ぐるっとまわってちゅるちゅるポン! -しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
200507<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200508
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オースケ クッキング Ⅰ vol.40
オースケ クッキング Ⅰ vol.40

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

oc514.jpg

これもちょっといい豚ならいうことなしでしょう。ねぎにゆず胡椒でアクセントを利かせて。まあ、大人系の一品か^^?こういうのをガキ(すみません。育ちが育ちな者でこんな言葉を使って^^)が「いけるね~!」なんていうとスリッパでしばきたくなります(笑)。←なんですか~?この品の無さは(笑)?

oc519.jpg

イカ刺しも飽きてくると何か新しいものはないのだろうか?と考えて冷蔵庫を開けると梅干がありましたので、結果としてこうなりました^^。刺身になるイカなので瓶詰めでありそうな系とはまた一味違っています。食べる直前に混ぜます。そして、やっぱ普通に食べるほうがいいかと思ってしまう繰り返しのようです(笑)。

oc516.jpg

胡瓜酢も丁寧に作るとちょっと粋な一品になります。下ごしらえがやや手間かなと思いますが、他の事を考えると楽勝です^^!塩もみして少し置いて塩出しをして水をよく切って酢とほんの少しの砂糖、そして柑橘系の皮だけを少量入れるとさわやかな胡瓜酢になります。多く入れるとくどくなります^^。←経験者の言か^^?まあ、変わったところでは少しオリーブ油を入れると洋食系になります。忙しいときはこんな手間は絶対にしません(笑)。←分かってるちゅーに^^!

oc517.jpg

ラーメンスープを作っているときに横からチョイ割り込んで作ったようなもので、鶏がらの香りがかなりして不評な箸休め系のようでした(笑)。まあ、作っている本人は結構いいとは思っていましたけれど(笑)。

oc515.jpg

おでんの大根の皮むきをしたときに皮の部分が大量に出ます。それの有効活用として何か、できないものか?と思ってきんぴらにしてみました。まあ、可もなく不可もなくといったところでしょうか^^?←無難な感じ(笑)? そうでんな~^^。だったらupするなってか~(笑)?←オッ、一人ツッコミやん^^!レベル上げてるんちゃう(笑)? 君にはいわれたくないですぅぅぅぅ^^!

oc518.jpg

うどんは普通の丸うどんです。何のことはない大根おろしになめたけを乗っけて出汁で頂きます。これ系は麺がどうのこうのとうるせー系とはならず、安心して頂けます。むしろ、このコシなしうどんの方がいいのかもしれまへんな~(笑)。←ちょっと安直にできるしな~(笑)? 分かった(笑)?←分かるもなんもまんまやん(笑)!

スポンサーサイト

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅰvol.39
オースケ クッキング Ⅰvol.39

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

2007_03050031.jpg

本日はちょっと変わった鍋焼ラーメンです。全国には鍋焼ラーメンなるものがたくさんあるわけではありませんが、ときどきネットで拝見することができ、私も麺バカの端くれです^^。チャレンジしてみようとずっと思っていました(笑)。←なんぼなんでも、ずっと思わんでも・・(笑)?分かったから^^。

しかしやってみてこれが結構いいです。まずスープはうどん出汁の魚介系か、鶏がら系のもののほうがいいでしょう。そのブレンドでもいいかもです。とんこつはさすがに合わないかもしれません^^。で、本日のスープはちょっと前なので忘れました(笑)。←オイオイ、覚えておくもんちゃう^^? まあ、もちろんインスタントではなかったように思いますけれど、ヒガシマルだったかもしれません^^。定かではありません(笑)。牛肉、天かすなんかも入っています。

しかし麺は覚えています。札幌は西山製麺の太いちぢれ麺です。鍋焼にはいいと思いました。ただ、最初は半額だったので←やっぱし(笑)?2玉入れる暴挙に出ようとしていましたが、何とか直前に思い留まりました^^。やっていたら大変なことになっていたかもしれません(笑)。これでもかなり多いちゅ~に^^!きっと鍋からあふれていたでしょう(笑)。もっちりとしたおいしい麺でした。何とかを材料を何とかの製法で作った、タイトルのしっかりと付いている麺だけれどこれも忘れました(笑)。←いい加減にしてチョ^^!

鍋焼なので熱々でいただけるところがいいです。まあ、ちょっとぬるいラーメンを出されるところはやはり100円高くてもこれはいいと思います。思いつくところでは周南市のあのお店はこれをしてくれないかな~^^?元がいいだけに^^!

2007_03260003.jpg

一方こちらは、雲仙うどんの釜玉のそぼろ乗せじゃあなかったかと思います。←オイオイまた「思います。」ですか(笑)?雲仙うどんはあの五島うどんと同じように乾麺を茹でます。プリプリの麺でどちらも楽しい食感です。確か五島うどんのほうは椿油を使用しているところが違う点ではなかったかと思います。しかし、よく似ていて、このような麺になるまでにはかなり研究されたのでしょうね。

五島うどんの方は以前から比較的頂いていたので、これ系のうどんはときどき無性に食べたくなります。シンプルに釜揚系の地獄炊きうどんをしっかりしたつけ出汁で頂くのがシンプルでいいのでしょう。でも、どうしても麺バカは変なものを作ってはやはり一人悦に入って困っています(笑)。しか~し、はっきり言って上のそぼろは要りませんでした(笑)。やはりのりかネギがいいかと(笑)。

テーマ:昼食 - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅰ vol.38
オースケ クッキング Ⅰ vol.38

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

2007_04050002.jpg

本日はちょっといい加減丼を2品です。まずは豚ミンチ丼です。はっきり申し上げて名前はありません(笑)。最初に丼汁をかけておいてそれからトッピング部分を少量の丼汁で分けて作ると結構上手に行きます。←これ系ですか^^?先日のしょうもないテクニックを編み出して一人悦に入って入るって(笑)。とにかく卵系の丼の半熟はお店でされるようにはなかなか行きませんので^^。結構このパターンで成功しています。ちょっと天丼のようにこってりとさせたいときはサラダ油や太白ごま油などを少量ご飯のほうにかけるといいでしょう。まあ、丼バカのなせる業です(笑)。ネギの種類もTPOに応じて使い分けるといいのしょう。って言っておきながら、大抵は冷蔵庫にあるものでオーケーです(笑)。←TPOの言葉の使い方がちょっと変なんじゃあない^^? 厳し~い(笑)!それにしても細かいね^^。

2007_03290004.jpg

わさび漬け丼はわさび漬けを乗っけるだけです(笑)。漬けしょうゆも丼には適量いいでしょう。シンプルな丼ですが、なかなかではないでしょうか^^?←料理になっていない(笑)! 確かに(笑)。しか~し、何ぼ何でもちょっとそれではと思い、先日山口市北部のスーパーでわさびが売られていたので作ってみたものです。花の部分と葉の部分です。花の部分のほうが少し柔らかそうなのでそちらを購入しました。それでも一束50円差ぐらいでした。まあ、下処理がちょっと手間なのと、食べるのに1日置かなくてはいけませんが、味が調節できるのがいいです。っていいことばかり書いていますが、ちょっとやり方次第でわさびが上手に立たないときもありまして、そのときは単なるしょうゆ漬になります(笑)。実はこの日もあまり立ちがいい状態ではありませんでしたが、何とかわさび漬けの体裁をかろうじて保っていたかな(笑)?←それにしてもまあ、丼というにはちょっと・・(笑)?

