fc2ブログ
ぐるっとまわってちゅるちゅるポン!-しばらくは[関門麺]~[山口 食いもん屋探訪]のツートップとetc. -
福岡と広島と山口のラーメン中心のどうしようもないサイトです(笑)♪ 関門麺です♪
202404<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202406
桃園
タイトルオビ プロト2

■ 桃園[北九州市八幡東区]

cDSCN1064.jpg

cDSCN1065.jpg

小倉までちょっと用事です。最近では珍しくなりましたな・・。それで一麺して帰ろうと思ってラーメン店を思い出すも何気にその気ではありません。それで本日はチャンポンということにしました。それで戸畑までと思うも・・、これと申し上げて妙案は出ません。ということで珍しくこちらにチャンポンでお伺いすることにしました。それにしても最近の発想に貧弱さは全くアレとしかいいようがございません(笑)。

cDSCN1058.jpg

cDSCN1057.jpg

大盛とも考えましたが、やっぱチャンポンの大盛はショボ系オヤジには荷がアレではと・・(笑)。お店によってはとてつもないものが何事もないように出現する可能性もあることだし・・(笑)。普通のチャンポンにしました。まあイカとか海老とかが入っている訳ではありませんが、まだ550円は感謝です(笑)。さっさと頂いて帰ったげな・・。ほんじゃ~^^。

  ’2301

スポンサーサイト



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

桃園
タイトルオビ プロト2

■ 桃園[北九州市八幡東区]

cDSCN0493.jpg

すんなりとこちらになった訳ではなくて毎回お馴染みの?右往左往の挙句ということで・・(笑)。その詳細は省きます。久しぶりのやきめし半分のラーメンセット670円です。

cDSCN0495.jpg

しばらく来ないうちにもやしや胡椒の件も忘れていました。でもまあそんなに味を左右するほどでもないのでオーケーということで・・(笑)。だったら「そのまま頼めよ!」というご指摘有難く頂戴しておきます(笑)。同時提供と細かいところに配慮がなされています。ということでさっさと頂いて帰ったげな・・。ほんじゃ~^^。

  ’2207

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

エルボー
タイトルオビ プロト2

■ エルボー[北九州市八幡西区]

bDSCN7682.jpg

bDSCN7687.jpg

付近に用事なのでお伺いしてみました。ただ少し時間がかかるということなので11時に一旦中断してシャッター系でこちらのラーメン店に。そしたら待たずに入れました。12時台は結構混みそうな人気店ですから。ラーメン600円とチャ―タレ丼300円増とかのセット、辛子高菜のあるのを確認して(笑)、ライス小100円です。この日は3人ですから、ラーメンも3杯になります。店内はかなり席数を減らされたりしています。ご苦労です。

bDSCN7686.jpg

そんなに待たずに来ました。まずはラーメンから、ここは言わずと知れた、あの「ぎょらん亭系」のお店です。本店の山下大将が郷里の大分県臼杵市に帰られた現在となっては北九ではやはりフラグシップの一つを担うお店と申し上げて過言ではないのでしょう。現在の本店は箱はそのままですが、内容は少し違うように思います・・?どうでしょうか?

bDSCN7680.jpg

スープを頂くと山下大将のスピリット受け継がれているように思います。味は少し違うとは思います(笑)。こちらがショボくなったので、濃いスープに対応し辛いのかもしれません(笑)。因みにチャーシューは薄いタイプです(笑)。

bDSCN7677.jpg

bDSCN7678.jpg

他の辛子高菜やチャ―タレ丼(玉子は温泉玉子系?)も美味しく頂きました。12時台お店の前を通るとやはり待っていらっしゃいました。他にぎょらん亭で評判のいいお店がございます。また機会がございましたらまたお伺いしてみたいと思います。それと・・、やっぱ臼杵市まで山下大将の味を訪ねたいと思っています。大分市は最近では疎遠になっていますが、少し前までは結構お伺いしていました。大分市から1時間はかからないはずです?ほんじゃ~^^。

