ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!-しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
ということでまた与太系
ということでまた与太系

本日はちょっと固有名詞を使用して申し上げたいと思います(笑)。先日、丸亀製麺にかけうどんを頂きにお伺いしたところ「かつ丼」「親子丼」等の美味しそうなポスターが貼ってありました。「丼、始めたんだ・・。」と思って機会を狙っていました。そして下関市の某店で頂くことになりました。いつも麺をオーダーするところの横に、実物のサンプルを並べられています。これはプラスチックの?サンプルではないような感じです。「なぜこんなサンプルの実物を並べているのだろう・・?」ってそのときは思ってオーダーしました。

かつ丼490円です。結構手早く作られます。仕上げにご飯に乗せられるところで、オイオイ普通はその調理方法はないよな・・、というようなものを拝見することになりました(笑)。どんぶりに指を突っ込んで出されるのと同じようなことと思われて結構です。って、ゆーかー、もう少しずさんな感じです。忙しい時間帯とはいえ、最低限のところはありますよ(笑)。一瞬、クレームを言おうとは思いましたが、そのまま受け取りました。

席について頂きます。卵は結構な部分で TKG な状況(笑)。カツは小さいのが4つです。ちょうど普通のとんかつの半分です。たぶん冷凍の業務用を時間前に揚げておいているようです。ちょっとかつ丼になっていません(笑)。換言することを許して頂ければ、醤油ではなしに出汁入りの玉子かけご飯に冷めたかつ丼が4つのっているものです。ご飯の量もかなり少ないです。味も濃いのですが、食べれないことはないので一応全部頂きました(笑)。最近頂いた中ではワースト系でちょっと群を抜いていました(笑)。

考えるに最初のサンプルはやはりポスターとは違うとクレームをいわれるのを避けるためか?和らげるために置かれていたのかな?って思いました(笑)。そうだとすると確信犯になりますが、いかがだろう(笑)。まあこれで300円ぐらいならある程度は許せるところがやっぱ私はアレなのでしょう(笑)。

あまり名指しで批判するのはどうかとは思いますが、偶には読者のために申し上げてもいいように思いました。かつ丼とかは作られる方の技量でかなり変わってくるので一概にはいえませんが、全店で結構バラツキのあるものを提供されていることは間違いないように思えます(笑)。まあ丸亀製麺はうどんメインのお店だし、しかも私がこんなところで申し上げても何も問題はないとは思います。それよりか丸亀製麺で天丼系以外の丼コールは避けておかれた方がかなり無難ということを強くご提案したいと思います(笑)。260円のかき揚げ丼はすこぶる CP いいのにこの丼は何だ・・(笑)。

スポンサーサイト

テーマ:うどん - ジャンル:グルメ

ということでまた与太系
ということでまた与太系

特にラーメンの味において個人差は仕方ないことですが、よく分からないこともあります。先日福岡県内の某所の人気店にお伺いした。まあお伺いするつもりはなくて他所にお伺いすると得意のアレで、久しぶりということでお伺いしました。もうかなり前になりますが、オープン時にもお伺いして「なぜ、ここのラーメンは人気なのだろう??」確かに頂いて不味くはありませんが、普通な感じなのです。このぐらいの味なら他所でも出されておられるところはたくさんあるのになぜここだけなのだろう?って感じです。そのオープン時には行列もあったのですが、現在では流石にはすぐに入れます。まあ一番忙しいときではなかったのも事実です。

そしてオーダーもすぐに通って4~5分で出て来ました。それでラーメンの感想ですが、オープン時とまったく一緒です。すぐに味に慣れてきます。やはり人気の理由は全く分かりません。マスコミやネットでそれなりに皆さん行かれているからそうなのでしょうか?

オープン時から現在まで支店も出されています。詳しく書けば分かるので書けませんが、その出店も少し他店とは少し違った感じです。オープン時からの利益は結構な額になってその資金力もあったのかもしれません。

因みにラーメンの値段は最近の価格帯基準です。で、サイドもありますが、そのサイドの内容が客に要らないものも頼ませてしまうシステムなっていて、すぐに1000円ぐらいにはなりそうです(笑)。人気があるから成り立つのは事実なのでしょう。帰りに「ご馳走様」と申し上げると店員の方はそれなりに対応されますが、現在現場責任者と思われる方は知らないふりをされています(笑)。どんなものなのでしょうか・・(笑)?

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ということでまた与太系
ということでまた与太系

ある日の出来事与太かな・・(笑)?某日某定食屋系のお店であるものをオーダーして待つことになりました。それで私のそのオーダーを通されたところで、横の部屋からお客さんが出て来られて、「まだですか?」と仰いました。オーダーされたものが配膳されないことの確認だとはすぐに分かりました。まあ私はレジに近い位置に座っていたのでその状況は大方分かりました。それで、このお客さんのことを思ったところで私のオーダーしたものが、配膳されるまでどうのぐらいかかるのだろう?って疑問にすぐに変わったのはいうまでもありません(笑)。思えば私の近くの横の御二人もまだだし、一応これはお店の方に確認すべきだと思ったのもいうまでもありません(笑)。

数分後先ほど確認された方が、また出て来られて、「ちょっと時間がないので、払いますから帰ります。」と仰いました。大方配膳可能になっていましたが、食べている時間はありません。オーダーされたもの(多分定食?)をお持ち帰りで決着が付きました。その間その方は私の横で包むのを待っておられました。こういう状況にも関わらず、非常に丁寧です。紳士的です。アレな私は不可能だな、確実に思ったげな(笑)。

で、思わずその方にお聞きしました。「30分ぐらい待っておられたのですか?」「50分ほどです。」「何・・?」私は不可能の2乗ぐらいの時間です(笑)。しかもその部屋にはその方より遅く来られた方がおられて、そちらを先に出されたていたようです。「それはアウトやねえ。」とその方に申し上げた数分後お持ち帰りを受け取って出て行かれました。いうまでもなくすぐに私は店員さんに自分のオーダーは「30分ぐらいかかりますか?」とお聞きしました(笑)。すると「すぐに作りますから、すぐです。」と仰ったので待つことにしました。

それから数分で確かに出て来ました。置かれたものはなぜか量が結構あったので、「大盛ですか?」と確認しました。するとそうですとのこと。中での通し間違いです。一応普通のをオーダーしたことを申し上げると「サービスしますので、そのまま召し上がられた結構です。食べられなかったら残されて構いませんから。」と仰いました。まあその量は全く難しい量ではなかったのですが、そんなに多く頂く気もなかったので、丁重に「残すのは嫌いですから。」と丁重に申し上げまして、減らして来てもらいました。

それで、頂いてすぐに出ることにしました。支払いのときに厨房の大将に少し聞こえると思えるような大きさで「ご馳走様でした。」と申し上げましたが、聞こえているのか?どうか?は分からないまでも何も仰りませんでした。時間の経過をよく考えると、先ほどの方は多分お昼休みの12時頃入られてから13時近くまで待たれたようです。この日のお昼休みの後半をイライラされながら待っていらしたことになります。もしもこういうことになるようだとオーダーの通ったときにお客さんには少しかかると報告されておくのがやはり最低限のことではないでしょうか?

