fc2ブログ
ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!-しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
202404<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202406
睦味
■ 睦味  ― 島根県益田市 ―

cDSCN1163.jpg

cDSCN1167.jpg

本日は益田市まで用事です。久しぶりではありません。つい2週間前にこれまた所用で来ています。そのとき本日の用事を済ませておけばよかったのですが、他の都合で・・(笑)。って、マジチョーご無沙汰してすみません(笑)。

cDSCN1159.jpg

と、いうことで・・、本日も大方麺バカ返上系に靡いています(笑)。こちらのお店はずっと存じ上げてはおりましたが、その頃は麺バカ全盛期?だったのでご無礼いたしておりました(笑)。注:意味不明(笑)。ということで、五目チャーハン650円です。普通のチャーハン600円とどこが違うのか・・?と思ってお聞きするとトッピの目玉焼きとチャーシュー1枚ということでした。50円の差ですからそうしました。そういえば益田市のチャーハンは目玉焼きのトッピは結構あるのでしょうか?ネットで他店のを拝見したことがありますから。

cDSCN1164.jpg

ご覧のような感じです。濃くない感じです美味しかったですよ。ただ感動するとかまではチャーハンに求めないで下さい(笑)。トッピの半熟もいい感です。50円差ですからぜし!

cDSCN1161.jpg

このチャーハンのスープを頂くとしっかり鶏ガラの味がしました。この分だとラーメンも結構美味しいと思われますよ。論餅、醤油系ですからトンコツのようなインパクトはないはずです。でも私のようなショボ系には充分なのでしょうな・・(笑)。次回宿題として予定しておきます。ほんじゃ~^^。

cDSCN1160.jpg

因みにこのミニコーヒーはインスタントですが、その気遣いは有難いですな。ところで中華料理店でこのカニは何・・?って思われた方はいらっしゃいませんか(笑)?これは天然の川ガニ(モクズガニ)でしょう?中国山地を水源とする1級河川の高津川で獲れるそうです。ダムの無い1級河川は珍しく、その清流で育つ鮎も有名です。ネット販売もされていますが、冷凍でないものは時期が非常に限られていて、高品質を維持されるのに執心されていらっしゃるそうです。ほんじゃ~^^。

スポンサーサイト



テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

笑福亭
タイトルオビ プロト2

■ 笑福亭[北九州市門司区]

cDSCN1023.jpg

門司に用事だったのでまたお伺いすることになりました。カツカレーやハンバーグなどお伺いししてみたいところは多々ございますが、なぜかこちらになります(笑)。ほぼアレだな・・(笑)。注:意味不明(笑)。それでミニチャーハンセットでもよかったのですが、最近の麺バカ返上系アレで、本日はチャーハンのみにしました。550円ですからセットとはそんなに変わりません。

cDSCN1024.jpg

それにしてここの大将の鍋振りは丁寧を極めていらっしゃいます。多分1人前を作るのにトータル50回ぐらいになるのでは、途中、「もういいから早く出して~!」と叫びたくなります(笑)。ここまで手間をかけられるお店もないように思います。その先の味に関してはやはり好みの問題でもありますよ。ほんじゃ~^^。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

大三元
チャーハン 焼飯特集 No.15

■ 大三元  ― 北九州市門司区 ―

bDSCN9370.jpg

結構久しぶりになります。お店の前は関門トンネルの抜けたところですからよく通ります。大方ラーメンでお伺いしていると思います。はんちゃんラーメンはないので特に1人のときはフルチャーハンとか頂けませんからそうなります。よってフルチャーハンを1人で頂くのはこれまであったかな・・?この手のことは憶えている訳がございません(笑)。入るなり焼飯500円を一応確認して頼みました。そしたらこれまた女将さんが担当でしょうか?出て来られてすぐさま調理に取り掛かられます。

bDSCN9364.jpg

豚骨のミニスープも付いているではありませんか?ラーメンのときはないでしょうから、頼んだことあっても無茶苦茶昔のことでしょう(笑)。現在は大将、女将さん、若女将の3人のようですか?若い大将はこの日はいらっしゃらないようでした。ラーメンは主に大将の担当のようです。かなり久しぶりだからラーメンは最近どんな感じなのか?興味はあって、数席先のラーメンを調理されているときのラーメンをチラッと観察していたとか・・(笑)。ちょっと怪しいですな・・(笑)。

