FC2ブログ
ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!-しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
ということでまた与太系
ということでまた与太系

山口県の某所(中部)でメニューは比較的ありますお店に入りました。何でもよかったのですが、早いものということで、カレーにしました。メニューを少し撮っている間に、コンロに鍋が置かれてお湯が沸かされていました(笑)。もしかして・・、レトルト?と思ったところで、鍋からそのような端のところをチラリと確認できました(笑)。そこでほぼ間違いないということに(笑)。

5分ぐらい温められたところで鍋を下ろされて、私の位置からは拝見できないところで調理されていました。流石にレトルト開けてごはんに on されているところまでは少しまずいと思われたのでしょうか(笑)?そして、カウンター越しに渡されました。結構頂いているレトルトですから、間違えようはありません(笑)。でも銘柄までは分かりません(笑)。さっさと頂いて出るとき、非常に丁寧に謝意を示されて恐縮でした(笑)。不思議にそんなにアレ感にはなりませんでした(笑)。昔なら結構オイオイ系になっていたとは思います(笑)。ショボくなってきた証拠でしょうか(笑)?ほんじゃ~^^。

スポンサーサイト



テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ということでまた与太系
ということでまた与太系

山口県西部の某所です。失礼ですが、やっておられるか?分からないようなお店です(笑)。でもあるときドアが少し開いていて、そこからお客さんをお見受けしました。ご近所の集まりかもしれません(笑)。それで結構長い間宿題店となっていました。でも事実上放置かな・・(笑)。

理由はまず、中がよく分からないようなカーテンのようなものがあって、ネット情報もほとんどなくて何を頼んでいいのかも分かりません。それにしても全くネット情報のないお店も最近ではほどんどないようになったと思います。因みに暖簾は掛かっていて、日曜日は定休日のようで閉まっています(笑)。

先日、私1人ではなかったので、ちょっとこの情報を事前に伝えてお伺いしてみることにしました。入ってアウトなら最低限のを頼んで出るという約束で・・(笑)。正直どちらもさほど乗り気ではありませんでしたか・・(笑)。

お店の妙に硬い戸を何とか開けて中を拝見したところ、お店の中には誰もいらっしゃいませんでした。ちょっと観察して少しと難しいかなと思ってすぐに中止の判断をしました(笑)。なお開けたドアを閉めようとしましたが、全部閉まりませんでした。根気よくやっていては怪しくなるので、失礼とは思いましたが、ギブさせて頂きました(笑)。因みにお店の中はテーブル等やメニュー表はあるももの飲食店のそれのようではなくて、一般の民家のようでした(笑)。参考までにメニューは結構ありました。一連の行動は長く感じましたが、2秒ぐらいだったと思います(笑)。流石に撮るようなことまではしませんでした(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

ということでまた与太系
ということでまた与太系

数日前に北九のあるラーメン店で、ラーメンとミニチャーハンのセットを頂くことにしました。詳しく書けばお店が特定されるので、それは避けたいと思います。それに証拠はないので仕方ありません(笑)。

最近のオーダー通りのもやしと胡椒抜きでお願いしました。厨房では間違わないように復唱されているのが聞こえました。そのぐらい広さのお店だから調理されていると結構聞こえるはずです。厨房はオープンキッチンではありません。

3~4分ぐらいかな?すっとミニチャーハンを思って来られました。正直な印象は「オイオイ、いつ鍋振りされて作られていたのだ・・?」ということです(笑)。ミニなので作り置きでしょうか?頂くと少し冷めているのが分かりました(笑)。その場で作っていらしたのなら、この熱さではありません(笑)。因みにチンという音はお聞きしていません(笑)。まあ味は普通ですが、油の回り加減からしたら、作り置きになっていたのでしょう。まあ少量毎回作るのは採算合わないから、作り置きされていてオーダー入ってそれを温め直すのに鍋振りされているところはあります。まあそのときはチンでもいいのですが、それだとやっぱ怪しいですから・・(笑)。

それから1~2分してまたすっとラーメンを持って来られました。麺上げの音はお聞きしていません(笑)。ラーメンを出されるときに「すみません。少しもやしを間違って・・。」仰いました。私も「少し位は構いません。」と申し上げて頂き始めました。まあこれはアツアツほどではありませんが、ぬるいまでではありませんでした。そのうち気付いたことはチャーシューが端ばかりの小さいところだったということです(笑)。ここは普通でも比較的入っているところなので、どうしたことかと思って頂きました。その頃他の方のラーメンの麺上げ湯切りの音は確認できました。私のは何だったのでしょうか(笑)。

問題なく?頂いてそのまま出ました。そのときはあまり疑問も思わなかったのが正直なところですが、どうも想像していた断片がくっ付き始めました(笑)。解せないことも少しずつ瓦解して?きました(笑)。

あくまで想像だと前置きして申し上げます。私は入ったときは先客はお一人で、その後、すぐに2人ぐらい来られました。時間は14時前です。多分、お店の混み合う営業が一段落してお店の方の食事が完成したころに入店したものだから、そのお店の方の食事を置いてオーダーをこなされると、その食事が冷めて無駄になる計算をされて、それを先に出されたのではないでしょうか?多分ですが、こういうタイミングなことは多々あることです。

もっとも私が少しわがままオーダーをしたために、あくまで想像ですが、もやしを箸で取られるようなことになったのではないでしょうか?そういえばあの復唱は少しわざとらしい感じがしたにもかかわらず、間違っているし・・(笑)。チャーシューの小さい切れ端は普通、お客さんには、そこばかり出されることはなくて、お店の方が処理的に?召し上がっていらっしゃる、まかないメシの要素のあるものだったのかもしれません。それなら理解はできます(笑)。

