ぐるっとまわってちゅるちゅるポン! -しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かくれ庵
■ かくれ庵  ― 出雲市 ―

aDSCN9959.jpg

松江から帰りはまず宍道湖の南側の国道9号線に出て帰るのですが、この日はちょっと北側を久しぶりに通ってみることにしました。それで出雲市に入る手前頃にこの蕎麦屋さんのことを思い出しました。名前も憶えておらず、出雲空港の近くに入り込んだ民家風の隠れ屋っぽい感じとしか憶えていなくてアタックするのだから・・、やっぱ私はアレとしか思えません(笑)。まあ情報ソースは地元の方からだったと思います。

aDSCN9961.jpg

aDSCN9962.jpg

このような田園風景ところにあります。

aDSCN9963.jpg

メインの通りから入り込むところにこのような表示があります。1.5 kmとありますが、実際にはもう少しあるかもしれません・・(笑)。

aDSCN9970.jpg

国道9号線からですとここのところを出雲空港方面(北に)入ります。この国道9号線は東にもうすぐそこで松江市に入ります。

aDSCN9935.jpg

aDSCN9960.jpg

で、こんな感じで営業中でした^^。

aDSCN9942.jpg

aDSCN9941.jpg

入ると女将さんからお好きなところにと・・。で、入ったところにもテーブル席がありますが、折角なので座敷に・・。

aDSCN9940.jpg

aDSCN9945.jpg

こんな感じで広々していて寛げますな・・。外はやっぱ長閑な風景が広がります。ちょっと望遠で寄ってみますとすぐそこに出雲空港です。

aDSCN9952.jpg

で、例によって?釜揚げと割子そばです。割子は何段でもいいとのこと・・。やっぱ1軒ではなしにもう少しお伺いしたいお店もあったので。2段にしました。結果・・、その先ターゲットのお店にお伺いするとアレだったので、夕方までありつけなかった・・(笑)。

aDSCN9954.jpg

女将さんお1人でやっていらして手造り感満載な蕎麦でした^^。出雲蕎麦では余った出汁は次の段に使用して出雲シフトの作法で頂きましたとさ・・^^。

aDSCN9947.jpg

aDSCN9950.jpg

釜揚げの出汁は温めていらしてその辺の気配りは流石だと・・。

aDSCN9951.jpg

aDSCN9943.jpg

aDSCN9958.jpg

大方14時頃までの営業ですし、お1人なさっていらっしゃるので、多いときはお時間かかるときもありますから、ご了承下さいとのこと。帰りにお礼を申し上げて出ると「またご縁がございましたらどうぞと・・!」。やっぱ出雲ならではご挨拶なのだろうか・・^^?ほんじゃ~^^。

お店情報等はこちら


スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

柏の森そば
 潔いポリシーですな・・^^。 ―

柏の森そば(飯塚市)

aDSCN4778.jpg

aDSCN4783.jpg

他のそば屋さん情報で調べているとこちらのお店に遭遇したのだ・・^^。それで前は何回か通っていて、存じ上げていました。でも480円の10割そばということで、このジャンルではあまり使用しないが、正直少し勝手に「なんちゃって系?」では・・?て判断していたことを猛省か・・(笑)。ところでここは飯塚市の柏(かや)の森というところにあります。ちょっと緑の木々のところがあってそこが柏の森なのでそういう地名になったのでしょう。その森からすぐのところです。さすれば・・、柏の森傍の柏の森蕎麦ということになりますな・・(笑)。まあそういうこたーどうでもええか・・^^?

aDSCN4776.jpg

ということでそば一枚とだけ申し上げてセルフのお茶を入れて待つのだ・・。ろんもちすぐですよ~。ご覧な感じです。まあこんなきれいな麺線なのですべて手打ちではないのでしょう。私はうどんもそばも機械でも全く構わないばかりか、茹でムラになるようならむしろ均一仕上がりの機械製の方がいいように思います・・?

aDSCN4780.jpg

aDSCN4781.jpg

一口。なにも付けずに。そばの香りが素晴らしくあるか・・?っていえば、そこまでないように思います?ということで前半は山葵なしで、後半は山葵で頂きました。まあそばの味はいいように思います。十割ですから、あのそばがきの麺バージョンですな・・^^。で、つなぎはまた何かを使用なさっているのか・・?非常にしっかりとした麺に仕上がっていて、麺バカスピリットを得心させてくれます(笑)。普通は十割はやっぱプツプツとなってしまいますから・・。

aDSCN4777.jpg

さっさと啜るとそば湯も出てきました。忘れていましたが、つけ汁も結構好みな味でして、この480円はナイスな CP だと思いますな・・^^。ただやっぱそばだけしかないのは・・、リピという点からしたら・・、ちょっと考えられてもいいのかも・・?と思いましたな・・^^。確かにそばを味わうには他のトッピ類も入れて不要だと思いますが、これほど潔いとシンプル派の私でさえ・・(笑)。換言すると・・、そば屋に来てそばを頼むとき一緒にセットや定食で小鉢やご飯ものなどに結構批判的な私でさえそう思いますな・・(笑)。次回温かいのもそういう頃合に予定しておきましょう^^。ほんじゃ~^^。

