FC2ブログ
ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!-しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
福岡県みやこ町特集

■ 藪 ― 福岡県みやこ町 ―

bDSCN5546.jpg

bDSCN5556.jpg

同じような感じのお店が2軒並んでいます。まずはこちらからごぼ天うどん530円とかしわおにぎり1個110円にしました。それにしても福岡では天ぷらにするときだけ?ごぼう天ではなしにごぼ天と呼ぶのはなんででしょう?でもごぼう天と呼んでいらっしゃるところもきっとあるのでしょうから、その辺はさっとパスしておきましょう(笑)。

bDSCN5544.jpg

bDSCN5543.jpg

一応メニュー表です。ミリキ的なラインナップですが、やや高い感じです。

bDSCN5547.jpg

かしわおにぎりもキッチリと美味しかったです。コンビニとは違うかな・・(笑)?実際のところはよく分かってないです(笑)。

bDSCN5551.jpg

うどんは出て来るタイミングから茹で置きでしょう。ごぼ天も結構入っています。なかなか減りませんでした。この内容で計640円なら CP はいいです。ということで、近くにあればカツ丼や天丼にチャレンジしてみたいと思わせるには充分な内容だったように思います。ほんじゃ~^^。


PS

豊前国分寺 三重塔@みやこ町

bDSCN5590.jpg

スポンサーサイト



テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

旬犀庵
福岡県みやこ町特集

■ 旬犀庵 ― 福岡県みやこ町 ―

bDSCN5409.jpg

bDSCN5417.jpg

場所はみやこ町農産物直売所 「よってこ四季犀館」と同じ敷地内にあります。セルフのうどん屋さんで、お客さんは多くておにぎり等 sold out になるときもあるそうです。

bDSCN5410.jpg

うどんは麺上げ器の横に置かれてオープンにされているから申し上げますが冷凍です。それにしてもここまでされているのですから、麺より他の天ぷらやおにぎりにポイントを置かれているのでしょう。その天ぷらはちょうど売れていて、後程頂いているとえび天とか、アスパラ天まで揚がってきました。こういうタイミングなら揚げ立てをになります。清算して葱のフリーのところにやはりフリーの天かすがありましたから、私にはそれで充分といえます(笑)。

bDSCN5408.jpg

うどん250円で左のじゃこおにぎり50円で右の味おにぎりは100円でした。大方50円のような表示だったので、50円と思っていただけにアレだった。そういえば松茸何とかと書かれていたようなので?100円でも仕方ないのですが、味も香りもよく分からなかった(笑)。

bDSCN5412.jpg

で、ここのおにぎりはやっぱ犀川米という米どころだけあってコンビニのそれではありません(笑)。しかも50円ですから価値は3~4倍ぐらいになります(笑)。ということで、次回機会がございましたら、おにぎりだけ5個ぐらいと天ぷら頼んでみたいと思います(笑)。因みにそのおにぎり8月より80円になるそうです(笑)。「オイオイ、いつの話や!」ってか・・(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

まっちゃんうどん
福岡県みやこ町特集

■ まっちゃんうどん ― 福岡県みやこ町 ―

bDSCN5376.jpg

bDSCN5382.jpg

このみやこ町は行橋市の大方、西側で縦に長い町です。その南の方にあります。お店は新しい感じです。うどんとトッピの組み合わせでオーダーする方式でしょうか?でも定食などのメニューも少しあって状況を把握するにはショボいオヤジにとっては結構アレです(笑)。因みに葱とかはフリーです。

bDSCN5378.jpg

かき揚げ(100円)うどん(300円)とおにぎり70円になりました。合計で470円ですからうどんでは普通でしょう。因みにエビ入りのかき揚げは200円ということですが、ショボさゆえにそのまま玉ねぎだけになりました(笑)。

bDSCN5380.jpg

麺は普通の汎用タイプです。量は少し多いと思います。手打ちではありません。

bDSCN5377.jpg

汁は美味しいです。おにぎりは出汁を取られたのを佃煮風にされて混ぜられたものでしょうか?意外にといってはアレですが美味しいです(笑)。ということでさっさと頂いて帰ったげな。ほんじゃ~^^。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