bDSCN9369.jpg

ご覧な感じです。過去画像を他所で確認するも大方同じ感じです。ミニスープは元ダレの量が少なかったのか?少しアレな感じはありました(笑)。チャーハンは少し濃かったようにも思いましたが、許容の範囲で美味しかったですよ。

bDSCN9367.jpg

ということでこの日気付いたことは・・、チャーハンだけで頂くことはなかったのでどうしてもラーメンメインになって気付かないようなことです。最初はチャーシューはたくさん入っているな・・!と思っていましたが、同じような感じの食材はチャーシューではありません。これは何かと・・?それだけ頂くと漬物のようなもの?に思いました。これで、このチャーハンの味は他所との違いを出されているのでしょう。そういえば昔、福岡県豊前市の酒楽亭という中華料理店の特集をしたときにチャーハンも頂きまして、やはり付近の「くぼて漬」をチャーハンに入れられていたことを思い出しました。そのときの記事はこちらです。ということでさっさと頂いて帰ったのですが、これで500円は CP はやっぱいいと思いますよ。ほんじゃ~^^。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

笑福亭
チャーハン 焼飯特集 No.12

■ 笑福亭  ― 北九州市門司区 ―

bDSCN9336.jpg

結構お伺いしていません、こちらに。調べればわかるのですが、それをしないという全くアレとしかいいようがございません(笑)。このチャーハン550円だけです。いつも思うのですが、こちらの鍋振りは実に丁寧に繰り返しされます。そんな様子を拝見していると「もういいですよ!」と思わずにおれません(笑)。

bDSCN9340.jpg

bDSCN9341.jpg

ご覧な感じに仕上がっています。しっとりとこれも美味しいです。ミニスープもトンコツなのが、やっぱとんこつネイティブ地域の証でしょう。家族経営の暖かいお店ですからやっぱ FC 店やチェーンにないところがございまして常連さんはそれでこられていらっしゃる方々も少なくないでしょう。このお店も結構お伺いしているのでもう申し上げることもありません(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

チャーハン 焼飯特集 No.11

■ 龍  ― 北九州市門司区 ―

bDSCN9323.jpg

bDSCN9327.jpg

ずっと宿題になってはいましたが、状況が許さずお伺いするには到りませんでした。それでもリオープンして5年ぐらいになりますから、やっぱ最近の私は全くアレとしかいいようがございませんわよ~(笑)。

bDSCN9331.jpg

bDSCN9333.jpg

bDSCN9335.jpg

その旧店舗は角を曲がってすぐのところにあります。確かネットの無かった20年近く前に1回お伺いしていまして確かチャンポンを頂いたような記憶がございます。まあこのお店書かれていますように戦後すぐにオープンしていますから、高度経済成長の真っただ中を門司港とともに歩まれたことになります。確かこの店舗はもっと古く門司港の華やかな頃のものではないでしょうか?あちらこちらにその雰囲気は感じられます。お店が古いのでリニューアルもままならないから閉店という形をとってまた現在のきれいなお店で営業を始められたのでしょうか・・?

bDSCN9324.jpg

ラーメンもお勧めですが、何気にチャーハン700円のみです。手慣れた感じですぐに出て来ました。ご覧のような感じです。頂いてみると他所とは少し違うように仕上げられていて、やはり歴史の違いを感じざるを得ませんでした。どう違うか?といわれても言葉で表現するには私の力量ではちょっと・・(笑)。

bDSCN9319.jpg

ということでお近くまで行かれたときはぜし!駐車場もあります。お店を出て左側のすぐのところです。車止めに赤い印のところ、3台ほど可能だということです。またお伺い予定に!ほんじゃ~^^。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

