JR下松駅南口前西です。お昼時は凄まじく混み合うときも少なくありません。ただ牛骨の使用可能な部分が制限されている現在では、昔の味は出せないということです。他に以前○勝だった鳥勝@下松市西豊井元町(ほぼJR下松駅南口前)も正統派といえそうです。付近では珍しく細麺使用のめんくい@下松市栄町、味ごころ@下松市栄町、北斗亭@下松市JR下松駅北口前と駅周辺には集中しています。逆に駅周辺以外の牛骨人気店としては旧くら屋のはな華@光市島田やめんいち@光市島田だということに反論の方はおられないように思います。

メニューも確立していて大中小あり、大2玉 中1,5玉 小1玉の普通となっています。そして大方のお店でいなり寿司がサイドアイテムの定番となっています。

これ以外のジャンルではイリコ系の大島@光市浅江やジャンル分けのできない旧アジト@田布施町の松風@光市浅江等があります。どちらもファンは多いです。それから尾道ラーメンの西遊記@周南市徳山競艇場付近やちょっと周南市街地から山に入りますが、さかえ@周南市須々万とバラエティーのある地域です。

逆にそれだからこそ新陳代謝の激しい地域とも言えそうです。これまでもまたお伺いしたいお店も何軒かあったのですが、その中で一番は旧新南陽市富田古市にあった「さるとび」でした。無化調で自家製手打ち麺のクリアー醤油スープのお店で、私は1回お伺いしてこれは絶対リピートマストだと思って、何となくそのままになってしまっていました。えてしてこういうものだと思った次第です。まあその後の情報をご存知の方がおられましたら教えてほしいものです。数年前にまた始められているかも・・?って淡い期待をもってお伺いしたこともありましたけれど・・。お店の建物はそのままありました・・。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

山口 petit ラーメン案内 山口 防府編
関門麺協賛(笑) ’10 10月現在


■■ 山口 petit ラーメン案内 ■■     〓 山口 防府編 〓


この地域は基本的に歴史のある地域ですので、ラーメンよりうどんやもう少し本来のしっかりとした食事の発達した地域だと思います。ラーメン店の密度はやはり他地域と比べると高いとはといえないようです。でもバリエーションは多くあれこれとあってその点では宇部や山陽小野田市のように宇部ゴテゴテ系ワンパよりは結構変化があります。

まずトンコツから・・。山口は古いところでは江戸金@道場門前です。ここは以前駅前通にあったそうですが、そのときは現在より強烈だったとお聞きしました。でも現在でもややその片鱗?は受け継がれていて結構凄い匂いを放っていらっしゃるときがあります(笑)。麺が太いのが特徴で、トンコツラーメンは中細麺までという常識を覆しますが、これもありだと私は思います。

そして多分お客の多さではやはり三久@小郡でしょうか・・^^?もちろん正統派宇部ゴテゴテ系です。ここは福岡に持って行っても充分通用するような早さで出てきます。その大将を中心とした仕事人の方々のチームワークもウリの一つでしょうか^^?現在は県庁近くに山口店もあり、さらに暖簾分けでしょうか・・?島根県益田市にもあります。またここで修行された方が、トンコツ王国の一角である北九州市の小倉南区にも出されています。忘れていました。新下関のゆめシにもテナントで入っておられました。

他には蘭蘭@山口市吉敷。以前は阿東町徳佐にありました。ここはキムチラーメンやチャンポン等もあります。他は味食堂@湯田温泉です。こちらは日替定食もあり、場所柄お昼時は結構混みます。他に変わったところで喫茶クルミ@県庁付近も喫茶店では珍しいトンコツラーメンが出されたり、もう閉店して久しいのですが、合併によって山口市になったのふうふう@旧阿知須町はやはり人気がありました。

最近はラーメンはお昼だけ?なのでしょうか・・?山形屋@湯田温泉もアッパートンコツでしょうか?ここの大将は一幸舎@福岡におられた関係で福岡の元助や元勲タイプの本格つけ麺も提供されています。そんな山形屋ですが、昔(多分先代?)は和風うどんだし風の牛肉たっぷりの山形屋ラーメンを出されていたそうです。こんな話知っているとは・・、やっぱ古いか・・(笑)?でも昔から麺も提供されるポリシーはあったんですな・・。

防府ではやはり宇部ゴテゴテ系の三久@田島が一番人気でしょう。それから最近では博多ラーメン@駅南町が山口としては珍しく長浜ラーメンを出されていましたが、麺が変わってやや違った印象になりました。こちらの本店格は繁華街の車塚町にある、夜専の同名のお店です。また大将の笑顔の素晴らしい防府一@高倉町やドルフィン@開出本町もあります。

