ぐるっとまわってちゅるちゅるポン! -しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月輪 がちりん
―― 純然たる広島風なので九州の方も・・^^! ――

月輪 がちりん(下関市)

DSCF2343.jpg

DSCF2346.jpg

本日も「ふじ」にお伺いしようと企てるも・・、ちょっととある理由で珍しくお好み焼のこちらにお伺いしてみました。まあ広島風お好み焼は家で焼き出してからというもの、外に食べに行くことはなくなってしまったですわよ~^^。多分お店は3年弱ぶりになると思います。その間家のホッとプレートで200枚近くは焼いていると思いますわよ~^^。だから大方手順は決まってきて・・、あまり考えずにあちこちで編み出したテクを駆使するとやっぱ少し悦に入っている自分がいて心から「アホやな!」って思ってしまいますわよ~^^。

DSCF2336.jpg

DSCF2337.jpg

ということで入ってすぐに大きな鉄板があってそちらに・・。まあ最初に箸などの必要を聞かれますが、もう広島風では箸など使用しなくなって久しいので何も躊躇なくヘラのみですわよ~^^。その前にオーダーを通したのはいうまでもありません。「肉玉そば、ソース少なく、玉子半熟。」玉子は2玉もいけるということですが、ここは追加100円?になるのでショボいオヤジはやめておいた(笑)。

DSCF2345.jpg

まあここからの解説はちょっとマニアックになるので興味のない方はパスしてチョ^^。まずベース(台)です。魚粉を振ってからキャベツです。しばらくして豚バラを3枚ほどで、返されてしばらく焼かれます。これからここは少し違っていて、ベースを横に避けておいてキャベツと肉を天地返しでベースを乗せ返し、しばらく焼かれます。そしてしばらくキャベツ等を混ぜて焼かれて最後に押しを入れられます。肉は元の下に戻っています。まあキャベツに均一に火が通るように執心されているのが分かります。

そして麺を茹でられて鉄板に置かれて丸く整えられてその上に肉、キャベツをonです。そして玉子を割られてのばされて、先ほどの麺、肉、キャベツをonして、3~4秒で返されます。それでソースなどを塗られて前の鉄板にスライドで、「どうぞ!」となります。

DSCF2340.jpg

自分でいうのはなんですが、よく覚えているでしょう・・(笑)?←もっと覚えること他にないのか・・(笑)?⇒まあほぼ現在の広島スタイルです。一口。ソースも少ないのであっさりでキャベツの感じはべた付きもなくていい感じに仕上がっています。まあ半熟加減は正直玉子一つでは出し難いけれど、それなりなっていたようです。

ということで、ここは紛れもなくバリバリの広島ワールドになっています。本場広島にあったとしてもレベル的にも結構なので、かなり指示されると思いますわよ~^^。広島までお好み焼を食べに行けない方はいかがでしょうか・・^^?まあおそらく広島のどこかのお店で修行されていたのでしょう・・?こう申し上げては失礼ですが、こんな広島から遠い下関でこんなレベルのお好み焼に出会えるなんて結構サプライズでしたわよ~^^!ほんじゃ~^^。

下関市菊川町上岡枝802-9 TEL 083-287-1333

11:30~14:30 18:00~22:00(L.O.21:30)
定休水曜

スポンサーサイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

本場へ道 PartⅡ⑨ やまさ家②
本場へ道 PartⅡ⑨ やまさ家(広島市)②

2008_06140054.jpg

2008_06140037.jpg

本日はやっと入れました(笑)。実はかなり前になりますが、滑り込みアウトをしてまして残念な思いをしました(笑)。本日はお好み焼では珍しくびおちゃんがいっしょです。かなり前からのお聞きしていましたので、ラーメンを1軒行かずにそうしましたチャン^^。ラーメンばかり行っている君、バランスのいい訪麺活動しないとな~^^。←って、私に言われたくない!ってか~(笑)?

画像を撮っていると大将がカウンターの中から「お撮りしましょうか?」って仰いましたけれどオヤジの2ショットは絵にならないものの極みなので丁重にお断りしました(笑)。
[本場へ道 PartⅡ⑨ やまさ家②]の続きを読む

テーマ:お好み焼き - ジャンル:グルメ

本場へ道 PartⅡ⑧ おか
本場へ道 PartⅡ⑧ おか(宇部市)

2008_02130012.jpg

場所はメッチャ簡単です。山口宇部空港の敷地を出たところを左に行くとあります。ちょうど宇部系ラーメンの一久食品の本社の手前です。ちょっと通りは大きいのですが、にぎやかなところではありませんから・・(笑)。

以前一度前にまでお伺いしたとき、鉄板サイドにおられたようなので、諦めて他に行きました。本日は女将さんが持ち帰りを包んでいらっしゃいました。メニューを拝見せずに例によって肉玉そばです。本日は週刊誌など持ってきて普通にしていました(笑)。
[本場へ道 PartⅡ⑧ おか]の続きを読む

テーマ:お好み焼き - ジャンル:グルメ

本場へ道 PartⅡ⑦ いしざき
本場へ道 PartⅡ⑦ いしざき(広島市)

2008_02160029.jpg

2008_02160028.jpg

こにゃにゃちは~!肉玉そばおです。こんなにお好み焼ばかりじゃあ、もういい加減にうんざり飽きてこられたことと思います(笑)。まあ私も結構飽きて来ました^^。でも・・、もうちょっとお付き合い下さいな~^^!