すでに完成しているものならすぐに出せますが、すぐに出すとやはり結構怪しい感じはします(笑)。適当な時間を意図的に経過させてから出されたのでしょうか?それなら理解はできます(笑)。まあオープンキッチンではないから、やれることではあります(笑)。

少し赤裸々なことを申し上げてなんですが、オープンキッチンでないようなところは厨房でどのようになっているか?は少しオイオイ系なアレな話をお聞きしたことはあります(笑)。その点ではオープンキッチンになっているところは何でも一応はそのような問題はないのですが、全くすべてをそこで作っておられるところなどもないということもあるし、原材料の問題を考えるとやっぱある程度は信じるしかないという側面も事実ではあると思います。だらだらとまた書いてしまってすみません(笑)。ほんじゃ~^^。

ということでまた与太系
ということでまた与太系

少し前にお伺いした定食屋さんでうどんを頂いた話です。ぶっちゃけ、内容はないから・・(笑)。このお店、山口県内の某所です。お店の前の駐車場は12時台、いつも満杯です。すごいなあ!と思っていました。それでちょっと前に1回お伺いしてみることにしました。入るとその日は何かの会食で一般客は受付なしになっていました。やっぱアレな感じですか・・(笑)。

それから数か月後 attack again です。座ってすぐにメニューを拝見してかつ丼(680円)コールしました。気付かれなかったので、瞬時に考え直してうどん(500円)にしました。かつ丼でタイプでないのが出て来たら、それをずっと最後まで頂き続けるのはどうかな?って思ったからです。

で、待っているとなかなか出て来ません。うどん一杯に15分以上はかかっていたと思います。やっと持って来られました。拝見して大方その内容は理解できました。でも一応撮りました(笑)。冷凍うどん、で業務用の汁、揚げも乗っていましたが、メニュー表には2枚ですが、1枚しか・・。まあせこいことですが、1枚を忘れていらしたことはすぐに分かりました(笑)。多分冷凍うどんを解凍するのにお湯を沸かし始められたのでしょうから、そのぐらいはかかるのでしょうか(笑)。

これを原価計算すると人件費、電気代等を差っ引いて、50円ぐらいのものでしょうか・・?それを10倍で出されています(笑)。まあここは定食屋さんでうどんはほとんど出ないメニューだから仕方ないといえばそうなのでしょう。でも500円はどうなのでしょうか・・(笑)?

まあ「郷に入っては郷に従え」とはよくいったもので、そのときから揚げ定食780円を頼まれていた方がおられて運んで行かれるのを拝見しましたが、それは充分な CP のようでした(笑)。やっぱ普通に看板的なものを頂かないこちら方がやっぱ問題だといえそうです(笑)。そういえば・・、看板はうどん屋さんですが、大半の方はカレーを頂いておられるようなところもあります(笑)。

まあ以前からでも一応入ってから許されるなら、皆さん召し上がっておられるものをざっと拝見することはあります。もっともじっと観察することや、お聞きするといいのでしょうが、そこまではちょっと・・(笑)。確かにどうでもええ話だった・・(笑)。ほんじゃ~^^。


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

ということでまた与太系
ということでまた与太系

山口県の某所でカレーを頂くことになりました。場所柄カレーはメインメニューとはなり難いような場所です(笑)。そんな中、カレーを非常に推しておられる方がおられましたので、お伺いしてみることにしました。そしたらレトルトだったという話です(笑)。時期的に非常に混み合うときがあって・・、その時はレトルトではなしに作られるのかもしれません?でもお伺いした日はそんな時期ではありませんでした。

ということでその混み合う時期にまたお伺いしようかな?とも思いますが、その必要もないかな?と思います。だってカレーなら専門店にお伺いすればいいだけの話だから・・。こんな内容のない与太話に付き合わせてすみません・・(笑)。ほんじゃ~^^。


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ということでまた与太系
ということでまた与太系

少し前の日曜日にラーメンを食べに行くことになりました。日曜なので休みのところもあって、人気店はやはり混んでいる場合が少なくありません。それで待つのは嫌なので比較的少なそうなところに敢えてお伺いすると少し待っていらっしゃいました。「オイオイ、全く外されているやん!」と・・(笑)。素直に並びました。まあ数人だったので。

15分ぐらい待って入って座れました。それでも少し忙しい時間帯だったせいか、また少し外には行列になっていました。それでオーダーして待っていると横の数名の高校生がスマホで遊んでいます。混んでいたらさっさと席を譲るということに気付いていません。まったり感ありました(笑)。

お店の方はお客さんを待たして気が気ではないはずです。丁寧に彼らに仰っても結果として注意になりますから、次来てくれることはないので何も言えません。よく分かります(笑)。何とか、気付いて欲しいのですが、ゲーム等に入り込んでいるので状況に把握できてないのでしょう。でも結果として、それから5分後ぐらいに席を立たれて、その席は明け渡されました。

これまだ高校生だからお店に入ることは少ないので仕方ないといえば仕方ないのかもしれません。でも普通の大人でときどき同じような状況を拝見することがあります。ゆっくりと新聞を読んだり、おしゃべりに興じていらっしゃいました。もう大人なら救いようがありません(笑)。お金を払うのだから客がすべてだと思っていらっしゃるのなら、もう「何をかいわんや。」ということでしょう。また何ちゅうか・・、安易に?与太ってしまったですな・・(笑)。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ということでまた与太系
ということでまた与太系