  ’2010

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

桃園
タイトルオビ プロト2

■ 桃園[北九州市八幡東区]

bDSCN6813.jpg

小倉までちょっと用事でしたが、すでに小倉は意味不明系のメッカと化していますから、こちらまで少し遠回りました。でもこちらも意味不明系だな・・(笑)。って・・、思っているとすでに去年の4月に意味不明系に格上げ?されていました(笑)。戸畑のよくお伺いしていたあのお店が閉店されるまではそちらで挫折していたので、そんなにはお伺できなかったのが事実なのでしょうか・・?

bDSCN6811.jpg

本日は基本に帰って半焼飯セット670円です。しばらく来ないうちに「もやし、胡椒抜き」のオーダーを忘れてしまっていました。全くアレとしか・・(笑)。確かにチャーシューが少ないとかありますが、やっぱこれで670円はないよな・・、って思わせてくれます。普通のところではラーメンのみの価格ですから。ほんじゃ~^^。

  ’2003

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

折尾一番
タイトルオビ プロト2

■ 折尾一番[北九州市八幡西区]

bDSCN5861.jpg

一応セカンドになりますが、撮らずに帰ったのもあったかも・・?というのもカウンターの横に座ると大将の麺上げのすぐ横になりますから・・(笑)。どのぐらい近いか?ってことですが、苦労せずに握手できるほどです(笑)。しかし本日は枚数は少ないですが、撮ってきました(笑)。チョー変なオヤジと思われたことでしょう(笑)。まあここはお店が広くなくてどこに座ってもちょっとアレなのも事実です(笑)。ラーメン470円とおにぎり1つ50円にしました。

bDSCN5862.jpg

こちらも細麺ですが、結構茹でられていて、予想通りの?ヤワヤワでした(笑)。しかも胡椒や紅ショウガまで・・(笑)。普段ならしないような仕様です(笑)。まあそんなにパシャパシャ系になっていませんが、やはりイニシエ系の部類でしょう。もうこのようなラーメンは意図的にしない限り増殖することはありません。やはりお若い方は少し固麺コールで頂かれるのでしょうな・・。問題は途中からこのヤワヤワのイニシエ仕様がピッタリと来るところがやっぱショボい証でしょうな・・(笑)。ほんじゃ~^^。

  ’1910

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

桃園
タイトルオビ プロト2

■ 桃園[北九州市八幡東区]

bDSCN3317.jpg

bDSCN3316.jpg

あの~、その~。もうええんチャウ・・!って、か・・(笑)?でも前回から半年ぐらいは経っていると思えますので許して下さい(笑)。そのせいか・・、もやし抜きをいうのを忘れてしまいました^^。全く焼きが回っているぜ・・(笑)。って、こんな表現を使っていると・・、それこそ焼きが回ってしまう(笑)?

bDSCN3318.jpg

bDSCN3314.jpg

bDSCN3315.jpg

それでまあ他所でもよかったのですが、非常に何んとなくになってしまいまして、定番を頂くことに~^^。それにしてもこれで630円はもう探してもアソコとアソコぐらいしかありません・・?ということで女将さんの遅いお食事中に630円ポッキリ出してさっさと出たげな・・(笑)。注:ポッキリの使い方はこの場合は正確な表現法ではありません(笑)。ほんじゃ~^^。

  ’1808

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

峰龍ラーメン
タイトルオビ プロト2

■ 峰龍ラーメン[北九州市八幡西区]

bDSCN3171.jpg

bDSCN3175.jpg

既にこちらは2~3回は挫折していると思いますが、やっとお伺いすることができました^^。というのも知るきっかけはこちらです。もう1ヶ月以上は経っていますな・・(笑)。まあ最近の私としては何をしてもすべてアレなんです(笑)。そしてその記事のなかでここは久留米のこちらのお店の姉妹店(暖簾分け?)ということで、結構古い話にアレしてしまったげな・・(笑)。日本語になってないというご指摘は素直にすべて認めます。まあ勘弁して下さいよ~ん^^。

bDSCN3172.jpg

bDSCN3168.jpg

場所ですが、ちょっと分かり難いです。普通に付近をダラダラ遠征していても、まず分かりません(笑)。この箱は前はうどん屋さんだったそうですが、そのうどん屋さんも、もろんもち存じ上げませんでした。少し改装されたのか?までは分かりませんが、非常にシンプル、雑然としたしたところはなくて、その辺は気を使っていらっしゃるのは伝わってきます。まあラーメンです、500円でも最近は非常に CP はいい感じに思いますな。