なんちゅ~か?ここももう何度か、お店の前まで来ているのよ~?2時までとお聞きしててちょっと前に着くと大将が中で片付けをされていたりとなかなか頂けませんでした(笑)。もうこなりゃ~、ちょっと是が非でも!って感じで執念のお伺いとなりました(笑)。あ~、忘れていましたが、こちらもE級日記in広島(リンクにある^^!)のもんがーさんがご紹介なさっていて存知上げました。

[本場へ道 PartⅡ⑦ いしざき]の続きを読む

テーマ:お好み焼き - ジャンル:グルメ

本場へ道 PartⅡ⑥ 桃太郎
本場へ道 PartⅡ⑥ 桃太郎(北九州市小倉南区)

2008_01270014.jpg

ラーメン休憩室のコナモニスト ケパサさんが先日(かなり前^^。)いっしょに行こう!と仰っておかれながら、さっさと翌日抜け駆けされたお店です(笑)。でも、結論から申し上げます。セカンドは確実にありですから、またご一緒しましょう^^!

小倉南区の住宅街で結構分かりにくいとお聞きしていましたが。そこは肉玉そばおです。難なく辿り着けました(笑)。国道10号線を行橋方面に行くと小倉モールがあります。それからしばらく行けば左側にハローデイというスーパーがあってそのお隣が山小屋ラーメンです。その間の道を東に入れば看板が出ていますので、そこを右に曲がられれば、黄色いチョー派手な小屋風な建物があります。ちょっとお昼時は持ち帰りとかも多いとお聞きしたので、ずらしました。まあ、店内はそんなには広くなく、鉄板サイドは4、5人が定員でしょうか?すでに3名ほどおられましたけれど、端の鉄板サイドを譲って頂きましたが、狭いだろうと思って焼きあがるまで角の方で待ちました。
[本場へ道 PartⅡ⑥ 桃太郎]の続きを読む

テーマ:お好み焼き - ジャンル:グルメ

本場へ道 PartⅡ⑤ 貴家
本場へ道 PartⅡ⑤ 貴家(広島市)

2008_01300015.jpg

最初からなんですが、宿題店でずっと行こうって思って懸案になっていたら50円値上がりしていた^^!←やっぱセコー^^! それにしてもお好み焼700円時代になったということでしょうか?

この付近ちょっとコインPを探していたがどこも満杯で、以前ご紹介しました、「もり」の横のコインPに駐車することになりました。懐かしいな~^^!って思ってお店の前を通っていると女将さんがそとにいらしてさらに懐かしくなりました^^。
[本場へ道 PartⅡ⑤ 貴家]の続きを読む

テーマ:お好み焼き - ジャンル:グルメ

本場へ道 PartⅡ④ よしひろ
本場へ道 PartⅡ④ よしひろ(宇部市)

2008_01080014.jpg

歴史のあるお店のようで、常連さんがほとんどだと思います。まあ、広島風お好み焼だけれどこれを広島風に入れるとやや違うかもしれないと思います^^。あの岩国の「たつみ」に似ていて、焼ソバを作ってそれをベースに乗っけるやり方です。

[本場へ道 PartⅡ④ よしひろ]の続きを読む

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

本場へ道 PartⅡ③ 哲②
本場へ道 PartⅡ③ 哲(山口市)②

2008_01160025.jpg

本日はコインP代節約も考えて近くの大きな無料駐車場に車を入れてチャリを出してお伺いしました。お昼は1時15分までなので、ちょうどぎりぎりだったようで、入ってしばらくすると準備中の札になったようだ。懸案だった肉玉うどんです。結論から申し上げるとこちらではうどんのほうがやや私として好みかな?って思えました。

[本場へ道 PartⅡ③ 哲②]の続きを読む

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

本場へ道 PartⅡ② 得
本場へ道 PartⅡ② 得(広島市)

2008_03190024.jpg

2008_03190031.jpg

本日はチョー久しぶりに広島に行ってみました(多分かなりお伺いしてないときのでした^^?)。でも普通の方からするとチョー久しぶりではないかもしれませんか(笑)?で、前回頂いて驚いた「やまさや家」にリピートしようと思って1時40分ごろ着きました。ちょうどすぐ前に一人入っていかれました。で、ドアのところに「準備中」です(笑)。オイオイ「滑り込みアウトの名人」・・(笑)?数時間かけてわざわざ行っていたので、ちょっと入って確認しました。奥から大将が「すみません。」ってすまなさそうに言われました。お店の鉄板サイドには先程の方でしょうか(笑)?