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅰ vol.37
オースケ クッキング Ⅰ vol.37

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

秋吉台高原牛の巻! ←古い言い方^^!ショボー(笑)!

2007_02200024.jpg

2007_02200023.jpg

最近この話題が出ていましてちょっと行って来ました。まずは率直な感想から「このお店は教えたくない^^!」でも、折角焼酎バーさんやしげさんが教えてくださったので本日upします^^。まあ、そんなに有名なブランド牛ではないけれど探せばあるんだなあ!って本音で思っちゃいました^^。

まず購入品
ももローススライス100g330円(?)で150gぐらいで460円
たたき70g300円
ベーコン100g230円 2cmカット450円

まあ、値段が値段だけにこれほどまでとははっきり申し上げて思っていませんでした。市販の普通のお店では多分倍以上の値段でしょうか^^?しかもそれだけ出してさほどって言う場合もあります^^。

2007_02200025.jpg

2007_02200031.jpg

ももロースは牛めしにしました。あまり手を加えない方がいいと思いまして、塩、コショウ、しょうゆぐらいです。まず味付をする前にそのまま頂いてみました。はっきりとお肉の味がします。そして、半分取り出して出来上がる寸前にまた戻しました。肉はやっぱりあまり焼かない方がいいようですが、しっかりと焼いてもいつも頂いているお肉のようにメッチャ固くはなりませんでした。←日頃はどんな固い肉食べてんねん(笑)?それにしても、マジでこの値段で^^?って思っちゃいました。確かに神戸牛や但馬牛のお肉ほどではないにしても、その次のランクのブランド牛ぐらいはあるように思います。←数少ない経験ですね(笑)。確かに^^!でも、敢えて言わなくても^^。このお値段、しばらく通いそうな気配(笑)。

2007_02250006.jpg

2007_02250010.jpg

そして、たたきです。これもまいう~^^!です。多分これだけなら、ちょっとしたアッパー店でいただくと、多分1500円ぐらいは取られても仕方がないかな~って即思っちゃいました。それが300円とは^^?しつこくない肉の味がします。スーパーにあるこれ系はいっしょに頂くしょうがやネギの味のしかしないのもありまよね(笑)。これにはちょっとゆず胡椒ぐらいがアクセント、バッチグー!かな^^?←エキサイトしているのは分かりますが、この言葉はなんですか~^^?だあ~れも使ってないじゃあないの~(笑)?ちょっとどうしようもない感じ^^?

2007_02250007.jpg

2007_02250011.jpg

そしてベーコンもついでに食指が動きました。自家製と仰っておられました。これはちょっと贅沢をしておつまみ系で厚切りをして頂きました。まあ、クセのないように作られています。日頃スライスばかりなので、たまにはプチリッチ気分になれます。

最後にしゃぶしゃぶにも手が出掛かりましたが、やめて次回の楽しみにしておきました。これはいいお店を紹介してくださってありがとうございました。そしてラーメンやうどんを食べて東奔西走している方々、ここで敢えて名前は出しませんが、すぐに自分のことだとわかりますね(笑)。多分この近くも通っていらしゃることでしょう。奥さんなんかに1000円で300gぐらいは買えますので、お土産に買って帰られるとグッと株が上がると思います^^。100g700~800円すると言われても十分に通用すると思います(笑)。そしてそのときは値札を外してもらうのを忘れずに(笑)。

地図

テーマ:作ってみた - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅰ vol.36
オースケ クッキング Ⅰ vol.36

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

久しぶりのクッキングです。最近、ほとんど仕事でやれません^^。別に家に帰ってないわけではありませんけれど(笑)。そんな状態なので、お昼の訳の分からないものをご紹介します^^。自分でいうのもくちはばったいことですが、訳の分からない割りには変化があっておいしいので皆さんもいかがですか(笑)?←せん!ちゅーーに(笑)!皆さんはもっとお忙しいですよ~ん^^!まあ手抜きをするところとそうでないところが混在するいうことで、少しは許してくださいよ~ん^^!

2006_11250012.jpg

2006_11250013.jpg

さてチキンラーメン、やっぱ続くと飽きますよね^^。ではと思って考えました。塩こんぶと鰹節をを入れてお湯をかけるだけです。超手抜きの変化技です。塩分が少し多くなるのでお湯は多いほうがいいでしょう。調節してください。あれば梅干や醤油も少し入れるとインスタントとはちょっと違った味が楽しめます^^。皆さんもチャレンジいかがですか?←理論的にはなるほど出汁系の成分が出ると思われますが、イマイチじゃあないのですか(笑)?シ~~~~ン^^!

PS
あんまり大きな期待はしないでね(笑)。でも、簡単^^!

2006_11280025.jpg

次はラーメンのようですけれどうどんに近いです。麺は茹でる、本格タイプの麺です。うどんの出汁はしっかりとりました。それが余っていたので、ちょっと変化させました。太白ゴマ油も出汁に入れて、かき揚げをスーパーで買ってきて麺上げした後に入れます。ネギなんかあればさらに雰囲気は出ます^^。これは出汁がいいだけに結構まともなうどんorラーメン(?)でした。実際どちらの範疇にはいるのか(笑)?

2006_12040010.jpg

また手抜きです。さらに上記のうどん出汁が残っていました。麺はありません。インスタント袋麺を使用します。スープはまたいずれ使うかも知れないんのでとっておきます。←セコッ^^!麺を茹でてうどん出汁に入れて大根おろしを入れてあっさり感を出しました。それなりにインパクトの欠ける上品過ぎる(笑)インスタント系ラーメンでした。まあ、業務用スープとかのえぐさはないのはないのだけれど(笑)、何か物足りないよ~ん(笑)!

以上皆さんも是非いかがですか^^?←なるほど、まあ、普通の人はこんなおバカなメニューはお考えにならないでしょうね^^?それより、もっと考えることないの~ん(笑)?