最近ちょっとアレな話を少しばかりです。まずは新規オープンしたお店にお伺いすると2時頃にもかかわらず、閉まっておりまして、ドアに「午前中のスープ完売」の貼紙です。一応事前に営業時間等を存じ上げていて通し営業になっていたのでお客さんの少ない時間帯を選んでお伺いしているのに中の様子から察するとお店の方々はもういらっしゃらなくて、結構前に営業終了になったようです。オイオイですな・・(笑)。


某店にお伺いしてカレーをオーダーしました。早いと思ったことも一つです。それが10分経過しても来ません。15分経過しても来ません。20分経過したした時点でもうアレです(笑)。一応厨房のおばちゃんに「カレーですが、まだですか?」とお聞きすると「ごはんがちょっと・・?」と仰るではありませんか(笑)。何?炊飯中・・?おばちゃんはご年配だったので、あまり申し上げるのもなんですから、「ちょっと時間がありませんから・・。」と笑って申し上げて出ました。このまま待っていたら、もう10分要したとしても出そうにありません(笑)。時間かかるの分かっていたら最初に言ってほしいですな・・(笑)。オイオイですな・・(笑)。

PS
私より遅く入ってきた方が、ある定食を頼まれていました。ごはん以外はすでに完成していています。私の行動で置かれている状況を把握されたようで、お気持ちお察し申し上げます(笑)。


某ラーメンでチャーハンを頼みました。まあそういうことは最近の私からすればよくあることです。厨房を拝見できる位置関係です。まあじっと拝見しようと思った訳ではありませんが、何んとはなしにそっちを拝見すると何かを盛んに振って入れていらっしゃいます。しばらく考えてどうも塩のようです。オイオイ、それだけ入れると辛いのでは・・?と思ったところで鍋は家庭用のフライパンです(笑)。これでは家で頂くのと変わりありません(笑)。まあ味は食べれないほどではありませんでしたが、少し濃かったのはいうまでもありません(笑)。それで極め付きはチャーハンの横に置かれている赤い福津漬です。手でそのままつかんで置かれた時点でそれは食べるの止めておこうと思った次第です(笑)。


もう一つ、山口県の東と西でチャーハンを断られた話。まず東は周南市です。ラーメン店で入るなりチャーハンコールです。すると女将さんが「すみません。ご飯がもうないです。」「じゃー、ラーメンで。」と会話は表面上はすぐに成立です(笑)。でも12時台でご飯がないようなお店って・・、ある?たぶん忙しいのでパスされたようです(笑)。それで西の方は下関市、やはり珍しく12時台です。こちらも入るなりチャーハンコールです。コップを持って待ち構えていらっしゃる少しお年のオネーサン(笑)は「すみません。チャーハンはできません。」ネットの画像とかでは、それはそれは当店の自慢とか書かれていますが、12時台はチャーハンはできません等は書いてありません。オイオイ、どちらも「忙しい時間帯はチャーハンはできません。」と潔く仰ればいいとは思います(笑)。って、本日も与太にお付き合いいただきありがとうございます。ほんじゃ~^^。

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

ということでまた与太系
ということでまた与太系

数か月前に自宅から2時間ちょっとかかる某店にお伺いしました。まあ最近ではそれだけで突撃することはありませんから、他の用事とくっ付けて訪問だったように思いますが、正直定かではありません(笑)。やっぱアレですから仕方ありません・・(笑)?

そのお店の前は何回か通っていて混んでいるようなんで、お伺いしてみたく思ってはいました。その日一番忙しい12時台は避けていたと思います。まあすぐに座ってデフォのラーメンのみです。すぐに来るとばかり思っていましたが、10分を経過したころから、遅いのでは?と思い出しました。厨房はオープンキッチンなので何をしていらっしゃるかはすぐに分かります。それで少し観察しながらもう少し待っていました。作られる気配はありません。オイオイ、そんなに混んでいる訳でもないのにラーメン一杯どのぐらいかかるのか?と思ったところでさらに約5経過していたと思います。そのタイミングで確認はしていませんが、オーダーの順番が逆転したように思いました。調理はされない従業員のオネーサンを呼んでオーダーは通っているか?と確認をしましたら、麺上げ担当の責任者のオネーサンが、受けた伝票を差しなら作ってますとのこと・・。

もう状況はアウトです。その15分間に厨房では何をしていたか?大方分かります(笑)。洗い物をしたり、何もせずに漠然とした雰囲気であっちに、こっちに・・。オイオイ、それないよな!と思ってオーダーをお断りして出ました(笑)。混み合ってオーダーを順番にこなすのに15分待たされるのならなら分かりますが、それはありえへん系と・・。

ということで、お店の方も分かっていらしたのか?何も反論はされませんでした。たぶん、想像ですが、戦略的に混み合うお店を作り上げたかったのでないでしょうか?そのためには少しでも滞在時間を長くするということなっていたようにしか思えませんでした。ごった返すお店はそれだけで顧客心理を揺さぶります(笑)。そこにお客さん本位のポリシーはないように思いました。そういうことをしていると反対にお客さんを減らすことになるのは歴然としています。そういえば・・、ラーメンオタっぽい感じのブロガーさんが付近の他のお店ばかり行かれていて1回もそちらに行かれてないのはやっぱこの辺なのかもしれません。?こういうのを与太っていいのか?迷いましたが、すでに訪問から結構経っているので、許して下さい(笑)。因みにメール、ラインして来てもお店の名前は言えませんから・・(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ということでまた与太系

