FC2ブログ
ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!-しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201907<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201909
富貴楼
■ 富貴楼 ― 北九州市小倉南区 ―

bDSCN5161.jpg

bDSCN5162.jpg

他所にお伺いするつもりが、例によって挫折です(笑)。ここはリピしたかったので問題はありません。で、頼むものは決めておりました。まずあまり高いものは頼めませんから皿うどん720円です。これ名称は皿うどんですが、焼きそばの位置付けでしょう。一般的な皿うどんとは違いますから、中華焼きそばの方が呼称としてはいいのかもしれません(笑)?

bDSCN5165.jpg

具はイカやエビなども入っていてなかなか豪華で、720円の具にしては・・、と思います。それにこの麺です麺線不揃いですから、もしかして手打ち?そうじゃないとしてもそれに近い状態なのは違いないように思います。表面はザラザラしていて味が乗り易いから薄味でもしっかりとしています。

bDSCN5168.jpg

よくまとまった焼きそばだと思います。これに少しエスニックな香辛料や調味料で味付けすると、東南アジアの本場系に仕上がるでしょう。でも竹輪の入っているところはほとんどないとは思います(笑)。

bDSCN5156.jpg

bDSCN5157.jpg

ということで、もう同じような価格帯のラーメンには戻るれないよう思います。最近の私は間違いなくアレですから・・(笑)。注:意味不明(笑)。ほんじゃ~^^。

スポンサーサイト

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

ラーメン 龍
■ ラーメン 龍 ― 北九州市若松区 ―

bDSCN5107.jpg

宿題の焼飯500円をターゲットとしてお伺いしました。やっぱ sold out 営業終了はこれまで数回拝見してきました。しかも焼飯となるとそのパーセンテージは・・。ということで13時10分ごろです。他所では普通は多いのでまだまだ外す時間帯です。こちら営業は一応14時までだったと思いますが、ゆったりしてお伺いする訳には・・(笑)。

で、入るなり焼飯コールです。ご飯を確認されてラストだったようで、その後入って来られる方々に「ありません。」とだけ、常連さんの間では「ありません。=ごはんがありません。」ということらしいです。大方頼まれるものを予想されてのことかもしれません。すでにファミリー感満載のお店のようです(笑)。しかも平均年齢は結構高いです(笑)。お若い方々にも遭遇したことはありません(笑)。

bDSCN5109.jpg

で、女将さんがさかんに鍋を振られて作られました。チャーハンマシーンなど、ここでは完全アウェイ状態にさらされるような状況ですな・・(笑)。で、スープも付いています。

これなら人気なのはよく分かります。因みに具はイカなども入っていますよ。少しだけれど・・(笑)。味も薄味仕上げです。若松でもチャーハンはたくさんある中でわざわざここのを選ばれるのはよく分かりました。もっとも高級感はありません(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

盛青
■ 盛青 ― 北九州市小倉南区 ―

bDSCN4524.jpg

場所は先日 up しました蜀味軒の近くです。この通りをさらにモノレールの通りの方面にいけば羊肉(ヤンロウ)メインのやはり本場系があって、ちょっとした本場化になっています(笑)。その蜀味軒も長いお休みから(笑)復活されているようです。

bDSCN4523.jpg

本場系としてこちらもお伺いしてみたいと思っていました。外部からしたら町の中華屋さんっぽい感じだと思っていましたが、中はなかなかモダンです。最初なので何にしようか・・?って迷うも無難にチャーハンにしました^^。

bDSCN4525.jpg

で、厨房からの丁寧な鍋振りの雰囲気を感じられます。500円にしてはなかなかです(笑)。結構あっさりと薄味に仕上げられているところは、少し高級店出身の感も無きにしもあらず・・?よく分かりません(笑)。

bDSCN4519.jpg

bDSCN4520.jpg

bDSCN4521.jpg

bDSCN4522.jpg

問題なく好みのチャーハンですから、他のメニューでお伺いしたくなったのはいうまでもありません。厨房から老板(ラオパン、大将)が料理を持って出て来られましたが、結構お若いですな・・。想像と全く違いました。やっぱ先入観はいけませんな・・(笑)。もうどのぐらい日本にいらっしゃるのでしょうか?対応も実に丁寧です^^。ほんじゃ~^^。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

酒楽亭
豊前市にあった中華料理店シリーズ 5

■ 酒楽亭 ― 福岡県豊前市 ―

bDSCN4149.jpg

チャンポンを頂いて4か月後にやっとエビ玉子丼780円でお伺いすることになりました。その間、このメニューを紹介されている記事はあまり拝見しないので、他のものでリピしようかとも思いました(笑)。正直、このメニューだけ少しアレな感じは避けられません(笑)。他は全部ポピュラーなメニューでの好印象な仕上がりだっただけに。でもまあ敢えてメニューに置いておかれるには何か思い入れとかあるのでしょうか?とも思えます(笑)。その1点が非常に影響した次第です(笑)。