高庄
■ 高庄 ― 行橋市 ―

bDSCN5230.jpg

bDSCN5234.jpg

大分方面よくお伺いしておりましたから、こちらも存じ上げて下りました。またいつでも行ける系のお店なので keep 店となっていましたが、最近はその keep していてもすぐに忘れてしまって keep になっていません(笑)。

bDSCN5231.jpg

麺線が揃っているので手打ちではありません。食感も手打ちのそれではありませんが、うどんで10分ぐらい待つのはよほどでない限りあり得ませんので問題はありません(笑)。汁は福岡のうどんだな!って思わせます。

bDSCN5233.jpg

最初なのでごぼ天にしました。天ぷらは拘っていらして通し揚げです。でもまあ私はうどんのトッピの天ぷらでも別皿以外は揚げ置きで充分で即出優先の方かな・・(笑)。

bDSCN5227.jpg

bDSCN5228.jpg

トータル的にバランスのいい感じに仕上がっているようです。ネット情報ではカレー系も推しなので次回機会がございましたらそれでも予定しておきましょうか^^?ほんじゃ~^^。

テーマ:うどん - ジャンル:グルメ

豊前路
■ 豊前路 ― 福岡県苅田町 ―

bDSCN5002.jpg

少し前からお伺いしてみようと思っていましたこちら、結構地元に愛されているうどん屋さんのようです。この日も常連らしき方々で混んでいました。お店のオネーサン方も明るいです。例によって?何でもよかったのですが、まあ天ぷらうどん400円のみということで。おにぎり類もありますが、ショボいオヤジなのでこの日はパスしました(笑)。

bDSCN4994.jpg

天ぷらは数種類から選べます。例によって?何でも可コールすると少し困っていらした(笑)。それでこれといった理由もなく例によって、基本形のごぼ天うどんにしました。例によって?頼んでから、カウンターにフリーの天かすです。例によって、少しアレな気分になりました(笑)。

bDSCN4997.jpg

麺は門司区の製麺所からのようで、結構太いです。出汁も基本的タイプです。まあ醤油も使用なさっていますからご覧のように透明に近くはないです。

bDSCN4998.jpg

立ち食いでもありますが、ご覧のように座る場所もたくさんあって、例によって?ショボいので座って頂きました(笑)。。まあこれで400円ならいうことはありません。例によって?さっさと頂いて出たげな・・^^。怠惰で惰性系だな・・(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

うどん 伴
■ うどん 伴 ― 中間市 ―

bDSCN4894.jpg

bDSCN4886.jpg

少し前から懸案だったこちらです。しか~~し、最近の私は中間市はちょっと遠いです(笑)。この日は小倉まで用事だったので、何とかお伺いした感じです。確かに「何とか感」は否めません。お店の前は共用の駐車場ですが、何とか1台ありました。

bDSCN4895.jpg

それにここはご覧の麻婆豆腐でお伺いしたところですから、人気店なので混み合うのでしょう。

bDSCN4887.jpg

bDSCN4893.jpg

入って一番人気のこんぴらうどん600円にかしわおにぎり120円をつけました。

bDSCN4889.jpg

大将が麺上げ場と調理を担当されていて、天ぷら類は他にお1人専任で揚げられています。よってすべて通し揚げです。その分少し時間がかかるときもあるということです。そういうのなら問題はないでしょう。

bDSCN4888.jpg

うどんは美味しいですが、うどんだけでここはやはりよそ者には少し遠いです(笑)。セットやそしてとくに天ぷらは下手な天ぷら屋より数段美味しいので、次回機会がございましたら、天丼とかでお伺い予定にしておきましょう。

bDSCN4881.jpg

bDSCN4882.jpg

bDSCN4883.jpg

bDSCN4884.jpg

bDSCN4885.jpg

お店の方は全員男性で、こういうお店も珍しいですな・・。他の日は女性の方もいらっしゃるかもしれませんが、少し華やいだ感じも欲しいです(笑)。でも対応は非常にいい感じで、華やいだ感じの無さを完璧にカバーしておられます(笑)。すこしアレなことを申し上げてすみません(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

ドライブイン かわら
■ ドライブイン かわら ― 福岡県香春町 ―

bDSCN4827.jpg

bDSCN4833.jpg

筑豊方面にお伺いするときは結構この前の道は通りますが、前回はお伺いしたのはいつだったか・・?思い出せないぐらいです。多分20年までにはならないと思います・・(笑)。逆をいえばこのお店はそのぐらい皆さんの支持を得ておられるということです。歴史はさらに古いのは新しくリニューアルされている横のテーブルのあるコーナーの写真等で拝見できます。しかしまあ現在ドライブインという普通名詞を積極的に使用なさっているところはありません(笑)。

bDSCN4825.jpg

自販機も昔は論餅ありません。本日は夕方の時間帯だったので天ぷら類は sold out になっていて普通はほとんど頂かない丸天460円に仕方なく?しました。まあかけ360円でもよかったのですが、絵的にアレだと思ったからです(笑)。そしたらフリーの天かすもあってそれで充分だったと思ったときにはすでに出されるところでした。