そして遅れて来られた5人ほどのお客さんはその方が帰られてからちょっとして出て来られて支払いをされて帰られていかれました。レジの横ですからお聞きしているとオーダーされたものが簡単なものばかりだったようですから、そちらを先に出されたのか?はたまた、よく来られている常連さんなのでそちらを優先されたのか?まではよく分かりませんが、そうだとしたら全く論外な話です。因みに私の頼んだもの味は到って普通でした(笑)。って、ゆーかー、やっぱ少し雑な感じは否めませんでした(笑)。

PS
ろんもちこの件に関してはメール等の質問で聞いてこないように(笑)。

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

ということでまた与太系
ということでまた与太系

皆さんコニャニャ~^^。本日の記事を shops info. で書こうと思ったが、やっぱこんな与太記事はこの与太コーナー以外にないな!ってことで・・(笑)。

小倉南区まで用事で。でどこかにお伺いしようと思うも大方お伺いしていて、じゃあ、仕方ない、小倉北区のあのいわずもがな店(笑)によって帰宅しようと思ったが、あまりにもベタなので少し考慮中、40分ほどかかるが、行橋の宿題店にお伺いしてみることにしました。注:さらりとベタの変換ネタを入れるところが、全くアレだと思った(笑)。

それでお店についたところで営業中の札を返されて準備中に(笑)。ここは通し営業じゃあなかったん?まだ14時よ~~。ちょっと横に貼紙です「本日設備工事のため14時から臨時休業します。ご迷惑をおかけしてすみません。」オイオイ(笑)。よほどアレだ(笑)。

最近の私は過去の数々の?経験から学習してスペアーを用意している賢さが備わりました^^。注:こんなことしている点ですでにアホなのは覆らないと分かってないようだ(笑)。で、やっぱ通し営業の某店に10分かかってお伺いすると、また貼紙「スープ仕込みのため16時30まで閉店します。」オイオイ(笑)。かなりアレだ(笑)。

もうこの時点で大方中止を確信して「本日はそういうこともある日だ。」と納得させているところにじゃあしばらくお伺いしていない某店を思い出すところが、ど根性系か・・(笑)。それでお店に着くとこれだ・・、

















bDSCN1980.jpg

本領系極まれりといったところです(笑)。こんな画像張ったところで「インスタ映えしないな!」って、これインスタか・・(笑)。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ということでまた与太(笑)。
ということでまた与太(笑)。



ちょっと前にこちらにお伺いしました。そしたら、横の駐車場にこれです。「ほ~!」と思って潔さを感じました。それで、昔なら入らないで他にお伺いしたでしょう(笑)。でもこの日はさっさと撮りを中止して頂きました。まあ結構前にお伺いした際にはしっかりと大将の真ん前で撮ったものです(笑)。それで、頂いていると携帯が鳴って・・、「食べているときに限って呼び出しやな!」と申し上げると大将も笑って和気藹々でした(笑)。あのころは牧歌的な?雰囲気だったのかもしれません(笑)。

多分ここは想像の範囲ですが、やっぱ撮ることによって問題が起こったのでしょう?で、検討なさってこうなったのでしょうか・・?正直お店の外に入る前のこれは正直やられたくはなかったことなのでしょうな・・?私は以前このコーナーにも書きましたが、敢えて分かるようにデジカメ出して待っていました。それでオーダーした丼を置かれた時点で、「撮影禁止ですから・・。」といわれたことがございます(笑)。で、オイオイと思って「どこにも書かれてないよ!」と思ってお聞きするとカウンターから一番分かり難いようなところに貼ってありました(笑)。

それで後日談ですが、またどなたか行かれて up なさっていらっしゃいました。「そこは撮影禁止ではなかったんかい!」と思わずモニターに叫んだのでした(笑)。果たしてその撮影禁止は中止になったのか・・?それともたまたまだったのか・・?前者なら全くアレです(笑)。まあもちろんそういうところですから、確かめにアゲインなどありえへんことです(笑)。

ということで、こちらのこの表示にはやっぱ確かにお店の大将の心は結構あれこれあったと思いますが、その潔さに応援したくなったという話だったげな・・^^。撮らなくていいヲタの皆さんはぜし行かれてみて下さい(笑)。こういういい方は正確ではないかもしれませんが、福岡ではやっぱ古いタイプのラーメンだと思いますよ~^^。もうこういうタイプラーメンはそんなには多くは存在しえないと思います。でも私はこういうラーメンはぜしぜし続いて欲しいと思うから、この決定にはなんら反対ではありません。ほんじゃ~^^。

注:結構前のことなので、現在の状況は不明(笑)。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ということでまた与太(笑)。
ということでまた与太(笑)。

aDSCN9605.jpg

先日福岡でラーメンを頂いたときのことです。書こうか?どうか?迷ったのですが、やっぱこういうお店はどうなのかな・・?って思った次第です。それしても暫くこのコーナーは書いてなかったな・・(笑)。注:本使用画像は他店のものです(笑)。

そのお店はラーメンが安いということでお客さんを呼んでいらしゃるのは誰でも分かるようなところです。それに辛子高菜フリーということもあってお伺いしてみました。で・・、ラーメンとライスを頼んで、麺の固さを聞かれます。まあ普通です。両方来る前に辛子高菜を取りに行きました。麺上げされるところの前に置かれています。後から考えればお店側のコントロールエリアに置かれている場所だったように思います(笑)。

aDSCN9606.jpg

その辛子高菜の取り皿がこれが極端に小さくて、直径4~5cmといったところです。何でまたこんなに小さいの・・?ってくらいです(笑)。ここに某店の取り皿を up しておきます。まあ直径でいえばこれの半分ぐらいだからその小ささもご理解頂けると思います。このぐらいだと何回も行かなくていいです。って、ゆーかー、テーブルやカウンターのに数箇所置かれていて取りに行くこともありません(笑)。