bDSCN4148.jpg

この日は珍しく混んではいませんでした。でも厨房では仕込みをされていらして、なかなか出て来てもらえませんから呼びました(笑)。それで1択通りのコールです。大方5~6分ぐらいで出て来ました。御覧な感じです。結構なボリュームです。

bDSCN4155.jpg

正直にいえば、やはり他のメニューに比べると少しフィールドが違うように思いました(笑)。高級店の天津飯エビ天乗せてきです(笑)。玉子も多くて多分3個ぐらいは軽く入っているように思います。食べても食べても玉子は減りません(笑)。その味も薄いです。トロミ餡も町の中華屋さんとは少し違います。やっぱ大将はどこか有名店におられたように改めて思いました。そんな感じです。

bDSCN4152.jpg

ということで、まあこれはこれでよかったのですが、やっぱ他のメニューにここのジツリキを感じざるを得ませんでした。まあやっぱしばらくしたら、ラーメンとか、チャーハンとかでリピしようと思っています。皆さんも豊前市や大分県北まで行かれる機会がありましたら、ぜし行かれてみてはいかがでしょうか・・^^?ほんじゃ~^^。


テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

酒楽亭
豊前市にあった中華料理店シリーズ 4

■ 酒楽亭 ― 福岡県豊前市 ―

bDSCN3733.jpg

bDSCN3737.jpg

少し経ってからの本日はチャンポン580円です。お昼のドチャ込み状態から一段落という時間帯ですぐに座れました。厨房では鍋振りの音です。比較的すぐ来ました。

bDSCN3736.jpg

bDSCN3730.jpg

ご覧のビジュアルです。これも問題なく美味しいです。具も580円にしてはしっかりと入っています。まあイカもこの値段でこんなに入っているところもしりませんな・・^^。それに麺もちゃんぽん用に特製なのではないでしょうか?市販の袋めんとは少し違っているようですが、最近技術の進歩で袋めんでも非常によく製造されているのもあるので確かではありません(笑)。スープもラーメンベースに手を加えてチャンポン系に仕上げられています。やっぱ、メニューを絞り込まれているのでどれもその成果のあるものになっているようです。メニュー百花繚乱状態でも手が回らないのでは、あまり意味はないということの反対でしょうか(笑)?ほんじゃ~^^。

  ’1809

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

酒楽亭
豊前市にあった中華料理店シリーズ 3

■ 酒楽亭 ― 福岡県豊前市 ―

bDSCN3498.jpg

bDSCN3499.jpg

本日はジャンカラ麺です。辛さが表示されています。それで「超」はギブアップされる方が多いほど辛いのか?お聞きしましたところ、そうでもないということなので問題なく?そうしました。この日も多くて何んとか座れましたが、満杯でオーダーをこなすのに厨房はテンパリ気味なのは小窓からでも窺しれる感じです。よってラーメンだけですが、少し掛かりました。それでもラーメンだけなので他のオーダーのと一緒に作って下さるお心遣いを感じました。

bDSCN3500.jpg

bDSCN3501.jpg

ジャンガラ麺でも醤油とトンコツとあるそうで、先日醤油系の中華そばを頂いておりますのでトンコツでして頂きました。まあ御覧のような感じです。お好みと仰っていましたが、やっぱ中華そばの方がより合うように思いました(笑)。決してアレ系ではありませんが、唐辛子は基本醤油系と合うということではないでしょうか?一番遅く入ったにも拘わらず、店内はほぼ満杯状態で出ることになったこの盛況ぶりはやっぱ、地域 No.1 ということの証拠でしょう。他のから揚げや酢豚などのメニューも頂いてみたいのですが、一人では難しいようですな・・(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

酒楽亭
豊前市にあった中華料理店シリーズ 2

■ 酒楽亭 ― 福岡県豊前市 ―

bDSCN3412.jpg

本日はチャーハンです。お伺いしたときは満杯でした。やはりこの味で来られているのは分かりますな・・。それで本日も14時に準備中になりました。それにしても大将と女将さんお2人でお店を回されていて、普通はこんな状況なら難しくて結構待つことになりますが、そんなことはありません。厨房での大将のオーダーの捌き確かにちょっとかなりなものなのでしょう、次々と出て来ます。

bDSCN3408.jpg

量も多いです。520円の量と味ではあり得へん系です。味は濃い訳でもないのに、ぼやけてもいません。やはりこちらの大将はどこか実力店にいらして故郷に帰られてやられていらっしゃるようにも思いました。実際はどうでしょうか・・?それにご覧のように茶色の微塵切りの食材は何なのでしょう・・?それだけを味わってみましたが、小さくて分かりません。それが結構このチャーハンのポイントの一つを担っているように思いましたな・・。注:調べてみますと、地元の特産「くぼて漬」というものだそうです。野菜のもろみ漬けということです。お店の近くの「二反田醤油」という製造元だそうです。地産地消の典型です。道の駅も近くにありますから購入予定に^^。

bDSCN3410.jpg

準備中になる前に3人組方が来られてチャーハン3つです。一人前の量も普通の1.2倍ぐらいはあると思います。それを3人前となると結構な量です。それを一回で作って出されていました。鍋振りは結構な重労働のはずです。普通は味はそこで変わってしまうということはよくある話です。おそらくここの大将ですからクオリティーは維持されていることは想像に難くないでしょうな・・。

bDSCN3407.jpg

ということで、メニューを絞っていらっしゃることも非常に好印象でしょうな・・。これでメニューを多くすると仕込みにも結構な手間がかかるのはいうまでもありません。敢えてそれを避けてでも一つ一つを丁重に提供されていらっしゃるのでしょうな・・。ほんじゃ~^^。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