(注:やまさ家の大将はこの後スケジュールが決まっているので、どうしてもある程度の時間までしかできないらしいです。)
[本場へ道 PartⅡ② 得]の続きを読む

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

本場へ道 PartⅡ① まるめん
本場へ道 PartⅡ① まるめん(広島市)

2008_01090008.jpg

「奥田民生!奥田民生!」これを忘れていけないな~^^!って思って店内に入ると正面に大きな鉄板とその前にいすが並んでいます。やっぱ、本場のお好み焼にお伺いするとこのシチュエーションが何ともたまりませんな~^^!グッとテンションが乗ってきます^^。
[本場へ道 PartⅡ① まるめん]の続きを読む

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

本場への道 ⅩⅩ おてつ
本場への道 ⅩⅩ おてつ

おてつ(広島市)

2007_12120008.jpg2007_12120009.jpg


肉玉そば600円 おてつスペシャル850円
本日まで忍耐強くお付き合い下さいましてありがとうございます^^。やっと明日からラーメンに戻れると思うと感極まります^^。本日はネコ吉さんの教えていただいた宿題店で、このシリーズのラストに敢えて持って来ました。ちょっと失礼ですが、これはやはり大将の料理センスというか、お好み焼センスとその思いに完全に打ちのめされました(笑)。まずはこちらをご覧下さい。広島お好み焼ではチョーメジャーサイト「炎の鉄板」の記事です。

キャリアという点ではあまりないようでいらっしゃるようですけれど?逆に何でもそうだけれどいくらキャリアを積んでもアカンものはアカンと思わざるを得ない場合もあります(笑)。←ちょっと口を慎まんと~^^!でもちょっとドッキリ(笑)。とにかくすぐにトップゾーンにランクインでした^^。やっぱ、これが本場の本場たる所以ではないでしょうか?

まあ、細かいところは炎の鉄板にの述べられているので、私は補足程度に^^。まずなんといっても玉子の半熟技術です。出来上がったところで二黄玉の玉子を鉄板に置かれます。しばらく、そのままです。白身だけが固まって来ます。そしてその上に割られずにお好み焼を乗せられます。そしてしばらく放置です。私は、ちょっと長いので火が通り過ぎるのでは?ってやきもきと思っていました。そして返されたとき、その面を拝見して、ほ~ら、やっぱ、思っていた通りやん^^!と安易に思って、頂くと白身は結構固まっていて黄身がとろ~りとなっています。しかもそれがビミョーに流れださないぐらいに火が通っているんです。何というテクニックのでしょう。しかも全面とまでは基本的その表面積からしたら難しいのですが、その結構なところでカットすると半熟の玉子です。いや~、驚きました。チョー集中系でした^^。

食べ終わって自分の鉄板前のこげをヘラでゴキゴキとこさいでいると大将からお褒めのお言葉を頂きました。
「上手に食べられますねぇ!」
な、な、なんとぉ~^^!このようなお店の大将からこのようなお言葉頂くなんて^^!免許皆伝までは程遠いですが、これで私も少しは自信もっていいのかな~(笑)?なあ~んちゃってぇ(笑)。ここ数ヶ月苦労を重ねて努力した甲斐があったというものです^^。←それはなんぼなんでもちょっと過大発言です(笑)。

「おいしゅうございました^^!昼は1時30分までに入ればいいですねぇ?」
「そうです。ありがとうございました。」
やっぱ本場以外でこのようなお好み焼は探し出すのは難しいやろうな~^^?ってのがこのシリーズの締めくくりの実感です^^。



総括:
って程でもありませんけれど、ちょっと感想でも^^。ここ4ヶ月はこれまでになく広島風お好み焼を頂きました。頂く前はお好み焼にラーメンほど違いはないように高をくくっていました。それが結構経験値が上昇するとやたらあれこれうるさくなっていく自分に嫌気がさしてきました(笑)。普通に食べればもっと美味しいのにって思えて来ました^^。まあこれはラーメンとかでもいっしょかもしれませんけれど・・(笑)。

それにしても広島風は焼き手のテクニックのウエイトが関西風よりは高いようにも思えて来ました。細かいことを言えばこれから申し上げることは何の意味合いもないことでしょう。そしてちょっと極論を許していただければ、関西風は自分で焼くところもありますが、広島風はないということの裏返しかもしれません。関西風ももちろん焼き手のテクでかなり違うのももちろん認めなけばいけないところですが、練りこむ粉を中心とした材料とその配合にもかなりなポイントがあるように思います。もちろんそれからのふんわり仕上げも焼き手のテクニックですが、広島風は関西風の比べると粉の使用量は極端に少ないので、焼き手のテクがもろに出るように思われました。