初回はそれで取って来てラーメンとライスが来るのを待っていました。程なくして来ました。ラーメンを一口。まあ安いのでこんなものでしょう、ぐらいな感じです。少し業務用混ざってコスト削減もあるかな・・?って正直そのぐらいに思いました。ライスも値段的には少し多い感じです。辛子高菜をご飯に乗せて頂きました。もうお分かりでしょうが、辛子高菜のお替りですが、この極端に小さい取り皿では多分、10回ぐらいは行かないと行けないと判断した私は即ご飯の茶碗を持って取りにその場所まで行って、ご飯に付かないように茶碗に乗せていると、まず従業員の方から取り皿で取って!と、つっけんどんに注意されました。それでちょっと考えて10回も往復は出来ないと考えて、その注意を聞かなかったフリをして続行していると・・、次は大将の麺上げ場からのご高説を頂くことになりました(笑)。まあ大方取っていたのでそのまま席に持って帰って頂き始めようかと思っていると、また麺上げ場から何やらその続きを仰り始められましたところで、もう食事どころではなくなり即中止決定です(笑)。

出るときに「ご馳走様。」と分かるように一言申し上げると、大将は勝ち誇ったように頷かれて「そんな客は早く帰れ!」的な雰囲気の返事を返されました(笑)。まあそれだけのことですが、なぜゆえにそんな小さな取り皿でフリーなのか・・?ちょっと考えました。最初から取り皿だけで取って欲しいのならそのようなことは辛子高菜の前にきっちりと書いておかれるべきで、そうなら私も決まりは守ります。

それからフリーというのに多く取るな!てことでしょうか・・(笑)?それならフリーにするのはどうかな?と思います(笑)。ということで、考えたのは・・、辛子高菜フリー店でご飯に乗せていいようなお店の方は少なくないように思いますし、また全国チェーンの牛丼屋で紅しょうがはどこでもどれだけでもいつでも取り皿なしで取っていいのになぜゆえにそこまでして強く仰るのか・・?甚だよく分からないようなことでした(笑)。ということで、多分私のような客はおられると思いますので、こんなことを繰り返されているのは推して知るべしだと思います。最近ですが、こちらの画像店のようにやっぱフリーの辛子高菜のあるところにお伺いすると・・、それなりの大きさの取り皿もありますし、また取り皿経由ではなにし、ラーメンやご飯に on されていました。もちろん、それを注意されるようなこともありません。串カツのソースの件と同じようにもちろん取り箸等は食べかけのものに付かないように配慮するのは大前提なことでしょう。全くよく分からないお店でしたな・・(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ということでまた与太(笑)。
ということでまた与太(笑)。

本日は待てなかったという話です。え~と、場所とかいえば問題ありまので、パスさせて下さい。うどん屋さんです。先日お伺いすると少し段取りが変わっていまして、それはそれで仕方ないのですが、前の方がよかったので、少しアレだと思いました・・(笑)。

で、オーダーをして10分少し待ったところで、持って来られる気配全くなしなので、店員さんを呼んで、もう何分かかるか・・?とお聞きすると・・、「すぐに。」と抽象的にかわされたので(笑)、もう1回お聞きすると、「聞いてきます。」とのこと。それですぐに来られて、「もう5分です。」と仰ったところで。本日は忙しくて待てないとの断わりを入れて出ました。

前のときだと長くても2~3分で食べ始められました。で、やっぱうどん1杯で15分以上はちょっとな・・(笑)。茹で立てに限った話では、それなりに待てます^^。まあ丸亀でも10分ぐらいが限界だと思われて、そのような太さにされているのでしょう?よって置きで15分以上はいくら混んでいても難しいように思います。うどんになる理由の大きなポイントの一つはやっぱ早いということだと思います。

段取りを変えられるのはいいのですが、お客の側になって変えて欲しいと思ったことでしたわよ~。ほんじゃ~^^。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

ということでまた与太(笑)。
ということでまた与太(笑)。

ちょっとブリヒサシで最初の一口で食べるのやめようと思った冷たいうどんの話・・(笑)。シーズンものの限定メニューで冷たいうどんを頂きました^^。まあ「かけの冷冷」です。そのお店の呼び方は少し違ってはいました。ろんもちお店の名前は不可・・(笑)。結構お客さんは多い山口イーストエリアにあるお店です^^。

まあ通し茹でのようなんでそれなりかかっていましたが、それは全く歓迎です。来て撮って一口、冷たい汁を飲みました。何?このすっぱさは・・?尋常ではありません。すぐに食べるのやめて出ようかな・・?って思いましたが、とりあえず麺だけでも思って何とか頂きました。

それにしても出汁からのすっぱさかな?って思いましたが、どうも酢を入れておられるようです。さっぱり感や爽やかさを出すためにそのようにされているのでしょうが、それにこれはやっぱ手違いかもしれません・・?これでデフォならやっぱメニューの味を決定された方は余程好みが偏っているとしか・・(笑)。

しかも・・、個人商店ではない規模ですから・・、全店舗そうなのかな・・?ちょっと確かめたいとは思いましたが、そこまでして確かめるのもあれなので・・、まあいいかの精神に・・^^。ちょっと吃驚するぐらいすっぱいうどんに遭遇したという話だったげな・・(笑)。ほんじゃ~^^。






テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

ということでまた与太
ということでまた与太(笑)。

本日はブリヒサシで30分待ったという話・・(笑)。こういうコーナーは毎回差し障りのある内容なのでお店の名前等は申し上げられません^^。まあネットにも出て来ないようなところだから申し上げてもほとんどは分からないとは思います(笑)。場所は下関市某所です。頂いたものはうどんとのセットものです。因みにメインはあってうどんはあくまでもサイドです。しかし量は結構ありましたな・・^^。600円台です。

元々ここはメインはテークアウト型のお店ですが、店内でも頂けます。ということでそのうどんのセットものコールして週刊誌をパラパラめくって待っていました。

10分経過、少し手間取っているのかな・・?ぐらいでまあそのぐらいは他所でもありますから、さらに週刊誌をパラパラ・・^^。袋とじのところはまだ開封されていません(笑)。

15分経過、やっぱ少し遅いな・・?

20分経過、厨房では何をしてこんなに遅くなっているのだろう・・?正直純粋にそう思いましたな・・(笑)?