森食堂
チャーハン 焼飯特集 No.9

■ 森食堂 ― 田川市 ―

bDSCN7716.jpg

地元系のネットに取り上げられていて、先日(結構前)は福岡のテレビに出ていらして、ずっとお伺いしてみたく思っておりました。場所は JR 日田彦山線の伊田駅の近くです。現在は駅舎がきれいになっていてその中のうどん屋さんんも宿題になっております。注:順番、逆ですでに up してご紹介しています(笑)。正面駅舎はこちらの反対側です。注:1年と少し前の訪問です(笑)。

bDSCN7718.jpg

暖簾もご覧のように一般的な家庭のそれのようでもありますから分かり難いです。実際、結構前に場所確認でお伺いしたときは時間外で暖簾も出てなかったからかなり探しました(笑)。GPS で辿り着けるもそこにはお店のような箱はないように思いましたから(笑)。

bDSCN7726.jpg

本日は焼飯500円の一択です。理由は聞かないで下さい(笑)。包み隠さずいえば本日の焼飯は少し辛かったので薄味指定が宜しいのではと思います。でも内容的は他では遭遇しないような感じでの焼飯でした。

bDSCN7720.jpg

創業は先代で大将が受け継がれてお一人でも数十年もされているとお聞きしました。地元の方も選んで来られるようなお店になっています。メニュー多くは500円前後結構安いですから(笑)?また予定しておきましょう。ほんじゃ~^^。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

蜀味軒
■ 蜀味軒 ― 北九州市小倉北区 ―

bDSCN4870.jpg

新たな気持ちで本日も平日ランチサービス定食でお伺いするもまたもや「すいません。最後の1つがほんの少し前に出たばかりですよ。」と仰って・・、またオイオイとなった次第です(笑)。それで・・、頂いてみたいと思ったよだれ鶏880円(税込950円)にしてみました。こうなると価格帯が違うので、数日安いものか?おにぎりとか?で調整しないといけません(笑)。

ということでこの中国語名は「口水鶏(kŏu shuǐ jī)」となります。口水はよだれだから全くベタな訳を採用されてています(笑)。

bDSCN4872.jpg

これ系はすぐにはできそうにないものですから、時間がかかるか?お聞きすると、すぐにできるとのこと。仕込んでおられて冷蔵庫から出されたようです。しかし、まあこの手の料理となるとちょっと手間がかかりそうです。

下味に何かのスープに付け込まれてそれを冷製的に仕上げられた感じですが、よく分かりません(笑)。少し辛く、花椒も入っていてスパイシーです。焼鳥や空揚げ、とんかつ等の日本料理を除いて、鶏や豚の料理は中華圏のお店にはやはり敵わないのがよくよく分かります。久しぶりというより、もう完璧に忘れているので比べようもありませんが、ちょっと美味しい鶏料理のようでした(笑)。マジいつの話や・・(笑)?ほんじゃ~^^。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

蜀味軒
■ 蜀味軒 ― 北九州市小倉北区 ―

bDSCN4751.jpg

bDSCN4753.jpg

平日ランチサービス定食720円(税別)の水曜日、川味家常豆腐(注:川味とは四川料理の意味です。)狙いでお伺いするも直線で sold out でした(笑)。それでチャーハン600円にしました。まあこれはいつか頂く予定はしていたので、問題ないといえば問題ありません。オーダーが混んでいましたから20分は待ちました。それでも少し他のメニューを調整して作っておられたようです。

bDSCN4755.jpg

bDSCN4756.jpg

そんなチャーハンでしたが、正直これは普通でした(笑)。可もなく不可もなくって感じです。味付けは薄くて修行先は高級店っぽい感じはあります。でも具もこれほどまでにないのは本場ではそうなのでしょうか?経験ありませんから分かりません(笑)。この辺が、キャプションしている割りには全く問題だと思います(笑)。勘弁です(笑)。チャーハンの鍋振り拝見していると確かに普通な感じはしません。ということで、次回は定食を予定しておきましょうか。ほんじゃ~^^。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

蜀味軒
■ 蜀味軒 ― 北九州市小倉北区 ―

bDSCN4653.jpg

少し皮肉っぽくいえば長い長いお休みからやっとリニューアルオープンされました(笑)。3か月ちょっとぐらいではないでしょうか・・?論餅数か月前の話です(笑)。メニュー構成を変えられるということでした。確かにお一人様用の定食メニューなどの充実されていて頼みやすくなっていました。また出される内容も換えられていたように思います。

