FC2ブログ
ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!-しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010
てんま
― 久留米ラーメンということです・・? ― 

てんま(太宰府市)

aDSCN4273.jpg

aDSCN4281.jpg

宿題店になって久しいこちらにお伺いしました。ここの前の国道112号線は何回か通ったことありますので、お店まで辿り着くと「ここだったのか・・!」と・・(笑)。まあお店と名前が一致しかったという、私には極めて?よくあることです(笑)。

aDSCN4268.jpg

aDSCN4269.jpg

aDSCN4275.jpg

それで午後4時前のチョーアイドルタイムですのでご覧にようにお客さんはいらっしゃいません。それにしても個人商店でこれほどのキャパ店はほどんど存じ上げません。ざっと計算して・・、100席弱です。お昼時はこれで結構混むとそれは凄いことになるのでしょう・・^^。

aDSCN4267.jpg

aDSCN4266.jpg

aDSCN4276.jpg

ラーメンのみです。福岡 std で麺の固さを聞かれますので、普通でお願いしましたら、福岡にしては柔と思われる状態でした(笑)。その麺、横の製麺室でちょうど造られていました。そのため他所とは少し違うように仕上がっているのかもしれません?

aDSCN4271.jpg

aDSCN4272.jpg

aDSCN4274.jpg

aDSCN4280.jpg

スープはしっかりと炊き出されています。で、それで思うことは・・、久留米ラーメンの定義はないのですが、やっぱこれ頂いて久留米ラーメンかというとは少し違うように思います(笑)。やっぱここのその第1の理由は麺なのでしょうか?やや細くて加水率ちょっとだけ高いので少しつるつるなのです。ろんもち、このラーメンはこれで充分に美味しいかったのですな・・(笑)。宿題になっていた頃は500円でしたが、540円になっていました^^。まだまだ企業努力価格なのでしょうな・・^^。ほんじゃ~^^。

  ’1406
太宰府市通古賀5-15-19 TEL 092-925-0655
11:00~24:00 定休なし

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋遊楽
― 放置していたら引っ越されました・・(笑)。 ―

麺屋遊楽(那珂川町)

DSCN1832.jpg

DSCN1842.jpg

那珂川町って・・、どこ?って地元以外の方はお思いかもしれませんな・・^^?福岡市の南側で春日市、大野城市、筑紫野市の西隣です。九州新幹線のJR博多南駅のあるところと申し上げればお分かりでしょうか?新幹線のJR博多駅の次です。それにしてもこの辺は福岡都心部から少しありますので、やや長閑な感じはします。って、ゆーかー、住宅地になっていて現在も結構増殖中でしょう。都心部に比較的近いのがミリキな地域なのでしょうな・・。

DSCN1831.jpg

DSCN1830.jpg

そんなエリアになかなかな中華そばのあることをやっぱ地元のブログで存じ上げておりまして宿題になっていました。バリバリの豚骨王国で中華そばなんです。もちろん豚骨も置いてあって、そのスタンスはお店の方では双璧の提供のようです。出る量はやっぱ豚骨だとは思います・・?まずは冷たいお茶です。ウーロン茶のようですが、間違っているかもしれません・・(笑)?この細かいところにも配慮されていて大方ラーメンの予想は付きますな・・^^。こういうのナイスなファーストインプレッションと申し上げて差し支えないのではないでしょうか・・^^?

DSCN1834.jpg

DSCN1833.jpg

お店は通しでやっていらして、遠征組には有難いです。それで少し迷いはしましたが、ろんもち鶏ガラベースの中華そばにしました。すぐに出てきました。それにしても王国に来てまで、そんなに躊躇なく、豚骨以外系を選べる私も結構焼きが回った(笑)?って、ゆーかー、やっぱショボくなって来た証拠でしょうな・・(笑)。

DSCN1839.jpg

一口。表には芳醇という言葉を使用なさっていましたが、私はどちらかといえば・・、渋くキリリとまとめられたというような感じです^^。やたら旨みを追求することなく、あくまでもすっきりな旨みだけを抽出するのに専心されたような印象です。熟練の技を感じて、これはいいですな・・^^。

DSCN1837.jpg

680円とやや値段はしますが・・、そんなには高くは感じないでしょうか・・?まあこのスープを取る手間を考えると妥当なところでしょうか・・?このスープぢつは・・、地元さんのブログによれば・・、豚骨3:鶏がら7のいうことです。それですっきりした感じになっているのかもしれませんな・・?

DSCN1826.jpg

DSCN1828.jpg

これなら豚骨も旨いのは容易に想像付きますな・・。ということでその豚骨でリピ予定に・・^^。しか~~~~し、このエリアには宿題山積なんです^^。ザッと10軒近くはあるでしょうか・・^^?ところでこの辺は最近ご無沙汰なあの方の縄張りですな・・(笑)!ほんじゃ~^^。

那珂川町今光2-17 TEL 092-953-0808
11:00~21:00 定休月曜(祝日の場合翌日休)

  ’1212

PS
upをするのを待っていると昨年4月に福岡のブログで、福岡県うきは市吉井町1242-5 (吉井郵便局近く) 「中華そば おさみ」として御引っ越されるという情報を拝見しました。ちょっと遠くなりますが、ここは是非お伺いしてみたいと思います。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

たくま 三苫本店
― 一昔前までは結構畑の広がっていた場所なんでしょう・・^^? ―

たくま 三苫本店(福岡市)

aDSCN3959.jpg

aDSCN3967.jpg

場所は西鉄貝塚線の三苫(みとま)駅の西側です。東区ではありますが、田園風景の広がる地域です。よってお店の隣も畑だった・・^^。看板には大将のキャラ前面のトレードマークが描かれています。ちょっと怖そうですが、実際はその反対です(笑)。

aDSCN3961.jpg

aDSCN3955.jpg

お店を入ってすぐの自販機でラーメン500円のボタンを押してチャクセ~キ。セットものはミリキなのですが、福岡まで来るとちと難しいですな・・。ろんもち福岡 std の早さで出て来ました^^。

aDSCN3958.jpg

aDSCN3962.jpg

お~、やっぱこの細麺で福岡で頂いているの分かりますな・・^^。オマケに少し加水率低く、茹で加減、固めなので、捌きはあまりよくないです(笑)。まあ正直個人的には細麺よりは久留米ぐらいの太さの方が好きですな・・(笑)。

aDSCN3960.jpg

スープは少し粉っぽい感じですから、よく炊き出されているのでしょう。割りと福岡ではよく遭遇するようなラーメンといえそうですから、ファンもきっと多いはずです。注:遭遇すると申し上げても、あれこれと種類は多いのでそんなに頻繁ということではありません(笑)。ほんじゃ~^^。