25分経過、そろそろ限界か・・(笑)?普段行列になっているようなところでは大方即パスな私です。結構待てない系でこれはよく待ってしまった(笑)。

30経過、限界なので、厨房の戸を開けて、もう何分かかるか?お聞きしてみようと思って戸を開けようとすると持って来られた(笑)。そのまま元の席に座って、「もう帰らんといけないから、もうどのぐらいかかるか?聞いてみようと思って・・。」と申し上げると、「うどんの麺を茹でていたのでかかったんよ・・。済みません。」と仰ってさかんに謝っておられました(笑)。

ご近所の事情をご存知の方は電話されて来られるので、電話してもらえるとよかったらしい・・(笑)?ろんもち電話番号も知らんし、そんな事情も知らない初訪問でした(笑)。

確かにそのうどんの麺は乾麺のそれでした。因みに出汁は多分インスタントでしょう。うどんはサイドなのでそんなには出汁を取ったりと手間はかけられません。メインのものはそれなりに美味しかったですよ。これならCPは結構いい部類でしょうか・・?

しか~~し、これで30分はちょっと待てません(笑)。やっぱこういう場合はうどんを茹でるのに30分かかるということを最初にいうべきでしょう。そうしないとその場で帰られたとしても、やっぱセカンドはありません(笑)。またメインのテークアウト型でもセカンドはないように思います。ということで、ブリヒサシで30分待ったという話だったげな・・(笑)。そして・・、やっぱ私って、待つの苦手なのだなや・・(笑)。ほんじゃ~^^。


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

ということでまた与太
ということでまた与太(笑)。

本日は山口県のうどん店での与太です(笑)。その店舗は以前同じ某うどん店でした。名前を挙げるとすぐ分かるほどのお店です。そこが閉店した後しばらくして始められました。それで、某タベ○○とかではメチャ旨い訳ではないですが、評価は並以上でした。他のところにも肉そばは結構旨いとか・・、お客が多いとか・・、というようなコメントを拝見していました。それでは1回お伺いしてみようと思って実現に到りました。

お店の方も丁寧ではきはきしていらっしゃます。接客は上の部類ではないでしょうか・・?まあセットものも多くてその辺、顧客ニーズも考えられています。ということで、何となく肉うどんだけ頼みました。値段は500円でまあ普通です。すぐに出てきたところで、頂く前に麺線がきれいに揃っているところと雰囲気で・・、冷凍麺?ってすぐに思いました。頂いてみてそれは確信になりましたな・・(笑)。汁もそんなに特徴はなくて普通に美味しいです。しかしまあ正直なところ500円出してこのレベルは少し・・(笑)。

で座った場所からガラス越しに厨房が拝見できます。よく観察すると冷凍庫がど~んとありました(笑)。私座った場所以外からは一番確認し難い場所に置かれているように思えましたな・・(笑)?そしてその左右に麺茹で(解凍)器とフライヤーです。

その頃、ちょうどうどんやカツ丼のオーダーが数軒は入ったりしました。素早く冷凍庫からうどんと、とんかつが取り出されてテボとフライヤーに・・(笑)。多分うどんやとんかつは業務用卸の会社が配達して回ってくれるのでしょう。まあこんな感じならうどんの汁も業務用なのでしょうな・・(笑)。濃縮タイプのそれです。

因みにセブンの美味しいおでんの汁も濃縮タイプで各店舗に配送されています。この前初めてセブンでおでんの汁を作っていらっしゃるところを拝見する機会に恵まれて?思わず「おでんの汁はずっとストレートと思っていました。」と申し上げると店長(クラスと思われる?)の方が「これが美味しい元なんよ~。」と笑われていました。

まあ業務用だから不味くて食べれない訳ではありません。でも使用されるならその分ちょっと値段に反映して頂くと嬉しいと思いませんか・・(笑)?お客が多いというだけで業務用不使用とは限りませんし、やっぱ頂いてみないと分かりませんな・・(笑)。こんなこと書いていますが、以前から美味しいと思っていたうどん屋さんの前を午後4時頃に通っていると「業務用総合商社○○」と大きく書かれた営業トラックが横付けされているのをハケ~ンしたときは少し忸怩たる思いでしたか・・(笑)?ほんじゃ~^^。

テーマ:うどん - ジャンル:グルメ

ということでまた与太
ということでまた与太(笑)。

こにゃにゃちは~^^。チョーブリヒサシで与太ですな・・^^。山口の県央部の新規某うどん店にお伺いしました。新規と申しましても1年以上は経っていると思われます。それで・・、初回はうどんとおにぎりぐらいにすべきところ、カツ丼セットという暴挙?に出ました(笑)。まあ値段等書けば分かり易いので割愛させて頂きます(笑)。

ほんでもってお店の方も丁寧で、バイトと思われるオネーサンもきっちりとされています。接客関係は全く問題ないというより、結構いい方だと思います。待ち時間も普通ぐらいで問題はありません。で、来ました。

カツ丼のカツから頂きます。油の匂いと味が結構します。つまり限界以上の油の使用をなさっているためにこうなったように思います。コスト削減はいいのですが、そのために重要なところをカットしてしまうことになってしまっては・・?まあ食べれないほどではなかったので、一応全部頂きました。丼汁や卵加減もいいだけにこれ一つのためにと思うと・・。

それからミニうどんの方ですが、汁は専門店としてはやや変わっています。言葉で説明するのは少し難しいですが、少し出汁感が乏しくて甘い感じです。まあそれがそのお店の出汁ポリシーといってしまえばそれまです。もちろん食べれないこともありません。想像するに業務用かもしれません・・?うどんの業務用はラーメン以上に分かり難い側面をもっていると思います。

うどんは麺線の不揃い感がないように思います。つまり変に均一な感じです。これも機械打ち?で一部手打ち?または業務用かもしれません。一応手打ちの表示はありました。まあコシはミニうどんなので、ろんもち置き状態だから普通な感じです。

ということで・・、カツ丼の油の件で、その他の天ぷら類も推して知るべし的なこともあるから、またリピしてお伺いするか・・?っていえばちょっと難しいといわざる得ませんな・・。ちょっと惜しいです。ほんじゃ~^^。

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

ということでまた与太(笑)。
ということでまた与太(笑)。

数年前、1万円ラーメンで話題になった藤巻氏の、ネットでのインタビュー記事を拝見しました。どうも彼なりの哲学がおありなようで、失礼だけれど怖い風貌からは分からないものだな・・!って思った次第です(笑)。

私は彼のラーメンを頂いてないのでなんともいえませんが、その記事からすれば彼は多分ラーメンとは思われてないようです。経験的に渡り歩かれた料理畑は結構なジャンルのようで、その先に辿り着かれたところで勝負しようと思われたのではないでしょうか?