bDSCN4829.jpg

ということで御覧な感じです。天かすも結構上等なものです(笑)。出汁も昔からの材料と製法で作っていらっしゃるのでしょうか・・。うどんも地元の製麺所のそれでしょう。ちょっと長く温め返していらっしゃいます。このヤワヤワの麺も何んともいえません。ショボいオヤジやオバハンには讃岐よりしっくりと来る昨今でしょうか・・(笑)?これぞ福岡のうどんです。

bDSCN4832.jpg

やっぱこのクオリティーは立ち食い系といえど、その辺のうどんとはちと違いますな・・。次回は何はともあれ、安いかけうどんだな(笑)!ほんじゃ~^^。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

こんぴらうどん
■ こんぴらうどん ― 北九州市小倉北区 ―

bDSCN4778.jpg

小倉の某うどん店の支店にお伺いしようと思ってお伺いすると場所を間違っていた(笑)。しかし、「まあいいか!」の精神でチョーブリヒサシでこちらにお伺いしました。何せこちら、過去に1回お伺いしたことがあるのだけれど・・、それが途轍もなく前という・・(笑)、論餅ネットもなくて確かあの懐かしい頃の「オイマチ」を拝見してからだったと思うからマジでアレだな・・(笑)。

bDSCN4774.jpg

そんな昔のことだったので、何がオシなのか?はすっかり忘れていて、すんなりえび天うどん400円を頼んでしまった。

bDSCN4777.jpg

400円でこのえびはなかなかないよな・・、って思ったとか。出汁はあっさりタイプで麺は讃岐にしては細い感じです。

bDSCN4771.jpg

bDSCN4772.jpg

因みにオシはうどん定食500円だったのは、結構周りでこれを召し上がっていらしてから・・。「そうだった。ここはうどん定食だった!」って・・。全くアレとしかいいようがないですな・・(笑)。まあ次回の宿題ということで・・^^。ほんじゃ~^^。

テーマ:うどん - ジャンル:グルメ

桃太郎 門司店
■ 桃太郎 門司店 ― 北九州市門司区 ―

bDSCN4726.jpg

bDSCN4722.jpg

予てよりの懸案だったこちらにお伺いしてみました。場所は JR 門司駅横です。駐車場は駅の駐車場に。30分100円ですから、400円のうどんを頂くのに100円の駐車代はちょっとアレです(笑)。入ると結構な賑わいです。すでに顧客は付いていらっしゃいます。門司の方は下関にもよく行かれるので桃太郎うどんもご存じのはずです。新店という概念はないのではないでしょう・・?実際、門司港の魚屋さんで仕入れは西港の北九市場ではなくて下関だとお聞きしたことはあります。でもメニューや内容はすでに違っています。もっとも下関の三店舗でも違いますから到って普通なことでしょう。

bDSCN4721.jpg

bDSCN4718.jpg

看板の天ぷらうどん400円とかしわおにぎり80円を頂きます。下関の桃太郎もしばらくご無沙汰なので、下関も390円から400円になっているのかもしれません?まあ10円でどうのこうの言ってはいけません(笑)。

bDSCN4724.jpg

麺のソフト感は同じようですが、形状は違うような・・?出汁は山の田はかなり白っぽい透明ですが、ここはご覧のような感じです。本店に近いかもしれません?それに何ていったって、カレーやしめメシがああります。

bDSCN4720.jpg

独特の天ぷらの感じはあります。優劣は分かりませんが、下関の方がきめが細かいようです。それに天かすも設置されていますから、他のうどんを頼んで、その天かすで間に合わす方法もあります(笑)。注:そういう方法をすぐに考えつくところが何んともアレというしかありません(笑)。

bDSCN4723.jpg

トータル的にはオープンしてすでに結構経ちますから、門司店のオリジナリティーも出てきているようです。これはこれでいいことでしょう。お味的には好みのレベルででょう。

bDSCN4719.jpg

お釣りを敢えて駐車代用に100円でもらって出ました。それで駐車券を入れてからの表示は0円でした。オイオイ、他のJR の駅のように最初に20分は無料のようです。そう思って説明書を読むと下の方にそう書いていました(笑)。大事なことはトップに書いてほしいとマジで思ったとか・・?まあご覧のように1000円以上で30分の券はくれます。まあ駐車場代が無料ならリピもありですが、下関の桃太郎でいいようにも思います(笑)。でも下関の桃太郎にないセットや複雑や煩雑な組み合わせ(笑)?もありますから、またお伺いしたいものです。ほんじゃ~^^。