福岡市東区三苫6-15-16 TEL 092-607-3865
11:00~22:00 水休
  ’1405

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺や小鉄⑤
― やっぱここは渋系でしょうか・・^^? ―

麺や小鉄(福岡市)⑤


DSCN8108.jpg

前にも思ったのですがこちらのお店の方はいつお伺いしても嫌味のない対応をされて、きっと大将の教育がしっかりとされていて、その内容がすべて店員さんに行き届いているのでしょう。情報の共有化とそれを支える「おもてなし」の心なのでしょう(笑)。あの某チェーン店やFC店にあるようなマニュアル対応は微塵も感じません^^。

DSCN8098.jpg

DSCN8096.jpg

本日は私1人ではなかったのでこんなセットものを一つ頂いてみました。本日も2/3チャーハンセットと餃子をそれぞれ頼もうとするとこの小鉄セットの方がお得ですよと勧めて頂きました。

DSCN8112.jpg

DSCN8109.jpg

結構チャッチャと出てきました^^。一口。アッサリの部類でしょう。でもイニシエ系タイプではありません。トンコツのいいところを上手に出されていると換言しても宜しいかと思います。まあこんなトンコツもあるのですよ~的な・・(笑)。

DSCN8110.jpg

DSCN8114.jpg

ここはご年輩の方も々結構来られるようなので、最近のヤングタイプではなくて、渋系なテイストなのでしょうな・・。この頃気付くことは、ごご年輩の方々の人気なお店を自分でも好むようになったということです(笑)。その点ではショボさ増幅なのでしょうな・・(笑)。

DSCN8116.jpg

DSCN8117.jpg

チャーハンはパラパラですが、ラーメンと比べるとやや普通な仕上がりかもしれませんな・・^^?でも「チャーハンはまずパラパラでなければ・・!」いうことは私の基準では全くないです(笑)。チャーハンの話はいづれまた・・^^。って・・、もう申し上げているかもしれませんな・・(笑)。

DSCN8104.jpg

DSCN8121.jpg

この餃子はラーメンと頂くにはちょっと小振りのアッサリタイプだと思います。この餃子はやっぱルービーでより真価ではないでしょうか・・^^?王将の餃子なら一人前でもそれなりな量ですが、この餃子は4つぐらいで王将の一つぐらいではないでしょうか・・^^?

DSCN8107.jpg

DSCN8126.jpg

ということで、普通はこんなコンサルっぽい箱は避けがちです(笑)。やっぱ何回も申し上げますが、「箱で判断してはいけない。」という教訓店でしょう(笑)。そういえばお店の南隣に空き地にご覧のような巨大倉庫のような建物が建っていました。着いたときは・・、場所間違ったか?と思いましたよ~^^。以前はジョイフルを確認できたのにな・・。その画像はここにリンクしておきます。ほんじゃ~^^。

  ’1309

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ひさご
― 王国で醤油系・・。  ―

ひさご(那珂川町)

DSCN5834.jpg

DSCN5844.jpg

福岡はトンコツ王国であることはこれまで何回も申し上げてきましたが、そんな中醤油で人気のこちらにお伺いしてみたく、ずっと思っておりましたわよ~^^。しかしまあなんですな・・、王国も最近は非豚骨店も多くなりましたな・・。でも正直申し上げれば・・、下手な醤油ラーメン店などはすぐに閉店にに追い込まれるのも事実なのでしょう。醤油同士の争いではなしにトンコツのとの争いは決着が早いように思います。

DSCN5835.jpg

日曜日のお昼時のせいか・・、駐車場は満杯で待ちまで出ている状況。待てない私は流石に一瞬考えましたが、やっぱここまで来て・・、と思うと待ちました^^。でも10分ぐらいで入れることはできました。まあ一人だから入るとすぐに座れました。やはりお休みのこんな時間帯は家族連れが多いですな・・。

DSCN5841.jpg

ご覧のようにここの大盛の丼はかなりデカイです。って、ゆーかー、洗面器クラスです(笑)。まあこれも販促の一つなのでしょう・・。実際はそのままのキャパなら4~5杯分は入りそうです(笑)。

DSCN5845.jpg

一口。これはなるほどな感じですな・・^^。これなら人気も分かるというものです。ホンノリ優しい仕上がりになっています。ネギもお玉いっぱいで結構入れられていました。これで500円はやっぱ納得ですな・・^^。

DSCN5854.jpg

麺はやや細い感じなちぢれ系です。それを場所柄か・・、ややカタで茹でられています。これをヤワヤワにするとややダレてくるのでしょうか・・?

DSCN5842.jpg

DSCN5836.jpg

このような王国の郊外の場所で醤油で勝負されていらっしゃるのだから、さぞかしご年輩の大将かな・・?って想像していましたが、なんのなんのお若い大将でした^^。混んでいたせいか、厨房内はてんてこ舞いな状況でした(笑)。その辺は課題でしょうが、お客さんにはこれまた実に丁寧でした・・。激辛系もあることだし、また予定に・・^^。ほんじゃ~^^。

那珂川町松木2-2-1 TEL 092-953-4104
11:30~15:00 17:00~21:00 定休水曜
  ’1306

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

博多塩ラーメン 城 JYO
― ビジュアル以上のしっかりテイストでちょっと意表系・・(笑)! ―

博多塩ラーメン 城 JYO(大野城市)

DSCN4620.jpg

DSCN4627.jpg

場所は結構複雑でして、他所者にとってはかなり分かり難い場所です。普通にしていればまず通るようなところではありません。本日ちょっと時間がありましたので、積年の宿題店に寄ってみました。ここは通し営業なので地元ではない者には有難いですな・・^^。

DSCN4621.jpg

DSCN4617.jpg

お店はきれいです。大将は結構お若いように思いました・・?それで初回なので看板の塩ラーメン600円を頂きました。手慣れた感じで造られます。持って来られて拝見すると・・、「この透明感は何・・?」と思いましたな・・(笑)。ネットで拝見していてもそうなんよ~^^。究極の透明感ですな・・。

DSCN4622.jpg

DSCN4626.jpg

それで一口。旨いです。正直これほどまでに旨いとはこの透明感から思えませんでした(笑)。旨み成分がスープに溶け込むとやはり少し透明感は薄れるように思えて仕方ないですが、ここにこのラーメンの完成レベルを慮らざるを得ません。すっきりしているのに不満は最初からないです。後半柚子ごしょうを投入するもこれもありでした^^。

DSCN4618.jpg

DSCN4615.jpg

麺は少し固麺に茹でられています。こりゃ~、間違いなく麺ばかホイホイですな・・(笑)。失礼ですが、予想外の旨さに即他のメニューも頂いてみたく思ったのはいうまでもありません^^。でもこれだけのためにはやっぱ行けないので、しばらくチャンスの来るのを待ちましょう^^。ほんじゃ~^^。

  ’1304
大野城市南ヶ丘5丁目1-31 TEL 092-596-2101
月曜定休 AM11:00〜PM21:00O(L.O.?)