bDSCN3170.jpg

bDSCN3173.jpg

ろんもちすぐに出て来ます。何も言いませんでしたが、固麺です。まあこういう麺なら仕方ない一面もあるのでしょうが、ショボいオヤジは最近は固麺はまず一部のお店を除いてはしません。逆を返せばそれがもうショボい証拠ということでもあるのでしょう(笑)。横のオネーサン方は固麺コールされていらしたから、やっぱお若いですのぉ~(笑)。

bDSCN3174.jpg

ということで、もう4~5年前の久留米の大峰ラーメンと比べると全く憶えてないということは間違いないと思います(笑)。まあ一般的な久留米ラーメンとはべーやんさんも違うと仰っていましたが、確かにこれは久留米のラーメンではありませんが、ショボいオヤジに適合するラーメンだとは思います。皆さんもお近くまで行かれたらぜし・・^^。ほんじゃ~^^。

  ’1807

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

桃園
タイトルオビ プロト2

■ 桃園[北九州市八幡東区]

bDSCN2577.jpg

大方平均すると2か月1回ぐらいになるでしょうか?よって年間5~6回でしょうか・・?まあ書くことないのを無理に書いています(笑)。

bDSCN2574.jpg

本日はセットですが、やはり同時提供です。

bDSCN2573.jpg

何とはなしにテレビを拝見しているとあの親方がブリヒサシでテレビ登場でした。よくわからない世界だということはよく分かります(笑)。注:訪問はその頃でした。

bDSCN2575.jpg

ということでやっぱここもCPがグンバツにいいです^^。ラーメンのみを700~800円でを出しておられるところと比べると、やっぱかなりアレな思いになります・・(笑)。しかし、まあ内容が全くないですな・・(笑)。もう up の意味はアレだ・・^^。ほんじゃ~^^。

  ’1802

♯【認定ヘビロ系解除激期待店】

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

桃園
タイトルオビ プロト2

■ 桃園[八幡東区]

bDSCN2158.jpg

bDSCN2155.jpg

小倉まで用事でしたが、いつもパターンもあれなので、こちらに・・^^。って、オイオイ、こちらもパターン化の一店でしたか・・(笑)。本日はこれもパターン化しているミニチャーハンセットと思うもなぜか?大盛にしてみました。おおもりでも500円なんで、やっぱ CPいいような!

bDSCN2160.jpg

bDSCN2162.jpg

本日はもやし、胡椒抜きは忘れなかった・・(笑)。まあなんですな・・。どう考えてもショボいオヤジにしか適合しないようなラーメンですな・・(笑)。ということで・・、麺バカ精神を結構充実させる一杯でした(笑)。ほんじゃ~^^。

  ’1710

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン壱好 浅川店
タイトルオビ プロト2

■ ラーメン壱好 浅川店[北九州市八幡西区]

bDSCN1927.jpg

bDSCN1932.jpg

ということで・・、浅川店にお伺いしてみました(笑)。まあその間約2か月ほどは経っていて、何回かは挑戦して挫折したような・・(笑)。JR折尾の駅から北に少しのところにあります。まあメインの通りから少し入るので知らなければ行かないようなところといえばそうでしょうか・・^^?

bDSCN1926.jpg

カウンターだけのお店です。本店もそうでしたが、丁寧さは感じます。チャーシューも厚く、薄くカットすればチャーシュー麺クラスはあると思います。それで、半熟の半玉子ともやしです。これだけ載って500円なので、企業努力されています。まあ本店でも思いましたが、このもやしは要りません(笑)。まあ外野の私がとやかくいうべきことではないのはよ~く分かってはいますが、このもやしわざわざ細くなるほどしっかりと茹でられていてその分、量も少なく感じますが、なぜゆえにそうまでしてもやしなのでしょうか・・(笑)?