テーマ:うどん - ジャンル:グルメ

三井うどん
■ 三井うどん ― 福岡県小郡市 ―

bDSCN4717.jpg

福岡の麺バカさんの間で好評なこちらにお伺いしてみました。というのも、この日は飯塚におりまして、そこからだと1時間はかかりませんから^^。まあ正直福岡県は筑後もうどんの美味しいお店が少なくありません。場所は大分道の小郡インターの近くです。

bDSCN4706.jpg

入るとすぐに券売機です。サイドのおにぎり類はすでに sold out の表示です。うどんは最初なのでごぼう天にしようか?って思うもこの日は小えび天うどんにしました。他にトッピも考えましたが、最初なので多く乗せるとウリの汁の味は分からなくなるのでパスしました。

bDSCN4714.jpg

丁重に大将は調理されています。小えびは冷凍ですがその場で揚げられています。

bDSCN4716.jpg

bDSCN4708.jpg

その間麺をしっかりと温められています。因みにこの麺は付近の秋月の篠原製麺所製ということです。この麺、製麺所でも機械の入る過程は少ないように思います・・?この不揃いの麺線はそれを物語っていますから?こんな麺を頂くとうどんは讃岐だけではないのはよく分かります。「うどんにコシは要らない。」というポリシーの福岡も納得です。それは山口のスーパー系の袋めんにも言えます。

bDSCN4712.jpg

汁は流石に美味しいです。やはりいいものを使用されているのでしょう。こうなれば付近まで行くことになればリピは確実です。ただこの日は前述のようにサイドは時間帯ではほとんどないので早い時間帯ということになりましょうか・・?この日もおにぎりはラストワンでした。まあおにぎりは普通です(笑)。ということで、ついではありませんが、少し遠回りして帰りました。ほんじゃ~^^。

テーマ:うどん - ジャンル:グルメ

小泉 苅田町店
■ 小泉 苅田町店 ― 福岡県苅田町 ―

bDSCN4677.jpg

ずっと前から宿題にはなっていましたが、ここら辺まで来ると他の宿題店が優先となっていましたから、なかなかアレになってしまっていました(笑)。ということで、本日は積極的にお伺いしてみました。というのも先日の讃岐訪問の影響は否めない単純系です(笑)。

bDSCN4668.jpg

場所は国道10号線と並行している山側の県道254号線沿いです。現在行橋店、豊前店と3店舗あります。セルフで普通のかけならアクションなしで通ります。入るところにその案内はあります。

bDSCN4671.jpg

本日は定番の野菜のかき揚げをパスして、30円差ぐらいの小エビのかき揚げにしました。まあ130円でこの量はいい感じですが、冷凍でしょう。冷凍でなければこの量で130円はあり得へん系です(笑)。

bDSCN4674.jpg

うどんもつゆも無難な感じです。茹で置きになっていて仕上がりの少し手前で上げられていらっしゃるのでしょう。ちょっと前は250円らしかったようですが、270円になっています。トータルで400円ですからいうことはありません。本場讃岐だと350円弱といったところでしょうか(笑)?サービスの漬物などもあります。これならまたお伺い予定に^^。ほんじゃ~^^。

テーマ:うどん - ジャンル:グルメ

うどん屋
■ うどん屋 ― 福岡県朝倉市 ―

bDSCN4110.jpg

bDSCN4114.jpg

少し前ならこの辺まで来てうどんというのはあり得へんことだったのですが、最近の私は全くアレだから全く問題なくラーメンを横に追いやれる訳です(笑)。それにしても結論からいえば・・、やっぱ福岡はうどんもラーメンと双璧なのだなとよく分かりますな・・^^。大雑把にいえば、年齢的にはラーメン➡若い人、うどん➡高齢者層ということでしょうか^^?

それで、用事は佐賀県みやき町ですが、まずはこちらに^^!筑後平野まで出て東方面に約30分かかります。何をイマサラ系ですが、やっぱ朝倉バイパスを通った方が、スムーズに到着できるようですな・・(笑)?ちょうどこのお店の前に出て来ますから、どこで曲がればいいのか、迷わなくて済みます(笑)。