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

一壺天
― 正真正銘の長浜ラーメンですな・・^^! ―

一壺天(筑紫野市)

DSCN5619.jpg

DSCN5631.jpg

巷間「幻の長浜ラーメン」ともいわれています。なぜ・・?なかなか開いていないからです^^。でも私の場合は何回かこの前を通っていますが、ほとんど開いていたのではないでしょうか・・?ちょっと皮肉な感じ・・(笑)?狙って行くと結構アレなのにな・・(笑)。

DSCN5621.jpg

ぢつは・・、最近の私のトレンドとなっていますのは、福岡市南部の那珂川町周辺です。那珂川町いうたら・・、博多演歌歌手の那珂川仁美さんです(笑)。よう営業してアチコチ回って感心ですわよ~(笑)。

DSCN5616.jpg

DSCN5622.jpg

その那珂川町の某店にしょうゆラーメンでお伺いする予定でしたが、飯塚市の時点で・・、これはヘマするともう1時間以上はかかりそうなので、予定をチェ~ンジ^^!冷水道路を通ってこちらにしました。約20分程でした^^。って、開いていたからいいようなものですな・・(笑)。忙しい時間帯は外しているのにお客さんは結構いらっしゃいますな・・。

DSCN5623.jpg

しかし、まあなんですな・・、こちらは看板も小さく、知らないとラーメン店だとは思えません(笑)。何も知らずに偶然来られる方はほとんどいらっしゃらないのではないだろうか・・(笑)。ラーメン店あったら何となく入ろう系の方々を取り込めない率は結構な数字になりそうですな・・(笑)。まあ来られる方はリピ系な方々なので関係ないとは思います^^。

DSCN5629.jpg

ラーメン400円だけです。ご年輩のご夫婦が黙々と働いていらっしゃいます。すぐに出て来ました。一口。「こりゃ~、メッチャ、な・が・は・ま~^^!」、すべてにおいて長浜イズムが貫かれているように思います。換言すれば・・、これぞ長浜ラーメンの教科書のような仕上がりです(笑)。普段防府の博多ラーメンは山口では珍しく結構長浜ラーメンになっていると申し上げていますが、こんなの頂くとやっぱ足元にも及ばないと思います(笑)。因みにどちらが旨いということではありません(笑)。

DSCN5617.jpg

あらゆるラーメンがオーバーラップする昨今です。長浜とてやはり影響を与えたたり、受けたりしていると思います、そんな中、長浜から遠い内陸部でこんな純粋な長浜系に遭遇するとは思いもしませんでしたわよ~^^。

DSCN5612.jpg

DSCN5610.jpg

ということで、結構辛いこれもあることだし、近くにあればリピ店になることでしょうな・・^^。それに何たって400円ですぜー、旦那・・^^!でも替玉が130円なのは少し普通とは違った路線か・・(笑)?皆さんも福岡市域南部で長浜なときはいかがでしょうか・・^^?ちょっと長浜ラーメンの一壺天に浸れますぜー!ただし開いていればの話ですので、スペア店も用意しておいてチョ^^。ほんじゃ~^^。

  ’1306
筑紫野市天山619 TEL 092-926-5151
月~土 11:00~15:20(夕方頃のところもある?)(土曜は~16:00頃) 定休日祝

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

いっぷく
― 禁断の糟屋郡シリーズ ⅩⅩ ―

いっぷく(久山町)

DSCN0873.jpg

DSCN0883.jpg

久しぶりのシリーズです。で、本日は13:45分頃にこのすぐ近くの福岡市東区の某店に行くとすでにsold outの札です。オイオイですな・・^^。で、そこは10年ぐらい前に1回お伺いしていて、いずれまたお伺いしてみたいと思っていました。しかし、まあなんですな・・。そんな時間帯にそうなるのだからやっぱ凄いというしかありません。また日を改めて予定しておきましょう^^。

DSCN0867.jpg

DSCN0874.jpg

ということでこちらに・・^^。前はよく通ります。節約コースならここに出てくる場合も少なくありませんから・・。でもいつでも行けるというこはなかなか行かないということでもありますな・・(笑)。まあこういう場合のスペアー店としてキープしているといえば、かっこいいかな・・^^?でも・・、ぢつは・・、隣のてんぷらの「ひらお」もちょっとスペアー店だったりして・・(笑)?

DSCN0871.jpg

DSCN0870.jpg

ここは確か東区にもあったように思います。だから正確には久山店なのでしょうな・・。ラーメンの600円は正直福岡では高い部類でしょうか・・(笑)?しかしまあメニュー表書いてあるように「トコ豚拘って」いらっしゃるのでそのぐらいコストはかかるのでしょうか・・?まあ替玉50円なので替玉すると到って一般的な値段にはなります。一口。福岡にしては結構濃いですな・・。やはり結構手間がかかっているのは分かります。その濃さで少し好みの出るラーメンのようにも思います?