酒楽亭
豊前市にあった中華料理店シリーズ 1

■ 酒楽亭 ― 福岡県豊前市 ―

bDSCN3379.jpg

bDSCN3385.jpg

最近は大分まで用事で行く機会が増えていまして、この辺はその途中になりますから、あれこれと調べたり、地元の方々のブログを拝見したりしています。よって・・、少しばかり詳しくなっていますし、宿題店も増えています。そんな状況下でこちらを某所で拝見しました。「オイオイ、こういうお店はあったけ・・?」って思ったところで、内容確認すると町の中華屋さんとはちと違うように思った次第です。それに何よりメニュー数が少ないのです。まあ都会と違って地方は専門店はなかなか経営的に成り立たない状況なので、メニューは多いのが一般的なところでしょう。

bDSCN3378.jpg

ということで、完璧にスルー状態なこちらにまずウリの中華そば(醤油ラーメン)でお伺いしてみることにしました。論餅、付近はトンコツ地域ですから醤油でウリはそれなりなレベルなのは頂く前から分かりますし、皆さんの評価もトンコツより醤油ということです。それで頂いてみてこれは下世話系でないのに結構しっかりとしたテイストで美味しいです。一般的な中華料理屋さんで出される醤油ラーメンとは違います。大将はやっぱ有名店におられた印象をすぐに感じました。注:確認はとっていません(笑)。

bDSCN3383.jpg

麺も普通の中華料理店というよりラーメン店のそれのように思います。まあ豚骨と併用されることからかもしれませんが、この醤油ラーメンにも結構馴染んでいます。

bDSCN3376.jpg

この一杯で正直少し他のメニューを頂いてみたくなりました。でもここまでの距離が立ちはだかってしまいます(笑)。以前の私なら全くアレだったのはいうまでもありませんが、やっぱ2時間30分、状況次第では3時間弱かかりますから・・(笑)。で、まあ数か月かかってやっと5回ほどお伺いしたので、5回シリーズで予定しておきましょう^^。ほんじゃ~^^。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

重松飯店
四国 B級 遠征シリーズ 1

■ 重松飯店 ― 愛媛県今治市 ―

bDSCN4251.jpg

bDSCN4259.jpg

四国へ渡るのは多分数十年ぶりです。それでしまなみ海道と瀬戸中央自動車道を通ることにしました。よってどちらも初めてです。

bDSCN4263.jpg

bDSCN4264.jpg

bDSCN4274.jpg

それで予てより懸案となっていましたこちらに!というのも某所より宿泊券を頂いたので香川県に宿泊することにしました。なぜ・・?大方決まっています(笑)。でも最近の私はアレだから、そんなにはアレ系にはなっていませんから期待はしないで下さい(笑)。

bDSCN4268.jpg

bDSCN4269.jpg

11時45分のシャッターになるようにスタートしました。多分並ぶとそれからの予定に影響しますから。30分前につきましたが、すでに一組です。やっぱな・・(笑)。10分前ごろには15人ぐらいは並んでいらしたのではないでしょうか・・?それで開店です。即キャパ40席満席です。恐ろしいです(笑)。

bDSCN4270.jpg

bDSCN4271.jpg

それで最初に頼むものは焼豚玉子飯702円に決まっていましたからそれを頼んで頂いて、一番で12時頃出るとすでに10人以上の列となっていました。こうして2時間のお昼の営業時間はてんてこ舞いなのでしょうな・・。

bDSCN4277.jpg

bDSCN4278.jpg

その焼豚玉子飯はご覧のような感じの丼です。玉子が結構ポイントでそれなしだと少し濃い感じですから、それでマイルドになるように計算されているのでしょう。しかもブランド玉子の半熟2個ということも関係ありそうです。

bDSCN4275.jpg

bDSCN4276.jpg

まあ近くにあれば忘れたころにすぐにリピするような感じでしょうか?その点では地元の方は結構これを頂くのにご苦労なさっていらっしゃるのではと思われます。まあここは町の中華屋さんですが、遠征組は特にこのメニューは外せないということになりますな・・^^。ほんじゃ~^^。