それから屋号ですが、ぢつはあるのかもしれません?地元朝倉の方々の間では「農協のところのうどん屋」でオーケーらしいです。こういうの地元密着感、宜しいですな・・(笑)。

bDSCN4107.jpg

時間を外したにもかかわらず結構混んでいてカウンターもほぼ満席です。待っているとお店の方が、小上りの小さいテーブルを勧めて下さったのでそちらに。まあ最初なので普通系のうどんを頼みました。肉うどんもよく出ているようですが、やっぱ出汁感優先系の並えび天うどん410円とかしわめし1つ80円で合計490円にしました。注:この距離なら普通は上えび天にするよな・・(笑)。

bDSCN4113.jpg

因みにかしわめしとはかしわおにぎりということです。これは一応オネーサンに確認しました(笑)。

bDSCN4112.jpg

うどんは看板の書いてあるように純手打ちだそうです。この麺線の不揃い感を拝見すると機会製造でないことはすぐに分かります。茹でて簀の子等に置かれていらっしゃるのでしょうか?まあ茹で立てということではありませんから、あの讃岐感とは無縁です(笑)。でも思うに特にショボくなった麺バカをホイホイさせるものはこのぐらいの方がいいのかもしれませんな・・(笑)。

出汁も派手さはありませんが、やっぱよく出されています。えび天も手造り感があってなかなかいい感じです。注:外注だったりして・・(笑)。まあこのような感じなら、かしわめしにもよく合いますから、近くあれば間違いなく通ってしまいます(笑)。って、ゆーかー、マジでまたお伺いした1店になりましたな・・^^!付近にはまだまだお伺いしたいお店があるので、そちらとのおり合いをどうつけるか?ちょっとアレな感じになったのはいうまでもありません(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

駅うどん
■ 駅うどん ― 北九州市門司区 ―

bDSCN3191.jpg

bDSCN3193.jpg

少し漠然とした話ですが、こちらのうどんやさんはどうなのだろう・・?とあるとき思い始めました。最初にそう思い始めたのもはっきり申し上げて、いつからだったかも定かではありません(笑)。確かにお客さん、ちょっと多い日もあって、またお持ち帰りとかで待っていらっしゃる方も少なくないようなときもありました。ところが屋号を示すものがそのときはなかったようです。(注:現在は小さく書いてありますが、気付いてなかったかも・・?)それで、あるときお店の前で、出て来られたタクシーの運転手さんがおられて「このお店の屋号は何といいますか?」とお聞きしたことがあります。すぐに教えて頂き、さらに長くやっていらっしゃることも仰られていました。もちろんその運転手さんも常連さんであることに間違いなくて、もう1週間に数回は行かれている印象・・(笑)。

bDSCN3189.jpg

ただお店はそんなに広くはないようだし、とりあえずお持ち帰りでもしてみるか?ってな感じで数か月後に天ぷらうどんを持ち帰ると結構しっかりとしていて、なるほど、これなら人気のほども分かるといういうものでした。ではではということで、実際にお店で頂いてみようと思い立ったのはいうまでもありません^^。でもなかなかお伺いできなかったのは最大の理由はアレです(笑)。そしてその次ぐらいの理由は、撮りたいメニュー板はカウンターの左端にあって・・、いつもどなたかいらっしゃいます。ポールポジションは狙えませんでした(笑)。それで本日はその PP は前を通ると可能な状況でしたこともあって・・^^!

bDSCN3190.jpg

まあとりあえず、一番豪華なかやくうどん520円です^^。おにぎりを付けようとしましたが、何となく止めておくことにしました^^。やっぱ歴史なのでしょう、手際はよく湯切りをされてすぐに出て来ました^^。結構な具の種類です。やっぱこれだけ混ぜるとシンプルにうどんを味わう感は希薄に?なりますな・・(笑)。でも美味しいです。

bDSCN3192.jpg

ということで、しばらくいるとお店は満杯になってきました。最初は中ほどにご年配のオネーサン方3名で並んで和気藹々です。まあ半分はおしゃべりなのでしょう(笑)。コーヒーのサービスもあったような・・(笑)?それから右端のおっちゃんは軽く一杯です。PP でも右側を一席開けて座っていましたので そちらに来られたおっちゃんは、席を確保するなりまた出て行かれました。すぐの戻って来られると手に焼酎のワンカップです(笑)。ほどなくして、氷入りのグラスが置かれました。一連の行動はカウンターを挟んでごく普通にルーティン化しています(笑)。素晴らしいことに女将さんも入れて、皆さん結構楽しそうです(笑)。私はといえば・・、ちょっと心細くなったのはいうまでもありません(笑)。お店の中は私以外はすべて面識系で、完全アウェイ状態です(笑)。ということで、お店の KY 系を乱すのも少しアレではと思えたことも手伝って、さっさと頂いて出たげな・・^^。門司港まで行かれたときはいかがでしょうか^^?アウェイ時でも温かい接客は問題なくされますし、逆にお客さん少ないときなら特に女将さん喜ばれますよ~^^。ほんじゃ~^^。