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅰ vol.35
オースケ クッキング Ⅰ vol.35

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

co508.jpg

鰹のお刺身です。騒がれる初鰹と比べてこちらはもどり鰹です。しかし油ののりがいいようで、断然美味しいと思います(実際美味しかった^^。)さんまもそうですが、流通がしっかりしてくると西日本でもこのようなものが、頂けますね。さんまのお刺身も以前は考えられなかったか、かなりなお値段していたのではないでしょうか?私が最初に頂いたのは、青森の八戸の有名な市場のお店でした。やはり、この辺まで来ないと食べられないのか?と思った次第です。しかし最近では割に普通にスーパーで売っていますね。やはり、流通はこの10年でさらに進歩して来たようです。

oc509.jpg
   
合串やきとりです。鶏肉と皮をいっしょに挟んで焼いています。やっていて別々に作るのめんどっちくなって、長い串でやりました。ご覧のように返す手間も半減でこれはお勧めです^^。ただ、以前も書いたようですが、皮は茹でてカットしてもう一度茹でるという下処理をしっかりするとカリッとした仕上がりになって臭さはありません。あとは普通に焼いてタレをつけてください^^。お店ではまず出ないような代物です^^。それにしても依然と串ものが多い家ですね(笑)。

oc510.jpg

鳴門をただカットしてマヨネーズで頂きます。こんなもの出すなってかー(笑)?しかし、きれいな画像でつい出しちゃいました^^。しかし、子供は好きで、一番美味しいもののランクのようです(笑)。これを双璧なのがやはりちくわですか?こちらは遊べます(笑)。出来たら弾力のある高級ちくわがいいかもです^^。

oc511.jpg

そしてこちらは一本500円の高級蒲鉾です。これを勿体無いかもしれませんが、薄く紙のように(実際にはなってない^^。)スライスしていきます。それをご覧のようにして、やはりマヨネーズです。元が元だけにあれこれするよりいいと思います。普通にカットするのとはまた違った食感でいいのではないでしょうか^^?しかし、半額のシールが張ってないとできない一品です(笑)。

oc512.jpg

にんにくの茎と鶏肉のオイスターソース炒めって長いタイトルですが、まあにんにくの茎はそんなに使うことはないのでちょっと火の通しを間違ったようで固かったです^^。とあれこれ理由をつけて失敗をカモフラージュしようとしていますね(笑)。許してやってください^^!

oc513.jpg

これは焼飯ではなく、ピラフです。っていっても同じようですね^^。バジルが入ったオサレー系なピラフですが、あまりその香りはしませんで、至って普通でした^^。だから葉っぱを一枚トッピングしてそれと分かるようにアピールしておきました(笑)。もう少し入れた方が、らしかったようで^^!やはり、レシピも大事ですが、場数こなすことはもっと大事かもしれません。

テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅰ vol.34
オースケ クッキング Ⅰ vol.34

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

oc502.jpg

まあ普通のイカの刺身で十分というより、そちらのほうがいいと思います。しかしそちらのほうは違うものに使ったようで、下足でやりました。食べる前に出汁を張り、ゆずごしょうでアクセント。出汁もちょっと薄いタイプのものです。どちらかというと大人の食べ物ですね^^。しかしこのような食べ物はなぜか?子供に取られてしまいます^^。

oc503.jpg

いつも同じパターンなので変えてみました。やはりこちらあまり前からはさんでいるとシャキッとした感じは薄れるので、食べる直前がいいでしょう。だったら、重ねておいて各自ではさんで食べろってですか^^?ごもっともですが、前もってはさんでいたほうが取りやすいようで^^?

oc504.jpg

画像受けしないものと、受け狙いのものと並べてみました。味は反比例です。まずは生姜を炒めて香り等を出して、それから豆腐を入れて出汁で炒り付けます。こちらは冷めてからのほうが味が馴染んで美味しいかも知れません^^。

oc505.jpg

アスパラは下処理をして、エビも曲がらないようにくしをしてゆでました。水気をよく切って、冷してカボスとオリーブオイル等で頂きます。まあ地味っぽい前者とは違いますが、味はご想像通り全く普通^^。こんなことまでしなくてもって感じかな^^?ヘルシーだとは思いますけれど。

oc506.jpg

食パンが2枚余っていましたので、何かに使う鶏ミンチを少しこちらに回して作ったホットサンドです。4等分にしたのでパクリと3度ぐらいで頂けます(笑)。←まあ、そんなものか^^?突っ込まれたいのは分かりますが、こちらもレベルは分かっていますので、ホットいて^^!←やっぱ、帰ろうっと^^?

oc507.jpg

高菜は以前の秘伝 激辛高菜のときに葉っぱのところを少しばかり取り置きしておいて作りました。漬物だから、少しは持ちます。それを少し塩出しして使います。まあ珍しい食感も手伝って、好評なおにぎりでした^^。これはさほど難しくないのでいかがですか?少し暖かいごはんでするとパリッとします。←それにしてもパンを食べてからおにぎりが出るかな(笑)?やっぱ、「なんでもありーの(笑)♪」っていうところですか^^?

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅰ vol.33
オースケ クッキング Ⅰ vol.33

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

秘伝 激辛高菜

本日は激辛高菜はいかがでしょうか^^?秘伝としましたが、何となくカッケーだけでつけちゃました^^。あしからず^^。

まあ、これは私流で、一般的ではありませんが、激辛高菜のファンの方は参考にされればと思います。なんて書いちゃいましたが、さしてトータル的には珍しくもないと思われますが、家庭の味としては結構いいと密かに思っています。辛いのが苦手な方は唐辛子の量を減らせば、それでも十分に違うと思います^^!

2006_04170005.jpg

まず、勝負ははやり高菜の質です^^。当然と言えば、当然です^^。こればかりはそれぞれのお近くのスーパーであれこれ試してピシャリなものを探してください。そのためにはあれこれ、買い換えてみられることです。私のところでは、値段と産地をで一袋110円の確か熊本産を使用しています。それを本日は2袋で作ります。3袋のときは子供用に辛くないのを作りますが、2袋ぐらいで作るのが、量的にはいいようです。

そしてそのまま使うとやはり塩辛いですので、水を2、3度替えて塩出しをします。何分ぐらいすかって?それは適当です^^。出た水を少し飲んでみると塩の出具合も分かります。出しすぎると高菜の味等が変りますので、出しすぎには注意しましょう。それに最後にしょうゆも少し隠し味程度に入れますので、計算に入れて置いてください。

2006_04170008.jpg

それから水気を絞ってフライパンにごま油で炒めます。出来れば、ごまも入れますので香りはありませんが、味のいい、太白ごま油がいいかと思います。まあ、その辺は適当にどうぞ^^!