飯塚市柏の森520-20 TEL 080-5260-5707
11:00~14:00 定休木曜

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

木の香
― 三瓶そばというブランドですわよ~^^。 ―

木の香(島根県大田市)

aDSCN4486.jpg

地元のブログ等でも存じ上げておりましたが、以前こちらの方が行かれていてやっぱ私もお伺いしてみようと思っていました^^。で、鳥取の用事は済んで松江におりましたので、本日ちょっと寄ってみました。

aDSCN4491.jpg

aDSCN4446.jpg

こちら三瓶山の麓にあります。大田市の中心部から2~30分といったところでしょうか・・?ちょうどこのような感じの西の原という広大な台地を通ります。途中結構登ったりで「マジでそば屋とかあるん・・?」とか「間違ってないの・・?」とか普通に質問はでます・・(笑)。よって事前に場所とか確認されておくことです^^。って、ゆーかー、ナビが連れてってくれる!か・・(笑)。私は音声ガイドはうるさいし、しつこいので(笑)、可能な限り off にしております。よってセットの仕方も取説で学習していません(笑)。県道30号線からですと、最後のアプローチは少し下がって入り込みますので、通り越しをされないように・・(笑)。看板は出ております・・^^。

aDSCN4452.jpg

aDSCN4453.jpg

それでちょうど5~6名のグループが帰られたところで、お店は数名というところでしたので、ほんの10分ほど待つだけでした・・^^。

aDSCN4464.jpg

aDSCN4472.jpg

aDSCN4466.jpg

頼んだものは釜あげ700円 ざる700円 かけ(冷)650円だけですが、ご覧のように小鉢(この日はそば豆腐?)やお菓子(そばゼリー?)やそば湯も付きますから結構納得なCPなのでしょう・・^^。

aDSCN4468.jpg

aDSCN4470.jpg

こちら、自家栽培というところが大きな特徴です。この三瓶山一帯は火山灰の土壌と気候が大きくそば栽培に適しているとのことです。また三立てにも拘っていらっしゃるとのこと。時期的に香りは劣るものの美味しいそばだったと思いましたわよ~^^。変に策を弄した感がないところがやっぱ一番のミリキなのでしょうな・・^^。

aDSCN4473.jpg

このそば豆腐ももっちりして美味しかったですな・・^^。

aDSCN4481.jpg

そしてデザートにこれを出して頂きました。一番近いものでいえば福岡のおきゅうとを少し甘くした感じですか・・?帰りに大将にお聞きすると、羊羹というよりゼリー的な感じで造られているということでした。材料を仰いましたが、結構な種類ですぐに忘れました(笑)。って、ゆーかー、憶えられないわな・・(笑)!

aDSCN4484.jpg

aDSCN4485.jpg

島根県には出雲そばという巨大ブランドがあって、その規模とは全く比較にはなりませんが、ここ大田市にも三瓶そばがあります。この二つはすぐ近くなんですが、基本的には違ったスタンスなそばだと思います。また機会を作ってお伺いしたいと思っておりますわよ~^^。ほんじゃ~^^。

島根県大田市三瓶町志学ロ347-1 TEL 0854-83-2813
11:00~15:00 17:00~(予約営業のみ)
定休 火・水・木 (1~2月は土・日・祝のみ営業)

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

維新うどん
― うどん屋さんでそばをば・・^^。 ―

維新うどん(防府市)

aDSCN4054.jpg

最近アチコチで私のHNを拝見しております(笑)。どうも掲載ありがとうございます。充分な愛想がちょっとできてなくてすみません(笑)。それにしても私の記事をご覧になって行かれていてマジ恐縮です^^。私の筆力や撮り力?で事実はちゃんと届いているのか・・?反省材料も多々あるとは思いますが、そこは何とかご寛恕を請う次第です。またお気付きの点等ございましたら、ご指導のほど拝受いたしますわよ~^^。