PS

そんなんですから、営業時間は一応~15:30ぐらいまでとお持ち帰りとのとき仰っていらしたような・・?まあ sold out とかの場合はろんもち営業終了とないます。お休みは日・祝のようです。駐車場はすぐ近くにコイン P あります。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

うどん家 米
■ うどん家 米 ― 北九州市戸畑区 ―

bDSCN2275.jpg

bDSCN2278.jpg

実は・・、例によって?いつも変化なく?錦うどんで一杯すすって帰る予定で土曜日の14時ごろお伺いするも満杯で入れません。それでちょっと30ほど遅らせてもう1回アタックしました。前より待ちが増えている感じです。ろんもち駐車場も入れません。この時点でもう30分待っても状況はアレだろうから、本日は諦めました。それで仕方ないので?ラーメンにならないところがやはり最近の素晴らしいところではないでしょうか・・(笑)?でも正直こちらを思い出すまではラーメンになりかけていた(笑)。

bDSCN2273.jpg

15時なのでパートのおばちゃん達も帰る時間ですから、誰も先客はおられません。メニューを拝見してやはり看板のごぼ天かな?630円やん。そのしたにミニ400円です。問題なくミニにしました。なぜ・・?それはこちら旧店名、更新うどん 中原店だからです(笑)。どうも暖簾分けになられたようです。

bDSCN2276.jpg

そのミニですが、ご覧のような驚異のごぼ天が2本です。普通は5本です(笑)。その太さが半端ないす。ショボいオヤジは1本でも一本取られますな・・(笑)。2本で充分です。うどんもミニでも他所の普通はありますから、普通にしなくよかったとつくづく思ったげな・・(笑)。それで多分大盛もあるだろうから・・、それは想像を絶するアレ系になるのでしょう(笑)。

bDSCN2277.jpg

出汁もよく利いていて美味しかったです。ということで、さっさと頂いて帰ったげな・・。やっぱ近くにあれば少し通うことになるようなうどん屋で間違いないと思います。ところで、このごぼ天、天ぷらになる前に下味を少し付けていらっしゃるようですが、その辺が企業秘密なのでしょうか・・?どんな味でどのぐらい煮ていらっしゃるのかお聞きしてみたいのですな・・。でもそこはやっぱ聞くところでないのが企業秘密なのでしょうな・・(笑)。注:やや意味不明系になりかけている(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:うどん - ジャンル:グルメ

桔梗屋
■ 桔梗屋 ― 北九州市門司区 ―

bDSCN2377.jpg

bDSCN2372.jpg

bDSCN2371.jpg

何年ぶりだろうか・・?カウンター内にはお若い大将のようです。ということは・・、多分このお若い大将がまだ学生だったときにではないでしょうか・・?道理でこっちは・・、ショボいオヤジになり下がった訳だ(笑)。

bDSCN2374.jpg

bDSCN2375.jpg

bDSCN2376.jpg

かやくうどん400円とかしわおにおにぎり70円です。オーダーのとき、「かしわおにぎり」を「かやくおにぎり」といってしまったこのアレなミスは何なのだろう・・(笑)。まあうどんは400円ですから桃太郎の天ぷらうどんと同じですよ。それで計470円でこのぐらいだからやっぱ日常な感じのうどん屋さんで近くにあれば結構お伺いするとは思います。北九でも後継問題で廃業されるお店の多い中だから、こうして跡取りもいらっしゃって、特にオヤジさんが一番うれしいのではないでしょうか?まあ門司まで行かれたときは、いかがでしょうか・・^^。駐車場は少し山側にコインPあります。それにお買い物がある場合や何かお買い上げの場合は近くのスーパーで10数分ぐらいは置かせてもらいという方法もあります。

テーマ:うどん - ジャンル:グルメ

錦うどん
■ 錦うどん  ― 北九州市小倉北区 ―

aDSCN7717.jpg

aDSCN7715.jpg

本日は祝日で、2名でお伺いしました^^。そしたら・・、13時ごろだというのに駐車場に争奪戦になっていて10分ぐらい待ったかな・・?そして入って10分だから・・、まあこの時間帯ならいいほうかもしれませんな・・^^。

aDSCN7700.jpg

ということで肉うどん550円とかやくうどん500円とかやくおにぎり140円(2個)です。混んでいる理由は分かった・・、JK さんたちが多くて、ややゆっくり系だったから・・(笑)。まあこの年代ならある程度は仕方ないことでしょう(笑)。

aDSCN7719.jpg

aDSCN7712.jpg

ということで本日も出汁感のグンバツなうどんでした。まあここのうどんを頂くと他所が食えなくなるのが、一番の弊害だということです。

aDSCN7701.jpg

aDSCN7721.jpg

しかもまあ北九まで来てうどんとは・・、やっぱ非常に古系になってきたということか・・(笑)?でも一応申し上げておくとうどん以外の中華で1軒訪問したら・・、アレだったのだ・・(笑)。性根ないというのはマジでこのことなんでしょうな・・(笑)。オイオイ(笑)!