食えない時代もおありだったようです。またCNNなどの海外メディアも取材に来ることもありました。そんなメディア露出割合ではまずトップクラスだったんでしょう。たとえばそのCNNに実際の広告料を払ったとしたらとんでもない費用になるので、その点の戦略としても秀でていらっしゃるのでしょう。その中で独自につかまれた哲学で流石だな!って得心するところも少なくなかったです。

まずもって売りたいのは・・、ラーメンではなしにそのポタージュのようなものなのでしょう?それをスープの提供といってしまわないところに苦心やアイデアが感じられます。研究研鑽を重ねて旨いと思われるものを提供したい野心は確たるもので、それをいかに提供するか・・?ってところだったようで・・、それはラーメンでもご飯でもパンでも何でもよかったのではないでしょうか?でも話題性からラーメンを選ばれたのでしょうか?実際お店で食べられた知り合いからお聞きしたことですが、彼にとっては「麺はオマケ」ということでした。

話を元に・・。彼はそのポタージュのようなものを食べてほしいだけだったようですが、それだけを売ることは極めて難しいと判断されたのでしょうか?実際スープやポタージュだけ売ってお客さんは来ないのは私にも分かりそうです(笑)。来易い、来店を促す経営戦略と換言していいのでしょうか?

また一方では会員制なる制度を上手に利用されていてやはり彼に料理人とは別にアイデア溢れる経営者の一面を見付けてしまうのは私だけではないでしょう。ほとんど東京に行く機会はなさそうですが、そんな機会に恵まれたときは是非とも彼のポタージュのようなものを頂いてみたいと思っています。決してラーメンとは思っていただきませんので・・(笑)。

注:想像の部分が結構多いので間違っているところも少なくないと思います(笑)。

PS
その後、藤巻氏はB級ならぬ、0級グルメのコンセプトでお店をされているとか・・?0級とはB級とA級の間の価格帯ということです。つまりB級は1000円未満。A級は1500円以上。その間の1000円から1500円の価格帯ということです。やはりアイデアは尽きないようです。それにしても誰も思いつかないアイデア等はどのようにして考えられるのか?お聞きしてみたいですな・・^^。

「逆境の中にチャンスがあるんです。苦の中に楽がある。楽の中には苦しかないんですよ」
(彼の言葉より)

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ということでまた与太(笑)。
ということでまた与太(笑)。

本日は何で与太かといいますと・・、やっぱ業務用です(笑)。山口市某店でとんこつラーメンと思われるものを頂きました。ちょっと変わったラーメンでこれまでにない味でした。ぢつは・・、以前1回頂いたことあって、そのときも同じような印象です。「どうだろう・・?業務用ミックス系かもしれないかな?」というやっぱ曖昧な結論はもう1回頂いてみようという思いに至らしめました。そのときだけそうかもしれないということもあるし・・。

それで結論からいえば・・、前回とさほど変わらない印象です。ほぼ前回の味だと思いました。これでやっぱ業務用ベースという結論でした。まあ正直いえば、私が業務用だと結論付ける条件が揃わないのがこのラーメンの特徴なんです。その条件はどんなものなのか?ここで申し上げる訳にはいきませんが、何ともその辺で迷ってしまったということです。

その大きな要素としてやっぱベースはそうだとしてもそれから少し手を加えていらっしゃるからなのでしょう。例えば胡麻油系の香味油だったり、チャーシューは結構ラーメン専門店のそれであったりです。他に細かいところを言えばもう数箇所は私でも簡単に列挙できるくらい手を加えていらっしゃるように思えたからです。こうなるとそれはもう業務用とはいえないくらいでしょうか・・(笑)?

お店の方も丁寧で、値段も普通か安いほうでしょうか?業務用使用ということをいわなければ全く普通のラーメンです。もちろん好き嫌いはあります。私は正直いえば、そんなにインパクトを感じるような味ではなかったし、食べれないレベルでもありません(笑)。まあもう1ついえば、ビジュアル的にはほとんど業務用とは想像はできないから、初回のときははっきりとは分からなかったと思います(笑)。

ラーメン以外にも少しあってそれらは結構それなりなレベルのようでお客さんも少なくないときもあります。どうでしょう・・?ラーメンはウリというより、メニューの中ではなくてはならないものなら、やっぱ頂く方はその辺は考慮すべきであって、逆にアレンジされて提供されていることにその努力は認めないといけないのかもしれません。

それにヲタはどこに行ってもラーばっかなので(笑)、ラーないところには最初から選択肢はない訳だから、お店の方でどうしてもラーは置いておかないといけないということや、ご年輩の方々のためにラーメン専門店であってもうどんもあるところもあるのと同じような理由なのでしょうか?顧客サービスの一環ということが大前提であって、麺バカはマイナーな存在ということをこの際真摯に受け止めなければいけないということかもしれませんな・・(笑)。

だから非常に矛盾しますが、こういうところで提供されるラーに対してどうのこうのいうべきではないということでしょうか(笑)?また訳に分からない与太になったようですな・・(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ということでまた与太(笑)。
ということでまた与太(笑)。

― 味噌ラーメンに付いて回る諦念的側面・・(笑)。 ―


基本的には味噌ラーメンは頂かないことになっていまして、それはサブタイトルのように諦念化した?味噌ラーメンの置かれた状況にあると考えています・・^^。ちょっと本日はその辺を申し上げたいと思います^^。

味噌ラーメンの味噌を最初から仕入れて自分でオリジナルな状態にして使用なさっていらっしゃるところはどのぐらいあるのでしょうか・・?まあ札幌などの北海道はやっぱその割合は結構他地域より多いのは分かります。業務用使用割合は全国平均でいえば醤油や塩、そして豚骨などより、味噌はやっぱ格段に多いように思います。その理由として私なりに思うことは・・、味噌は余程強烈なインパクトを出さないとオリジナルとしての差別化にはならないように思う訳です。そうすれば、やっぱ好みの差が広がります。そして売れないということになって、何か二律背反的なことになってしまう一面を持っているように思います。それに何たって・・、味噌は日常的に味噌汁として飲むものですから・・、やっぱその辺の厳しい環境下にあるのではないでしょうか(笑)。どうしてもコンサバ系になってしまうし、求めるものはやっぱそういうものなのでしょう・・?ちょっといえばインパクトよりも優しい感じですな・・。だからしてあまり企業努力しても報われないジャンルフィールドなのではないでしょうか・・?