という本日の記事と関係ない話はおいといて・・、先日 shops info. でそばを連休明けからリリースされるというようなことをお知らせしました。それで連休明けにでもと思っていましたら、2~3週間経っていました^^。その間防府には数回行っておりますが、すべて?あのオイマタ系にお伺いするという、なんとも麺バカとして矜持はマジ~いずこへ・・(笑)。マジ、チョー、テイタラク系か・・(笑)?ところで、今回はブレブレでごめんチャ^^。最近撮れているという自分勝手な思い込みは甚だしいということは間違いないっすぅ~(笑)。

aDSCN4052.jpg

それでこのは日曜日だったのか?あのリーダー的オバチャンはおられず、若いオニーサン系な方がリードされていました。もしかしてあの方が社長かな・・?で、値段も聞かずにざるそばを頼みました。そしたら税込513円で非常にウレピー値段設定でした(笑)。「そば≠私の価格帯」という寂しい構図?を打破してくれています(笑)。

aDSCN4057.jpg

で、しばらく待ってそのオニーサンが持って来て下さいました。ご覧のような感じです。そばにして珍しく幅広の平打ち麺でした。麺線不揃いとブチブチと細かくなっているところは手打ちの証です。昔、信州松本の有名なところで頂いたときのことを思い出しました。そちらは十割そばでした。

aDSCN4059.jpg

薬味はうどんのときにフリーで頂くものを小皿に取って持って来られました。つけ汁はうどんと共用です。で、このとき気付いたのですが、そばにしょうがや胡麻は初めてです(笑)。流石にそれらはパスで頂きました(笑)。

量は一般的なお店と同じぐらいでしょうか・・?これだけでは少し少ないですな・・^^。でも本日はサイド等には手を出さず優秀になっていました(笑)。それで終盤、試しに「エイヤ!」とそのしょうがと胡麻を投入して頂いてみました(笑)。食べれないことはありませんが、やっぱ薬味は山葵や大根おろしです(笑)。普通に美味しかったですよ。ただ・・、次回もまたそばにするか?って聞かれれば、やっぱ100円安い肉うどんに10回中8回ぐらいまで頼むことになるでしょうか・・^^?

ということでざるそばなら大盛だなと思って、食器を返却口に下げて何気に横の高校生を観察すると、ぶっかけうどんに海老天 on になっていました・・。しかも2尾とは何を小癪な・・(笑)!オッチャンはしばしば onless 系で頂くちゅーのに・・(笑)。ほんじゃ~^^。


■ 本日はupも1つあります^^。↓


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

― 島根県西部のそばでは益田は竹の家、浜田はこちら・・^^! ―

薮(浜田市)

aDSCN3565.jpg

本日は島根県浜田市まで用事です。浜田市は島根県西端の益田市から約1時間です。それで最初はラーメンでもと思っていましたが、1軒は場所間違いでした(笑)。注:コメントのご指摘で私の大チョンボだと分かりました(笑)。もう1軒は昼営業をやめらたようで?閉まっていました。注:その日だけか?までは分かりません。それで前日ちょっとこちらを拝見していましたので、場所だけは大方分かっていました。でも何とか地元の方にお聞きしたりして辿り着きました^^。お昼時でやや混んでいましたが、すぐに座れましたわよ~^^。

aDSCN3557.jpg

aDSCN3560.jpg

aDSCN3563.jpg

ということで、いつもの?割子そば600円と釜揚げそば600円にしました。

aDSCN3554.jpg

aDSCN3556.jpg

よく出たのでしょう。大将が追加のそばを打っておられました。

aDSCN3564.jpg

藪と付けば東京の更科、砂場と並んで三大そばの一つだから白っぽいタイプのそばをイメージしますが、ここはご覧のような出雲そばタイプです。でも調べると藪そばでも「挽きぐるみといって甘皮を付けたまま石臼で挽いたそば粉」を使用されているというようなことですが、やっぱ出雲そばと違って結構白いので、東京のそばはどこかが違うのでしょうか・・?

aDSCN3545.jpg

しっかりとした美味しい蕎麦でした^^。出汁も結構好みです。

aDSCN3551.jpg

前のお客さんのです^^。一応申し上げておきますが、お一人ではありませんでしたよ。わざわざ?このようにして出られる、このセンスは結構好きです・・(笑)。ほんじゃ~^^。

浜田市栄町45 TEL 0855-22-6324
11:00~20:00 定休水曜

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

竹の家
― 島根県の西地域で出雲そばです。 ―

竹の家(益田市)


aDSCN1396.jpg

aDSCN1397.jpg

本日はちょっと島根県益田市まで用事です。ちょっとお昼はこちらで頂きました。まあ島根県の出雲地区にそば屋は何軒あるのか・・?ちょっと数えるのは大仕事のようなほどあります。多分人口割合のそば屋の数はダントツな地域でしょう。しかし同じ島根県の石見地区(西地域)になると出雲そばは極端に少なくなります。まあ大田地域では「三瓶(さんべ)そば」というブランドで呼ばれてそこも結構あります。って、ゆーかー、益田はやっぱうどんに押されているのが実状かもしれませんな・・?その点では山口と同じでしょうか・・?