DSCN0879.jpg

DSCN0882.jpg

麺は福岡stdの細さです。まあこのスープと麺の組み合わせはやっぱ福岡でも少ないように思いますので、他所ではまずなさそうな感じですな・・。逆にいえばないからこそ面白いのかもしれません・・^^?それからもやしです。日頃不要と申し上げている者としてはこれは結構有難いです。って、申し上げている割りには少し入れていたりして・・(笑)?いえいえ、このときは入れてませんよ~ん(笑)。ほんじゃ~^^。

  ’1210

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

青陽軒
― 福岡東地域チャンポン2題 その2^^。 ―

青陽軒(福岡市)

DSCN2479.jpg

DSCN2469.jpg

何年前だろう・・?HP時代以前だから10年近く前になるのでしょうか・・?1回お伺いしたことがあります。チョー古い話ですみません(笑)。お店も新しかったのでオープンもその頃だったかもしれません・・?実際のところはよく分かりません(笑)。それで非常に美味しかったのですぐ定休日等をお聞きして、次回突撃をスタンバらせておりました。しかし、それから上福時には結構前を通りますが、お伺いする機会を逃していました。理由・・?ありません。それにもう1つ理由はsold out終了ばっかでした(笑)。

最近になってそれではいけないと思って数回お伺いするもやっぱお昼の営業は済んでいました(笑)。それで付近の糟屋郡や東区等のお店に差し替えとなっていました。やっぱここの凄さは中華料理もありますが、ほぼチャンポン専門店と申し上げて差し支えないということです。チャンポンだけの昼だけ営業で経営が成り立つほどですから、その人気ぶりは推して知るべしですな・・^^。

DSCN2463.jpg

DSCN2470.jpg

その理由はやっぱ大将の一杯入魂のスタンスなんです。本日も私の一杯のために2回ほど味を確かめられました。もう何年も毎日それなりの量を作られているので、味はほぼ分かっていらっしゃるのに・・。なかなか普通、出来ることではありません。自分の仕事のことを考えると、やっぱルーチンになるほど予想は付き易いので省けるところは省き易いものです。

DSCN2462.jpg

DSCN2472.jpg

野菜や具の入れる順番も結構時間差をされています。もやしやネギはそれぞれ時間差の単独で・・。ちょっと他所で読んだのですが、キャベツは芯を取り除いてあるということです。

DSCN2473.jpg

DSCN2471.jpg

それからやっぱ麺もいいんです。もっちり感ですな・・。あるポイントで女将さんがてぼの中に投入されていらっしゃって、またスープで少し煮込まれるのを計算されています。

DSCN2466.jpg

というような状況下で女将さんと素晴らしチームワークでお店が回っているということです。付近は福岡I.C.の近くなので流通関係の会社が多いエリアです。そんなパワーを要する仕事の方々が多いので、このボリュームたっぷりなチャンポンはチョー人気になっているようです。よってすぐにsold outになるのでしょう^^。まあ福岡I.C.を利用されるようなときにはいかがでしょうか^^?ってまとめになります。普通は・・^^。しか~し、ここはそんな容易い状況下の営業にはなってないので、行かれる方はしっかりと計画して突撃して下さい(笑)。計画性のない私タイプのお店ではないと言い換えても差し支えないようで・・(笑)?

DSCN2478.jpg

ほんでもって・・、やっぱなんです^^。この日私はラストだったようで、帰るときにはご覧のようになっていました(笑)。営業時間は一応14:00までですが、場合によっては13:30前に営業終了は珍しくないような受け答えでした^^。まあ私はよく出来たチャンポンだとは思いますが、好みの差はもちろんあります。その辺はご了承下さい。・・(笑)。まあチャンポンよりその大将の仕事振りをご覧に行かれても損はないと思います(笑)。おっと、失礼^^!ほんじゃ~^^。

  ’1301
福岡市東区蒲田4丁目6-5 TEL 092-691-7333
11:00~14:00  定休日曜

PS

DSCF13826.jpg

DSCF13836.jpg

このお店から10分ぐらいで昨日の珍竹林です。その珍竹林の近くの農家の軒先です。こんな薪を拝見するの少なくなりましたな・・。それにしてもまあ凄いの一言ですな・・^^!

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

珍竹林
― 福岡東地域チャンポン2題 その1^^。 ―

珍竹林(久山町)

DSCF13746.jpg

DSCF13816.jpg

福岡でチャンポンを頂くことはほとんどありませんが、先日あちこちを拝見しているとこちらが載っていましたのでお伺いしてみました^^。まあここは普通にしていれば通ることはないような場所です。最近の節約福岡出張コースは犬鳴峠を通っているのでこの近くの道は通るのですが、その「山の神」という場所の信号のところを北に行ったことはありませんでした。その場所から1~2分ぐらいなので、以外に近い場所だったんです。ちょうど伊野皇大神宮の西鉄猪野バス亭前ですので分かり易い場所です。

DSCF13676.jpg

ちょっと遅い時間帯だったんでお客さんはいらっしゃいませんでした、しかし、小上がりでかわいいお孫さんが遊んでいらっしゃいました^^。

「こんにちは~^^。誰かおって・・?」
「おるよ~」
「呼んでくれる?」
「いいよ。・・・・。」
「誰かおって・・?」
「おるよ~。」
「チャンポン食べにきたんだけれど・・、呼んでくれる?」
「いいよ~。・・・・。」
というようなこんな会話です。次の行動が決まりません(笑)。

厨房がすぐだったんで覗いてみても誰もおられません。
「呼んで~や~^^。」
「わかった。」といわれて、やっと理解できたのか・・、「ばあちゃん~!」と呼ばれました(笑)。しかし、誰も出て来られません(笑)。もう1回私が呼んだときにお孫さんのおばあちゃんと思われる方が「すみません。」と仰いながら出て来られました^^。お店やそれに続くお宅は広くはないようですし、普段はおじいちゃんの大将や家族の方も誰かいらっしゃるようです。それにご近所の談話室的な側面も備えて結構賑わっているのでしょう^^。

DSCF13696.jpg

そしてチャンポン550円を頼んで待っていると・・、「カメラで撮るん?」と興味津々です(笑)。これはいっしょに撮った一枚です^^。

「撮って~!」とポーズで数枚とりました。まあ次回機会がございましたらプリントして持って行こうかな・・?って思っています^^。まあこのお店ちょっと失礼を許していただくなら雑然さ加減が逆にぬくもりを感じさせます(笑)。お店とプライベートなスペースの境界線が分からないぐらいなところが好きですな・・(笑)。

「どこから来たと・・?」
「あっちから・・。」私はあっちを指差しました。
「どこから来たと・・?」もう1回聞かれます。
「ずっとあっちから・・。」
「ふ~ん。これあげる。」
「ありがとう。」とおやつのラムネを頂きました^^。
すっかり遊び仲間になってしまっています(笑)。

ときどきおばあちゃんが「○○ちゃん、テーブルにあがったらダメよ~。」とか、私の携帯を触って遊んでいらしたので「携帯を触ったらダメよ~。」とか注意されます^^。まあ私としては全く迷惑ではなく逆に楽しかったですな・・^^。

DSCF13756.jpg

DSCF13786.jpg

DSCF13726.jpg

やっと?チャンポンが来ました(笑)。一口。トンコツベースのやさしい味のチャンポンで美味しかったですな・・。ここのおじいちゃんとおばあちゃんはネット情報からですが、長崎の御出身だそうですので、まあどちらかと言えば福岡のチャンポンというより長崎のそれなんでしょう?他に皿うどんなどもあってまたお伺いしたいと思いましたな・・^^。

DSCF13616.jpg

帰るころにはお孫さんはどこかに遊びに行かれていました。おばあちゃんに美味しかった旨、申し上げて出ようとするとテーブルにさっきのラムネを忘れておりました^^。「大変、大変、これを忘れるところだった!」と手にとっているとおばあちゃんは笑っていらっしゃいました。

DSCF13806.jpg

こんなお店ほっとしますな・・^^。きっとたくさんの顧客がいらしてお店以上の関係が成り立っているのでしょうな・・^^!ほんじゃ~^^。

  ’1206
糟屋郡久山町大字猪野984
092-976-0333
定休日や営業時間は多分決まってなさそう・・(笑)?