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

牧のうどん 奈多店
― ブリヒサシで増えるうどんに・・(笑)。 ―

牧のうどん 奈多店(福岡市)


aDSCN6500.jpg

aDSCN6488.jpg

宿題のところが14時だというのに sold out のようで、まあブリヒサシだから・・、牧のうどんにお伺いしてみました。まあ奈多店は初めてです。

aDSCN6485.jpg

aDSCN6487.jpg

ということでロング伝票を置いていかれました。2列すればロングにせずに済むのにと思ってしまう、ちょっと皮肉れたオヤジです(笑)。

aDSCN6489.jpg

野菜かき揚げうどん450円にしました。ということで、汁の入った薬缶とともに置いていかれます。

aDSCN6496.jpg

麺の固さは普通ですが、すでに柔麺加減なのは分かります。もう増える、スタンバり状態のよう・・(笑)?

aDSCN6495.jpg

aDSCN6499.jpg

牧の汁はやっぱ美味しいですな・・。アッパー材料を惜しみなく使用されている感じです。前にテレビで拝見したことありますが、牧の汁は一括して作られて各店配送だそうです。それで北九には進出されないのでしょうか・・?その辺の事情を聞いてみたいと思っていますな・・^^!責任者はもうベテランのおばちゃんでした。

aDSCN6494.jpg

で、汁が少なくなると足していきます。すると減ったうどんが何と元の量に・・(笑)。普通のうどんではそういうことはあり得ません・・(笑)。そういうのを数回繰り返します(笑)。

aDSCN6501.jpg

aDSCN6481.jpg

まあやっぱ増えるうどんの牧はいいな・・^^!ってマジで思ったとか・・(笑)。ほんじゃ~^^。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

麺や ほり野
― オイオイの間違い系か・・(笑)? ―

■ 麺や ほり野  ― 福岡県那珂川町 ―

aDSCN6243.jpg

aDSCN6251.jpg

最近福岡うどんシーンでちょっと話題なのはこちらではないでしょうか・・^^?って・・、いつの話や・・?ということかも・・(笑)?まあ付いて行けてないので許してチョ^^。

aDSCN6239.jpg

aDSCN6250.jpg

場所は福岡市の南にある那珂川町です。国道385号線を南からお伺いすると左側(西側)にお店があって、警備員の方が駐車場におられます。メッチャ混みになるのは存じ上げておりましたが、まあ時間帯が時間帯なので混んではおりませんでした。やっぱ警備員を配置させるぐらいなので、近くの新店舗にお伺いしようと思ってさらに北上すぐに分かりました。で、新店舗の方が少し安い(30~50円?)ということらしいのでなおさらです(笑)。そちらは反対車線なのでちょっとばかし進んで回ってそちらに入れました。

aDSCN6232.jpg

で、店員の方にお聞きするとまあごぼう天うどん500円がよく出るそうなのでそれにしました。メニューを拝見しているとそのごぼう天うどんがこちらの基本だと書かれていました。

aDSCN6245.jpg

aDSCN6236.jpg

程なくして来ました。一口。この出汁はいい素材を使用されているはすぐにわかりました。角はもちろん雑味の感じが全くありません。

aDSCN6249.jpg

うどんは少し平べったいのです。これには訳があるのでしょう。多分通し茹でされているので?この薄さで茹で時間を短縮されているのでしょう。でもまあ正直いえば・・、この柔さは少し茹で置きだと思われて仕方ない柔さでもありましたな・・(笑)。まあこれなら500円は妥当なところでしょう。

aDSCN6225.jpg

aDSCN6238.jpg

ということで、丼ものや天ぷらなどもヨサゲな感じは充分に想像できますな・・。近くにあれば通いそうですが、福岡まで来てラーメンを差し置けるか・・?ちょっと疑問ですが、最近の私ならあまり問題ないかも・・(笑)?帰ってちょっとググっていると本店と新店を完璧に間違えて敢えて高い方に入っていたのだ・・(笑)。オイオイですな・・^^。新店の方はほり野の麺工房ということです。駐車場は広くて少し安いそうです・・^^。ほんじゃ~^^。