注:もう少しお伺いしてあれこれご紹介しようと思っていたら1年近くになってしまった模様(笑)。あまりにも情報的アレだから、とりあえず3回シリーズでご紹介予定です(笑)。ただ現在は内容も変わっているかもしれません(笑)。

bDSCN4654.jpg

本日は汁なし担担麺のセットではなしに単品です。まあ本場ではこの麺とごはんのセット基本あり得ませんが、日本シフトでそれもありにされています。あり得へんついでに申し上げると(以前申し上げたか・・?)餃子定食とかもあり得へんものです(笑)。

bDSCN4655.jpg

bDSCN4657.jpg

ご覧のような感じです。麺は太いです。よく混ぜて頂きます。麻辣の感じがやっぱ本場の四川を想起させます。って、四川は未訪問です(笑)。でも辣の辛いのは抑えてありますが、麻の花椒は結構主張してきます。なかなかです。

bDSCN4648.jpg

bDSCN4649.jpg

bDSCN4650.jpg

bDSCN4651.jpg

bDSCN4652.jpg

bDSCN4647.jpg

ということで、さっさと頂いて少し老板(ラオパン 大将)に皮肉を申し上げて出ようと思いましたが止めておきました(笑)。ほんじゃ~^^。


PS
カウンター席の横に熊猫(パンダ)が3匹います。一つほすぅ~いです(笑)。でもまだいるかな・・?オイオイですな・・(笑)。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

富貴楼
■ 富貴楼 ― 北九州市小倉南区 ―

bDSCN5161.jpg

bDSCN5162.jpg

他所にお伺いするつもりが、例によって挫折です(笑)。ここはリピしたかったので問題はありません。で、頼むものは決めておりました。まずあまり高いものは頼めませんから皿うどん720円です。これ名称は皿うどんですが、焼きそばの位置付けでしょう。一般的な皿うどんとは違いますから、中華焼きそばの方が呼称としてはいいのかもしれません(笑)?

bDSCN5165.jpg

具はイカやエビなども入っていてなかなか豪華で、720円の具にしては・・、と思います。それにこの麺です麺線不揃いですから、もしかして手打ち?そうじゃないとしてもそれに近い状態なのは違いないように思います。表面はザラザラしていて味が乗り易いから薄味でもしっかりとしています。

bDSCN5168.jpg

よくまとまった焼きそばだと思います。これに少しエスニックな香辛料や調味料で味付けすると、東南アジアの本場系に仕上がるでしょう。でも竹輪の入っているところはほとんどないとは思います(笑)。

bDSCN5156.jpg

bDSCN5157.jpg

ということで、もう同じような価格帯のラーメンには戻るれないよう思います。最近の私は間違いなくアレですから・・(笑)。注:意味不明(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

ラーメン 龍
■ ラーメン 龍 ― 北九州市若松区 ―

bDSCN5107.jpg

宿題の焼飯500円をターゲットとしてお伺いしました。やっぱ sold out 営業終了はこれまで数回拝見してきました。しかも焼飯となるとそのパーセンテージは・・。ということで13時10分ごろです。他所では普通は多いのでまだまだ外す時間帯です。こちら営業は一応14時までだったと思いますが、ゆったりしてお伺いする訳には・・(笑)。

で、入るなり焼飯コールです。ご飯を確認されてラストだったようで、その後入って来られる方々に「ありません。」とだけ、常連さんの間では「ありません。=ごはんがありません。」ということらしいです。大方頼まれるものを予想されてのことかもしれません。すでにファミリー感満載のお店のようです(笑)。しかも平均年齢は結構高いです(笑)。お若い方々にも遭遇したことはありません(笑)。

bDSCN5109.jpg

で、女将さんがさかんに鍋を振られて作られました。チャーハンマシーンなど、ここでは完全アウェイ状態にさらされるような状況ですな・・(笑)。で、スープも付いています。