場所

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

博多ラーメン蔵
――  福岡一九系です。 ――

博多ラーメン蔵(福岡市東区)

DSCN0638.jpg

DSCN0628.jpg

DSCN0631.jpg

DSCN0637.jpg

お店の中にはご覧のように一九の暖簾です。福岡市と周辺に一九は何店舗あるのか?正確には分かりませんが、結構あります。そしてその本店は一九 老司店(大橋店?)ということです。まあそれは福岡のブログ等で存じ上げることとなったわけです。他に私は糟屋郡の一九 粕屋店にしかお伺いしたことはありません。それでまあいつかはお伺いしようとは思っていました^^。ところで・・、この敷地内に「あんず」というとんかつ屋さんがございまして、そちらは10数年前にお伺いしたことはありますがその頃はもちろんここはありませんでした。因みにそのとんかつ屋さんはかなり旨くてちょっと吃驚したことはここではhi・mi・tsuです(笑)。

DSCN0632.jpg

DSCN0629.jpg

午後4時ごろというまたオイオイな時間帯(笑)?にお伺いとなりました。ラーメン500円のみです。ということで、麺の固さは普通になりました。

DSCN0636.jpg

一口。食べ易いラーメンだと思います。よって家族で行かれるときはこのようなところが宜しいかと思います。食べていると麺が少し柔くなってきたのと少し福岡にしては加水率が高い麺ではないでしょうか?表面から受ける食感で素麺を頂いているような感じになりました(笑)。それはやはりスープにクセがないことも手伝っているのではないでしょうか?ここは少し固麺の方がよろしかもしれませんな・・?

DSCN0620.jpg

DSCN0621.jpg

DSCN0622.jpg

DSCN0627.jpg

ということで上記の一九の2店舗と比べるとやはり全然違うのは私にもよく分かりますな・・^^。因みに丼は同じような柄です。そうなるとこの一九系列も多分店舗によってそれぞれ違うのでしょうな・・^^?そう考えるとまだお伺いしてない一九にお伺いしてみたくなりましたが、福岡のヲタのオヤジ様たちかから「勝手に食べとけ!」ってメールとか、頂きそうです(笑)。ほんじゃ~^^。

福岡市東区原田4-32-44 TEL 092-621-8683
11:00〜22:00 不定休

  ’1210

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らぁめんシフク429
―― ちょっとこの塩は渋いと思うよ~^^! ――

らぁめんシフク429(福岡市)

DSCN0370.jpg

DSCN0385.jpg

地元福岡で紹介され出して、ここは行こうと思っていました^^。その理由は・・、例によってそんなに確たるものではありません(笑)。ただビジュアルはちょっと最近のトレンド系のような感じだったので正直内容は分からないのでは・・?と思っていました(笑)。場所は福岡空港のすぐ近くで営業所とか倉庫?のような場所で住宅地や商業地とは全く違った場所です。よって昼間人口の場所なんでしょう。どういう立地でこのような場所をセレクトされたのか・・?ちょっと聞いてみたいのが少し本音ですな・・(笑)。

DSCN0364.jpg

お店はきれいで最近のモダンな感じです。知らずに入ると少し外したかな・・?って思えるような一面もあるでしょうか・・(笑)?自販機で塩らぁめんをpush^^!

DSCN0380.jpg

DSCN0362.jpg

この自家製の麺を茹でるのに少しかかっていらしたようです。そういえば15時ごろのアイドルタイムだったんで、横のこのようなところでちょうど製麺されていらっしゃいました。

DSCN0374.jpg

一口。薄い感じですが、最初はこれでいいんです^^!下世話な感じはなくてどこまでも上流階級のラーメンって感じ・・?って上流階級の方々はほとんどラーメンとか召し上がられないでしょうけれど・・(笑)。鶏ガラのあっさりで、その鶏ガラの下処理をしっかりとされていらっしゃるのはすぐに分かります。嫌味がないのです。

DSCN0376.jpg

チャーシューはもちろん鶏のそれです。

DSCN0377.jpg

そしてこの麺です。これは存在感ありましたし、このあっさりプースーと非常によくマッチングしていると思います。これまでプロトタイプを限りなく試されて来られて、この組み合わせになったのでしょう。ちょっと塩ラーメンで集中したことは最近にないことです(笑)。まあこれまで頂いた塩では間違いなくトップゾーンの1つには入ります。これならコッテリの鶏白湯らぁめんにも興味津々となったのはいうまでもありませんな・・^^。

DSCN0369.jpg

ミル入りの黒胡椒とゆず胡椒です。お店の方にお聞きすると、どちらもありということでした。ゆず胡椒はときどき置いてあるところはありますが、ミルの黒胡椒はほとんど存じ上げませんな・・。一応試しにレンゲで範囲指定してミルを回してみました。それなりに変化は出ますが、やっぱ不要です(笑)。

塩らぁめん550円 鶏白湯らぁめん600円が基本です。トッピングで玉子100円や替玉150円や定食、他につけ麺などもあります。お近くまで行かれたときで、豚骨はちょっとな・・?って場合にはいかがでしょうか・・?ほんじゃ~^^。

  ’1210
福岡市博多区榎田2-3-1 TEL 092-474-0090
11:00-20:00 日曜定休

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

博龍ひろたつ
―― 禁断の糟屋郡シリーズ ⅩⅨ ――

博龍ひろたつ(須恵町)


DSCF14576.jpg

DSCF14466.jpg

スマートETCの須恵PAの近くです。お店があったのは存じ上げていましたが、やはり突撃スピリットを起こさせて頂いたのは地元の方々のレポでした^^。共同駐車場になっているようですので、駐車スペースは結構あります。それでお昼の営業は午後4時までという比較的お伺いしやすい営業ですが、ご覧のようにこの日は頂いていると準備中に・・^^。