無謀な例えで申し訳ありませんが、関西風は練りこむ粉を中心とした材料とその配合がしっかりとしていれば、ある程度のものは保証されるようにも思えますが、広島風ではその部分のウエイトが小さいので何の保証もないということです。何度も申し上げますが、どちらが優れているとか申し上げているのではなく、それぞれのいいところがあります。もっとも私はまだ枚数では関西風のほうが多いでしょう^^。

本場広島から離れるとやはりお店の数も少なくなって行きます。まだ山口はこと広島風お好み焼の地域としては特別な地域で恵まれていると思います。そしてこと強く感じられたのは、「やはり本場は本場でした(笑)。」←何のコッチャ?その感想は^^? そして大変おこがましいことですが、ご覧になられてちょっとでも近くの広島風のお好み焼に行ってみようかな?って思われればこのシリーズのおばかをした甲斐がありました^^。そして私もまた、本場にもお伺いしてみたいと思っています^^。まだまだ感動するようなお好み焼にきっと出会えることでしょう。そういやあ~、広島市西区の○○、中区の△△・・と宿題店のリストアップはすでに・・(笑)。南区のあそこ、安芸区のあのお店はやっぱ・・(笑)!こ~ら(笑)。


テーマ:お好み焼き - ジャンル:グルメ

本場への道 ⅩⅨ もり
本場への道 ⅩⅨ もり

もり(広島市)

2007_12050032.jpg

肉玉そば650円
明日挫折しなければラストの予定ですので、ラス前です^^。E級日記in広島(Linksにあります^^。)のもんがーさんが、「広島ガイド」で書かれて勧められているのでお伺いしてみました。どうも、まあよくわかりませんが、本場の長い歴史の中で原型をとどめているようなお好み焼のようですが、私には詳細は分かりません。2時ごろの訪問となりました。

2007_12050026.jpg2007_12050029.jpg

入るなり横長ではないようなテーブル型鉄板です。横のところがステンレスっぽい感じで屋台風の鉄板とも言えそうですか^^?その前に女将さんです。メニューを探すが分からないので「肉玉そば」にしました。←一応、探すのだ~^^?横の控え席のようなところにお1人おられてマンガを読まれています。決して鉄板サイドではありません。ここはできる上がるまでこちらで待機していてできると呼ばれるのかな?って判断した私も何食わぬ顔で地元の広島人を装っていました(笑)。←でも、やっぱどこか違うで~^^!バレテるんじゃあ(笑)?そうして待ていると上のほうにご覧のメニューがありました。50円差ならイカ天入りでもよかったけれど、ファーストはデフォルト、略して「ファーデフォ」の法則です。←意味は分かるけれど、またその略し方はようわからんな~(笑)。

その間、持ち帰りを取りに来られたりです。私も結構詳しくなったので、手順を拝見しているうちに、これは山口バージョンと違わないばかりか、麺に少しソースをかけるところまで似ているやん^^!って、もっともこちらの方が元なんだけれど(笑)!にわかに親近感を感じました^^。それにしても、広島市市内でも探せば結構あるようですな~?豚肉を置いて少量の溶き粉をかけているところも同じようですか?これはちょっとサプライですな~^^!その間お客さんは変な時間なのに1人2人と来られます。女将さんは手は動かしながらすべてのお客さんに聞かれます。
「え~と、お宅はお皿で食べられるのでしたか?」
「そばは1つで、玉子はなしやった~?」
「葱のせでしたか?」
等々です。お客さんのほとんどは常連さんで顔と食べられるパターンを覚えられておられるのです。すごいです~^^!逆に私のようなものはかなり稀でしょう^^?

2007_12050028.jpg2007_12050031.jpg

しかも、ちょっと行けば実力店もひしめいているのにこちらです。値段も同じぐらいなので、間違いなくここの「もり」のお好み焼の味で来られているのははっきりしています。そうこうしているうちに焼上がりました。鉄板のサイドにヘラを置かれてどうぞ!と仰いましたので、そちらに座っているとコショー?もかけられています。これはこれは^^?ご覧のように丸くきれいな形とまではいえませんが、玉子は半熟仕上げでこれだけは山口のと違うところです。ヘラも慣れて来ましたので、どんどん頂いているうちに味はちょっと一般的な山口バージョンとは違うと認めざるを得ません。どう表現しましょうか?まあ、あくまで素人系の感想として^^!