唐辛子は適量。激辛系にしたいのなら、一袋全部でいいでしょう。因みにこれはそれぐらい入れていると思います。そしてポイントがあるなら、ここです。他所のお店でやっておられるかどうかは分かりませんが、カツオ節を入れることです。真空パックので十分です。それなら2パックぐらいがいいでしょう。そしてごまを入れて適当に混ぜるだけです(笑)。調味料に味醂、日本酒などを入れてもいいでしょう。量は、勝手に考えてください(笑)。最後に醤油です。折角塩抜きしておきながら、さらに醤油を入れるのとお思いでしょうが、むしろこれは醤油の香りと旨味のためで、塩辛くするためのものではありませんので。

2006_04170016.jpg

2006_04170013.jpg

これで出来上がりです。しかし、1日ぐらいは冷蔵庫等で馴染ませて召し上がってください。カツオの旨味を馴染ませるのです。唯一動物性の食品を入れるので、賞味期限は若干短くなりますが、それだけコクが出るようです。それでも一度作れば、唐辛子が入っているので、冷蔵庫に入れれば結構持ちます。熱いご飯にこれはちょっといいと思います。皆さんも暇なら、チャレンジしてみてください。これで、ちょっと自分の好みにチューンナップされるようになると、もう添加物の多い、市販の辛子高菜を買う気は起こらないでしょう(笑)。一応、秘伝ですので、他言はご遠慮ください(笑)。

テーマ:手作りごはん - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅰ vol.32
オースケ クッキング Ⅰ vol.32

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪

oc482.jpg

太刀魚南蛮です。南蛮漬といえば、鰺ですが、太刀魚も上品でいいです。それになんといっても揚げ油を出さないでいいというところでしょうか^^?つまり薄く平たいので、玉子焼きのようなフライパンので一度に2個ずつぐらい揚げていけます。油は最小限に。これで後片付けは楽勝^^!

oc481.jpg

このグジャグジャ感はなんですか^^?そうです。豆腐を容器から出して水道で洗っているとすでにひび割れが入っていたらしく、そこに水道の水が入って一部流しに落下してグジャグジャに^^。まだきれいなところもありましたが、リカバリーしてもちょっと変ですよね^^。ついでに全部このようにやっちゃいました(笑)。まあしょうゆやカボスとの絡みはいいです。と、こちらでリカバリーしておきます(笑)。←なってへん!ちゅーに(笑)!

oc483.jpg

例によってヤギシタハムです。安売りだから買ったのはいいけれど、「1キロ下さい!」って一度ぐらいは言ってみたいですね^^。この日も「すみませーん。4枚だけ下さい^^!」としかいえなかったなー(笑)。なさけなー(笑)!

oc484.jpg

塩焼そばです。もう焼そばも出すな!って声が聞こえてきますね^^。これも同じ日のメニューなので仕方なくということで、ご勘弁を^^!実はスパイシーな焼そばをもう一つ似たようなのを作っていますが、さすがに同じようなのでボツ画像に(笑)。

oc485.jpg

きびなごプス焼です。また芸がないものを載せてすみません^^。しかし串で焼くと手間が違います。一つずつ返していたら大変なことになります。そして1つずつ焼いていると、細いものだからガスレンジの網の間からどんどん落ちることになり、これは私の中ではちょっとgood idea!だと思っています^^。←皆さん、やっているよ^^!そんなにあっさり言うこたあーないでしょう(笑)?

oc486.jpg

冷梅うどんです。子供が食べてみたいと言うので、買ってみました。まあ、いわゆる亜流系的でしょうかね^^?ほのかに梅の香りや味はするけれど、やっぱ、普通のうどんのほうがいいかな?ってとこかな^^?ってゆーかー、半額だったので・・^^。また安さに負けたようですな・・(笑)。

テーマ:手作りごはん - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅰ vol.31
オースケ クッキング Ⅰ vol.31

突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪


早いものでオースケクッキングも50回になりました。これもひとえに皆さん方の忍耐力の賜物だと心しております(笑)。

さて、少し内容をリニューアルさせたいと思っていましたが、何にもナイスなアイデアは出てきません^^。ではタイトルだけでもちょっと先行リニューアルさせたいと思い、記念すべき50回を区切りとさせて頂き、新たに「オースケ クッキングⅢ 突撃!家飯!なんでもありーの(笑)♪」と替えました。何分この性格です^^。計画性など全く期待出来ません(笑)。そこは暖かいお心でアクセスしていただけたらと思っています。もちろん晩御飯が中心にはなると思いますが、朝や昼も何とか取り入れたり、訳の分からないものも取り入れて行きたいと思います。例えばインスタントコーナーとか(笑)?←やっぱ、これで手抜きしたいんだ^^?も、も、も、もちろん否定はしません(笑)。そこは何とかモニターの前だけの一人突っ込みで矛先を和らげていただけたらと思っております(笑)。なお、ああして!こうして!的なご希望やご感想などありましたら、ご遠慮なく好き勝手に仰ってくだされば、と思っています(笑)。もちろん予定を変えたり、不定期とさせて頂きますのでご了承くださいどえーっす(笑)。


記念すべき第1回はタイトル通り、ちょっとありーの?的なものです(笑)。

2006_04170003.jpg

まずは「鍋焼きイカ天うどん」です。天かすがなかったので、その辺をガサガサと探していたらありました。乾き物のおつまみです。これはいける!と思い使用すると、まあ天かすです(笑)。形もいいし結構いいですよ^^!皆さんもわざわざ買ってまでされることはないと思いますが、いかがですか^^?←だれもせん!ちゅーに(笑)!

2006_08090001.jpg

「激辛日清の焼そば」説明は要りませんね(笑)。唐辛子を最初から入れて作るだけです。ちょっと四川テイストなら豆板醤を、コリアンテイストならコチュジャンを入れるといいですよ!思われているよりはエスニック系でいいです^^!

2006_07040007.jpg

「冷し釜玉そうめん」もちろん普通はうどんですが、そうめんもなかなかです^^!て、ゆーかーうどんがなかったようですね(笑)。

2006_07150017.jpg

「天かす丼」これはあまり教えたくなかったけれど、チョウお勧めです^^。出来たら横のそうめんもですが、市販ものではなしに丼汁のような出汁をしっかりとっておかれると素材の貧弱さを十分にカバー出来ます。これもそんな一品です。温かいごはんの上に天かすを乗せます。それからその出汁を好み量かけます。出来たらちょっと油もかかけられるといいです(かけ過ぎはべとつきます^^。)そしてこれまたチヨウ手抜きな味付海苔(この日は普通のしかなかった^^。)を袋の中で砕いてかけるだけ。最初は天かすがシャキシャキしていますが、ちょっと馴染んでくるとこれが、もう、下手なお店の天丼などは選択肢からなくなります(笑)。もちろんえびは入ってないのですけれど(笑)。どうです。一度いかがですか(笑)?こんなB級にも及ばないものを作っては悦に入っているのはどうかな?とは思っています(笑)?でも、マジ、なかなかです^^!←やっぱ、暇かぁー(笑)?