aDSCN1409.jpg

aDSCN1411.jpg

aDSCN1412.jpg

ということで、正月休みかもしれないという用意不周到でお伺いしたのはいうまでもありません・・(笑)。でも開いてましたですよ~^^。

aDSCN1400.jpg

aDSCN1399.jpg

aDSCN1401.jpg

頂いたものはいつものパターン割子(1枚200円)と釜揚450円です。本日は割子をミニ天丼セット870円にしました。それでメニュー表ですが、そば屋にお伺いしてそばのところ撮り忘れているという大失態をしていました(笑)。私も結構アバウト系になったものダッチャ・・^^。←オイオイ、今回に限ったことか・・?前から同じ(笑)!

aDSCN1404.jpg

aDSCN1414.jpg

aDSCN1418.jpg

そばのときは感想はあまり書かないこれまでの慣習を受け継ぎましょう・・(笑)。まあ美味しかったですよ。赤いのはピリリとするもみじ下ろしです。結構いいアクセントになっています。天丼も揚げ立てでした。ということで、現在のところ山口からすると・・、本場系出雲そばの最も近い店舗になりますか・・^^?ほんじゃ~^^。

益田市駅前町19-7 TEL 0856-23-3131
11:00~15:00 17:00~21:00 不定休


PS

aDSCN1420.jpg

ぢつは・・、最初同じ益田のラーメン店のマルイチにお伺いしたら・・、こうだった・・(笑)。多分お正月はされてて、その代休を取られていたのかも・・?やっぱアレエンペラーの地位はまだまだ譲れそうにないですな・・(笑)。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

扇屋
― 山陰遠征麺 3 JR木次線 亀嵩駅にあります。 ―

扇屋(島根県奥出雲町)

DSCN9744.jpg

DSCN9748.jpg

駅名をお聞きになられてピンと来る方はやはり古い方で間違いないと思いますな・・(笑)。

DSCN9728.jpg

DSCN9729.jpg

そうです。松本清張の砂の器の舞台となった駅なんです。因みに私は小説も読みましたし、それから映画も拝見しました^^。←ところでそれって・・、いつの話・・?⇒結構古いと思うよ~(笑)。それで前からここはお伺いしたいと思っておりましたわよ~^^。

DSCN9731.jpg

DSCN9734.jpg

ぢつはこの日はここから10数キロあるループ橋にお伺いしていて、その近くの他所を考えておりましたが、ご覧のように夕方ですのでそば屋さんはすでに終了しているところがほとんどでした。そういう状況下でここを思い出しました。それに夕食前であまりガッツリと頂く訳にも行かず、お店の女将さんにその旨伝えて二人で一杯という非常識を頼むと快く受けて下さいました^^。3段の割子そばを頂きました^^。

DSCN9736.jpg

DSCN9739.jpg

ちょうど家族連れの方もいらして一緒に作って頂きました。ご覧のような出雲そばです^^。まあそばのことほとんどわかってない私ですが、美味しく頂きましたよ~^^。やっぱもう少し麺バカ系でたくさん頂きたかったのが本音です(笑)。次回機会がありましたらそのときはお馴染みになりました?釜揚げそばも予定しておきましょうか^^?

DSCN9722.jpg

DSCN9721.jpg

DSCN9740.jpg

帰りにお店で売っていらした関連もののそばつゆを買って、御礼を申し上げました。

DSCN9746.jpg

DSCN9747.jpg

この付近は奥出雲地方と呼ばれていて、そばの産地でもあります。そして蕎麦店も多いです。しかもそのほとんどすべてのお店は結構なレベル店ばかりだとお聞きしていますし、また他の方々のブログ等でも拝見しています。集中的に回ってみたいと思わせるには充分な内容だと思いますが、なにせ味わうほうのレベルがちと問題で、猫小判型豚真珠系の最たるものだとか・・(笑)?

DSCN9725.jpg

因みにこのダルマストーブは11月の初旬なのに使用されていました。こんなストーブまだ売っているのですな・・^^。ほんじゃ~^^。

奥出雲町亀嵩亀高駅 TEL 0854-57-0034
9:00~18:00 定休火曜

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

一風庵
― 山陰遠征麺 Ⅳ ―

一風庵(島根県奥出雲町)

DSCN8989.jpg

DSCN8999.jpg

松江市の南にあります奥出雲町は蕎麦の産地型ダイレクト店の多いところではないでしょうか・・・?ということでやっぱレベルは他の地域を凌駕しているのでしょうが、味わう方のレベルが付いていっていませんから・・、「猫に小判」や「豚に真珠」の類で間違いないのでしょう・・(笑)?

DSCN8972.jpg

DSCN8973.jpg

本日はそんな1軒にお伺いしてみました。お昼時は結構混むらしいので、完璧アイドルタイム狙いですが、店舗は8割方埋まっていました。

DSCN8983.jpg

DSCN8976.jpg

それでいつもように割子そばと釜揚げそばです。出雲蕎麦の基本でしょうか・・?ぢつは・・、天ぷらのあるのはエクスペンシブなので手が出せないというのが本音か・・(笑)?