DSCF14566.jpg

さてお店はそんなに広くはありません。もとカフェのようで、イスやカウンターなどオサレー系です。まあイスはややラーメン店にしてはフワフワです(笑)。昔こういうご指摘の方がおられたような・・(笑)。

DSCF14436.jpg

DSCF14446.jpg

ご年配のご夫婦でされていらしゃるようです。ラーメン400円のみです。忘れていましたが、ここはチャーシューおにぎり頂けばよかった・・^^。カウンターの下はこんな荷物置きです。この前の伍ノ壱@福岡市早良区のお店でもありましたな・・。ちょっとしたことですが、あるとア リトル コンビニエント^^。ややSS確保できず、ピン甘^^。

DSCF14476.jpg

DSCF14486.jpg

麺上げのすぐ横だったんでよく拝見できました。無駄な動きのない、ちょっと渋系な大将です^^。仕上げにスープを継ぎ足して出されました。一口。旨いですな・・。もうオヤジの好みをバッチリと理解していらっしゃるように思います(笑)。最近、やれ魚介だの、やれマー油だの変化球に磨きをかけがちなのは福岡とて例外ではないようです(笑)。そんな変化球は全く選択肢にないようなストレートなんです。しかもストレートに磨きをかけることにこそ執心されていらっしゃるようなコンセプトでしょうか・・?よってコンサバでこそ伝統のトンコツたり得るということなのでしょう。しかもそんなのが400円なんです。これはもう表彰状ものでしょうな・・^^。

DSCF14496.jpg

DSCF14506.jpg

敢えて言おう(笑)!天神やJR博多駅付近の有名ラーメン店を回って福岡のラーメンはどうのこうのは・・?やっぱどうかな・・(笑)?確かに全てが全てそうだとはいいませんが、やっぱこんな大将の作られるラーメンを召し上がられないとちょっとな・・?って・・(笑)。やっぱお叱りを頂くか・・(笑)?

DSCF14526.jpg

DSCF14456.jpg

それに以前申し上げましたが、やっぱカンパニーやコーポレーションのラーメン、マー油や魚介を付加価値として付けて斬新さを出すようなラーメンなど、私は最近ことにミリキはないようになってきたことはここに来て確認てきたようです。禁断の糟屋郡をやっているとショボさ加減がチョーマジで充実?してきます(笑)。ほんじゃ~^^。

須恵町須恵1070-2 つえだビル1F TEL 092-935-2604
11:00~16:00 18:00~23:00 定休月曜
  ’1206

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

みやちゃん
―― 長いこと宿題になってはいました・・^^。  ――

みやちゃん(福岡市)

DSCF16076.jpg

DSCF16016.jpg

本日は何とかお伺いしました^^。ネットで拝見するとそんなに多くはないけれどあり、そしてそれによれば・・、まあ古いタイプの私好みの?お店のようでしたわよ~(笑)。しかし福岡ではプライオリティが結構幅を利かしておりまして、なかなかお伺いすることはできませんでしたな・・。そんな中近くまで仕事で行ったので・・^^。でもすんなりとは決まらずこの近く某店と某店と某店とで四つ巴でした(笑)。←そんなチョーあり得へん日本語使うな!つ~の^^。

DSCF16036.jpg

DSCF15996.jpg

場所は国道3号線の福岡南バイパスから少し入ったところですから、ちょっと分かり難いです。ご覧のように新幹線の高架した付近です。例によって変な時間帯なんですが、他にお1人いらっしゃいましたわよ~。しかしまあここは漫画が多くて正しい昔のラーメン店のようでもありますな・・。もちろんラーメンのほうもそのようでしたな・・^^。

DSCF15976.jpg

DSCF15956.jpg

ラーメンを丁寧に作って持って来て下さったのはご年配の大将です。もうこのお店とともに何十年なのでしょうな・・。イニシエ系だと最初は思っていましたが、そうでもなくて普通に福岡らしい一面もあるラーメンのように思いました^^。ところでその「普通」とはどういうことか・・?って聞かれても答えられませんから・・(笑)。それに結構濃くてしっかりとしています。因みに表のテントには「長浜ラーメン」と書かれていますが、大方違うと申し上げえて宜しいかと・・(笑)。

DSCF16046.jpg

それは麺のご覧の細さというところからしても違います。この麺は「ラー麦」の麺ということですが、「ラー麦」のリリースはそんなに古くはないはずですから、昔は違った麺を使用されていたのではないでしょうか・・?古くからの常連さん達はやっぱ前に麺の方がよかったと思われているかもしれません^^。しかしこの麺は捌きはグンバツにいいですな・・。

DSCF16026.jpg

チャーシューも結構入ってましたよ。ちょっとチャーシュー麺な雰囲気ですな・・^^。これで450円はご立派です。プースーは充分に熱々で提供されることを意図的にしっかりとなさっておられまして、細かいところですが流石です。

DSCF15986.jpg

DSCF16006.jpg

まあここは他県から上福されて行かれる方は多分ほとんどおられないようなところなのは歴然としていると申し上げて差し支えないでしょう。決して有名ではないけれどオリジナリティはしっかりとあります。同じような味のラーメンが増える中、やはり個人商店としてミリキのあるラーメン店に思えて仕方ありませんので、是非とも続いて欲しいですな・・。まあ皆さんも機会がございましたら行かれてみて下さい。これも福岡のラーメンです。そのときは決してインパクトやstdさを求めて行かれないように・・(笑)。ほんじゃ~^^。

福岡市東区筥松1-8-31 TEL 092-622-1410
定休日曜 11:30~22:00(4時ごろから中抜き休みのようです。)
’1206

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

一八ラーメン 久山店
―― 禁断の糟屋郡シリーズⅩⅧ  ――

一八[いっぱち]ラーメン 久山店(久山町)

P4015180.jpg

P4015194.jpg

帰りにもう1軒頂いて帰ろうと思ってこちらの前にある「いっぷく」が未食だったんでそうしようと思いましたが、なぜかこちらになってしまった(笑)。そうここはチョーデフレ系の250円なのです^^。安上がりに持ち込もうという思いがひとりでにそうさせたのかもしれませんな・・(笑)。