テーマ:きょうのご飯 - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅰ vol.30
オースケの突撃!我家の晩御飯! 50



oc475.jpg

から揚げは昔は結構やっていましたが、ここ最近は揚げ物をしなくなって遠ざかっていました^^。ウチでは味をしみこませた鶏肉に片栗を付けて揚げます。一度揚げておいて取り出して余熱で火を通す間に油の温度を少し上げておいて戻して二度上げすると表面は割りにカラッと上がります。油に戻すときは水分も出ているのでちょっと注意が必要です。

oc476.jpg

こんにゃくは切れ込みを入れてフライパンで炒り付けて味付をしておきます。ちょっと濃い味のほうが、冷していただくのでいいかもしれません。冷蔵庫で食べる直前まで冷して頂くと味付をかなりカバーしてくれます^^!

oc477.jpg

何となくもやしやアスパラは買ってきて炒め物にしました。以上です^^。

oc478.jpg

これはリクエストあったので作ってみました。しかし、ジャージャー麺なんかあまりというかほとんど、普段は頂きませんので分かりません。しょうが、たまねぎ、豆板醤、ケチャップ、チリソースなんかを入れた覚えがあります^^。同じものを作れといわれてもそれは不可能です(笑)。麺は割に細いタイプのものを茹でて冷しています。熱いタレと混ざって割にバランスのいい感じに仕上がりました。もう少しスパイシーにするとまだシャープさが出るように思います^^。混ぜるときにみんなで「ジャー!ジャー!」と言いながら混ぜると雰囲気が出ますよ^^!←そんなことする家はない!ちゅーに(笑)!

oc480.jpg

本来なら旬の青海苔で頂くと香りがいいのでしょうけれど、そこはいい加減、余っていたお好み焼ようのもで代用しました。味付は少し薄くすると青海苔の存在感が出ます。って、ゆーか、存在感を味わいたければ普通のごはんのほうがいいに決まってますよね(笑)。

oc479.jpg

何を考えているのか?ちょっと暑いのにカレーを作ることになりました^^。で、またさらに何を考えいえるのか?市販のルーを使えば美味しいのにそれなしで始めました^^。もちろん普通のカレーです。やっているとちょっと分量を計ってないものだから、とろみの付きがあまりありませんので、急遽、スープカレーに替えちゃいました^^。で、出すときは何もなかったようにスープカレーとして出すと何の疑問もなくスプーンにごはんを取ってスープに付けて「やっぱ、スープカレーも変わっていていいね!」と楽しそうにに食べていました(笑)。鍋には翌日分も残っていました。翌日になってもやっぱ普通のカレーにはなりませんでした(笑)。味?食べれないほどではなかったような^^?でも、やっぱ、市販のルーのほうが研究されていて、まいうーよな^^!

テーマ:手作りごはん - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅰ vol.29
オースケの突撃!我家の晩御飯!



oc469.jpg

うざく?です。きゅうりを包丁でカットしていたら、包丁が切れないのでめんどくさくなってスライサーでやったら、メッチャ簡単で、しかも厚さが均一でした^^。次回からは意地張らずにスライサーをさっさと使用しよう(笑)。←最近このレベルで止まってますぜー^^!うなぎはタレが多い場合はお湯をかける処理だけでも違ってきます。うなぎが嫌いなものがいてよけて食べていました^^。

oc470.jpg

宮崎牛ステーキです。例によって半額であることは周知の事実のようで(笑)?もちろん一人分ではありません^^。しかも子供に取られるので極めて少量ということになります(笑)。魚を焼くグリルで焼くと油分は結構落ちるようです。

oc471.jpg

まあ冷蔵庫やらのそこら辺にあるようなものを炒めて下の付け麺の出汁で味付し、とろみをつけています。油がちょっと変質していたようで、ちょっと失敗作でした^^。まあ、食べるには食べましたけれど^^。

oc472.jpg

例のジェノベーゼソースに醤油をかけてみました。全く訳分からないようですが、それなりに食べれました(笑)。

oc473.jpg

前回のバジリコサラダのクリームチーズが余っていましたので、作ってみました。サラミはみじん切りでクリームチーズと混ぜるだけです。その割りには売れました。やはり子供の味は分かりやすいですね(笑)。

oc474.jpg

ふじもとパクリ付け麺です(笑)。先日の広島遠征でお伺いしたふじもとで頂いた、付け麺をパクってみました。この辺がもうバカですね^^。もちろん、細かいところは違います^^。麺はグリコの札幌ふと麺で、3玉あります。茹でるのに結構時間かかりまし、冷すのにも時間かかりました。太いとやはり扱いにくいようですね。肉は少し下味を付けました。出汁はあるものをいい加減に入れてみました。ホタテ、干しえび、いりこ、鯖節等、昆布です。まあそれなりに味はしましたが、やはりプロとは違いますね(笑)。

と、これらはすべて同じ日の夕食です。日頃、「給食の牛乳におでんはあり得ん!」といっている、同じ人が作っているようなメニューだと思えますか(笑)?恥ずかすぃー^^!しかし、習慣とは恐ろしいもので、あまり疑問に思わなくなっちゃってきています(笑)。次回はこれにお刺身とチャーハンなんか出てきそうで、ちょっと訳の分からなさに拍車がかかりそうです(笑)。

テーマ:我が家の晩御飯 - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅰ vol.28
オースケの突撃!我家の晩御飯!



oc463.jpg

バジルチキンです。焼いたささみに混ぜるだけ(笑)。手を抜き出すと止めどもなく手を抜き出すことになります^^。どうしようもないようです(笑)。

oc464.jpg

味噌に漬けていたわりにはあまり味噌の香りや味がしなかった一品です^^。まあ、醤油ダレ系につけて焼いた置いたほうがいいかな^^?はっきし言って、失敗な一品ということになりましょうか^^?←はっきし言わなくてもそうでんなー(笑)。

oc465.jpg

エセ パエージャです。スーパーでサフランが売れ残っていて半額になっています。これなら買ってみようかと思いました。それでも1g525円です。実際は1050円というすさまじい値段です(笑)。これをほんの少しだけ入れてオリーブオイルも少し入れて炊飯器で炊きます。←ここが、ちょっとごまかし系ですね(笑)。フライパンで魚介類等を入れてやるとスープも出てそれなりに複雑になるようです。しかし、何せ具が貧弱ですので^^、それをパスして、具はフライパンで炒めて乗っけるだけです。どうです?ごまかされましたか^^?味?普通なので、レモンをかけていただくとそれなりに本場系になりそうです^^。これもごまかされましたか^^?