DSCN8990.jpg

DSCN8992.jpg

ということで猫や豚な私は感想は難しいので美味しかったとだけ申し上げておきます(笑)。東京辺りの高級店で頂くような量ではなくて(笑)、しっかりとあります。

DSCN8991.jpg

しかしまあこの辺の人口比率そば店密集レベルはおそらくダントツで全国一ではないだろうか・・?ちょっと有名なところは他府県ナンバーも多いですな・・。そんなに混んでいるのにこちらの店員さんも実に丁寧で気持ちいい対応をされていました。ごちどした^^。

DSCN8993.jpg

ここでもお昼時は少し並ぶことになるということを書きましたが、出雲大社付近のお店は凄まじいことになっていて比ではありません。まあ1時間待ちなんてざらではないでしょうか・・?それに出雲市内のお店も結構並んでいらっしゃいます。たとえば先日upしました、JR出雲市駅にほど近い羽根本店も休日はやっぱ1時間以上待ちなのでしょう・・?

そんな状況に地元の方は解決策をご提案なさっています。1時間待つなら松江や大田(三瓶)やここの奥出雲まで行かれた方が、出雲にとっても結果としてはいいということです。win winということですな・・^^。私もそう思います。まあ元々待てない性格なんですが、やっぱあの長い列に参加する気には全くなれません(笑)。ということで、詳しくは、まあこちらを宜しければ読んでみて下さいよ~ん^^!ほんじゃ~^^。

奥出雲町下横田89番地2 TEL 0854-52-9870
AM11:00~PM4:00(L.O PM3:45) 定休木曜(木祝の場合、営業)

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

芭蕉庵
― ブリヒサシ系で・・^^。 ―

芭蕉庵(北九州市八幡東区)

DSCN4478.jpg

DSCN4496.jpg

DSCN4497.jpg

DSCN4477.jpg

ちょっとこれからは少しラーからそばにシフトしようか?って思ってブリヒサシで名実共にNo.1というこちらお伺いしてみました。駐車場は表と裏にあって、得意の?裏におきました。そしたら出入口の表示のところの中に長い暖簾(カーテン?)のなので入れないのかと思って、横から表に回ると同じように長い暖簾です(笑)。多分そばのために湿度や温度などを遮断なさってのことでは・・?って思いましたが、全く的外れかもしれませんな・・(笑)。

DSCN4491.jpg

DSCN4489.jpg

それで頂くものはせいろ750円です。正直もっと違ったものを頼んでもよかったんですが、ちとCP的に私の守備範囲ではありません(笑)。そばにシフトする最も困難な点はここだと思います(笑)。やっぱちと高い場合が多いですな・・^^。よってそのときは2~3日はひもじい系?で辻褄合わせをして努力しようとは思います(笑)。

DSCN4487.jpg

そば猪口やつけ汁などをまず持って来られて、そばを待っていると意外に早く出て来ました^^。何も付けずにそばだけ・・。後で気付いたのですが、塩で少し頂くと風味が立つとのことです。無知はダメですな・・(笑)。

DSCN4484.jpg

それから出汁をつけて頂きますが、薬味はつけ汁には入れない方がいいとお聞きして薬味は入れずにそばを食べる合間に山葵をそのまま頂いてお口直し的に使用するべきだと・・。まあ昔は山葵を使用してなかったことを慮るとやはり薬味でそばの風味は分からないようになるということは理解できます。これは下関のそば屋の大将からお聞きしたことです。それにしても自慢ではありませんが、これまでそばの風味が分かったことはありません(笑)。多分の辺のセンサーは著しく欠落しているのでしょう(笑)。こううものは努力してどうのこのうのなりそうな感じはしません(笑)。

DSCN4473.jpg

でも旨さ少し分かるかもしれせん^^。ここのそばは都会の高級そば店のように、1枚数啜りで頂けるような量の少なさはなくて、それなりに頂けるのはやっぱ一番いいことだと思います。

DSCN4493.jpg

もう1枚ぐらいは頂きたいところですが、そば湯を頂いて出ることにしました。ここのそば湯はちょっとどろどろタイプなので・・、多分さらにそば粉を追加されているのだろうか・・?