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

蜀味軒
■ 蜀味軒  ― 北九州市小倉南区 ―

bDSCN3661.jpg

本場四川とサブタイトルもあって、お伺いしてみました。場所は国道10号線沿いの湯川から城野方面に少しのところです。正直前知識なしですので、まあ麺にするか迷いましたが、麻婆豆腐セット780円にしました。辛さは中辛です。大将に激辛は食べられないほど辛いのか?お聞きすると結構辛いとのことです。四川から来られているようなので、本場の辛さレベルに少しビビりましたのが、正直なところです(笑)。このお店の名前に「蜀」と付いているので四川省成都のご出身なのでしょうか?日本語はかなり上手です。

bDSCN3655.jpg

bDSCN3654.jpg

まあ本場四川で頂いたことありませんので、基準というものが分かりません。因みに中華圏の四川料理店は頂いたことがあります。日本なら四川料理と一般的にいいますが、中華圏では川菜(料理)といういい方もあるようですか?揚子江が流れている関係でしょう。

bDSCN3659.jpg

様々な調味用で味付けされてスパイシーに出て来ます。結構辛いですが、ギブレベルではありません。味が分かりやすいという点ではこのぐらいが妥当かもしれません?何せ本場の基準というものを経験していませんので、何んとも言い難いのが正直なところです(笑)。でも美味しかったのはいうまでもありません。

例えば下松の牛骨ラーメンを食べた経験スコア―の低い者に下松牛骨ラーメン云々はやっぱアレでしょう(笑)。というような理由で、この際四川の味を私が申し上げるのはほぼ無意味に等しいことではないでしょうか・・?やっぱ本場の経験のないということはそういうことだと思います。本人の旨い、不味いを述べることはできます。さらに換言すると私自身、関東のつけ麺や家系とかはやっぱ本番で頂いた経験はありません。よってあれこれといったところで単なる御託や戯言なのでしょう(笑)。ほんじゃ~^^。


PS

bDSCN4035.jpg

少し前にお店の前を通っているとこの貼紙です。一応お知らせしておきます。休業期間はもう1ヶ月伸びていて、1月下旬になっていましたが、それからは確認していません。新しくなった本場系を楽しみにしておきますわよ~^^。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

富貴楼
■ 富貴楼 ― 北九州市小倉南区 ―

bDSCN4168.jpg

お伺いした日はここから20分ほどのところに開店した有名店にお伺いする予定も、何てことなく挫折・・(笑)。最近じゃあ、新規オープン店でもすぐに挫折できるぐらいに優秀に?なりました(笑)。注:意味不明(笑)。場所はJR 朽網駅の東口からすぐ近くになります。駐車場もあります。グレードからしたら少しアッパーになりますが、無茶苦茶アッパーというほどでもありません。セミアッパーって、言葉はあるか?どうか?は分かりませんが、そんな感じです。って、どんな感じやん・・(笑)?入口は1階で2階に上がります。

bDSCN4157.jpg

bDSCN4159.jpg

bDSCN4160.jpg

それで、頼むものはすでに決まっていましたが、やっぱ一応メニューを拝見して頼みました。注:恰好付けているといわれても仕方ないです(笑)。このエビ入り五目チャーハン820円です。税別では760円ですから、そんなに高い訳ではありませんが、京都王将等からするとやっぱ結構アレだ・・(笑)。

bDSCN4162.jpg

すぐに出て来るところがやっぱアッパーなところでもあります。でもアッパーでも忙しいときは遅くなるときもあります(笑)。やっぱ、味付け薄味になっていてそれもアッパーな感じです。このメニュー表のエビ入りとわざわざ書かれているところはこのエビなのでしょう。普通のエビとは違って小振りです。剥きエビなら結構な量もつかえるのこのエビですから、やはりアッパーの所以なのでしょうか・・?

bDSCN4167.jpg

やはり町の中華とは少し違うレベルなのは充分に分かりました^^。少し改まった集まり等に使用されるお店なのでしょう。よってオヤジ1人でショボくお伺いするにはやっぱ少しアレなのは否めませんな・・(笑)。もちろんお店の方はそんなことは微塵も思ってはいらっしゃらないと思いますが、オヤジの矜持がそう思わせるのでしょうか(笑)?注:意味不明(笑)。でも正直ラーメン類や皿うどん、中華丼や小籠包もあるしな・・(笑)?少し他所でセイブして・・(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

胡月冷麺
■ 胡月冷麺[別府市]

bDSCN3519.jpg

某日、別府市の中華料理のお店にお伺いしました。夕方前の4時台の変な時間帯にもかかわらず、駐車場満杯で店外待ちのお客さんも確認できました。例外なく?即パスになりました(笑)。それにしてもこんな時間帯に溢れているとは・・。ということで別府の冷麺専門店の双璧ともいうべき一店のこちらにお伺いした。

bDSCN3536.jpg

bDSCN3535.jpg

まあ時間が時間だけにこちらは入れました。でもお店のキャパと駐車場の広さからしたら、ラッシュ時にはかなり想像を超えるものが存在するように思います(笑)。別府飲食業界、恐るべしです(笑)。それにしてもあの・・、その・・、九電へのお願いです。お店の前の電柱補強ワイヤーをもう少し考えて頂くと非常にアレです(笑)。