ということでまた与太系

先日山口県イーストエリアの某ラーメンにお伺いしました。最近は結構アレ系なせいか、チャーハンを頂くためです。まあ前回、結構好印象な仕上がり加減のため、リピ系になっていたのはいうまでもありません^^。そのお店、ラーメン店であるにも関わらずチャーハン狙いのお客さんは少なくありません。で、この日は大盛という、ショボ系にしては暴挙というべきものに出ました^^。

で、入るとすぐに社長とその秘書のような方がいらっしゃいました。注:そんなに怪しい雰囲気はありません(笑)。気になる方のために一応申し上げておきます(笑)。そしてその秘書の方はチャーハンでした。お店は以前から女将さんが主にチャーハン担当のようです。女将さんは私の分と一緒に作り始められました。私の大盛は1.5倍だと思っていましたが、結論からいえば2倍ありました。よって計3人前です。

前回のリズミカルな鍋振りの様子はカウンター越に伝わってきません。その辺で少しアレな感じは否めないかな?と思い始めたのでした(笑)。そして来ると・・、その量の多さに吃驚しました(笑)。で、頂き始めました。正直いえば前回の旨さはありません。完食は難しいかも・・?でも気合を入れて食べました。調理処理量のキャパを超えていることによってクオリティーが少なからず保たれていないということのようです。お店の方は一緒に作って、待たせたくないという対応だったことは伝わってきましたので、仕方ないといえば仕方ないのでしょう。

ということで、何とか完食はしました(笑)。やはり適量調理というのはあるのだということなのでしょう。某ラーメン店ではわざわざ?オーダーが溜まるのを待っていらして、1回にそれはそれは・・、あり得ない量を裁かれます。麺はクチャクチャでスープはぬるくなってしまって持って来られます(笑)。省エネか?コスト削減ということでしょうか・・?

それに対して、山口牛骨ラーメンの雄、下松市の紅蘭は集客では多分山口県ナンバーワンは間違いないと思いますが、麺上げ場には通常2人いらして、小刻みに数人前ずつどんどん出されています。どんなに多くてもそれは守っていらっしゃいます。福岡の某店もやはり1回に2杯までと決めていらして、麺上げされておられます。どんぶりに上げられた麺を投入されてから、お客さんの前に着丼されるまでに多分10数秒ぐらいではないでしょうか?やっぱ頂くと違いは歴然としています(笑)。ということで、また与太話をしてしまいましたな・・^^。ほんじゃ~^^。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

ということでまた与太系
ということでまた与太系

少し前に某中華料理店に2人でお伺いしました。まあ高級というほどではありませんが、町の中華料理店よりは抜きん出ているクラスです。で、ごはんもの一つと麺を一杯頂きました。注:メニュー名をいえば結構限定されてくるのでいえません(笑)。先にごはん物を持って来られました。頂くと結構濃いのです。まあ普段から薄味系に慣れているので、割にどこでも濃く感じるのは仕方ないところです。しばらくしてから、麺の方も来ました。それがちょっとまた濃いのです。頂いているとそれはさらに濃く感じられて80%ぐらいからギブしようかな?って思えて来て、最近では珍しく難なくギブコールしました(笑)。

なぜ、そんな味付けになったのだろう・・?もちろんこれまでに何回かお伺いしたことはありますが、そんなことはなかったのです。作り方を間違ったか?と思うも2つも同じように濃いとはあまり考えられません。それなら厨房の中が換わったかなあ?それは確認してないので分かりません。注:もちろん確認はできません(笑)。

その辛さは塩からも少しありますが、その後それ系の常である水をたくさん供給するほどではありませんでした。タレ等の量を多く入れたか?しか考えられません。まあその分、比例して塩辛くはなります。これでしばらくはそのお店はお伺いすることはないでしょう。もしも正直この日だけ間違ったのなら、そんなには問題ないでしょうな。

しか~~し、中が換わったのならやはりお客さんは少なくなるのは必須でしょう。ということで、撮ってはいますが、普通のご紹介は難しいので与太ってしまいました(笑)。すみません(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

ということでまた与太系
ということでまた与太系

本日はかつ丼で少しばかり与太をば・・^^。先日ネット情報で「○○店のかつ丼はちょっと違う。」というようなのを拝見して、丼バカを自称している私としてはすぐにアレになったのはいうまでもありません(笑)。その辺を少しばかり申し上げさせて頂きたと思います。

場所、お店の名前はろんもちいえません。先日他の用事でお店の前を通っているとしっかりとした、きれいな暖簾が掛かっているお店がございました。これは他所とは少し違うのかな、と思い帰ってググるとあまり出ては来ませんでした。しかしその中の一つに社会人になるまでその地におられた方が、激推で、他のメニューは到って普通であるが、かつ丼だけは現在でも思い出すと食べたくなるし、その方のこれまでのトップ数店に入るということでした。確かそんな感じのキャプションをされていました。丼バカな私はそれだけ充分だったのはいうまでもありません(笑)。

それでちょっとチャンス到来になったので某日13時30頃にお伺いすることになりました。入ると誰も他にお客はいらっしゃいません。まあそれはよくあることですのでそんなにはアレではありません。ということで素早くかつ丼コールです。かつ丼にしては結構早く出て来ました。

蓋つきです。この蓋つきですが、私の場合はちょっと普通の方々と違って、期待感の割合が極めて少ないです(笑)。たぶん一般の方々の期待指数の50%以下ではないでしょうか(笑)?なぜ?それは開けた瞬間に少なくともダメな場合は7~8割方想像は付くからです。これはラーメンにはない、丼バカとしてのバカさ加減と申し上げてもいいかもしれません(笑)?それで開けたときの感想は・・、「・・・・。」となってしまいました(笑)。