P4015170.jpg

P4015182.jpg

自販機で食券を買います。福岡stdの麺の固さを聞かれて普通でお願いしました。一口。250円とは思えない旨さです(笑)。まあお店には一日一日手造りで作られていることが明記されていましたが、ここは他にも支店があって計4店舗分を一箇所で作られていて配送されているのか?どうか?までは分かりません。しかしまあこのデフレ加減は企業として何か努力されていなければ実現できない設定では・・?って思えるぐらい安いんですな・・^^。その一つ、油はラードでコスト削減のようです。しかしこのラードでも充分に美味しいですな・・^^。

P4015183.jpg

P4015188.jpg

チャーシューも普通入っています(笑)。替玉はしなかったけれど、しても350円で、こりゃ~もう安いの通り過ぎていますな・・^^。アホな私は考えました。このまま卸してもらってラーメン店を経営しても充分に成り立ちそうですな・・(笑)。

P4015172.jpg

全店パチンコ屋さんの敷地内?なので駐車場の争奪戦もございません^^。それにググると一九ラーメンの監修(傘下?)のもとにつくられているようですか・・?それなら旨いはずですが、やっぱこれだけ安いと素直になれない自分がいます(笑)。ちょっと不甲斐ないですな・・(笑)。近くにあれば、何も考えずに行くようなお店になるのでしょうな・・(笑)。JR博多駅付近(博多駅南店 福岡市博多区博多駅南6-8-1 092-483-0853)にもありますので、まあ皆さんもお近くまで行かれたらいかがでしょうか・・^^?ほんじゃ~^^。

久山町久原3259-3 11:00~22:00
  ’1204

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

伍ノ壱
―― 地元福岡で旬なところなのにいきなり高評判店のようなので・・^^。  ――

伍ノ壱(福岡市)

P4015145.jpg

P4015167.jpg

最近では新規店はなかなか行かない場合が多いのですが、こちらは地元福岡でちょっとすぐに高評価だったんでお伺いしてみました。午後5時前ごろというまたちょっとお客さんがほとんどいない時間帯です(笑)。入ると大将並びにお店の方が大きな声で挨拶して頂きまことに恐縮です^^。

P4015140.jpg

お店はチョーオサレー系です。このような行李のような荷物置きも設置なさっていらっしゃいます。って、最近では「行李って何・・?」でしょうな・・(笑)?行李という語彙が普通に馴染んで理解できる方はやっぱチョー古っいっすぜ~(笑)。普通は「オサレーな四角いバスケットがさり気なく置かれています。」というようにコメントするのだけれどな・・^^。行李じゃあ最初から話にならないですな・・(笑)。

P4015135.jpg

P4015138.jpg

メニューの3つラーメンです。ちょっとお聞きするとこの白が当店のオリジナルということでしたのでそうしました^^。

P4015137.jpg

ついでにセットものメニューです。端のところフレームアウトしていてごめんチャ^^。

P4015147.jpg

P4015150.jpg

一口。これは美味しいです。そして丁寧さが伝わってきます。そしてややコッテリで、魚介系のテイストも感じますが、魚介は多分入ってないでしょう。ときに豚骨ラーメンでこのような魚介系のテイストを感じるところもありますわよ~^^。チャーシューもとろけるタイプで、ここにもかなり拘っていらっしゃるのでしょうな・・^^。なるほど高評価というのはうなずける一杯になっています。私は結構好きなタイプです。

P4015165.jpg

P4015143.jpg

このお店のオープンは数ヶ月前のようですからかなり新店でしたが、大将のキャリアは長くベテランなのでしょうな・・。お近くまで行かれたときはいかがでしょうか・・^^?ほんじゃ~^^。

福岡市早良区有田3-10-7 TEL 092-874-1705
11:00~21:00
  ’1204

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺や小鉄④
―― ピリ辛の唐辛子練り込み麺で普通のラーメンを頼みました^^。  ――

麺や小鉄(福岡市)④


DSCF06323.jpg

DSCF06413.jpg

さて前日upのピリ辛を頂いて結構辛かったように思ったのは多分私だけではなかったはずです・・?もちろん普通の方々にとっての話ですけれど・・^^。それで本日はやっぱチャーハンセットなんでしょうが、何を考えていたのか・・、ピリ辛の練り込み麺で普通ラーメン500円のプースーでお願いしました。

DSCF06283.jpg

そしたらそういう方はそんなにいらっしゃらなかったのか・・、ピリ辛ラーメンで簡単にオーダーが通ったようでした(笑)。すぐに確認すると、やっぱそうなので、麺だけピリ辛の麺ともう1回申し上げました。替玉では普通麺との差は50円なので、多分550円だろうと思いましたが、ピリ辛と同じ600円になるとのこと。まあ50円ほどの差なので問題なくオーケーでした^^。

DSCF06333.jpg

DSCF06373.jpg

ピリ辛ラーメンのプースーの辛さは豆板醤ベースで作られているようでしたので、麺の方の辛さについてはあまり分からず、そんなには辛くないのでは・・?と思っていました。一口。ピリ辛となっています^^。麺から辛さが少し溶け出ていまして、不思議なとんこつラーメンという感じです(笑)。まあこんな感じなら普通の方々にとってはこの方がやっぱピリ辛ラーメンなのはないだろか・・?って思った次第です^^。で、メニューの方のピリ辛ラーメンは激辛ぐらいの設定になるように思えましたわよ~^^。でこの麺と豚骨は結構ありではないだろうか・・?って頂いていると思えてきました。麺のザクザクとした食感も結構いい感じです。まあこのタイプの麺はあまり他所にはないのでonly one的な価値のある提供のようですし・・。

DSCF06403.jpg

DSCF06303.jpg

日頃コンサル系どうのこうのいっておりますが、ちょっと連荘系反省シリーズでした^^。まあ一応言っておきますが、「明日のupはセットものかな?」はございませんから・・(笑)。このときからはお伺いしていません・・^^。セットものはまたいづれまた機会がございましたら・・^^!そのときは餃子とチャーハン、あるし、どちらかしようか・・?っと思っていますが、ぢつは付近にもう1軒強力な宿題店がありまして、こちらはちょっと遅くなるとsold outばっかなんです^^。数年前に1回お伺いしていて、いいじゃん系になっておりました^^!そのアッパーレベルを維持されている証拠が、やっぱsold outということなのでしょうから・・^^。ほんじゃ~^^。

  ’1203

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺や小鉄③
―― 懸案だった例のピリ辛ラーメンですわよ~^^。  ――

麺や小鉄(福岡市)③

P3174665.jpg

P3174698.jpg

こにゃ~にゃ~^^。本日も前回同様チョー変な時間帯です。つまり4時頃なんです(笑)。まあ通し営業はこんなときは有難いですな・・^^。しかし、入る前に1組出て行かれましたし、出ると1組入って行かれてお客さんは途切れることはないようですな・・。で、懸案だったピリ辛とセットもののどちらにしようか?迷うもやっぱ本日は何となくこちらにしました。普通のが500円なので100円ほど高いです。

P3174675.jpg

P3174682.jpg

麺もご覧のように辛系仕様です。オーダーの前に一応激辛になるか・・?お聞きするとやってないとのこと。よってそのままで・・^^。一口。結構辛いですな・・。ピリ辛ということですが、普通の方々にはやっぱ少し辛いと思いますので、あまり得意でない方はパスしておいた方がいいと助言できるぐらい辛いです^^。まあその辛さは豆板醤メインベースのように思いましたな・・?