bDSCN3527.jpg

ということで冷麺の冷たいのと温かいのそれに豚丼を頼みました。

bDSCN3523.jpg

bDSCN3531.jpg

冷麺とかはっきり申し上げてビギナー中のビギナーですから、なあにも分かりません(笑)。ただいえるのはこの麺は結構手強い系です。特に冷麺になるとその特徴は極まっています。汁は薄味で下世話な感じがしません。よってインパクトはありません(笑)。

bDSCN3520.jpg

bDSCN3522.jpg

豚丼もコリアン系のそれに仕上がっているようですが、なにせ韓国は行ったことありませから、断言なんてできません(笑)。まあ麺バカとしては新しいフィールドの追加となったのでしょうな^^。ということで機会がございましたら別府で双璧のお店等にもお伺いしてみたいものですな・・^^。ほんじゃ~^^。

  ’1809

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

巴蜀
タイトルオビ プロト2

■ 巴蜀[福岡市]

aDSCN8144.jpg

aDSCN8154.jpg

本日は汁なし坦坦麺750円を頂いてみました。土曜日だったので結構14時ごろまで混んでいました。そして皆さんセットものの豪華系です。まあ私もそんなにはお伺いできないので、あれこれ頂けるセットものでもよかったのですが、ちょっと時間がかかりそうなので、ショボいオヤジはアラカルトにしました。そして汁が結構余っていれば、ご飯追加しようかな・・?と・・^^。

aDSCN8149.jpg

それでも10分ちょっとぐらいでしょうか・・?こんな感じです。もうすでに大方は混ぜてあるところはやはり味を均一にされたいということでしょうな・・^^。

aDSCN8147.jpg

aDSCN8151.jpg

さらに混ぜて頂きます。結構スパイシーですな・・。ここまでされると日本ではやっぱ好みの差は出るのは致し方ないところでしょう。それに中国山椒も結構利かせてありますし、一般の方々には少し辛いかもしれません・・?

注:正直にいえばここまで書いてから撮った画像を拝見していると・・、あの・・、その・・、その山椒は入れてないと表示されていました(笑)。確かにそのような香りはしていたと思う・・(笑)?

aDSCN8143.jpg

aDSCN8142.jpg

因みにそんなには汁は余らなかったのでご飯はパスいたしました^^。やはりこちらの大将のテクはちょっと違うのがよく分かります。近くにあれば、まずお金の続く限り通いますな・・(笑)。って、そんなに続く訳がないです(笑)。でもまあ次回ぐらいは楽しみにしておきましょうか・・^^?ほんじゃ~^^。

  ’1502

新店舗 福岡市博多区美野島2-3-14

店休日は日曜・祝日

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

巴蜀
タイトルオビ プロト2

■ 巴蜀[福岡市]

aDSCN7937.jpg

地元ブログで up されていたのを拝見してお伺いしてみたい中華料理となっていました。で、前に場所を確認だけはしていました。ここは一応博多区ですが、月隈団地の中というちょっと分かり難いところで、そのとき少し探したのを憶えています。まあメインの通りに福銀の月隈支店があって、そこのところから少し入ったところです。駐車場はお店前の2台分だからすでの駐車してある場合は付近のコイン P 利用となります。

注:場所は現在、博多区美野島になっています。これも結構前の話です。許して・・(笑)。詳しくはHPの方で。

aDSCN7919.jpg

aDSCN7921.jpg

で、何を頂くか・・?ですが、近くならまたすぐにリピも可能ですから無難にランチのセットものにするところですが、ここはやっぱ少ししますが、台湾牛スジラーメン900円にしてみました。一応名古屋の黒龍江省系のあの台湾ラーメンだとあれですから・・、「ニラは入っていませんか?」とお聞きしました(笑)。そうではなさそうなので・・、頼みました^^。

aDSCN7920.jpg

「甜蜜蜜的時間」と書かれているから日本のポスターではないでしょう?右上にお店のロゴのようなものが付いていますから、もし作られたのならやっぱアレです^^。正真正銘系の本場系を感じさせますな・・^^。

aDSCN7925.jpg

aDSCN7927.jpg

少しかかりました。こんな感じです。一口。このテイストは日本ではなかなか出会わないもので、海外で学ばれたか?そんな師匠に師事されたか?ではないでしょうか・・?高菜?も入っていて絶妙なバランスです。ちょっとそれからはコレ系にしては珍しく集中してしまった。

aDSCN7934.jpg

aDSCN7928.jpg

麺も結構太く、牛スジもとろとろで手間はかかっていると思えます。正直やや量が少ないとは思いますが、大方納得の CP ではないでしょうか・・?と、思ったところで・・、もう1つ台湾風肉みそのせごはん400円というのがあったのを思い出したので、ちょっとアレなのですが、麺の好印象で頼んでみました。

aDSCN7935.jpg

それがこれです。大方、魯肉飯(ルーローファン)系な感じだと思っていました。まあそれよりは少しアッパーな感じでした。正直もう少し乗せるか・・、値段を安くするか・・、しないとこの CP は・・(笑)。いくら香菜とかもトッピされているとはいえ・・(笑)。

aDSCN7917.jpg

で肉のところはすぐに頂いて・・、麺のスープをかけて頂いたのはいうまでもありません^^。ここの大将(老闆 ラオパン)は結構お若いですが、しっかりしたテクはあると思いますから、他のものもきっと美味しいはずです。私もまた福岡のときは予定しておきましょう。ほんじゃ~^^。