山口市でトンコツ以外ではやはり約60年の歴史のある亀山食堂@中央町が思い出されます。この歴史ですから大変懐かしい方々も少なくないはずです。具は野菜と鶏だけでシンプルなラーメンで、値段もまだ250円です。ヤキメシといっしょに頼むときは皆さん「両方」とコールされています。一応ここはキャッシュオンデリバリーです。

他はやはり侍@仁保でしょう。あまりにも有名なので私がここででいうことはありません。西日本で珍しい福島白河の手打ちラーメンのお店です。それから山口朝日放送にあるcafe NYのラーメンも変わっていますし、タンタン麺では随園@山口市小郡町山口グランドホテル地階が陳ファミリーの味を継承されています。もう閉店されましたが、野武士@小鯖は本場以外の西日本における尾道ラーメンの草分け的存在でした。

防府市ではやはり一番に遊ゆう@新田でしょうか・・?醤油のネギラーメンが基本ですが、バリエーションあります。他にあれこれある楽珍亭@新田でしょうか?基本的には山口も防府もトンコツネイティブ地域ではないのであれこれと違った楽しめるラーメンが出ます。それにやはり古くからやられているという点では一休@仁井令でしょうか?ここもラーメンが250円でチャーハンと頂いても600円だったように思います。うどんやお好み焼きなどもあり、分かり難い場所ですが、しっかりと顧客は付いていらっしゃいます。それから中華料理店ですが、防府天満宮近くのおこいさん(普通は漢字表記)では緑の麺のラーメンが提供されています。


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

山口 petit ラーメン案内 宇部 山陽小野田編
関門麺協賛(笑) ’10 10月現在


■■ 山口 petit ラーメン案内 ■■     〓 宇部 山陽小野田編 〓


宇部ゴテゴテ系といえば・・、まず一久と三久でしょうか?一久は宇部市を中心に現在9店舗です。一番最近のオープンでは下松店ということになります。一久は数年前は大阪に2店舗ありましたが、諸事情により撤退となりました。三久も系列が違いますが、こちらは北九州市小倉南区から島根県益田市まで同じぐらいの店舗数あるでしょうか?でも味はほとんど店舗で違うのは・・、北九の来々軒や福岡の三洋軒と同じような形態と思われて差し支えないでしょう。もっとも本店は現在はありませんが、宇部市の中心部(宇部新川?)にあったとお聞きしています。その本店の味を一番受け継がれているところが国道2号線沿いの山口市との境付近の山中店だということをお聞きしましたが、私は本店の味は知りませんので分かりません。

よってお分かりだと思いますが、トンコツネイティブ地域は関門海峡を渡ってこの地域までです。多分下関よりもトンコツ密度は濃いと思います。それはやはりいきなり久留米から宇部まで来て、下関まで広がった歴史的背景があるように思います。

九州のヲタの方々にいわせると久留米の古いタイプのラーメンが存在しているということですが、その久留米の古いタイプのラーメンがどんなもだったのか・・?若い我々(笑)?には確かめようがありません。でも私は久留米にお伺いしても宇部ゴテゴテ系を彷彿とさせるラーメンを頂いた記憶がありません。そんな経験ができれば凄く感動するのでしょうが、まあ久留米も宇部も幾多の変遷を繰り返して現在があるだからちょっと分かり難いのかもしれませんか?

まあその宇部ゴテゴテ系は他に大阪屋@新天町 来秀軒@西岐波 秀ちゃん@中央 三平@宇部新川 みなみ@宇部市厚南 六助@山陽小野田市公園通 三平@山陽小野田市高泊等があります。

そしてややその宇部ゴテゴテ系から少し外れかけているが、日によってはゴテゴテ系となりそうな(笑)?紛らわしいのが、とんこつラーメン@宇部市藤山 つるや@宇部市中央 先代の七福@宇部市東新川になります。

トンコツだけれど宇部ゴテゴテ系には少し入れ難いのが、萬福@山陽小野田市日の出 銀座@宇部市厚東 ゆうちゃん@宇部市岬 一番@宇部市藤山 厚東川食堂@宇部市青果市場内 すぶた屋@宇部市川上 はまや@宇部市厚南 ラーメン大将@宇部市厚東 兄弟ラーメン@宇部市厚南等でしょうか?