これなら人気なのはよく分かります。因みに具はイカなども入っていますよ。少しだけれど・・(笑)。味も薄味仕上げです。若松でもチャーハンはたくさんある中でわざわざここのを選ばれるのはよく分かりました。もっとも高級感はありません(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

盛青
■ 盛青 ― 北九州市小倉南区 ―

bDSCN4524.jpg

場所は先日 up しました蜀味軒の近くです。この通りをさらにモノレールの通りの方面にいけば羊肉(ヤンロウ)メインのやはり本場系があって、ちょっとした本場化になっています(笑)。その蜀味軒も長いお休みから(笑)復活されているようです。

bDSCN4523.jpg

本場系としてこちらもお伺いしてみたいと思っていました。外部からしたら町の中華屋さんっぽい感じだと思っていましたが、中はなかなかモダンです。最初なので何にしようか・・?って迷うも無難にチャーハンにしました^^。

bDSCN4525.jpg

で、厨房からの丁寧な鍋振りの雰囲気を感じられます。500円にしてはなかなかです(笑)。結構あっさりと薄味に仕上げられているところは、少し高級店出身の感も無きにしもあらず・・?よく分かりません(笑)。

bDSCN4519.jpg

bDSCN4520.jpg

bDSCN4521.jpg

bDSCN4522.jpg

問題なく好みのチャーハンですから、他のメニューでお伺いしたくなったのはいうまでもありません。厨房から老板(ラオパン、大将)が料理を持って出て来られましたが、結構お若いですな・・。想像と全く違いました。やっぱ先入観はいけませんな・・(笑)。もうどのぐらい日本にいらっしゃるのでしょうか?対応も実に丁寧です^^。ほんじゃ~^^。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

酒楽亭
豊前市にあった中華料理店シリーズ 5

■ 酒楽亭 ― 福岡県豊前市 ―

bDSCN4149.jpg

チャンポンを頂いて4か月後にやっとエビ玉子丼780円でお伺いすることになりました。その間、このメニューを紹介されている記事はあまり拝見しないので、他のものでリピしようかとも思いました(笑)。正直、このメニューだけ少しアレな感じは避けられません(笑)。他は全部ポピュラーなメニューでの好印象な仕上がりだっただけに。でもまあ敢えてメニューに置いておかれるには何か思い入れとかあるのでしょうか?とも思えます(笑)。その1点が非常に影響した次第です(笑)。

bDSCN4148.jpg

この日は珍しく混んではいませんでした。でも厨房では仕込みをされていらして、なかなか出て来てもらえませんから呼びました(笑)。それで1択通りのコールです。大方5~6分ぐらいで出て来ました。御覧な感じです。結構なボリュームです。

bDSCN4155.jpg

正直にいえば、やはり他のメニューに比べると少しフィールドが違うように思いました(笑)。高級店の天津飯エビ天乗せてきです(笑)。玉子も多くて多分3個ぐらいは軽く入っているように思います。食べても食べても玉子は減りません(笑)。その味も薄いです。トロミ餡も町の中華屋さんとは少し違います。やっぱ大将はどこか有名店におられたように改めて思いました。そんな感じです。

bDSCN4152.jpg

ということで、まあこれはこれでよかったのですが、やっぱ他のメニューにここのジツリキを感じざるを得ませんでした。まあやっぱしばらくしたら、ラーメンとか、チャーハンとかでリピしようと思っています。皆さんも豊前市や大分県北まで行かれる機会がありましたら、ぜし行かれてみてはいかがでしょうか・・^^?ほんじゃ~^^。


テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

酒楽亭
豊前市にあった中華料理店シリーズ 4

■ 酒楽亭 ― 福岡県豊前市 ―

bDSCN3733.jpg

bDSCN3737.jpg

少し経ってからの本日はチャンポン580円です。お昼のドチャ込み状態から一段落という時間帯ですぐに座れました。厨房では鍋振りの音です。比較的すぐ来ました。

bDSCN3736.jpg

bDSCN3730.jpg

ご覧のビジュアルです。これも問題なく美味しいです。具も580円にしてはしっかりと入っています。まあイカもこの値段でこんなに入っているところもしりませんな・・^^。それに麺もちゃんぽん用に特製なのではないでしょうか?市販の袋めんとは少し違っているようですが、最近技術の進歩で袋めんでも非常によく製造されているのもあるので確かではありません(笑)。スープもラーメンベースに手を加えてチャンポン系に仕上げられています。やっぱ、メニューを絞り込まれているのでどれもその成果のあるものになっているようです。メニュー百花繚乱状態でも手が回らないのでは、あまり意味はないということの反対でしょうか(笑)?ほんじゃ~^^。