  ’1502

新店舗 福岡市博多区美野島2-3-14

店休日は日曜・祝日

HP

PS
因みに巴蜀(パーシュー)とは四川省の2大都市の重慶と成都の昔の呼び名らしいです。パーシューとお読みすると標準読み(北京語)なので地元四川ではまた違った呼び方なのでしょう。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

四川野郎
■ 四川野郎[中間市]

bDSCN1592.jpg

付近の方でなければ・・、この中間市はどこ?って思われるかもしれません。そういう私も20年近く前は「ちゅうかん」と読んでいました(笑)。それに「なかま」いわれても・・、「仲間」の方が固定観念となっていますから、どこか会話が成り立ってないようなことありました。前に書いたかもしれませんが、京都在住時にも知り合いに「それなら・・、はずかし(い)いうところに行かへんとな・・!」といわれて「何で恥ずかしいところに行くねん・・?」と思っていました(笑)。京都市伏見区羽束師(はづかし)という地名を知らなかったばっかりの笑い話ですな・・。

bDSCN1598.jpg

閑話休題。付近に用事になった時点で何某かのラーメンやうどん店を探す麺バカなので・・、今回も1軒決めていました。もう一つ1500円のランチもありましたが、ショボ系の極みには選択肢にはありません(笑)。で・・、たどり着きました。それで・・、即「ちょっと・・?」と考えてパスになりました(笑)。「ものごとは外見で判断してはいけない。」、「ラーメン店は箱で判断してはいけない。」という重要な掟?をすぐに返上してしまったということです(笑)。で、北九の某ラーメン店に・・。しばらくして信号で停まったところにこちらがあって・・、4秒ぐらい考えて入ることにしました^^。注:なぜ4秒なのかは意味不明(笑)。まあお店はすでに存じ上げていて、前に四川系なら入ってみたいと思ったことはありました。

bDSCN1588.jpg

それで初訪問なのにメニューを拝見せずに麻婆丼コールするこの潔さ・・。←こういうの潔さとはいわない。単なるバカに近いと思うよ(笑)⇒ということで手際よく出て来ました。

bDSCN1593.jpg

中国山椒が結構掛かっていますな・・。美味しいし、これで600円なら近くなら通いそうなのは事実ですが、まあやっぱ少し日本アレンジになっているのではないでしょうか・・?本場はもう少しスパイシーで辛いとは思います。って・・、「本場重慶(chóng qìng)とかで食べたことあるんか・・?」って聞かれそうですな・・(笑)。まあ餡がご飯の量に対して少し多いように思いましたので、そういうの嫌いな方は餡を少し横に避けて頂くといいと思います。逆の少ない方は全くアレなのでここは大将のご配慮でしょう。普通の中華料理店のそれはちょっと違う本場四川系な味なのでお近くまで行かれたら1回行かれてはどうでしょうか・・^^?辛いの苦手な方は少し対策は必要なので大将に申し出られるといいと思いますわよ~^^。ほんじゃ~^^。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

瑛翔楼

― 特集 その4 ―


瑛翔楼(北九州市小倉北区)

aDSCN7811.jpg

aDSCN7809.jpg

正直申し上げれば・・、本日も付近のカレー屋さんにリベンジで12時前にお伺いするも「終了」の貼り紙です。11時開店で1時間も経たずに sold out とは・・(笑)。もうそこはシャッターする以外には頂けないないような・・(笑)。

aDSCN7806.jpg

aDSCN7807.jpg

ということで本日はその3からかなり間隔がございます(笑)。ろんもちその間2回ぐらいは水曜日にお伺いしております(笑)。で、懸案だったメニューはメニューを拝見しているうちにパスとなってこの汁なし坦々麺セット780円に・・^^。まあ30円でご飯類のセットになるのだからしない手はありませんな・・^^。

aDSCN7812.jpg

aDSCN7814.jpg

よく混ぜて頂きました。これは頂いておりませんから・・^^。まあスパイシーというより味に厚みな仕上がりですな・・。やっぱプロの仕業なんでしょう。ろんもち麺を頂いてからご飯をさらに on して頂いたのはいうまでもありません^^。

aDSCN7813.jpg

aDSCN7815.jpg

辛さを増強すべき女将さんにアドバイスを頂くとこれを投入とのこと・・。真ん中のが辣油で、その横の表示には麻油です。辣油は結構なお店にありますが、麻油まであるところは少ないです。そこがそれなりなお店ということなのでしょう。因みに辣油を女将さんは「ラーヨウ」と仰っていましたので、正しい日本語をお教えしようと思っていると、次の麻油になって私が「マーヨウ」といってしまったのだ・・(笑)。因みに厨房は中国語のようです・・。帰りに大将がオープンの厨房からこちらを窺っていらして初めて拝見いたしました。やっぱ雰囲気は少し普通の中華料理店とは違うような・・^^?ほんじゃ~^^。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