HP

テーマ:うどん - ジャンル:グルメ

えびすうどん
◆ ちょこっと北九若松特集だったりして・・^^。

えびすうどん(北九州市若松区)

aDSCN1995.jpg

aDSCN2000.jpg

先日ちょっと市場付近でアチコチしていると・・、こういうお店をハケ~ン^^。帰ってググると即スタンバイ店に・・^^。やっぱ知らんということはあれなんよ・・^^。

aDSCN1996.jpg

aDSCN1993.jpg

ということで、珍しく?海老天うどん550円です。サイドをつけたかったが、止めておきました。雰囲気と時間からするとこの海老天は通し揚げのようです。まあうどんに乗っけるときは私はどちらでもいいのですな・・^^。

aDSCN1994.jpg

aDSCN1999.jpg

汁はクセのないマイルド系です。うどんは置きになっていますが、この麺線の不揃い感は好印象です。変に揃っていると機械を感じでしまいます(笑)。まあ付近にあればチョイうどんとかで頻繁利用店でしょう。事実来られる方はほぼすべて地元のオッチャンオバチャン系です(笑)。しかもオバチャンの一人うどんとかも多いので、やっぱこちらも地元に愛されているのでしょうな・・^^!

aDSCN1988.jpg

aDSCN1985.jpg

メニューを拝見するとセットものとかあったのでまた予定しておきましょう^^。ほんじゃ~^^。

北九州市若松区浜町2-5-27 TEL 093-771-2297
11:00~15:00頃? 日祝定休 海老天うどん550円

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

文福
◆ ちょこっと北九若松特集だったりして・・^^。

文福(北九州市若松区)

aDSCN1846.jpg

地元ブログを拝見させて頂いているとupされていて・・、うどんなのにここはお伺いしてみようと思うようになった次第です。場所は大正市場付近で、結構な老舗のようです。まあやっぱ知らないということはあれですな・・(笑)。ほんでもって横にその市場や付近のお店の契約駐車場があって、チケットをもらえるのでお店でハンコ押してもらうと1時間無料になります。

aDSCN1852.jpg

この前の通りを行けば、あの松崎ラーメンのところに出ます。

aDSCN1856.jpg

aDSCN1854.jpg

こちらは商店街です。全国のこういう場所は少なくないですな・・。郊外の大型SCに押され気味なのは経済の原則で社会の趨勢なのでしょう。理解は出来ますが、やっぱな・・。この通りも人で溢れ返っていた時代は確実の想像できます。それに小倉の旦過にしても、ここにしても北九の古きよき片鱗を感じることの出来る数少ない場所の一つになってしまったのでしょうな・・。誰もいない通りを通っていても、往時を思うと来し方の年の緒は軽くないことを感じさせてくれる場所でもありますな・・。

aDSCN1844.jpg

で、入ると女将さんがすぐに本日は海老天終了しました。と、仰いましたので、ごぼう天400円にしました。最初から何ですが、これちょっと前は350円と記載されていたのをハケ~ンしましたので、最近改定されたのでしょう(笑)。やっぱ小麦の原価の負担増なのでしょうな・・^^。

aDSCN1848.jpg

ということでよ~く温められて出てきました。ビジュアルですが、正直これからではごぼう天とは判断付き難いです(笑)。それにこの天ぷらの結構しっかりとしていてふやけるのにちょっとかかりました(笑)。一口。わ~、この出汁加減好きですな・・^^。錦@小倉北区はしっかり系なんですが、これはマイルド系でしょうか・・?甲乙付け難いですな・・。それにうどんは手打ちですが茹で置きですからふにゃふにゃです。逆にそういうところがこの出汁となかなかマッチしていて、嵌り系と申し上げて差し支えないでしょう^^。

aDSCN1847.jpg

aDSCN1845.jpg

と、いうことで頂いていると天ぷらがすべてふやけましたところでB級感もグンバツになりました(笑)。ポイントはこの時点で油っこくないということでしょう。これだけ天ぷらが汁に溶けているのだから・・、普通は少し油っぽくなるはずですが、そこがならないところがやっぱ長年地元で指示を得て来られた理由でしょうか・・^^?少しうどんで通ってしまいそうか・・(笑)?いけないですな・・(笑)。ということで・・、お馴染みのあのフレーズです^^。ちょっと下手なラーメンの出番はないです(笑)。ほんじゃ~^^。

北九州市若松区浜町2-7-4 TEL 093-761-1374
11:00~14:30? 定休:土日祝

※ 営業時間ですが、おおよそということです。15:00頃まで開いているときもありますし、電話していただければ開けておきますとのこと・・(笑)。私は何ぼ何でもうどん1杯でそこまでは出来ませんから・・(笑)。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.