oc466.jpg

にんにくの焼そばでニラなんかも入っています。休日前仕様の焼そばです(笑)。翌日家族間では分かりませんが、他所の方に会うと超大変迷惑な家族となっていることでしょう^^。極力会わないように努めています(笑)。

oc467.jpg

手抜き海老天丼です。これは豪華版でこの手抜きの元がありましてまたご紹介します(笑)!←紹介しなくてよろしいって・・^^!いえいえ、遠慮なさらずに(笑)♪海老を茹でて天かすをかけて丼汁をかけるだけのやはり超手抜き系です^^。まあ少し手間がかかっているといえば丼汁ですが、それも作っていたそうめんの汁を使うとこれまた楽勝です^^。汁だけで食っているような代物です^^。

oc468.jpg

韓国麺のジャージャー麺です。韓国冷麺が残っているので何とかして!とのミッションが出ましたので、じゃあということでジャージャー麺にしました。←どうしようもなく、しょうもなー^^!これをもう少しスパイーシーに仕上げるともっといいのではないでしょうか?しょうが、ネギ、松の実、とかがベースで入っています。まあ大してどうのこうのという味には仕上がっていませんでした^^。麺は冷にしました。弾力はかなりで味をカバーしてくれたようです(笑)。おおきに^^!



ジェノベーゼソースについて
(教えていただくまでベタのバジルソースといっていました^^。)
先日くーぱーさんよりご指摘のありましたジェノベーゼソースについてちょっとだけ、ウチの作り方を載せておきます。あまり参考にならないかも^^?

2006_08070033.jpg

まずバジルの葉を洗って乾かします。

2006_08070037.jpg

松の実(最近では中華材料売り場に売っています。)も用意します。すみません。量は全くアバウトです^^。ゴメンチャ^^。

2006_08070038.jpg

松の実をつぶします。ミキサーに入れてやるとちょっと粒が残るかも知れませんのであえてすり鉢を使いました。実際は問題ないかも知れませんが、チャレンジするほど材料とかに余裕はありません^^。

2006_08070043.jpg

かなりつぶれたところでまずバジルを入れて上から松の実とオリーブオイルと少しの塩を入れます。これでスイッチオンで何とか出来上がります。上に重石代わりに松の実を置くことで混ざりやすくなります。途中でオリーブオイルを追加しました。トータルで500mlぐらいだった思います。塩はほんの少しで、後は調理しているときに調整です。これを作っていればこれからの調理はメッチャ手抜きができます^^!これはまだ使っていないので何ともいえませんが、割に「らしく」なるのではと期待しています^^。全く使い物にならなかったりして(笑)。

PS
後ほどちょっと調べてみますとにんにくやパルメジャーノチーズを入れてあるものもありました。にんにくを入れると平日はちょっと・・と思われますが、チーズはいいかもしれませんね。味に厚みが加わりそうです。でも、まああまり溶け込む感じでもなさそうなので、使い分けのためにその都度の使用がいいかもしれません?

テーマ:手作りごはん - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅰ vol.27
オースケの突撃!我家の晩御飯!



最近スーパーの惣菜半額で済ますとわずらわしい料理なんてしようという気持ちは失せますね。まあ、惣菜はあまりうまいねーとまでは行きませんが、十分です^^!特に安いのが魅力的です^^。もう普通の値段では買う気になりません。ちょっとの時間なら待っちゃいますし、時間帯によって何時ごろはどこどこのスーパーときっちりタイムテーブルは出来上がっています^^!困ったものですね(笑)。そんな昨今←この言葉も爺臭くて使わねえなー^^!をかいくぐって作ったものです。まあ、モニターの前でどうのこうのと突込みを入れながらお楽しみ頂けたら幸せです^^!くれぐれも甘い突っ込みはご遠慮ください(笑)!

oc457.jpg

これは牛肉だったか?豚肉だったか?忘れました^^!ちょっと時間が経つとすぐ忘れちゃます。だったらメモっておけよ!といわれそうですが、そこまで几帳面な性格ではないというより、はっきし言ってズボラ^^。御免ちゃん^^!まあにんにくダレに漬け込んで焼いただけです。見てくれはこんなんですが、まあまあの売れ行きだったように思います^^。

oc458.jpg

梅奴です。芸者さんのようなタイトルですね^^。それにしてもあの京都のその世界でも構造改革が行われているとか?昔の感じで御茶屋遊び(?)は少なくなったそうです。こんな伝統ある世界でも価格破壊ということらしいですが、私には全く関係ない世界ですね^^。冷奴一つで話を引っ張れて助かりました^^。で、もとに戻すと普通の冷奴に飽きた方はどうぞ、かなり冷すとさっぱりといただけます。梅肉に醤油を混ぜ込んでもいいのでは?ゴマ油なんかも合いそうですね。本わさび入りもちょっとそそりますが、問題は価格ですね^^!

oc461.jpg

このきんぴらは結構辛いです。以上(笑)。←もっとコメントないんかーー(笑)?すみません。有馬温泉^^!ドテェェェェーーーー^^!

oc462.jpg

鯖のさばの煮付けは家の者はひかりものが得意ではないので、したくないと言っています。よって食卓にこれが出ることはありません^^。それにしても鯖は焼き物や味噌煮はオーケーということです。ちょっと分かりません(笑)。しかし、あまりタイトに追求はしないようにしています(笑)。だから私が作らないとと思って作りました^^。実は浅い〆鯖にしようと398円で←値段まで出さんでええやろ^^?買ってきたのですが、あまりいい状態ではないようなのでこちらに変えました^^。ところが何となくごはんのほうが合うということになり、翌日に取っておくことになりました^^。チャンチャン^^!オーーイって(笑)!

oc459.jpgoc460.jpg

バジルスパです。フレッシュバジルもあるので増量しました。作りたてとで、香りはよく出ていたようです。にんにくとのコラボも結構なような気がしました^^?翌日はひたすら、他の方は避けて家族単位の単独行動です(笑)。

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅰ vol.26
オースケの突撃!我家の晩御飯!