瑛翔楼

― 特集 その3 ―


瑛翔楼(北九州市小倉北区)

aDSCN4629.jpg

本日は実は付近のカレー屋さんにお伺いするも「終了」の札です。恥ずかしい話これで連続4回ほど同じことを繰り返しています(笑)。学習能力全くありませんな・・(笑)。それで、最近はすぐにラーメンにならないところが素晴らしいところです・・(笑)?←オイオイ、何が素晴らしいねん・・(笑)?意味分からん・・^^!

aDSCN4617.jpg

ということで、本日は定食とかではなしに正直炒飯のアラカルトを頂いて帰ろうと思っていました。まあセットで少し頂いてはいますが、セットのはやっぱセット用かも知れんので・・。こういうシンプルな料理をどう加工されるのか・・?非常に興味はありました^^。これまで2回ですが、ここの老板(老闆 ラオパン シェフ)は経歴だけのことはあると思いましたな・・^^。それで菜単を開いて炒飯のところを拝見すると・・、玉子炒飯800円、他の炒飯は850円となってから、即パスとなったのはいうまでもありません(笑)。炒飯に800円オーバーは流石にちょっとな・・(笑)。

aDSCN4619.jpg

で、素直に?お昼のサービスものにしました(笑)。←何?それ!⇒で本日は餡かけものに初挑戦で中華丼750円にしてみました。よ~く確認すると増税の値上げにはこの中華丼は据え置きでした(笑)。多分内容で少し調整されているのでは・・?というイヤラシイことをちょっと思ったげな・・(笑)。炒飯類は70円値上げでした。以前は780円だった。この780円と850円は70円差なのに結構アレだと感じる私は完璧にショボいのでしょうな・・(笑)。

aDSCN4623.jpg

不要な話ばっか?で済みません^^。でその中華丼ですが、予想通り薄味でした。やっぱアッパー中華なのでしょうな・・^^。町の中華屋さんではなかなかこうは行きませんな・・。その点では袋茸というキノコも入っていましたし、キクラゲもその辺のものとは違うアッパークラスのものを使用されていたのは私でも分かりましたな・・^^。他のメニューをもう少し頂いてみたいところですが、やっぱ少しお値段もアッパークラスなのでショボい私はそう頻繁という訳にはいかないのだ・・(笑)。ほんじゃ~^^。



■メニュー表 注:これも数ヶ月前なので替わっているかもしれません(笑)。

aDSCN4609.jpg

aDSCN4610.jpg

aDSCN4611.jpg

aDSCN4612.jpg

aDSCN4613.jpg

aDSCN4614.jpg

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

瑛翔楼

― 特集 その2 ―


瑛翔楼(北九州市小倉北区)

aDSCN2558.jpg

本日は麻婆豆腐のランチです。まあ丼があればそれでも問題はないというか、かける手間省けるのでそっちのほうが宜しいかと・・^^。まあ750円なので私にはちと高級路線・・(笑)?でもこの内容ならろんもち納得です。

aDSCN2563.jpg

まず唐揚げは普通かな・・(笑)?アッパーレベルでの普通です^^。

aDSCN2559.jpg

スープはトロミがついていて、薄味ですから好みです^^。

aDSCN2560.jpg

それでザーザイの処理は丁寧で素晴らしいと思います。

aDSCN2561.jpg

冷奴は普通・・^^。

aDSCN2566.jpg

で問題の麻婆豆腐ですが、最近お伺いしてないので分かりませんが、陳ファミリー系とは少し違うように思いますが、私の基準では問題なく旨いレベルだと思います。そんなには辛くはありませんが、一般の方々には少し辛いかな・・^^?香辛料で辛くなっているように思います。ニンニクも少し入っているようです。

aDSCN2556.jpg

ということでご飯に乗っけて頂きました。やや余るので本日は少しだけご飯を追加させて頂きました。フロアー担当の中国人?の女将さん?に「少しだけ。半分も要らないです。」と申し上げると「3分の1ぐらいですか?」と流暢に返ってきました(笑)。よく日本語分かっていらして、こっちが気を使うことはなかったですな・・(笑)。

aDSCN2555.jpg

これっていつ頃のや・・(笑)?ほんじゃ~^^。

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

瑛翔楼

― 特集 その1 ―


瑛翔楼(北九州市小倉北区)

aDSCN2280.jpg

aDSCN2291.jpg

前から北九の方々が結構行かれていてナイスな評価だったのでお伺いしてみようと思ってはいましたが、何せ北九ですから・・、どうしてもラーメンにプライオリティを付けてしまいます^^。で、やっぱ何回はチャレンジしました。水曜日に・・(笑)。で本日も他所にお伺いするも・・、多かったので即パスになってこちらにしましたら・・、2~3人で悠々でした^^。入ると意外と狭いな・・?って思ったところで横に広い座敷のようなところをハケ~ンしてやっぱ中華料理店にしては結構なキャパなんですな・・^^。注:結構前ですから、ろんもち旧価格のときになります(笑)。