P3174670.jpg

P3174673.jpg

しかしこのまとまりはちょっとやばいです(笑)。一般的にいえば、これ系の辛仕様ではやっぱ辛さ優先でややベーススープンの存在が前面に出てなかったり、バランスがイマイチなところも少なくありませんが、これはしっくりと来ているように思いましたわよ~^^。

P3174661.jpg

P3174702.jpg

で先ほどの唐辛子練り込み麺の辛さはよく分かりませんでしたが、食感の方はややパスパス感といいますか・・、福岡なのでポキポキ感といいますか・・、そのようなのは普通の麺より私はこちら派のように思いましたわよ~^^。よって帰りに普通のラーメンでこちらのラーメンの麺にチェンジできるか?お聞きするとオーケーでしたようなので、次回はちょっと替えて頂いてみたいように思いましたわよ~^^。って、セットものはどうなってんてん・・(笑)?ほんじゃ~^^。

  ’1203

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺や小鉄②
―― やっぱ策略のないストレート系でお好きです^^。  ――

麺や小鉄(福岡市)②

P3104597.jpg

P3104618.jpg

ちょっと福岡市市内で用事を済ませて、どこにお伺いしようか・・?って思うけれど、本日は数々の誘惑のプライオリティを格下げさせてこちらのセカンド訪問となりました(笑)。前回の印象が結構素晴らしかったからです。そして次回はサイド系の策定計画だったのですが、やっぱちょっとサイドは本日もカロリー的にご遠慮しときました^^。次回は是非と思ってはおりま~~す^^。

P3104600.jpg

P3104590.jpg

P3104591.jpg

ここはお店の方の対応がキッチリとしています。普通はホールの店員さんだけでしょうが、横の厨房からも大きな声が聞こえてきます。それが取って付けた感がないのですな・・^^。お客さんとは実際接してないのに、帰られる気配や様子でお声がかかるのです。そしたら、それをお聞きになられた他の従業員の方からも「ありがとうございました。」と・・。お店を出たときに休憩時間だったんでしょう?入口の自販機でコーヒーを買われていた他の従業員さんから外でまた「ありがとうございました。」やっぱお店内での情報や行動の周知が行き渡って図られているのでしょう。箱で判断はやっぱな・・(笑)。

P3104602.jpg

P3104615.jpg

まあラーメンの話メインなので、こういう話はおいといて(笑)、やっぱ小手先のテクを弄する感じがしないのですな・・。「うちはこういう普通に旨い味を追求してこんなラーメンになったんですが、よかったら食べてみて下さい。」というような感じです。唯一、私がちょっとタイプではないと思うのは麺の細さなんです(笑)。これは場所が福岡なんで仕方ないといえば仕方ないのでしょうが、やっぱこういうプースーなら久留米や北九のような中ぐらいので頂いてみたいですな・・^^。

P3104592.jpg

P3104595.jpg

ということで同じ店でファースト、セカンドと同じデフォのラーメンをというちょっとあまりしないようなことをさせてしまうだけのものがこのラーメンにはあるように思います。それにこの細麺さえこの際簡単に許してお伺いしようとさせるだけのものがあるよう思いましたわよ~(笑)。ほんじゃ~^^。

  ’1203

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

東浜ラーメン
―― 何・・??福岡でこんなラーメンとは・・^^?  ――

東浜ラーメン(福岡市)

P6119019.jpg

P6119045.jpg

東区の東浜は博多山笠のお汐井とりの箱崎浜の南隣と申し上げれば分かり易いかもしれませんな・・。しかし付近は企業団地のようなところで、仕事以外で他県から行かれた方は全く足を踏み入れない場所なんです。それでも国道3号線沿いは何かと馴染みがありますが、それから一歩入るともう地元でもそんなに行かないような場所でしょうか・・?そんな一画にありますこちら、以前博多区のうどん屋さん「かねいし」でご紹介させていただいた同じ方のところでまた知るにいたりました^^。結構前のですわよ~^^。

P6119049.jpg

P6119046.jpg

そのときはまあまず地元以外は行かないようなラーメンということで、すぐにメモが入りましたとさ~(笑)。ということで、バリバリな地元系を予想しておりましたわよ~^^。つまり長浜ラーメン or 博多ラーメンということです(笑)。因みにこの区別はすぐに分かる場合もありますが、やっぱオーバーラップの時代なので分かり難い、紛らわしい場合も最近では少なくないと私は思っておりますわよ~^^。

P6119024.jpg

P6119026.jpg

ということでチャクセ~キする同時ぐらいにオーダーコールしてしまった^^。すぐにここは福岡stdだったと反省する始末・・(笑)。しか~~~~し、麺を茹でるのにやたらかかって結構暇にしてしまったな・・^^。オイオイ、福岡でこんな麺を茹でるのにかかるところ探すほうが難しいぐらいやん(笑)!マジ、ヤワヤワで出てくるのだろうか・・(笑)?福岡で頼まない限りそんなヤワヤワなことはあり得へん(笑)!

P6119030.jpg

P6119033.jpg

やっと出て来ました。一口。旨いです^^。でも福岡ではあまりないタイプですな・・。北九なら充分にありそう^^。

P6119041.jpg

ということで麺ですが、福岡にしては結構太いやん!だからそんなにかかっていたのか・・?まあそうだから・・。福岡で普通は聞かれる麺の固さは聞かれなかったのかも・・?

P6119021.jpg

やっぱこのラーメンは福岡では珍しいタイプだと思います。でも逆にこんなラーメンもあるのが福岡の懐なんでしょうな・・?ほんじゃ~^^。


福岡市東区東浜1丁目5-13
  ’1106

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.