oc451.jpg

高級牛肉の冷しゃぶということで、一応、ここで強調しておきたい^^!これはウチでは高級の部類に入る肉です(笑)!しかし、言わなきゃいいのに、一応言っておきます。半額です。やっぱし(笑)。ドテッ^^!ポン酢で頂きました。何分、少ないもので、それぞれ、ちょっとずつでした(笑)!そしたら子供が、これはいいね!といったので。オイオイ、分かるんかい?と一応突っ込みを入れました(笑)。

oc452.jpg

イカそうめんにする予定が、下の豆腐と出汁でちょっとかぶるので、大葉で巻いて頂きました。まあ、イカ刺しです(笑)。

oc454.jpg

最近のひやひやうどんでヒントを得て開発してみました。大葉は食べる前のほうがいいけれど、それ以外はこのまま、冷蔵庫に入れて冷して頂くとかなり冷たくて、冷奴とはまた違い、いいです。のはずだった。それで出汁はそのままでは薄いと思い、つけ汁を使いましたが、まだ薄かったようで、ダメだしを食らいました(笑)。そんな努力秘話があってこそ新製品が出てきます^^!←オーイ!そんな大袈裟なものか(笑)?

oc453.jpg

鶏肉の豆板醤炒めです。鶏肉は普通にちょっとピリ辛の四川風といったところでしょうか^^?でもそんなオサレーな感じはしないですね^^!まあ、まずカットの仕方が手抜きですか^^?前に同じようなもの作ってないですか^^?もう、どこで作っているのか?本人も手抜きで調べようとはしないほどです(笑)。お許しくだせーー^^!

oc455.jpg

珍しく家のバジルが盛況で最初の収穫です。この手のハーブ系は家庭菜園では上手に行った例がなく、今回もダメだろうなともっていたら、以外によくできました。まとめて収穫して保存用にバジルソースを作っておこうかなと思っています。茎はどうするのか等、ご存知の方がおられましたら教えて頂きないなと思っています。究極は「手抜きでバジリコパスタ!」を作れるような状態にしたいと思っています。こんな手抜きに手を貸して下さる方、宜しくどす^^!

oc456.jpg

イカ刺しの端やゲソのところも入っています。パスタはイタリア製の高級なものです。といってもウチで手を出せる範囲のものです。しかし猫に小判状態で、わからなーーい^^!ちょっと表面がざらついているかなぐらいかな^^?オイオイ(笑)。「スーパーで100円で安売りしているので十分ね(笑)!」としっかり言われました^^!

それにしても、刺身に中華料理にパン、この訳の分からないメニュー構成は何なんでしょうね(笑)。これにごはんがあればもっと訳分からないしょうね^^。実は食べなかったけれどちょっとチャーハンを作っていました^^。←日頃、学校の給食で、「おでんと牛乳がいっしょに出ることはあり得ん!」と強く主張している、あれは何ですかーー(笑)?すみません。御もっともです(笑)!反論できません^^!最近ちょっと作る暇がなく、久しぶりでした。あしからず。

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅰ vol.25
オースケの突撃!我家の晩御飯! 45



oc444.jpg

本来ならローストビーフを作る予定だったけれど、オーブンを使うと後片付けが大変なこと使い方がどうも分かってないので、レクチャーを受けないといけないからフライパンにしました^^。多分牛肉のたたきになるだろうと思って作ったらやっぱりそうでした(笑)。しかし予想に反して結構、受けました。この手のものはしっかりと塩などをしないと味がぼやけます。中まで基本的には届かないということです。割にしっかり塩、胡椒を振ってもオーケーです。カットしてみると思っていたよりは火は通ってはいませんでした。やっぱし^^。出たとこホイの料理ですね(笑)。

oc445.jpg

例によって出汁を取った残りの昆布、余っています。本日は佃煮のようなものにしました。本日中のお召し上がり限定でした(笑)。翌日は固くてちょっと・・(笑)

oc443.jpg

なめこ箸休めです。なめこを出汁で煮て冷まして冷します。そば猪口に入れていますが、もう容器ごとひやすほうが手っ取り早いです。ほんの一口、二口です。

oc447.jpg

豆腐のディップのようです(笑)。豆腐を水切りしてごま油を少しずつ入れて混ぜていきます。塩も少しずつ入れていったと思います。きゅうりに付けて食べるのだけれど、上手く乗りません。ちょっときゅうりをスティック状にしたのが大きな間違いでした(笑)。ちょっと訳の分からない料理ですね。やっている最中から、変っていくことはしばしばです^^。だからしてこうしてコメントするのってちょっと難しいです(笑)。

oc448.jpg

アサリをどうするか?アンケートを取りました。←そんなに人数いないでしょう^^?本日はアサリバターにしました。別にこれといったものではありません。もう少しひねらないと^^。

oc449.jpg

高菜のチャーハンです。少し混ぜるとごはんが黄色になって、「らしく」なります。ウチはちょっとこの下世話系の食べ物がけっこう好きです。多分育ちがそうなのでしょうか(笑)?何とか知り合いの上品なご家族のお仲間に入れて頂きたいものです(笑)。

テーマ:手作りごはん - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅰ vol.24
オースケの突撃!我家の晩御飯! 44




oc437.jpg

家の者がさんしょをたくさんもらってきたので使ってほしいとのリクエストでした。さんしょをすり鉢ですっていきます。少しのようですけれど結構な量です。油と塩も少しずつ入れてソースのような感じになりました。それを冷奴にかけて。取るときは少し混ぜてもいいでしょう。ちょっと訳の分からない割りには結構いけました^^。

oc438.jpg

まあ皿うどんということで^^。バリバリよりちょっとしなーとなったぐらいが好きでうすが、これなんかも意見百出でしょうね^^?「私はかなりふやけたの。」とか?こんなどうでもいいことにこだわれるってちょっとすばらしいとは思いませんか^^?って、ゆーかー、単なるバカのようで(笑)。

oc439.jpg

まあやきとりということで、塩焼きで以前にもやったように胡椒をかけていただくと結構いいです。ポリポリ^^。

oc440.jpg

菜っ葉炊いたのです。下ごしらえと出汁さえしっかり取れば、後は簡単だと思います。つまり煮るだけです^^。

oc441.jpg

もやしとキャベツの炒め物です。最強の最低価格料理です^^。しかし、すばやく仕上げると値段の割りにはいいのではないでしょうか?味付けは塩と日本酒ぐらいです。すばやく仕上げるために塩は炒める直前ににかけておきます。最後に胡椒ぐらいですか?うちでは十分に熱した中華鍋で強火で30秒ぐらいだと思います?子供はこれが結構好きです。あっという間にお皿は減っていきます。安いということではやはり親思いですね(笑)。

oc442.jpg

あさりと具とご飯は別々に料理するという結論に到達すまでには何回失敗を重ねたことでしょうか(笑)?アサリは火を通し過ぎるとすぐに固くなりますので、茹でてパカーンと開いたら取り出して身を外しておきます。そのアサリのスープに塩で味を調えて炊飯器で炊きます。他の具もそのアサリのスープで炊いておいてご飯が出来上がればアサリ以外を混ぜます。アサリはご飯が少し冷めてから、上だけにおいていきます。これだけアサリが入っているという豪華になる演出をほどこします。しかーーしご飯の中には一つも入っていません(笑)。最後にさんしょをパチンとやって香りを出して乗せます。まあ、香りはいいけれど食べるときはちょっと食感が違うので食べにくいです(笑)。