で、実際頂くと最初の一口で食べるのを放棄したくなってしまいました(笑)。まあ一応状況をご説明申し上げると・・、まず非常に辛いです。それで汁だくですから、丼を斜めに持ってその汁をごはんから出しながら頂くことになりました(笑)。それで、とんかつは最初鶏肉かと思うぐらいに厚さにムラがありました。そのため長時間揚げられたようで、普通のきつね揚げ色っぽい状況をはるかに通り越して焦げるちょっと前な状態でした。そして多分ですがその提供時間の早さから揚げ置きだったように思います。一緒に付いて来るお汁物はそれほど辛くないのに、何でこのかつ丼はそんなに濃い味にされているのだろうと思いながら、放棄の誘惑?を振り払って一応完食しました(笑)。ということでそれから多くの水の供給となったのはいうまでもありません。

味が変わったのだろうか?代替わりや経営者が変わったのだろうか?はたまた、そのときだけ調理を間違っていらっしゃったのだろうか?いずれにしてもそのときのかつ丼は私のアンダー10に入ってしまうほどでした(笑)。ろんもちご紹介下さった方に対しての不満等は全くありません。こういうことは自分で間違いなと思って頂いたときにも多々あることですから・・(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

ということでまた与太系
ということでまた与太系

本日はちょっと固有名詞を使用して申し上げたいと思います(笑)。先日、丸亀製麺にかけうどんを頂きにお伺いしたところ「かつ丼」「親子丼」等の美味しそうなポスターが貼ってありました。「丼、始めたんだ・・。」と思って機会を狙っていました。そして下関市の某店で頂くことになりました。いつも麺をオーダーするところの横に、実物のサンプルを並べられています。これはプラスチックの?サンプルではないような感じです。「なぜこんなサンプルの実物を並べているのだろう・・?」ってそのときは思ってオーダーしました。

かつ丼490円です。結構手早く作られます。仕上げにご飯に乗せられるところで、オイオイ普通はその調理方法はないよな・・、というようなものを拝見することになりました(笑)。どんぶりに指を突っ込んで出されるのと同じようなことと思われて結構です。って、ゆーかー、もう少しずさんな感じです。忙しい時間帯とはいえ、最低限のところはありますよ(笑)。一瞬、クレームを言おうとは思いましたが、そのまま受け取りました。

席について頂きます。卵は結構な部分で TKG な状況(笑)。カツは小さいのが4つです。ちょうど普通のとんかつの半分です。たぶん冷凍の業務用を時間前に揚げておいているようです。ちょっとかつ丼になっていません(笑)。換言することを許して頂ければ、醤油ではなしに出汁入りの玉子かけご飯に冷めたかつ丼が4つのっているものです。ご飯の量もかなり少ないです。味も濃いのですが、食べれないことはないので一応全部頂きました(笑)。最近頂いた中ではワースト系でちょっと群を抜いていました(笑)。

考えるに最初のサンプルはやはりポスターとは違うとクレームをいわれるのを避けるためか?和らげるために置かれていたのかな?って思いました(笑)。そうだとすると確信犯になりますが、いかがだろう(笑)。まあこれで300円ぐらいならある程度は許せるところがやっぱ私はアレなのでしょう(笑)。

あまり名指しで批判するのはどうかとは思いますが、偶には読者のために申し上げてもいいように思いました。かつ丼とかは作られる方の技量でかなり変わってくるので一概にはいえませんが、全店で結構バラツキのあるものを提供されていることは間違いないように思えます(笑)。まあ丸亀製麺はうどんメインのお店だし、しかも私がこんなところで申し上げても何も問題はないとは思います。それよりか丸亀製麺で天丼系以外の丼コールは避けておかれた方がかなり無難ということを強くご提案したいと思います(笑)。260円のかき揚げ丼はすこぶる CP いいのにこの丼は何だ・・(笑)。

テーマ:うどん - ジャンル:グルメ

ということでまた与太系
ということでまた与太系

特にラーメンの味において個人差は仕方ないことですが、よく分からないこともあります。先日福岡県内の某所の人気店にお伺いした。まあお伺いするつもりはなくて他所にお伺いすると得意のアレで、久しぶりということでお伺いしました。もうかなり前になりますが、オープン時にもお伺いして「なぜ、ここのラーメンは人気なのだろう??」確かに頂いて不味くはありませんが、普通な感じなのです。このぐらいの味なら他所でも出されておられるところはたくさんあるのになぜここだけなのだろう?って感じです。そのオープン時には行列もあったのですが、現在では流石にはすぐに入れます。まあ一番忙しいときではなかったのも事実です。

そしてオーダーもすぐに通って4~5分で出て来ました。それでラーメンの感想ですが、オープン時とまったく一緒です。すぐに味に慣れてきます。やはり人気の理由は全く分かりません。マスコミやネットでそれなりに皆さん行かれているからそうなのでしょうか?

オープン時から現在まで支店も出されています。詳しく書けば分かるので書けませんが、その出店も少し他店とは少し違った感じです。オープン時からの利益は結構な額になってその資金力もあったのかもしれません。

因みにラーメンの値段は最近の価格帯基準です。で、サイドもありますが、そのサイドの内容が客に要らないものも頼ませてしまうシステムなっていて、すぐに1000円ぐらいにはなりそうです(笑)。人気があるから成り立つのは事実なのでしょう。帰りに「ご馳走様」と申し上げると店員の方はそれなりに対応されますが、現在現場責任者と思われる方は知らないふりをされています(笑)。どんなものなのでしょうか・・(笑)?