  ’1809

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

酒楽亭
豊前市にあった中華料理店シリーズ 3

■ 酒楽亭 ― 福岡県豊前市 ―

bDSCN3498.jpg

bDSCN3499.jpg

本日はジャンカラ麺です。辛さが表示されています。それで「超」はギブアップされる方が多いほど辛いのか?お聞きしましたところ、そうでもないということなので問題なく?そうしました。この日も多くて何んとか座れましたが、満杯でオーダーをこなすのに厨房はテンパリ気味なのは小窓からでも窺しれる感じです。よってラーメンだけですが、少し掛かりました。それでもラーメンだけなので他のオーダーのと一緒に作って下さるお心遣いを感じました。

bDSCN3500.jpg

bDSCN3501.jpg

ジャンガラ麺でも醤油とトンコツとあるそうで、先日醤油系の中華そばを頂いておりますのでトンコツでして頂きました。まあ御覧のような感じです。お好みと仰っていましたが、やっぱ中華そばの方がより合うように思いました(笑)。決してアレ系ではありませんが、唐辛子は基本醤油系と合うということではないでしょうか?一番遅く入ったにも拘わらず、店内はほぼ満杯状態で出ることになったこの盛況ぶりはやっぱ、地域 No.1 ということの証拠でしょう。他のから揚げや酢豚などのメニューも頂いてみたいのですが、一人では難しいようですな・・(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

酒楽亭
豊前市にあった中華料理店シリーズ 2

■ 酒楽亭 ― 福岡県豊前市 ―

bDSCN3412.jpg

本日はチャーハンです。お伺いしたときは満杯でした。やはりこの味で来られているのは分かりますな・・。それで本日も14時に準備中になりました。それにしても大将と女将さんお2人でお店を回されていて、普通はこんな状況なら難しくて結構待つことになりますが、そんなことはありません。厨房での大将のオーダーの捌き確かにちょっとかなりなものなのでしょう、次々と出て来ます。

bDSCN3408.jpg

量も多いです。520円の量と味ではあり得へん系です。味は濃い訳でもないのに、ぼやけてもいません。やはりこちらの大将はどこか実力店にいらして故郷に帰られてやられていらっしゃるようにも思いました。実際はどうでしょうか・・?それにご覧のように茶色の微塵切りの食材は何なのでしょう・・?それだけを味わってみましたが、小さくて分かりません。それが結構このチャーハンのポイントの一つを担っているように思いましたな・・。注:調べてみますと、地元の特産「くぼて漬」というものだそうです。野菜のもろみ漬けということです。お店の近くの「二反田醤油」という製造元だそうです。地産地消の典型です。道の駅も近くにありますから購入予定に^^。

bDSCN3410.jpg

準備中になる前に3人組方が来られてチャーハン3つです。一人前の量も普通の1.2倍ぐらいはあると思います。それを3人前となると結構な量です。それを一回で作って出されていました。鍋振りは結構な重労働のはずです。普通は味はそこで変わってしまうということはよくある話です。おそらくここの大将ですからクオリティーは維持されていることは想像に難くないでしょうな・・。

bDSCN3407.jpg

ということで、メニューを絞っていらっしゃることも非常に好印象でしょうな・・。これでメニューを多くすると仕込みにも結構な手間がかかるのはいうまでもありません。敢えてそれを避けてでも一つ一つを丁重に提供されていらっしゃるのでしょうな・・。ほんじゃ~^^。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