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅰ vol.23
オースケの突撃!我家の晩御飯!



oc423.jpg

この6品は寄せ集めではなくて同じ日のものだと思います。もう一品お馴染みのものを作りましたが、割愛させて頂きました。大豆と昆布の炊いたのです。大豆はもう下準備されているものを買いましたので、味付けだけしました。これって味をつけるのってちょっと手間がかかりますね^^。もう少し濃いほうがいいようでした。

oc424.jpg

家の者が有名な豆腐屋さんで買ってきました。これで量は普通の豆腐と同じですが、250円です。それではということで塩だけで頂きました。たまにはいいです。大豆本来の味がします。

oc425.jpg

新たまねぎと安い牛肉^^の串です。たまねぎが一つ外れています^^。画像になるまで気付かない鈍感さ^^。

oc426.jpg

野菜は5種類を少しずつセットになって売っているものです。後は適当にませるだけです。アスパラだけは下のほうは固いので皮をむきました。ドレッシングは覚えていません(笑)。←頼みますよーーーー(笑)。

oc427.jpg

これ一杯だけの和風ラーメンを作りました。麺は太いタイプのもので2玉です。自分でいうのもなんですが、まあ、よくできたほうで、取り合いになりました(笑)。かなりな麺バカですね^^。出汁は昆布と鰹節系だと思いますが、覚えていません^^!←コレコレ(笑)。化調は入っていません。醤油も無添加ですので、割りに自然に近い味になりました。油は胡麻の香りはほとんどしない太白胡麻油です。

oc428.jpg

炊きこみご飯です。薄味ですが、出汁はラーメンときのものを使用していますのでアッサリと仕上がっています。後ほどゆっくり食べようと思っていましたが、作った私にはほとんど残っていませんでした(笑)。少しぐらいは残しておいてよーーーー(笑)!かわいそうです^^!

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅰ vol.22
オースケの突撃!我家の晩御飯! 42



oc416.jpg

残った出汁の昆布や鰹節などで佃煮を作りました。ご飯にいいようです?

oc417.jpg

チャプチェです。韓国風の春雨です。実際の作り方とは違うと思います^^。出汁とごま油をベースに味付けしました。例によって量が多くて翌日に^^。で、分かりました。糸こんにゃくでしても問題ないけれど、これは時間が経つと作りたてのゴムのような感じはなくなりますので、食べる分だけ作るようにしましょうね^^。

oc418.jpg

中華風焼肉です。牛肉とたまねぎを中華風の味付けで炒めただけ^^。例によってダブル鍋方式で^^。 

oc419.jpg

ミミいかのほうれん草炒めです。ミミいかのほうはこのようなものを初めは作る予定ではありませんでした^^。ハーブでちょっとオサレーに地中海風の予定(ほー、オサレーねえ^^?)が、ちょっとしたミスで、このように。でもまあ、普通でした。台所で作っていると子供がやってきて何を作っているのか?よく聞きます。正直、タイトルのないようなものばかりで、返答に困ります^^。これもそれ系の代表のようなものです^^!

oc420.jpg

豚付けうどんです。麺は半生タイプのでしたが、ちょっと半額の賞味期限ぎりぎりのもの(あれば、とりあえずキープする小賢しさ^^)で、やはり茹でていて変で、すぐに柔らかくなってしまいました。そしてやっぱ、半額かな?と妙に納得して、同じ繰り返しを性懲りもなくしてしまう(笑)!直りませんなー^^!

oc421.jpg

鶏そぼろ親子丼です。鶏そぼろにも味がついています。何となくあれほどカツ丼のときには半熟加減がいいと言っている割りには自分では失敗していますね(笑)。「他人に厳しく、自分に優しく。」いい性格で、どうしようもないです^^。

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

オースケ クッキング Ⅰ vol.21
オースケの突撃!我家の晩御飯!



oc402.jpg

こんにゃくのピリから炒り付け(?)です。これも何となく以前出たような気がします^^。もう画像にしても結構な枚数になりますので覚えていませんし、過去のものを調べようともしないこのいい加減さは許しがたいですが、何とかご了承の程、よろぴくね^^!

oc403.jpg

まぐろのづけです。以上^^。

oc407.jpg

本来なら鴨でやりたいところですが、ちょっと高いので、お手軽に豚肉になります^^。これ系の食べ物はまず取り合いになります。やはり麺バカですね^^。平打ちの麺が何ともいい感じです。つけ汁は多分、うどんの出汁をとったのを少し残しておいてそれを濃くしたものです。めんどっちければ、市販ので十分です。ただ、あまり安いとちょっとえぐいのが多いようですか?

oc401.jpg

パスタのほうは変わり映えしませんので、ペーコンがブロックでありましたのでそれをちょっと贅沢とは思いますが、厚切りです。そして次に日がお休みでしょう。にんにくも入れています。

oc404.jpg

マックスバリューで最近出ている、オーストラリアはタスマニア産の牛肉です。これで500円ぐらいですか?十分どころか結構おいしかったです^^。でも、こんなもの出すなよってかー(笑)?

oc405.jpg

春野菜をオリーブオイルで洋風に炒めました。違うところはトマトです。スーパーに八女産の確か「てまり」という、煮たり焼いたりに適していえる調理用トマトが並んでいました。炒めているとちょっとに崩れてきて全体に馴染んできていい感じになってきました。このトマト少し高いですが、それなりに実力を発揮するのかもしれません。

oc408.jpg

手羽中丼です。何かの煮汁が残ったのでこのようなものを作ったのでは?ちょっと薄い煮汁もかかっています。子供の好きそうな丼ですね^^。

oc409.jpg

チンジャオロスーを作って麺を入れるだけです。まあ、この手(ちょっとタイトルのつけようのない、訳分からない系^^。)の食べ物としては比較的いいほうではないでしょうか(笑)?量を多く作るとべたつきますので、多く作られるときは2回に分けて作られるといいでしょう。もちろん私がすると結構違った味に仕上がります^^!

なんか今回はボリューム系のものばかりになっちゃいましたね^^。以後気をつけるようにします(笑)!

テーマ:きょうのご飯 - ジャンル:グルメ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。