まあ他の地域と大きく違う点は宇部ゴテゴテ系の勢力がかなり強いから、ラーメンを食べに中華料理屋さんに行く発想はないということです。だから中華料理店のラーメンはあまり発展しなかったように思います。とにかくラーメンはラーメン専門店ということです。そしてそのことはこの地域に進出してきたラーメン店が県内の他の市域ではやれるのに、宇部地域の場合は程なくして撤退を余儀なくされるわけです。これまでどれほどそんな状況に遭遇してきたことか・・?ラーメン食べるなら宇部ゴテゴテ系かそれに近いタイプのラーメンだということは、ある意味この地域の鉄板原則ようです・・(笑)?その中で例外は西日本初出店の滋賀県野洲市に本部のある来来亭、それに筑豊ラーメンの山小屋ラーメンだけです。

さらに宇部といえば中央の繁華街にあった天一のラーメンです。現在ではサンパークあじず@山口市のテナントとして営業されいます。中心部の空洞化に伴いお客が激減したことが一番の要因だったのではないでしょうか?昔の味が懐かしくて同じ味を求めて行かれると少し違うかもしれないと思いますので付け加えさせて頂きます。やはり味のほうも変えられたのかもしれません?

現在お店はありませんが、古いところではつばめ、江戸金、しょう吉 田吾作などはファンの方は多かったお店です。それぞれ書きたいテーマはありますが、長くなるので割愛させて頂きます。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

山口 petit ラーメン案内 下関編
関門麺協賛(笑) ’10 10月現在


■■ 山口 petit ラーメン案内 ■■     〓 下関編 〓
   

前に楽’(らくてん)@川棚の大将にごま油なしで作ってもらえないでしょうか?と頼むと快諾して頂いたので作ってもらいました。そしたら・・、まあ宇部ゴテゴテ系にクリソツな仕上がりだったんです。他に三久川中店の大将は名前からもそうでして宇部の三久で修行されたと仰っていらっしゃいました。地理的には関門海峡を隔ててすぐ九州なので、九州ラーメンの影響を受けて発展したと思われがちですが、実は下関のルーツの多くは結構宇部ゴテゴテ系にあるように私は思います。他に三久@豊前田、山の田ラーメン@山の田、竹兆@豊前田 いち龍@新下関 味萬@竹崎町 實みのる@福江もまあこのグループに入れて差し支えないようです。

下関で一番の集客店は多分、楽’の修行先の楽@綾羅木で間違いと思います。事実私も結構お伺いしています。最初はもちろん十年以上前で、それからしばらくご無沙汰のときがありました。まあここは付近に違うお店が出店されても寄せ付けないほどの人気があります。麺がやや弾力があるので九州方面からの場合はその点を指摘されるときもあります。

他に多いところではバカ馬@新下関、満潮ラーメン@新下関 味平@豊前田があります。味平は以前の女性オーナーから替わられたようで私はそれ以来ご無沙汰となっています。陽陽@観音崎町も宇部ゴテゴテ系までは行かないように思いますけれど、しっかりしたトンコツだと思います。またここは醤油や塩や激辛系等もあります。

それから一般中華料理店で出される変わった麺としては、大文字@細江町の醤油ラーメンです。ここは他の中華一般も一つ一つ丁寧に作られています。ごんな@武久町 もやはり丁寧なお店です。蘭風@小月の醤油もなかなかでしょう。デフォで胡椒が入っているので嫌なら言われるといいでしょう(笑)。ここはそれから山口で唯一の戸畑蒸麺の細麺チャンポンが味わえるところです。まあ聞くところによると同じ福岡県の福岡市でもその戸畑蒸麺チャンポンはないようだから、これはレア価値があると思います。普通のチャンポンなら珍来軒@勝谷新町も納得の具のチャンポンでしょうか?それから市内数箇所ある太平楽も多いです。

他に上げるとなると・・、珍竜軒@長府でしょうか・・。ここはミルキーの小倉系でやはり本店直系のお店です。にんにくの有無や練り唐辛子のカスタマイズも魅力的でしょう。

そして忘れてはならないのは響@安岡ではないでしょうか・・?古くは響二代@福江もありましたが、その後どのようになったか?は分かりません。ここは山口では珍しいイニシエ系トンコツです。確かセットにするかなりお得感があったような・・?ベーススープがなぜかこのイニシエ系ならチャンポンもまた魅力的になります。

それから合併によって下関市になった周辺地域では・・、以前新下関で長いこと営業されていた萬龍@川棚 ラーメンストア@豊田町 喫茶Live@菊川町 ひろし@菊川町などです。喫茶Liveは塩や関東風太麺のつけ麺もあります。

まあこういういい方があるとしたらという前提ですが、下関独特の下関ラーメンは・・?ってことですが、私は一龍軒@唐戸 一龍軒@シーモール ラーメン屋@唐戸ぐらいではないでしょうか?どんなところ・・?って言われても宇部ゴテゴテ系と違って分類し難いのでしょうが、ややゴムのような張力のある麺と宇部ゴテゴテ系にあるようなトンコツ感がないスープの組み合わせはないでしょうか?ちょっと理解し難いですな・・(笑)。ちょっと他のトンコツとは違うようです。まあ是非食べてみられてはいかがでしょうか?

未食店----
橘ラーメン
海平ラーメン

次回掲載店----
一成ラーメン

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.