酒楽亭
豊前市にあった中華料理店シリーズ 1

■ 酒楽亭 ― 福岡県豊前市 ―

bDSCN3379.jpg

bDSCN3385.jpg

最近は大分まで用事で行く機会が増えていまして、この辺はその途中になりますから、あれこれと調べたり、地元の方々のブログを拝見したりしています。よって・・、少しばかり詳しくなっていますし、宿題店も増えています。そんな状況下でこちらを某所で拝見しました。「オイオイ、こういうお店はあったけ・・?」って思ったところで、内容確認すると町の中華屋さんとはちと違うように思った次第です。それに何よりメニュー数が少ないのです。まあ都会と違って地方は専門店はなかなか経営的に成り立たない状況なので、メニューは多いのが一般的なところでしょう。

bDSCN3378.jpg

ということで、完璧にスルー状態なこちらにまずウリの中華そば(醤油ラーメン)でお伺いしてみることにしました。論餅、付近はトンコツ地域ですから醤油でウリはそれなりなレベルなのは頂く前から分かりますし、皆さんの評価もトンコツより醤油ということです。それで頂いてみてこれは下世話系でないのに結構しっかりとしたテイストで美味しいです。一般的な中華料理屋さんで出される醤油ラーメンとは違います。大将はやっぱ有名店におられた印象をすぐに感じました。注:確認はとっていません(笑)。

bDSCN3383.jpg

麺も普通の中華料理店というよりラーメン店のそれのように思います。まあ豚骨と併用されることからかもしれませんが、この醤油ラーメンにも結構馴染んでいます。

bDSCN3376.jpg

この一杯で正直少し他のメニューを頂いてみたくなりました。でもここまでの距離が立ちはだかってしまいます(笑)。以前の私なら全くアレだったのはいうまでもありませんが、やっぱ2時間30分、状況次第では3時間弱かかりますから・・(笑)。で、まあ数か月かかってやっと5回ほどお伺いしたので、5回シリーズで予定しておきましょう^^。ほんじゃ~^^。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

重松飯店
四国 B級 遠征シリーズ 1

■ 重松飯店 ― 愛媛県今治市 ―

bDSCN4251.jpg

bDSCN4259.jpg

四国へ渡るのは多分数十年ぶりです。それでしまなみ海道と瀬戸中央自動車道を通ることにしました。よってどちらも初めてです。

bDSCN4263.jpg

bDSCN4264.jpg

bDSCN4274.jpg

それで予てより懸案となっていましたこちらに!というのも某所より宿泊券を頂いたので香川県に宿泊することにしました。なぜ・・?大方決まっています(笑)。でも最近の私はアレだから、そんなにはアレ系にはなっていませんから期待はしないで下さい(笑)。

bDSCN4268.jpg

bDSCN4269.jpg

11時45分のシャッターになるようにスタートしました。多分並ぶとそれからの予定に影響しますから。30分前につきましたが、すでに一組です。やっぱな・・(笑)。10分前ごろには15人ぐらいは並んでいらしたのではないでしょうか・・?それで開店です。即キャパ40席満席です。恐ろしいです(笑)。

bDSCN4270.jpg

bDSCN4271.jpg

それで最初に頼むものは焼豚玉子飯702円に決まっていましたからそれを頼んで頂いて、一番で12時頃出るとすでに10人以上の列となっていました。こうして2時間のお昼の営業時間はてんてこ舞いなのでしょうな・・。

bDSCN4277.jpg

bDSCN4278.jpg

その焼豚玉子飯はご覧のような感じの丼です。玉子が結構ポイントでそれなしだと少し濃い感じですから、それでマイルドになるように計算されているのでしょう。しかもブランド玉子の半熟2個ということも関係ありそうです。

bDSCN4275.jpg

bDSCN4276.jpg

まあ近くにあれば忘れたころにすぐにリピするような感じでしょうか?その点では地元の方は結構これを頂くのにご苦労なさっていらっしゃるのではと思われます。まあここは町の中華屋さんですが、遠征組は特にこのメニューは外せないということになりますな・・^^。ほんじゃ~^^。