格が違う味です。一般的な山口バージョンのように小ぢんまりまとまっているのではなく、しっかりとポリシーのあるお好み焼仕上がっているように私には思えました。それはやはり歴史の違いなのでしょうか?これは私だけかもしれませんけれど、ちょっといいです^^!

あまり広い鉄板ではありませんので(ってゆーかー量がたて込むと)、女将さんがお好み焼を返されるときは、かぶさって食べているとややお困りか思い少し仰け反りました。ちょっとしたエチケット・テクも付きました(笑)。それにしても天かすやねぎが飛んできてビミョーな位置で止まります。そこには私の破片もあり、小心者の私はしばし私の方に取り込んでいいものか?どうしようか?考え込む場面もありました(笑)。まあ混み合ってくると鉄板上も回りもさながら活気あふれた市場のようです(笑)。結構すさまじいよ~^^!。さて、もう1軒紹介されているので、また機会を作ってお伺いしてみましょうか^^?

広島市中区富士見町14-11 TEL 082-241-5358

営業時間:11時?から夕方5時30分ごろまで 日祝休

地図



テーマ:お好み焼き - ジャンル:グルメ

本場への道 ⅩⅧ 哲
本場への道 ⅩⅧ 哲

哲(山口市)

2007_12270016.jpg2007_12270014.jpg

肉玉そば700円
中原中也記念館の斜め前にあるのですぐに分かります。←たまにはアカデミックにそちらの方をレポしたら・・(笑)? すみません。力量不足で^^!レポできるように精進します^^。←多分せんやろうと思うけれど・・?それにたとえしたとしてもキャパが許さないだろうな~(笑)。

雰囲気からは夜中心の鉄板焼あり~の的なお店で、本場広島市から引っ越してこられた方が、気に入られた一軒だとお聞きしていました。入ってすぐに鉄板サイドで、箸が用意されている以外は純広島系です。でも本場以外では箸はやはり仕方ないでしょう^^。もちろん私は箸は使わないのでテーブルの端のほうに置きました^^。←やっぱ、その程度か~(笑)?

一般的広島風なので、ポイントだけでも。まずベースです。しっかりと粘度が結構あるベースです。しばらくして返されたときにその美しさが分かります。キャベツは一度鉄板に置かれてからベース上に。もやしの量が他所より多いです。そしてそばの麺は結構しっかりと茹でられますが、鉄板に広く広げられてかなりカリカリ仕上げに気を使われているのが分かります。で、玉子です。やや固い仕上がりですが、これは半熟と言えば問題なくやってもらえる雰囲気です。ご覧のように縦に高くなっていて、これも本場広島以外ではあまり拝見しない形状です。

麺は確かにカリカリとしていますが、固いのが好みでない方は肉玉うどんの方がいいかもしれません。広島の某実力店の話ですけれど、そばは茹でられますがうどんは普通の袋麺だそうです。普通だったら、やっぱ、茹でる方が印象はいいです。しかしその袋麺のうどんがまたすばらしい仕上がりなっているとお聞きしたので、私も次回は是非肉玉うどんの半熟コールでお願いしたいと思っています^^。ここはお噂通りかなり本場広島仕様のようです^^。こと広島風お好み焼のエリアということで言えば、山口県の中には広島県山口市というような都市が各地に存在するようです(笑)。

11:30~14:00(os13:15)
18:30~24:00(os23:30)
日休
山口市湯田温泉2-3-1
TEL/FAX 083-925-5780

地図

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

本場への道 ⅩⅦ ぽん吉
本場への道 ⅩⅦ ぽん吉

ぽん吉(防府市)

2007_11240002.jpg2007_12240017.jpg

2007_11240005.jpg

肉玉そば550円
場所は山口では激戦区のJR防府駅周辺の南側です。といってもこちらは山口で、広島の比ではありません(笑)。さて、細かいところを解説したところで、大方の方はあまり興味のない内容になると思いまして(笑)、少しだけ。麺は袋麺です。しかし、解きほぐしはしっかりとやられていて、麺に薄味です。

野菜はダブル(100円増)を申し出ると快く受けて下さいました。結果的に言えば、やはり野菜ダブルの方が、何となくまとまるようです(以前一度お伺いしています)。しっかりと時間をかけて焼かれていました。

それに玉子を半熟でお願いするとこれもオーケーです。しかし、あまりやられたことないのはわかったので、ぐちゃぐちゃでアバウトでいいですよ~!って申し上げました^^。ただ、お好み焼の玉子はどうも山口では半熟という概念があまりないようです。やや、側の黄身のところは固かったが、次回もう1つ提案すれば問題なく好みな感じになるだろうと思われます。そのためには忙しくお客さんの多い時間は外すことはマスト事項でしょう^^。