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ということでまた与太系
ということでまた与太系

ある日の出来事与太かな・・(笑)?某日某定食屋系のお店であるものをオーダーして待つことになりました。それで私のそのオーダーを通されたところで、横の部屋からお客さんが出て来られて、「まだですか?」と仰いました。オーダーされたものが配膳されないことの確認だとはすぐに分かりました。まあ私はレジに近い位置に座っていたのでその状況は大方分かりました。それで、このお客さんのことを思ったところで私のオーダーしたものが、配膳されるまでどうのぐらいかかるのだろう?って疑問にすぐに変わったのはいうまでもありません(笑)。思えば私の近くの横の御二人もまだだし、一応これはお店の方に確認すべきだと思ったのもいうまでもありません(笑)。

数分後先ほど確認された方が、また出て来られて、「ちょっと時間がないので、払いますから帰ります。」と仰いました。大方配膳可能になっていましたが、食べている時間はありません。オーダーされたもの(多分定食?)をお持ち帰りで決着が付きました。その間その方は私の横で包むのを待っておられました。こういう状況にも関わらず、非常に丁寧です。紳士的です。アレな私は不可能だな、確実に思ったげな(笑)。

で、思わずその方にお聞きしました。「30分ぐらい待っておられたのですか?」「50分ほどです。」「何・・?」私は不可能の2乗ぐらいの時間です(笑)。しかもその部屋にはその方より遅く来られた方がおられて、そちらを先に出されたていたようです。「それはアウトやねえ。」とその方に申し上げた数分後お持ち帰りを受け取って出て行かれました。いうまでもなくすぐに私は店員さんに自分のオーダーは「30分ぐらいかかりますか?」とお聞きしました(笑)。すると「すぐに作りますから、すぐです。」と仰ったので待つことにしました。

それから数分で確かに出て来ました。置かれたものはなぜか量が結構あったので、「大盛ですか?」と確認しました。するとそうですとのこと。中での通し間違いです。一応普通のをオーダーしたことを申し上げると「サービスしますので、そのまま召し上がられた結構です。食べられなかったら残されて構いませんから。」と仰いました。まあその量は全く難しい量ではなかったのですが、そんなに多く頂く気もなかったので、丁重に「残すのは嫌いですから。」と丁重に申し上げまして、減らして来てもらいました。

それで、頂いてすぐに出ることにしました。支払いのときに厨房の大将に少し聞こえると思えるような大きさで「ご馳走様でした。」と申し上げましたが、聞こえているのか?どうか?は分からないまでも何も仰りませんでした。時間の経過をよく考えると、先ほどの方は多分お昼休みの12時頃入られてから13時近くまで待たれたようです。この日のお昼休みの後半をイライラされながら待っていらしたことになります。もしもこういうことになるようだとオーダーの通ったときにお客さんには少しかかると報告されておくのがやはり最低限のことではないでしょうか?

そして遅れて来られた5人ほどのお客さんはその方が帰られてからちょっとして出て来られて支払いをされて帰られていかれました。レジの横ですからお聞きしているとオーダーされたものが簡単なものばかりだったようですから、そちらを先に出されたのか?はたまた、よく来られている常連さんなのでそちらを優先されたのか?まではよく分かりませんが、そうだとしたら全く論外な話です。因みに私の頼んだもの味は到って普通でした(笑)。って、ゆーかー、やっぱ少し雑な感じは否めませんでした(笑)。

PS
ろんもちこの件に関してはメール等の質問で聞いてこないように(笑)。

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

ということでまた与太系
ということでまた与太系

皆さんコニャニャ~^^。本日の記事を shops info. で書こうと思ったが、やっぱこんな与太記事はこの与太コーナー以外にないな!ってことで・・(笑)。

小倉南区まで用事で。でどこかにお伺いしようと思うも大方お伺いしていて、じゃあ、仕方ない、小倉北区のあのいわずもがな店(笑)によって帰宅しようと思ったが、あまりにもベタなので少し考慮中、40分ほどかかるが、行橋の宿題店にお伺いしてみることにしました。注:さらりとベタの変換ネタを入れるところが、全くアレだと思った(笑)。

それでお店についたところで営業中の札を返されて準備中に(笑)。ここは通し営業じゃあなかったん?まだ14時よ~~。ちょっと横に貼紙です「本日設備工事のため14時から臨時休業します。ご迷惑をおかけしてすみません。」オイオイ(笑)。よほどアレだ(笑)。

最近の私は過去の数々の?経験から学習してスペアーを用意している賢さが備わりました^^。注:こんなことしている点ですでにアホなのは覆らないと分かってないようだ(笑)。で、やっぱ通し営業の某店に10分かかってお伺いすると、また貼紙「スープ仕込みのため16時30まで閉店します。」オイオイ(笑)。かなりアレだ(笑)。

もうこの時点で大方中止を確信して「本日はそういうこともある日だ。」と納得させているところにじゃあしばらくお伺いしていない某店を思い出すところが、ど根性系か・・(笑)。それでお店に着くとこれだ・・、

















bDSCN1980.jpg

本領系極まれりといったところです(笑)。こんな画像張ったところで「インスタ映えしないな!」って、これインスタか・・(笑)。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ということでまた与太(笑)。
ということでまた与太(笑)。