DSCN4466.jpg

DSCN4468.jpg

DSCN4469.jpg

DSCN4470.jpg

DSCN4471.jpg

ということで横の方が鴨せいろ1500円を召し上がっていらして、実に美味しそうだったな・・^^。しばらく指をくわえておったげな・・(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

神代そば
― 山陰遠征麺 その3 ―

神代そば(松江市)

DSCN6158.jpg

DSCN6175.jpg

松江クラシックと呼ぶにふさわしいあの太平楽にシャッターで15分前にお伺いするともうすでにお店の前で10名弱は待っていらっしゃいました。1クール回れば入れるかもしれないとチョー甘い考えでした・・(笑)。その辺をぶらぶらして帰ってきたときは・・、ホイ、店内inで外の列は少し延びていましたので・・、予定を替えてこちらに・・^^。こちらも11時前なのにすでに数名店内にいらっしゃいました。そば打ち台ではこれからいらっしゃるお客さんのために大将がテキパキと打っていらっしゃいました。因みにこちらも松江の人気トップゾーンの一店です。

DSCN6151.jpg

DSCN6153.jpg

DSCN6155.jpg

DSCN6172.jpg

割子そば3枚(段)で900円と釜揚げそば700円です。ちょっと早かったせいか・・、この時間は少しお高い地元産ののみの提供でした。まあ蕎麦の味が分からない者としては・・、こういう機会でも無い限り高い蕎麦は頼めませんな・・(笑)。

DSCN6159.jpg

DSCN6162.jpg

山口では出雲蕎麦は正直普段あまり頂く機会はないですので、この釜揚げ蕎麦は本場に行けば是非ものと思っていました^^。ぢつは・・、昨日の羽根本店でもぢつはチョー頂いてみたかったですわよ~^^。

DSCN6148.jpg

DSCN6145.jpg

ここもお店の方に丁寧に食べ方を説明してもらえます。無料だと思って蕎麦汁をたくさんかけてしまわないことがポイントのようです(笑)。やはり少なくかけて加減を調節するといいでしょう^^。無料という言葉にチョー弱い私への教訓ですか・・(笑)。

DSCN6163.jpg

DSCN6168.jpg

羽根本店同様美味しいと思いましたわよ~^^。特に釜揚げそば初挑戦でしたが、これはなかなか好きなタイプですな・・。やはり薄味になっていて、足らないときは追加して下さいとのことでした。下世話な私はこれにネギたっぷりとか、ありかな・・?って少し思ったげな・・(笑)。まあ蕎麦の香りは分からなくなるとは思います(笑)。その点ではこの釜揚げそばの薬味も別皿で出されていますな・・。それに卵もありなところあるようなので、少し一味も利かしてズーズーすするとかありなのでしょうか・・^^?下世話な習性がチョー呼び掛けるぜー(笑)!

DSCN6149.jpg

DSCN6142.jpg

DSCN6143.jpg

DSCN6144.jpg

蕎麦食いということでは・・、冷たいの頂いてから釜揚げというパターンはミリキ的なのですが、1店完結になって次のラーメンとかは基本的に無理でしょうから、やっぱ地元だったらとちょっと思ったげな・・^^。ほんじゃ~^^。

松江市奥谷町324-5 TEL 0852-21-4866
10:00~17:00 (早く閉店する事もあり)定休水曜

PS

DSCN6196.jpg

DSCN6197.jpg

この後某所(明日up予定)のところにお伺いして帰るときに境港経由にしましたので、先日ご紹介した彩龍@岩国市のお弟子さんのお店彩龍一番@米子市にお伺いしてみました。オイオイ・・、得意技の?準備中ということですが、まあ頂くつもりはなかったのでダメージはありません(笑)。正直頂いてみたいとは思っていますが、山陰のこの辺まできてトンコツを頂くよりはもっと他のを・・!ってまず思ってしまいますな・・^^。やっぱ麺バカなダメなところなのでしょうか・・(笑)?場所は凄く分かりやすいです。米子高専のすぐ隣になりますから・・^^。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

献上そば 羽根屋 本店
― 山陰遠征麺 その2 ―

献上そば 羽根屋 本店(出雲市)

DSCN6095.jpg

DSCN6082.jpg

益田を出てから、浜田、江津、大田と通って、道中道草や偵察をしながら、出雲市まで来ました。それで・・出雲クラシックの範疇に入るようなラーメンにしようか・・?で迷いましたが、本日は何気に何となくこちらになりました^^。

DSCN6092.jpg

まずはJR出雲市駅付近まで行って土地勘を働かせます。駅名に市と付くところが珍しいですな・・^^。昨今話題の出雲大社まではここから一畑電鉄で行くことができます。車だと20分ぐらいでしょうか・・^^?お店は駅の北東の商店街を抜けたところにあるように記憶しています。この時間は午後5時前だったんで余裕でしたが、連休や休みのお昼時は恐ろしいことになっている話はよく聞きます(笑)。軟弱なオヤジはそういう時間帯は寄り付けません(笑)。