最近では半熟をお願いしても、「分かりました。」ってはっきりと仰っても全く同じでしっかりと固く出て来たことも結構ありました(笑)。やはり半熟で返すのは難しいし、形がグチャグチャになるのでやられたくない場合が多いのが本音でしょう。そのような中こちらの女将さんのお客さんの要望を聞く姿勢は非常に柔軟でいらっしゃて、大変好感が持てます。

こちらはベースが薄いところや、キャベツの水分の飛ばし方などの処理が結構好きです。諸条件が揃っているだけにチューンナップさせて頂くと結構マイフェイバリト系になると思いました^^。ご馳走様でした^^。

PS
それにしてもヘラの使い方のテクの1つを会得したのでこっそりお教えしよう^^!←チョービギナーなのに何の話ですか(笑)? まあ、この際そういうことは横に置いといて~^^!もちろん訳の分からないことは重々承知しています(笑)!食べやすいような適当な大きさにカット(このカット方も結構思考錯誤の後、開発しました。また、いずれ予定に・・^^!)したa pieace of okonomiyakiをヘラを握って前方内側(つまり右利きなら前方左側)に3分の1程度出して口に運ぶとかなり食べやすいです^^!どうです。すごいっしょ~^^!←さぁ~?ど・う・っ・て・こ・と・な・い・ん・じ・ゃ・あ・・(笑)?って、ゆーかー、かなり、暇~^^!

防府市駅南町8-39 TEL 0835-25-4886

地図



テーマ:お好み焼き - ジャンル:グルメ

本場への道 ⅩⅥ SOZO
本場への道 ⅩⅥ SOZO

SOZO(広島市)

2007_12220009.jpg

肉玉そば735円
ゆみこさんから教えて頂いたここも何とかお伺いしたいお店の1つでした。しかし、電車利用の場合は非常にいいですが、車の場合はちとお伺いしにくい場所です。JR広島駅前の福屋の隣のビル(旧ダイエーですか?)の6Fの「広島お好み物語 駅前広場」の1店です。ご覧のように6Fのフロアーすべてお好み焼店ばかりです。そのほとんどのお店では鉄板サイドで頂けるようになっています。チョーウレピーです^^。

2007_12220016.jpg

本日はネギがサービスになっていたので、もちろん(笑)乗せてもらいました。大根おろしは希望ならすべてについているそうです。まあ、斬新な部類のお好み焼でしょう。しかし、私は他でやっておられるところがあるかどうか?は分かりませんけれどよく考えられたな~!と思いました。この競争の激しい場所では何かウリになるようなものがほしいと考えられたのかもしれません。

しかも醤油やポン酢ではなしにソースをそのまま合わされました。皆さん、思っておられるより問題はないように思いましたよ~(笑)。こ~ら(笑)。これからは家のごはんに大根おろしのソースかけで頂こうかな(笑)?←でも、それはちと・・^^?

麺も茹でるタイプで、一般的な広島風で、縦長な形になっています。盛んに横から挟んで形を作っていらっしゃるところが、他所にないオリジナルテクだと思いました。玉子はチョー半熟ですが、やや場所によっては火がかなり通っているところもありましたよ~(笑)。ねぇ、大将^^!大将で思い出しました。大将の鉄板前トークは結構おもろいです(笑)。「そろそろ完成ですので、デジカメのご用意なさっておいて下さい!」って言われちゃいました(笑)。

2007_12220013.jpg

上記の画像はトッピングされる前のものです。私の好みの問題を言わせていただければ、ネギと大根おろしのダブルトッピングはちょっと欲張ったかな~(笑)?お好み焼を頂いているような感じからは少し違っているときもありましたか(笑)?つまり何度かに一度はソース味の大根おろしネギを頂くことになりました(笑)。やっぱどちらか1つのほうが好ましいようです(笑)。何事も謙虚さが大事であると・・(笑)。

2007_12220019.jpg

それにしてもチョー人気があるのは分かる気がします。それにやっぱ、本場はあれこれあって面白いです。ゆみこさん、ありがとうございました^^。大将、次回お伺いしたら、私の方がツッコミ返しますから、さらにその返しをご用意なさっておいて下さい(笑)!

広島市南区松原町10-1 TEL 082-568-7843

テーマ:お好み焼き - ジャンル:グルメ

本場への道 ⅩⅤ 三八
本場への道 ⅩⅤ 三八

三八(広島市)

2007_12150008.jpg2007_12150004.jpg

肉玉そば600円
これまでに三八の本店はお伺いしたことがなくてあれこれ申し上げるものなんですから、何とかちょっとお伺いしてみました^^。←順番が逆で遅いちゅーねん(笑)!