aDSCN2287.jpg

aDSCN2284.jpg

それで頼むのは決めておりまして・・、坦坦麺セット750円です。ミニチャーハンもあってとりあえずこれで、大方どんな感じかは分かるでしょうな・・。厨房では寡黙に作業がなされていて・・、好印象です。この辺からも町の中華屋さんとはちと違う系ですな・・^^。

aDSCN2279.jpg

aDSCN2285.jpg

まずは辛いのはよく混ぜてからです。その前に味の薄いと思われるチャーハンからです。具は卵と白ネギ?(玉葱?)ぐらいでしょうか・・?薄味で下世話な感じはしませんな・・。この具でこの味はやっぱ上湯(清湯?)の味で仕上げてあるのでこうなるのでしょうか・・?まあ普通のチャーハンだけ頂きたくなったのはいうまでもありません^^。こういう場合のコメントに、パラパラという表現を使っているようではまだまだです(笑)。確かにいい感じでそのようではありました(笑)。

aDSCN2283.jpg

aDSCN2289.jpg

で坦坦麺です。酢の利かせ方が微妙にいいですな・・^^。ろんもちそれでトータル的なバランスも素晴らしいです。こちらは大方陳ファミリー系の味と同じような感じと申し上げて差し支えないでしょう・・?これも決して下世話系になっておらず、ソフィスティケイトされた中華料理はやっぱその経歴が物語っていらっしゃるようです。麺は少し太いタイプで手打ちということです。これで北九方面の坦坦麺の宿題は一応済みましたが、新たにこちらのメニューを少し頂いてみたくなるという宿題のお出ましとなりました(笑)。困ったものなのだ・・(笑)。ほんじゃ~^^。

北九州市小倉北区緑ヶ丘1-14-29 TEL 093-592-8090
11:30~14:30 17:00~21:00 定休水曜

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

王将 コスパ新下関店
― 昔の王将は・・^^。  ―

王将 コスパ新下関店(下関店)

aDSCN4740.jpg

下関市内で4件ほどの用事を済ませたところで、本日の北九宿題訪問は放棄となりました・・(笑)。そればかりか・・、下関の宿題も放置プレーの対象となり、そこにあった王将に何とな~くお伺いしてみました。それというのもここずっとお伺いしてないのと、チャーハンが税なし350円(378円税込)なので、どんなものじゃろう・・?って思ったげな・・^^。

aDSCN4736.jpg

まあ王将いうたら・・、学生の頃は定番中の定番でようお伺いしました^^。その頃古い話ですが、このチャーハンは250円ぐらいでなかったでしょうか・・?まあよく頂いたもの1つですな・・^^。他は唐揚げ定食で380円ぐらいでなかったでしょうか・・?他は餃子ライスです。餃子2人前とライスです。餃子のサービス券があると・・、極めて安く済みます。

aDSCN4727.jpg

それでその頃から餃子も倍近くになったようですか・・?どこの王将にお伺いしても厨房の隅でお店の方がよく餃子を包んでいらしたシーンはなぜかよく憶えております。

で、翌日「昨日、餃子食ったやろ・・?」って聞かれるのです(笑)。そのぐらいその頃はニンニクはよく利いていました。でも最近ではそのニンニクも匂いの少ないタイプとか使用なさっているのでしょうか・・^^?

aDSCN4738.jpg

ということで回りの方々はセットものなど王将にしては豪華な?500~1000円の価格帯召し上がっていらっしゃる中、根っからのショボ系の私はそのチャーハンだけでした(笑)。まあ味の方は普通になかなかでしたよ。まあこれならもう100円出してラーメンを頂くことはありませんな・・。因みに紅しょうがはデフォではありません。卓上のを on しました。インパクトあるビジュアルをコーディネートするナイスなパフォーマンスか・・(笑)?←このアホッ^^!

イメージとしては・・、学生の頃の王将のチャーハンはこのような感じではなくて白っぽい感じで、具もそんなに入ってなかったよう思いますが何分かなり昔のことで・・(笑)。まあ「早い、安い、旨い!」の昔のキャッチの中の「旨い」というところは「不味い」ではなくて他の形容詞を入れていましたが、よ~くお世話になったものです(笑)。その他の形容詞って・・(笑)?ろんもちいえません(笑)?ほんじゃ~^^。


PS

さてソレーネ周南のベーカリーレストランが少し前にオープンしておりました^^。お知らせしておきますわよ~^^。オヤジはほとんど関係ないと思われますが、オネーサンやオバチャマ方には結構有用な情報ではないでしょうか・・^^!ナイス!ファインプレー(笑)!

aDSCN4674.jpg

aDSCN4666.jpg

aDSCN4671.jpg

aDSCN4669.jpg

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.