そうなれば、メーカーから購入する方が、安定的な味や供給、またコスト面からも問題なく充分な状況のように思います。要は自分で努力して作ってもさほどお客の側からしたら変わらないということに・・。その辺では札幌ラーメンチェーンが全国を席巻したことでも少しは分かるようです。一応断わっておきますが、もちろん素晴らしいオリジナル味噌ラーメンを出されていて、誰も真似できないようなところもあるだろうことは認めるところではあります^^。あくまで個人的な一般論ということでです(笑)。

ということで、失礼ですが、やっぱ味噌ラーメンはどこで頂いてもどこかで頂いたような似た味だと思ってしまうのですな・・(笑)。決して不味いとかではありません。これはもう仕方ないことなんでしょうか・・(笑)?余程でない限りやっぱ業務用が使われていても決して不思議ではないと思えてしまうのですな・・(笑)。そのような点で味噌ラーメンは諦念的な側面を絶えず持っているように思うわけです(笑)。繰り返しますがきちんと業務用など使用されずに提供されているところもあります。しかし一般的な味噌ラーメンには申し訳ないのですが、やっぱそんなところを感じてしまいますが、皆さんはいかがでしょうか・・^^?

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ということでまた与太系(笑)。
業務用を頂いてまた与太(笑)。

DSCF22759.jpg久しぶりにラーメンでも食べる機会の到来で・・、どこにしようか?ということで前日検索していると、福岡県の某店が地元ブログでupされていました。まあ状況は久しぶりだから外したくないというところです^^。だからそのお店はパスして途中にある、いつもの一龍や福来家にお伺いして皆さん方のご批判やお叱りを頂こうと思いかけたところで、何気に乱心してしまった・・(笑)。ちょっとコメントを念入りに読むといい感じなことが書かれていました。画像もあってまあビジュアル的にも普通にいい感じだったので、結構馴染んでしまいました・・(笑)。ちょっとお伺いしてみようかな・・?因みにこの某店とは北九ではないから・・。このお店は存じ上げていたし、前は過去に何回か通っていて、何となくやってはいけない箱で判断して避けていました(笑)。今回ばかりは私のジツリキの乏しい判断力を嘉してやりたいですな・・(笑)。←アホッ^^!⇒でもやっぱ基本は食べてみんと分からんですな・・^^。もちろん食べても分からんときもありますわよ~(笑)。

全く不要なものはブロガースピリットというようなものなんよな・・(笑)!翌日何の迷いもなく(笑)?突撃している自分に少し嫌気・・(笑)。先客数名で麺上げされる大将も真ん前にチャクセ~キ^^。セットしたり、メニューやらを撮ったりして何気に顔を上げると、ちょうど大将がスープを丼に注いでいらしゃるところでした。第一印象「やけに薄いとんこつスープだな・・?」50cm先のシーンです。よく観察するとお湯のようです(笑)。でもまだ完全に業務用だと断定はできません^^。手際よく私のも入れて3人前を作られて、カウンター越しにどうぞと・・。

まず匂いから・・、業務用か?は判断付きかねます。まあこの時点で判断できる種類のものもあります(笑)。一口、「結構うまいやん!」。さらに一口、「まあ旨いです。」。しかし、もし業務用だとしたらこの業務用はこれまでないほどの最強かもしれないとそのとき思ったのは正直な感想です(笑)。お湯のシーンなしなら何の疑問もなく食べていたかもしれません(笑)。そのぐらいよく出来ているように思いましたから、前述のブロガーの方が間違われたとしても仕方ありません。さらに食べているとやはり業務用テイストが感じられるようになりました(笑)。しかもほんのちょっとだけ・・(笑)。こりゃ~、私も多分知らないとそのままupしていたかもしれません(笑)。その点では結構自信あったりして・・(笑)。

ということで食べてしまってからはある点で業務用を確信しました。それとはまた違って食べ終わる頃お客さんが来られたので、50cm先の一部始終を拝見いたしました(笑)。醤油メインの元ダレでなくて、ややのばされた業務用のペーストダレを使用なさっていらしゃいました。よって課長もなしです。それをお湯で溶いてというパターンです(笑)。このペーストダレを純豚骨でのばしていらっしゃるのかもしれませんが、そうだとしてもその比率はほんの少しだと思われるのでやはり範疇は業務用です。というところでチャーシューもテイスト的に思ったのですが、ビニールパックで購入する業務用かもしれません?ということはもちろんシナチクもそうかも・・?しかし、もうこのレベルは凄いです。多分あの業務用のトップメーカーのものなのでしょうか・・(笑)?事実はいかに・・(笑)?でも大将も丁寧作られて、対応も実によかったし、味も極力業務用っぽくなかったんで、そんなにはどうのこうのというようなことは思いませんでしたな・・(笑)。しか~~しその後すぐに与太ネタ構成の策定に入ったのはいうまでもありません(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ということでまた与太(笑)。
ということでまた与太(笑)。

DSCF12645.jpg本日はちょっと事実はどうなんだ・・?で与太りましょう^^。先日宇部ゴテゴテ系の某店に行かれた方が、ゴテゴテ感など全くないラーメンになっていたとご感想の記事を書かれていました。そのお店は数年前にお伺いして以来です。画像を拝見しても確かに変わっていてちょっと長浜系が感じられなくもなくて・・、お伺いしてみようと思っておりました^^。これで長浜になっていれば、山口に博多ラーメン@防府と2軒になって好ましい状態になるでしょうか・・^^?

この日は山口県の某所にいたのですが、ちょっとそこから20分ほどなので、わざわざお伺いしました。カウンターは珍しく1つとばしの等間隔で座られていて、この調和を乱すのもなんですから、小上がりに座りました(笑)。デフォのラーメンです。メニュー構成や厨房内のお店の方が違うように思いましたが、よく覚えていませんから分かりませんが、大将らしき方は違うように思いました。

丁寧に作られている印象です。そしてビジュアル的にも研究された感じは私にも分かります。しかし、プースーのそれは業務用っぽい感じは否めません。油はラードか普通のサラダ油のようです。匂いからは業務用特有の匂いは感じられません。一口。旨いけれど、ちょっと作られた感じがします。ここの以前はバリバリの宇部ゴテゴテ系でしたが、これは全く違っていて上記の方の仰る通りです。麺も宇部ゴテゴテ系タイプのゴム麺のようなそれではありません。しかし食べているとやっぱ業務用感が少し出て来るようです。