DSCN6077.jpg

お店の中も全く混んではいません。これらのテーブル席以外に座敷席も結構あるようです。

DSCN6075.jpg

DSCN6074.jpg

DSCN6073.jpg

それで何にするか・・ということですが、やっぱ出雲なので郷に従いまして・・、割子蕎麦です。で、3段660円 1段220円の表示です。ちょっと1段だけとかもいいのか・・?お聞きしてみました。すると快く承諾されましたので・・、少し考えて2段にしました^^。ショボいのは仕方ないのでしょうが、何ぼなでも1段だけはちょっとな・・(笑)。それで2段にしました。まあ普通は問題なく3段だよな・・(笑)。献上蕎麦という格式あるお店なのにそれを認めて頂けるところは逆に素晴らしいことなのでしょうな・・^^!って、ゆーかー、追加2段のお客はいらしても・・、最初から2段の客もほぼ皆無か・・(笑)。

DSCN6083.jpg

DSCN6084.jpg

DSCN6085.jpg

DSCN6086.jpg

2段でもそれなりに時間はかかっています。茹で置きは使用なさらないところに心意気を感じました。それに2段でも食べ方の説明を丁寧にしていただけました^^。正直蕎麦の味は分からないのが現状です^^。しかしまあ美味しいところと言われているようなところで頂いて感じたものと同じような感想でした。どう表現したらいいのか。啜ったときの少しヌメリもあるようなところも・・。まあそれをヌメリというべきかは甚だ疑問ではあります(笑)。

DSCN6080.jpg

蕎麦湯も出て何となくショボく440円を大将に払って出ました。そのときある事をちょっとお聞きしたのですが、440円でも丁寧に答えて頂き、マジで恐縮したげな・・(笑)。ほんじゃ~^^。

出雲市今市町本町549 TEL 0853-21-0058
11:00~20:00 店休1月1日

PS
道中を少しやっぱダラダラ撮りです^^。

DSCN6096.jpg

宍道湖に流れ込む斐伊川(ひいかわ)です。

P6152932.jpg

宍道湖の南側から北東方面の松江市遠望とか・・。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

ひさご庵
普通のことを普通される丁寧さ・・^^。 ひさご庵(山口市)

P7037647.jpg

P7037653.jpg

ここも実は結構宿題となっていましたが、なぜか延び延びなっておりました。情報ソースは基本的に詳らかにするのがエチケットでしょうが、皆さん行かれているのでこちらはもう敢えて申し上げる必要もないようですか・・^^?場所は国道190号線の「サンパークあじす」からもう少しで宇部市になるところ海側です。表通りに私もお伺いしたことのある麺中心のお店があってそこから少し入り込みますが、看板が立っているのでそんなに迷われることはないでしょうか?

皆さんは天ぷら系そばだったように記憶しています。入って確認すると700円です。ショボい私としては少し考えました。そしてまあ違うもののほうが皆さんにはいいか・・^^?って考えて肉そば550円にしました。って建前では申し上げておきましょうか(笑)?

[ひさご庵]の続きを読む

テーマ:蕎麦屋 - ジャンル:グルメ

さぼーる
仕事をさぼーることにして・・^^? さぼーる(周南市)

P9309360.jpg

数年まえから宿題になっていましたこちらに・・^^。それにしても最初からベタでごめんチャ^^。←やっぱ一応はベタネタしとかないとな!ってか・・(笑)?⇒場所が結構分かり難いのですが、そこは麺バカの習性ですな・・、私は問題なく辿り着けましたよ~ん(笑)。まあびおちゃんは本日は仕事なのでお誘いしなかったのでまたお忍びとなりました^^。

まず国道2号線のケンタとセブンの間を入って行きます。この表現を瞬時に受け入れられない方ははっきりと言ってオヤジ系です(笑)。反省しなさいよ~ん^^。最初の信号を左折してすぐに「いつものところ」を右折して入るとご覧のような道になります。←オイオイ!初めて行かれる方にいつものところとは・・?バカにするのも甚だしい!バッキャヤロウー(`A´)!⇒ごめんチャ^^!「いつものところ」っていうのは喫茶店の名前だった・・(笑)。←またもやオイオイだ~!そうだったら最初からきちんと説明しろ!つ~の(`A´)!でもマジでそんな名前の喫茶店で・・^^?

[さぼーる]の続きを読む

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

なかむら
もう1日遅ければ・・^^。 なかむら(長門市)

P9269169.jpg
P9269189.jpg

mahyoさんのところで以前新店情報としてうpされていましたが、なかなかお伺いする機会がなくて本日やっとお伺いした次第ですわ~^^。場所はご覧のように長門市のサンリブの東隣ですのですぐ分かります。

[なかむら]の続きを読む

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

いろり庵
いろり庵(周南市)

100_7384.jpg

100_7388.jpg

100_7392.jpg

昨日は久しぶりのお休みをいただき、雪遊びに広島県吉和村に行ってきました。その前にお昼は合併する前は鹿野町にあるお蕎麦屋さんに行きました。ざる(800円)と月見そば(700円)さらにそれぞれの替玉(400円)をいただきました。そばの表面がぬるっとしていてそば好きの方にはなかなではないでしょうか。場所は中国道 鹿野インターを下りて国道315号線を阿東町方面に、15分ぐらい行くと左側にあります。おおよそお店などないようなところです。