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

蜀味軒
■ 蜀味軒  ― 北九州市小倉南区 ―

bDSCN3661.jpg

本場四川とサブタイトルもあって、お伺いしてみました。場所は国道10号線沿いの湯川から城野方面に少しのところです。正直前知識なしですので、まあ麺にするか迷いましたが、麻婆豆腐セット780円にしました。辛さは中辛です。大将に激辛は食べられないほど辛いのか?お聞きすると結構辛いとのことです。四川から来られているようなので、本場の辛さレベルに少しビビりましたのが、正直なところです(笑)。このお店の名前に「蜀」と付いているので四川省成都のご出身なのでしょうか?日本語はかなり上手です。

bDSCN3655.jpg

bDSCN3654.jpg

まあ本場四川で頂いたことありませんので、基準というものが分かりません。因みに中華圏の四川料理店は頂いたことがあります。日本なら四川料理と一般的にいいますが、中華圏では川菜(料理)といういい方もあるようですか?揚子江が流れている関係でしょう。

bDSCN3659.jpg

様々な調味用で味付けされてスパイシーに出て来ます。結構辛いですが、ギブレベルではありません。味が分かりやすいという点ではこのぐらいが妥当かもしれません?何せ本場の基準というものを経験していませんので、何んとも言い難いのが正直なところです(笑)。でも美味しかったのはいうまでもありません。

例えば下松の牛骨ラーメンを食べた経験スコア―の低い者に下松牛骨ラーメン云々はやっぱアレでしょう(笑)。というような理由で、この際四川の味を私が申し上げるのはほぼ無意味に等しいことではないでしょうか・・?やっぱ本場の経験のないということはそういうことだと思います。本人の旨い、不味いを述べることはできます。さらに換言すると私自身、関東のつけ麺や家系とかはやっぱ本番で頂いた経験はありません。よってあれこれといったところで単なる御託や戯言なのでしょう(笑)。ほんじゃ~^^。


PS

bDSCN4035.jpg

少し前にお店の前を通っているとこの貼紙です。一応お知らせしておきます。休業期間はもう1ヶ月伸びていて、1月下旬になっていましたが、それからは確認していません。新しくなった本場系を楽しみにしておきますわよ~^^。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

富貴楼
■ 富貴楼 ― 北九州市小倉南区 ―

bDSCN4168.jpg

お伺いした日はここから20分ほどのところに開店した有名店にお伺いする予定も、何てことなく挫折・・(笑)。最近じゃあ、新規オープン店でもすぐに挫折できるぐらいに優秀に?なりました(笑)。注:意味不明(笑)。場所はJR 朽網駅の東口からすぐ近くになります。駐車場もあります。グレードからしたら少しアッパーになりますが、無茶苦茶アッパーというほどでもありません。セミアッパーって、言葉はあるか?どうか?は分かりませんが、そんな感じです。って、どんな感じやん・・(笑)?入口は1階で2階に上がります。

bDSCN4157.jpg

bDSCN4159.jpg

bDSCN4160.jpg

それで、頼むものはすでに決まっていましたが、やっぱ一応メニューを拝見して頼みました。注:恰好付けているといわれても仕方ないです(笑)。このエビ入り五目チャーハン820円です。税別では760円ですから、そんなに高い訳ではありませんが、京都王将等からするとやっぱ結構アレだ・・(笑)。

bDSCN4162.jpg

すぐに出て来るところがやっぱアッパーなところでもあります。でもアッパーでも忙しいときは遅くなるときもあります(笑)。やっぱ、味付け薄味になっていてそれもアッパーな感じです。このメニュー表のエビ入りとわざわざ書かれているところはこのエビなのでしょう。普通のエビとは違って小振りです。剥きエビなら結構な量もつかえるのこのエビですから、やはりアッパーの所以なのでしょうか・・?

bDSCN4167.jpg

やはり町の中華とは少し違うレベルなのは充分に分かりました^^。少し改まった集まり等に使用されるお店なのでしょう。よってオヤジ1人でショボくお伺いするにはやっぱ少しアレなのは否めませんな・・(笑)。もちろんお店の方はそんなことは微塵も思ってはいらっしゃらないと思いますが、オヤジの矜持がそう思わせるのでしょうか(笑)?注:意味不明(笑)。でも正直ラーメン類や皿うどん、中華丼や小籠包もあるしな・・(笑)?少し他所でセイブして・・(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.