それで事実は・・?ってことですが、あくまで想像です。結論的にいえば以前の宇部ゴテゴテ系は止められて方針を転換されたのでしょう・・?それは営業時間やメニューなどからも想像できます。それで出されるラーメンも新開拓されたのではないでしょうか?で、トッピングとかは新進気鋭系のそれになっていましたが、ポイントのプースーは業務用ミックスタイプのように思いました。純トンコツと業務用を混ぜていらして、業務用の負の部分をカモフラージュされていらっしゃるように思えました。匂ってその匂いがしないものそのことの1つかもしてしれません。もしかしたら、最新の業務用で10割そうかも知れませんが、そこのところは分かりません。

ということでラーメンにおいて一番手のかかるところをスポイルされていて、やや残念ですが、大方そうではないでしょうか・・?もう1つ業務用ミックスだと判断させた理由がありますが、ここでは書けませんのでご理解下さい。

これから先このままこの業務用ミックスで行かれるとどうなのでしょうか・・?これが全て10割業務用なら、やはりトンコツネイティブ地域においては厳しいものがあると思いますが、ミックスの現代風なので受け入れられるかもしれません・・?実際宇部ゴテゴテ系の勢力範囲で業務用ミックス等で継続されていらっしゃる、アソコやソチラは私も存じ上げていますし・・。まあこれで純トンコツ:業務用の比率が8:2ぐらいなら私も問題なく分からなかったことでしょう(笑)。しかしここの場合は業務用比率が結構多いように思いましたから・・。接客、サイドなどのほかの要素がちょっといいだけに惜しいな・・、と思った次第です。まあ一般の方々にはこんな話はどうでもいいかな?の与太となりましたな・・(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ということでまた与太(笑)。
ということでまた与太(笑)。

本日は京都の「にしんそば」で与太りたいと存じます^^。京都ではこのにしんそば、町中の麺類のお店では結構あると思います。最初に一般店でにしんそばをメニューの中で拝見したときの正直な感想は・・、「にしん・・って・・、あの魚の鰊かな・・?いやいや違う!魚の鰊がそばに乗っかって来るわけないよな・・?」ってところでした(笑)。もう数十年前の話ではあります^^。そしてやっぱあの鰊だと分かったときはちょっとサプライズでした(笑)。そばのような食べものに魚は合わないように思えて仕方なかったんです。それに鰊の処理は甘露煮といえばちょっと汁が甘くなるように思えたわけですな・・。

で、まあ何事も経験と思って頂きました。はっきりと申し上げてやはりそばとはちょっとな・・?って感じでした(笑)。換言すれば、わざわざそばと一緒に食べなくてもよいのでは・・?それぞれ各々で頂くべきだと・・(笑)。それ以来にしんそばは食べておりませんが、やはりその考えは現在でも同じです。これについては後に読んだ作家の高橋治さんもエッセイの中で同様なことを書かれていらっしゃいました(笑)。

歴史を考えれば、納得できる点は多々あります。新鮮な魚が流通しなかった京都ではどうしても保存加工された魚になる訳です。それは若狭から京都への若狭街道が別名鯖街道と呼ばれていたように、塩をして運ばれた塩鯖でも同様です。因みにその塩鯖は都では一旦塩を抜いて鯖寿司やきずし等になるわけです。そしてその北海道(蝦夷)バージョンがたくさん取れた鰊になるわけでしょうが、なぜ鰊だけがそばにと結びついたか・・?やはりそこだけがどうしても解せないわけです(笑)。

鰊は油も結構強く、クセがあるように思いますので、そんな要素を甘露煮で除去するのでしょうが、この甘露煮が結構甘くてはっきりしていてやはり繊細なそばの香りとはちょっと同居し難いように思えるわけです。まあ何でも旨ければいいといってしまえばそれまでですが、やはりこの組み合わせはイマイチならぬイマニほどではないでしょうか・・^^?繰り返しになりますけれど、そばはそばで、にしんの甘露煮はご飯で食べればいいものなのに・・(笑)。どうでっしゃろう・・^^?

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

ということでまた与太(笑)。
ということでまた与太(笑)。

DSCF08574.jpg山口県央部で定食が美味しいという情報を頂きました(笑)。しかし日頃私は外では定食は頂かないことにしています手前、何か他にうどんやチャンポンなどあるかもしれないと思ってとりあえずお伺いしてみることにしました。その前にネットで検索するも情報は出てきませんしたわよ~。

まあ正直予想通り系(笑)のうどんを頂いて帰ろう!って思ってました。ということでメニューを拝見しているとお店の方が本日の日替わり(500円)はトンカツですと仰いました。ほ~、やっぱここは定食はヨサゲなんだ・・。と思ったところで、しょうゆラーメン600円をハケ~ン・・^^!これが400円なら即うどんとなるところですが。600円なんでもしかしたら・・!って期待してしまったところで、私の負けです(笑)。麺バカはどうしてこうなるのだろうか・・(笑)?って思われた麺バカさんは少なくないと思います(笑)?もちろんほとんど期待はしていませんが、繰り返しますが600円なんでやっぱ一途ぐらいはございましたわよ~(笑)。

持って来られて一口。スーパーで売られている市販の醤油ラーメンでした(笑)。まあ麺はしっかりと茹でてあって、チャーシューもあって・・、シナチクもあって他に玉子などもありました。丁寧に作られているのは充分に伝わってきますが、ざっと原価計算すると100円ちょっとかな・・?といったところですな・・。やっぱこの600円は手間のかかる豚骨ラーメンでさえ500円で出されていることを考えるとちと高いと思いましたわよ~^^。

で他のお客さんはほぼオール定食類で、こういうアウェイな(笑)?ところでラーメンを頼んでおいてあれこれいう方がちと問題なのかもしれん?って思いながら一応頂きました(笑)。だからあまり不満もなかったけれど・・、やっぱ正直なところさり気なく麺バカにチャレンジスピリットを鼓舞しないような表示があるとマジ嬉しいのだけれどな・・(笑)。ニヤリと頷いているモニターの前のあなた!同類ですぜ・・(笑)!ほんじゃ~^^。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ということでまた与太(笑)。
ということでまた与太(笑)。

本日はちょっと辛口で与太りましょう(笑)。先日小倉肉うどんのお店に入りました。正面に大将をはじめ、店員の女性の方が3人ほどでお客は私だけです。お客よりお店の方が多いです^^。まあこんなところご覧になられていて「店が決めたことに対してツベコベいうのはけしからん。」という考えならこれから先は読まれても意味のないことなのでログアウトして下さい(笑)。まあお店関係の方で自分のところも撮影禁止ですが、お客の立場も考えたいとお思いなら、少しは参考になりるかもしれません。