それにしても本場以外にいるとマスコミのせいだとは重々分かってはいますが、どうしても「八昌」とか「みっちゃん」のネームが幅を利かすことになっています。本場の方は実際そうでもないようなこともお聞きして、やっぱり違うのだな~?って印象を受けていました。そんなお店の中にこの三八もありました。恥ずかしいお話ですが、このように本場広島のお好み焼にお伺いするようになって初めて、この三八の存在を存じ上げた次第です^^。

それにしてもお客さんメッチャ多いです^^!本場広島でもこの付近はさらにお店が多く、それはちょっと何ぼ何でも多いにも程があるのでは・・?って思わせます(笑)。ちょっと不適切な表現かも知れませんが、お好み屋さんだらけです(笑)。その地区で、やはりダントツといえばこちらということになるのでしょう?

包み隠さずに申し上げると、ゆっくりと頂きたい方にはお勧めできそうにない場所です(笑)。入るオーダーに対応するにのいっぱいのようで、とにかく鉄板上はすごいです^^。その点では、お店の方のご苦労はお察し申し上げます(笑)。←もちろん付け加えておきますが、そんな状況でも丁寧に対応して頂きました^^。

しかしこれだけの量をこなされるお店は本場といえどあまりないのでは?って思えてきます。奥ではキャベツカットマシーンが回っています。もちろん手切りでは処理できない量なのでしょう。一日でどのぐらいのキャベツの量なのか?ちょっと想像をはるかに超えている量でしょう?30玉や40玉ぐらいでは全く足りないでしょうか?よって鉄板サイドなんて最初からこちらでは諦めて下さい(笑)。ゆっくり頂くならお持ち帰りが無難かも知れません^^?実際、お持ち帰りが思っていた以上に多かったな~^^。

そしてこちらで修行された方がお店を出されてお店の名前に三八とつけられています。私がお伺いした「三八博多」や近くの「三八のうみ」もそうです。他にもございます。お店には亡くなられた先代のお写真とコメントのボードがございまして、その存在の大きさがうかがい知れます。多分どのお店の大将や女将さんもその先代から習われたのでしょう。そして名前と共に各地のお店でその心は確実に受け継がれていることでしょう。私もまた三八系のお店、お伺いしたいと思っています。

炎の鉄板の三八

テーマ:お好み焼き - ジャンル:グルメ

本場への道 ⅩⅣ きんたろう
本場への道 ⅩⅣ きんたろう

きんたろう(岩国市)

2007_12050016.jpg2007_12050018.jpg

2007_12050020.jpg


肉玉そば500円
JR玖珂駅の改札を出てまっすぐ行くと左側にありますので、分かりやすいです。こちらも鉄板、お皿を聞かれます。広島ナイズされていて好感が持てます。鉄板サイド座っていて何も聞かれずにお皿で出されたりするとショボ~ン^^!大きな鉄板サイドはありませんが、普通のお好み焼用のテーブル席のそれですので、問題なくいいです。撮影するときもひっそりと撮れますし・・(笑)。

もちろんカウンター内の厨房で焼かれてきます。その間、鉄板をきれいにされて暖められました。そして、最後に少し油を塗られそうになったので「それはええよ~!」とは言えませんでした(笑)。やっぱ小心者かな~(笑)?でもそう思うところが、なんかオコオタ系になりつつあるのかな~(笑)?形といい味といい普通に教科書のような広島風お好み焼でした。麺は少しソース味になっていたけれど、順番からすると普通の広島風です。まあ、鰹節があるところは関西風をかなり思い出して懐かしくなりました(笑)。普通の広島風お好み焼ではあのタイプの鰹節は使わんやろうな~^^?でも500円は安いよな~^^!オーケーです^^!

PS
肉がヘラで何ぼ、やってもカットできなかった^^。これは肉が固いのか?ヘラや鉄板がフラットではないのか?どちだろう?って思って肉だけ抜き出して頂いた(笑)。味には変わりはなかったけれど、何となくお好み焼を頂いた感じはしなかった(笑)。こ~ら(笑)。

テーマ:お好み焼き・たこ焼き - ジャンル:グルメ

本場への道 ⅩⅢ ジュウ兵衛
本場への道 ⅩⅢ ジュウ兵衛

ジュウ兵衛(山口市)

2007_10250044.jpg2007_10250045.jpg

2007_10250047.jpg

肉玉そば650円
こにゃにゃ~^^!肉玉そばおです^^!本日は何となくこちらに来ました。もちろん肉玉そばです。まあ、作り方で、違うのは、こちらはあの広島市の「かんらん車」のようにやたらとベースを取っ払って、キャベツを鉄板の上で上下左右に混ぜて火の通りを均一にしておられました。それに、一枚を結構じっくりと仕上げておられます。麺も茹でられましたが、それも「かんらん車」同様、結構かかっていました。しかしそれからの麺の処理は違っていて、ばらさずにそのまま丸く形を整えられました。それに玉子が2ケということも違っていたかな?最初1つは普通のお店と一緒です。しかし、さらにもう1つ追加でこれはスクランブルエッグのような感じで平たくスプレッドされずにのっけられました。ちょっと玉子部分に厚みが出ました。トータル的にあっさりに仕上がっていて高ポイントです。まあ、派手さはないけれどなかなかな広島風ではないでしょうか?場所は山口市中心部のデパート「ちまきや」の南側の細い道を一の坂川方面に行くとあります。