ちょっと前にこちらにお伺いしました。そしたら、横の駐車場にこれです。「ほ~!」と思って潔さを感じました。それで、昔なら入らないで他にお伺いしたでしょう(笑)。でもこの日はさっさと撮りを中止して頂きました。まあ結構前にお伺いした際にはしっかりと大将の真ん前で撮ったものです(笑)。それで、頂いていると携帯が鳴って・・、「食べているときに限って呼び出しやな!」と申し上げると大将も笑って和気藹々でした(笑)。あのころは牧歌的な?雰囲気だったのかもしれません(笑)。

多分ここは想像の範囲ですが、やっぱ撮ることによって問題が起こったのでしょう?で、検討なさってこうなったのでしょうか・・?正直お店の外に入る前のこれは正直やられたくはなかったことなのでしょうな・・?私は以前このコーナーにも書きましたが、敢えて分かるようにデジカメ出して待っていました。それでオーダーした丼を置かれた時点で、「撮影禁止ですから・・。」といわれたことがございます(笑)。で、オイオイと思って「どこにも書かれてないよ!」と思ってお聞きするとカウンターから一番分かり難いようなところに貼ってありました(笑)。

それで後日談ですが、またどなたか行かれて up なさっていらっしゃいました。「そこは撮影禁止ではなかったんかい!」と思わずモニターに叫んだのでした(笑)。果たしてその撮影禁止は中止になったのか・・?それともたまたまだったのか・・?前者なら全くアレです(笑)。まあもちろんそういうところですから、確かめにアゲインなどありえへんことです(笑)。

ということで、こちらのこの表示にはやっぱ確かにお店の大将の心は結構あれこれあったと思いますが、その潔さに応援したくなったという話だったげな・・^^。撮らなくていいヲタの皆さんはぜし行かれてみて下さい(笑)。こういういい方は正確ではないかもしれませんが、福岡ではやっぱ古いタイプのラーメンだと思いますよ~^^。もうこういうタイプラーメンはそんなには多くは存在しえないと思います。でも私はこういうラーメンはぜしぜし続いて欲しいと思うから、この決定にはなんら反対ではありません。ほんじゃ~^^。

注:結構前のことなので、現在の状況は不明(笑)。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ということでまた与太(笑)。
ということでまた与太(笑)。

aDSCN9605.jpg

先日福岡でラーメンを頂いたときのことです。書こうか?どうか?迷ったのですが、やっぱこういうお店はどうなのかな・・?って思った次第です。それしても暫くこのコーナーは書いてなかったな・・(笑)。注:本使用画像は他店のものです(笑)。

そのお店はラーメンが安いということでお客さんを呼んでいらしゃるのは誰でも分かるようなところです。それに辛子高菜フリーということもあってお伺いしてみました。で・・、ラーメンとライスを頼んで、麺の固さを聞かれます。まあ普通です。両方来る前に辛子高菜を取りに行きました。麺上げされるところの前に置かれています。後から考えればお店側のコントロールエリアに置かれている場所だったように思います(笑)。

aDSCN9606.jpg

その辛子高菜の取り皿がこれが極端に小さくて、直径4~5cmといったところです。何でまたこんなに小さいの・・?ってくらいです(笑)。ここに某店の取り皿を up しておきます。まあ直径でいえばこれの半分ぐらいだからその小ささもご理解頂けると思います。このぐらいだと何回も行かなくていいです。って、ゆーかー、テーブルやカウンターのに数箇所置かれていて取りに行くこともありません(笑)。

初回はそれで取って来てラーメンとライスが来るのを待っていました。程なくして来ました。ラーメンを一口。まあ安いのでこんなものでしょう、ぐらいな感じです。少し業務用混ざってコスト削減もあるかな・・?って正直そのぐらいに思いました。ライスも値段的には少し多い感じです。辛子高菜をご飯に乗せて頂きました。もうお分かりでしょうが、辛子高菜のお替りですが、この極端に小さい取り皿では多分、10回ぐらいは行かないと行けないと判断した私は即ご飯の茶碗を持って取りにその場所まで行って、ご飯に付かないように茶碗に乗せていると、まず従業員の方から取り皿で取って!と、つっけんどんに注意されました。それでちょっと考えて10回も往復は出来ないと考えて、その注意を聞かなかったフリをして続行していると・・、次は大将の麺上げ場からのご高説を頂くことになりました(笑)。まあ大方取っていたのでそのまま席に持って帰って頂き始めようかと思っていると、また麺上げ場から何やらその続きを仰り始められましたところで、もう食事どころではなくなり即中止決定です(笑)。

出るときに「ご馳走様。」と分かるように一言申し上げると、大将は勝ち誇ったように頷かれて「そんな客は早く帰れ!」的な雰囲気の返事を返されました(笑)。まあそれだけのことですが、なぜゆえにそんな小さな取り皿でフリーなのか・・?ちょっと考えました。最初から取り皿だけで取って欲しいのならそのようなことは辛子高菜の前にきっちりと書いておかれるべきで、そうなら私も決まりは守ります。

それからフリーというのに多く取るな!てことでしょうか・・(笑)?それならフリーにするのはどうかな?と思います(笑)。ということで、考えたのは・・、辛子高菜フリー店でご飯に乗せていいようなお店の方は少なくないように思いますし、また全国チェーンの牛丼屋で紅しょうがはどこでもどれだけでもいつでも取り皿なしで取っていいのになぜゆえにそこまでして強く仰るのか・・?甚だよく分からないようなことでした(笑)。ということで、多分私のような客はおられると思いますので、こんなことを繰り返されているのは推して知るべしだと思います。最近ですが、こちらの画像店のようにやっぱフリーの辛子高菜のあるところにお伺いすると・・、それなりの大きさの取り皿もありますし、また取り皿経由ではなにし、ラーメンやご飯に on されていました。もちろん、それを注意されるようなこともありません。串カツのソースの件と同じようにもちろん取り箸等は食べかけのものに付かないように配慮するのは大前提なことでしょう。全くよく分からないお店でしたな・・(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ということでまた与太(笑)。
ということでまた与太(笑)。