肉うどんを頼んでWB設定をしようとしていると、カウンターの中から「ここは撮影禁止になっています。」と仰いました。すでにうどんは前に置かれていました。この時点ですでに帰れません(笑)。

まあときどきは言われることもあるので、そんなに驚きはしませんが、そんなにはっきりとストレートに仰るのはやっぱ少しどうかな・・?と思えて・・、「どうして・・?」って尋ねました(笑)。以前は聞き返すなんてなかったんですが、場数を踏むとこのような余裕も・・(笑)。理由はブロガーの方が来られて違ったことを書かれて嫌な気分になったんで禁止にしたと悪びられることなしにおっしゃいました。まあそれも一理あるとは思います。

だったら、やはり撮影禁止の表示が必要ですが、分かるところにはありません。一応後を確認すると、貼ってありましたが、オーダーするところや分かり易いところ、もっといえばどうしても撮影禁止なら入る前に分かるようにすべきなのがフェアーだと思いますが、どうでしょうか・・?やはりうどんが来てからではな・・(笑)。

私は最近は少しいい意味でこういう場面では鷹揚になったんでそうでもないですが、こういう場面ってブロガーやお客の立場からすると少なからず嫌な気分になります(笑)。特にその場は誰もいらっしゃらなかったので、他人に迷惑がかかるということはありません。まあ他にいらしても派手に撮らなければそれほど迷惑でもないように思います。この場合お金を払う側がわざわざ嫌な気分になっても、お店の側が嫌な気分にならなければそれでいいというとこにもなり兼ねません(笑)。もう少し言わせていただければ、仕事で無理なことやオイオイ系なことを言ってくるお客や取引先はいるものです。皆さんも仕事していたら、そういう場面に出くわすことは結構あるでしょう・・。

お客や取引先の方に問題があるので、この際自分がそういう気分にならなくて済むようにしようと決まりを作るとその仕事は来なくなる可能性は否めません。

じゃあ、そんな決まりを作っても美味しいので来られるだけのものを提供すればいいということですが、まあそれで客足が遠退かねば問題ないという考え方です・・。

うどんは手打ちと書かれていましたが、茹で置きのやわやわです(笑)。肉は他所のお店と比べると30%ぐらいは少ないです。ソフトの面のみならず、提供するものもやや劣っているわけで、お客に自分たちのやり方を押し付けるにはやや力不足も否定できませんでした(笑)。

まあこんなんですので、さっきのブロガーが少し書いたのは想像につきます。たかがワンコインの食べものですが、払う側からしたら・・、やはり不満だったからでしょうか・・?私が申し上げるのはおこがましいが、そこで謙虚になれたり、反省できるかではないでしょうか・・?繁盛していらっしゃるお店の方の共通点の一つは大方皆さん謙虚です。

本日のお店は店員は余っているのに(笑)、お水も出ないので、セルフかな・・?って思って探しますが、どこにもコップはありません。黙っているとうどんを食べているときにコップだけ持って来られました。お水はテーブルピッチャーで自分でどうぞということです。自分で入れるのはいいとしても、「忘れていました。すみません。」とかないのだろうか・・?

否定的なブロガーにかかれば、どんないいお店でも重箱の隅を探していわれます。でも私が存じ上げている方々はここまでは書いていいとか・・、の物差しをお持ちです。どうしても書きたいときはかなりぼかしていらっしゃます。私でいえば・・、どうしようもないところは惜しげもなく即ボツです(笑)。これまでそんなお店はどのぐらいあったのだろうか・・(笑)?

で、やはり大半の方々は弁えていらっしゃるし、厳しい方はマイナーであるのも事実ですので、やはりお店で撮影禁止はデメリットのほうが多いので考え直されてはいかがでしょうか・・?ちょっと考えて下さい。撮影禁止のメリットって・・、なんなんでしょうか・・?大将が少しばかり嫌な思いをされても、お客さんが喜んで、お店の方も楽しく働けるお店のほうがいいように思います。こうして撮られる方が多くなった現状では撮影禁止のデメリットの方がメリットよりはるかに多いように思えて仕方ありません。

まあこれで私がもうそのお店をお伺いすることはありませんが、こうしたことを重ねるとやはりその点でもデメリットなんではないでしょうか・・?私は今回のことでも、もし撮っていたらいいところを探し出して少し書いていたと思いますので、少し宣伝にもなったのでは・・?って思います。撮影禁止のお店の大将や女将さんがお読みになっていたら・・、少しその辺を考えられてみられてはいかがでしょうか・・^^?ややウザ系与太になってしまったな・・(笑)。ごめんチャ^^。

テーマ:うどん - ジャンル:グルメ

ということでまた与太(笑)。
ということでまた与太(笑)。

本日はチャーシューメンで与太をば・・(笑)。確かに若いときはときどきチャーシューメンを食べたいと思っておりましたし、事実たま~に頂いておりました。しかしオヤジ指数が増加するうちにどうでもよくなってきたのもまた事実でしょうか^^?麺バカは基本的には麺とスープ(汁)さえあればいいので他のトッピング要素は二の次になります。

そこでチャーシューメンなんですが、やっぱチャーシュー食べる間に麺の状態はイマイチ、イマニとなってきます。チャーシューが厚かったり、大きかったりするとその割合は大きくなりますな・・。

たとえば・・、すぐ思いつくのはぎょらん亭のチャーシューです。あのクラスのチャーシューになると決着をつけるのに結構時間はかかると思います。まあ先に麺やスープを頂いてチャーシューは後ほどゆっくりなら問題はないのですが、普通に頂くとしばらくすれば麺の状態は結構延びているといえそうですし、スープもそれなりに時間がかかるので冷めてしまいます。やっぱ基本的に麺を楽しむにはチャーシューメンなどはどうかな・・?と思いますが皆さんはいかがでしょうか・・(笑)?

まあそのぎょらん亭のチャーシューの旨さはやはりチョーアッパーなのは誰もが認めるところでしょう。だから麺バカに拘らないなら話はおkでしょうな・・^^!その点ではうどんもそうなんですが・・、うどんは片付けないといけないチャーシューのようなハードなトッピングは少ないのでこんなチャーシューメンの話などあまり関係ないといえそうです・・?それに天ぷらや肉となると汁に混ぜる頂き方もありますのでちょっと違うのでしょうな・・?とりあえず、麺ブログをしている間はその矜持として?チャーシューメンはパスでしょうが、最近の感じからすると麺ブログ返上しつつあるので矜持もへったくれもなさそうですな・・(笑)?ほんじゃ~^^。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.