テーマ:お好み焼き - ジャンル:グルメ

本場への道 ⅩⅡ そば玉や
本場への道 ⅩⅡ そば玉や

そば玉や(岩国市)②

2007_12090002.jpg2007_12090001.jpg

肉玉そば735円 イカ天210円
ここに来てやはりそば玉やをもう一度確認でやってきました。まあ、作る手順等は広島「八昌」のご出身なので問題なく現代広島風です。で、本日はちょっとかなり高くなりますが、トッピングのイカ天をオプションすることにしました。他のお店と同じように天かすと同じときに入れられると思ったら、そうではなく麺に乗せられる後半部分で鉄板に置かれて、ちょっと水だと思いますが、ジュワーって感じでふやかされて入れられているようでした。そのときは別に何とも思いませんでしたが、後に私はその理由をそうではないのかな~?って思い至りました。

まあ、問題なく10~15分ぐらいはかなり放置プレー的です(笑)。お客をトータルで20分待たせてもいいものを出したい拘りなら、問題なく待てます^^。玉子は半熟だけれど少し固い感じに仕上がっていました。多分、山口なのでそういう顧客ニーズに合わされているのかも知れません。やはり、広島のような結構半熟モードのときは言われるほうがいいかもしれません。もっとも大将は半熟で出されたいと思っておられると思います(笑)。でもその片鱗はかなり楽しめました。

で、イカ天に戻ります。結構な量で、これなら210円もうなずけます。そしてこれを入れるとかなりなボリュームです。前にヒョイと置かれたときに一瞬、余ったら「お持ち帰り」にしようか?って考えるほどの大きさでした(笑)。しかし、何とか完食しました^^。ちょっとこれは来ますよ~^^。お伺いする前はこの際、そばWにしてみようか?って考えましたが、それはチョー無謀系になるとはっきり・・(笑)。

本日はイカ天のせいか、ちょっとキャベツや麺の味が少しぼやけるているように思われました。イカ天には悪いのですが、思っていたより結構自己主張して、その味が他に影響するようなので、ことお好み焼にはあまり入れないほうがいいのかもしれないように私は感じました。もちろん好みの問題だとは思います^^。

それで最初に申し上げたように極力キャベツとかといっしょにしたくないのでそうされているのかもしれません?そのほうがあっさりと頂けそうです。それにふやかさないとどうしても食感にギャップが出るよにも思われます。まあ、聞いてみないとその真意はわかないでしょうけれど(笑)。それにしてもバランスのいいお好み焼だ。次回は半熟コールで、激辛ソースあるなら、それで^^!

閉店近くだったので、キャベツの仕込を始められていました、お好み焼のポイント的食材です。これで味がかなり左右されるのでしょう。すばらしい、スーパーではほとんど出てないないような、そして結構大きさのあるキャベツを大将がこれまたすばらしい、無駄のないテクで処理されていました。やっぱ、ここに来ると家庭ではマネできないことをひしひしと感じさせてくれます^^。もう、オースケクッキングの広島風お好み焼コーナーは中止しようかな~(笑)?←考えるまでもなく、ちゅーーーーし(笑)!絶対に^^!

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

本場への道 ⅩⅠ みや島
本場への道 ⅩⅠ みや島

みや島(北九州市小倉南区)

2007_12220004.jpg2007_12220001.jpg

肉玉そば640円?
北九州市の小倉近辺で広島風お好み焼となれば「安芸」が一番名前が通っているでしょう。私も一度かなり前にお伺いしたことがあります。しかし、本日はやはり広島の名前の付いたこちらにお伺いしました。ちょうど小倉競馬場の近くです。

鉄板サイドは問題なくオーケーでした^^。最近はそれがお店に入る前の最大の関心事になっています(笑)。一般的広島風の順番ですが、結構オールドタイプ系も取り入れられています。そばの位置が一般な広島風なだけで、他はほとんど山口で拝見するするのと変わりません。そばは蒸しタイプでソース味付けを少しされたり、油を使われたり、おもしで水分を飛ばされたり、玉子は結構しっかりと固くなっています。まあ、隠さずに申し上げると強烈なインパクトのある一枚ではないようですが、結構しっかりとまとまっていると思いました^^。天カスは多く、キャベツの火の通りには結構気を使われていて、ベースをはぐって混ぜられていました。

北九州市小倉南区北方3丁目34-21 TEL 093-921-7525

地図

テーマ:お好み焼き - ジャンル:グルメ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。