周南市大字大潮568-4 10:00~17:00 0834-68-4295 
行かれるときは電話されて確認されたほうがいいかもしれません。休みは不定休でときどきらしいです。(旧価格)

テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

愛蕎
愛蕎(北九州市八幡東区)

100_9297.jpg

100_9309.jpg

もりそば650円(旧価格)

芭蕉庵のお弟子さんのお店ということで、出される蕎麦には皆さん満足されるでしょう。しかし、御覧のように「うどん」のテントが何とも恨めしい感じです。これではうどんメインに思ってしまいます。実は、私、数ヶ月前にちょっと先の福楽ラーメンに行ったときに前を通っていまして、「こんなところに蕎麦屋さんがあるんだ。」と思って通り過ぎておりました。「まあ、地元に愛される町のお蕎麦屋さんで少しグレードのある感じかな?行くところがないときにでも行ってみようかな?」程度でした。蕎麦もさることながら、蕎麦湯の加減が何とも憎い感じです。これはそば以外にもチャレンジしたいなーと思います。場所はスーパー大栄大蔵店の近くの商店街の道を南にいったところです。文字通り、店名の「蕎」の字は蕎麦から取られて、蕎麦に対する気持ちでしょう。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

芭蕉庵
芭蕉庵(北九州市八幡東区)

100_9420.jpg

100_9426.jpg

もりそば650円 田舎そば750円 食べ比べ1100円(旧価格)

数年ぶりということで食べ比べを頂きました。すごいボリュームです。関東や関西の高級なお蕎麦屋さんをお連れしたいです(笑)。内容はここで、私がどうだのこうだのいう必要はないでしょう。皆さんが評価されている通りだと思います。先日の愛蕎との差は分かりませんでした(笑)。それから田舎そばは確か鹿児島霧島産でした。塩を出されるといことは余程のことでしょう。お店の前では石臼が回っていました。しばらく拝見していました。電動でしたが、よくできていますね。ご飯ものなども置いてある気取らないところも好感が持てるようです。

北九州市八幡東区尾倉2丁目7-10  093-671-1107




本日でこのダラダラupは済みました^^。やっと済んだと思う反面、もう少し、ダラダラupを続けたかったのにな・・(・Ω・`)!皆さんもたくさんupしたほうが楽しいのでは・・(・Ω・`)?って思っていたら・・、この方から・・久しぶりに厳しいご指摘です(笑)。!でも、小さい字は読まないでチョ^^。


100_8767.jpg

ということで、またいい加減系退屈upとなりますからどうかご了承下さいよ~ん^^!

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

一季
一季(北九州市小倉南区)

100_0735.jpg

100_0743.jpg

一季と書いて「ひととき」と読むようです。場所は国道10号線とほぼ平行して山側(西側)を通っている道をルンルンと(どうしてルンルンなのか?)ほんのちょっと行けば、苅田町に入る小倉南区の最南端です。キャッチは[平尾台の十割そば]ということです。つゆは他のそば屋さんと比べると甘くないようです。お昼のざるそば定食900円。ざるそばだけだと650円。かけそば600円。そば湯も出ます。(旧価格)

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

一徳
一徳(北九州市若松区)

100_7813.jpg

100_7805.jpg

100_7808.jpg

100_7817.jpg

ざるそば578円 大盛735円 親子丼630円。初めは天丼にしようねと決めていましたが、メニューを拝見して1050円です。何の躊躇もなくすぐに525円の玉子丼にしようかと検討し始めました(笑)。この丼ものが甘すぎずに結構好みの味に仕上がっていました。高得点です。天丼も高いけれどその分納得できるのかもしれません。そばはすっきりとしています。つけ汁はやや甘めかなと思いますが、全く許容の範囲で後は好みの問題でしょう。蕎麦屋なのにうどんもありました。コシもあってなかなかだと思いました。かけそばも含めて麺類は全部大盛で丼は普通です。家族4人で完食どころか、子供はまだ食べたそうな顔でした(笑)。(旧価格)

火曜定休 北九州市若松区本町2丁目13-5 093-751-2339

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

そばの実
そばの実(美東町)

100_8605.jpg

100_8613.jpg


山形から取り寄せて出されています。つなぎに玉子を使用されているとのこと、かなりな歯ごたえです。しかも太い部類に入るでしょう。つけ汁はメインはカツオ出汁でしょう。つなぎに玉子ということで蕎麦湯は出ません。ざるそば中500円 大620円 かけそば中570円 大690円おにぎり90円 他にぶたそばもあります。場所は小郡から秋吉台に行く、道沿いにあります。(旧価格)

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。