本日は待てなかったという話です。え~と、場所とかいえば問題ありまので、パスさせて下さい。うどん屋さんです。先日お伺いすると少し段取りが変わっていまして、それはそれで仕方ないのですが、前の方がよかったので、少しアレだと思いました・・(笑)。

で、オーダーをして10分少し待ったところで、持って来られる気配全くなしなので、店員さんを呼んで、もう何分かかるか・・?とお聞きすると・・、「すぐに。」と抽象的にかわされたので(笑)、もう1回お聞きすると、「聞いてきます。」とのこと。それですぐに来られて、「もう5分です。」と仰ったところで。本日は忙しくて待てないとの断わりを入れて出ました。

前のときだと長くても2~3分で食べ始められました。で、やっぱうどん1杯で15分以上はちょっとな・・(笑)。茹で立てに限った話では、それなりに待てます^^。まあ丸亀でも10分ぐらいが限界だと思われて、そのような太さにされているのでしょう?よって置きで15分以上はいくら混んでいても難しいように思います。うどんになる理由の大きなポイントの一つはやっぱ早いということだと思います。

段取りを変えられるのはいいのですが、お客の側になって変えて欲しいと思ったことでしたわよ~。ほんじゃ~^^。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

ということでまた与太(笑)。
ということでまた与太(笑)。

ちょっとブリヒサシで最初の一口で食べるのやめようと思った冷たいうどんの話・・(笑)。シーズンものの限定メニューで冷たいうどんを頂きました^^。まあ「かけの冷冷」です。そのお店の呼び方は少し違ってはいました。ろんもちお店の名前は不可・・(笑)。結構お客さんは多い山口イーストエリアにあるお店です^^。

まあ通し茹でのようなんでそれなりかかっていましたが、それは全く歓迎です。来て撮って一口、冷たい汁を飲みました。何?このすっぱさは・・?尋常ではありません。すぐに食べるのやめて出ようかな・・?って思いましたが、とりあえず麺だけでも思って何とか頂きました。

それにしても出汁からのすっぱさかな?って思いましたが、どうも酢を入れておられるようです。さっぱり感や爽やかさを出すためにそのようにされているのでしょうが、それにこれはやっぱ手違いかもしれません・・?これでデフォならやっぱメニューの味を決定された方は余程好みが偏っているとしか・・(笑)。

しかも・・、個人商店ではない規模ですから・・、全店舗そうなのかな・・?ちょっと確かめたいとは思いましたが、そこまでして確かめるのもあれなので・・、まあいいかの精神に・・^^。ちょっと吃驚するぐらいすっぱいうどんに遭遇したという話だったげな・・(笑)。ほんじゃ~^^。






テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

ということでまた与太
ということでまた与太(笑)。

本日はブリヒサシで30分待ったという話・・(笑)。こういうコーナーは毎回差し障りのある内容なのでお店の名前等は申し上げられません^^。まあネットにも出て来ないようなところだから申し上げてもほとんどは分からないとは思います(笑)。場所は下関市某所です。頂いたものはうどんとのセットものです。因みにメインはあってうどんはあくまでもサイドです。しかし量は結構ありましたな・・^^。600円台です。

元々ここはメインはテークアウト型のお店ですが、店内でも頂けます。ということでそのうどんのセットものコールして週刊誌をパラパラめくって待っていました。

10分経過、少し手間取っているのかな・・?ぐらいでまあそのぐらいは他所でもありますから、さらに週刊誌をパラパラ・・^^。袋とじのところはまだ開封されていません(笑)。

15分経過、やっぱ少し遅いな・・?

20分経過、厨房では何をしてこんなに遅くなっているのだろう・・?正直純粋にそう思いましたな・・(笑)?

25分経過、そろそろ限界か・・(笑)?普段行列になっているようなところでは大方即パスな私です。結構待てない系でこれはよく待ってしまった(笑)。

30経過、限界なので、厨房の戸を開けて、もう何分かかるか?お聞きしてみようと思って戸を開けようとすると持って来られた(笑)。そのまま元の席に座って、「もう帰らんといけないから、もうどのぐらいかかるか?聞いてみようと思って・・。」と申し上げると、「うどんの麺を茹でていたのでかかったんよ・・。済みません。」と仰ってさかんに謝っておられました(笑)。

ご近所の事情をご存知の方は電話されて来られるので、電話してもらえるとよかったらしい・・(笑)?ろんもち電話番号も知らんし、そんな事情も知らない初訪問でした(笑)。

確かにそのうどんの麺は乾麺のそれでした。因みに出汁は多分インスタントでしょう。うどんはサイドなのでそんなには出汁を取ったりと手間はかけられません。メインのものはそれなりに美味しかったですよ。これならCPは結構いい部類でしょうか・・?

しか~~し、これで30分はちょっと待てません(笑)。やっぱこういう場合はうどんを茹でるのに30分かかるということを最初にいうべきでしょう。そうしないとその場で帰られたとしても、やっぱセカンドはありません(笑)。またメインのテークアウト型でもセカンドはないように思います。ということで、ブリヒサシで30分待ったという話だったげな・・(笑)。そして・・、やっぱ私って、待つの苦手なのだなや・・(笑)。ほんじゃ~^^。


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.