bDSCN1929.jpg

スープはやっぱ姉妹店なのでよく似ているように思いました。当然といえば当然なことです(笑)。暖簾分け店等ですでに結構違う場合がありますが、そういうことはまだありません。麺は細麺で出されました。いえば本店のように選べるのかもしれません。

bDSCN1930.jpg

ラーメンを出されたところで辛子高菜をもって来られたのでライス小100円を頼みました。確かに茶碗はそんなには大きくはありませんが、サービス精神で?バンバンに入れられました(笑)。このタイプの辛子高菜はあまりないように思います。以前申し上げましたが、ウエットタイプではなくて、ドライタイプのそれで、まあこれならラーメンインも選択肢の一つではないでしょうか・・?それで、私はお行儀アレですが、ご飯に辛子高菜を乗せて後半スープもインして頂きました。予想通り美味しかったです。カウンターだけのお店なのでお客さんが他にいらっしゃらなかったという条件下でのことですか(笑)。近くにあればメチャメチャ好みというほどではありませんが、このお値段ですから、通うと思います(笑)。ほんじゃ~^^。

  ’1709

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

鉄平 本店
タイトルオビ プロト2

■ 鉄平 本店[北九州市八幡西区]

bDSCN1572.jpg

ちょっと近くまで用事だったので、こちらに初訪問です。勝手な先入観から、好みから外れそうな感じだったので未訪なっていました(笑)。でも実際頂いてやっぱ一方的勝手系は反省しないといけないと自分にダメ出ししました(笑)。

bDSCN1568.jpg

bDSCN1567.jpg

bDSCN1566.jpg

辛子高菜もありましたのでライスも頂きました。ここの辛子高菜も美味しかったです。

bDSCN1571.jpg

bDSCN1573.jpg

一口頂いてすぐにこの味どこかで遭遇したような・・?って思うも「昨日の晩何食べたかな?」って思い出すのちょっと苦労するぐらいですから・・、こういうのはその何十倍も難しいことだと充分に理解して?すぐに放棄したのはいうまでもありません(笑)。でもどこか有名店だったような・・?それにちょっとこの訪問時には粉っぽい感じがしていたスープでしたよ。

bDSCN1575.jpg

麺も細麺の部類なので北九というより福岡寄りかもしれませんな・・?ということで、皆さんもお近くまでいかれたときはいかがでしょうか・・?

  ’1806

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

桃園⑧
タイトルオビ プロト2

■ 桃園[北九州市八幡東区]⑧

bDSCN1491.jpg

小倉まで用事だったが、いつもアソコやアソコでは芸がないやん!ってお叱りを頂くのでこちらまでブリヒサシでお伺いしてみた。←あんまし変わらんな・・(笑)。

bDSCN1492.jpg

ミニチャーハンのセットは鉄板的メニューだが、本日はおにぎりにしてみました。ところでこちらでおにぎりは頂いたことあるのか・・?って思うも、「昨日の晩御飯はなんだったけ・・?」的な状況なのですぐ思い出す努力は却下しました(笑)。

bDSCN1496.jpg

もやし抜きまではよかったけれど・・、胡椒抜きコールまではすっかり忘れている・・(笑)。それでも少量なので最初にその部分だけ頂くと混ざることはなく難は逃れた。←普通の方々にはどうでもいいこと・・(笑)。

bDSCN1498.jpg

もうあまりコイコイのイケイケ豚骨は難しいから本日も何となく清湯系豚骨は馴染んでしまったというチョーオヤジ~な話・・(笑)ほんじゃ~^^。

  ’1706

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

桃園⑦
タイトルオビ プロト2

■ 桃園[北九州市八幡東区]⑦

aDSCN9999.jpg

aDSCN9987.jpg

あれ~、知らない間にスポンサーサイトになっていた・・(笑)。オイオイですな・・(笑)。それで・・、またそれから積極的に?1週間ぐらい滞っているという・・、こんだーズボラ系だな・・(笑)。滞るにも程がやっぱあるというもので・・(笑)。

それでやっぱ問題は更新の仕方を忘れてしまっているという現実・・(笑)。そうだ・・、画像はどこだ・・?という現実・・(笑)。もうこうなるとアレだ・・^^。気を取り直して?慣れないことを慣れているように up しました^^。結構難しかった・・(笑)。

ということで・・、福岡県鞍手町までちょっと用事だったのでその付近で探していましたが、最近ではその辺はどうでもよくなって・・、途中にあるこちらにブリヒサシで寄ってみました。その前回は少し外し加減で、そんな日もあるのが、トンコツだと思ったとか・・。そして本日です。

aDSCN9996.jpg

aDSCN9992.jpg

まあここはジツリキはあると思いますが、やっぱ少し場所的なものもあってドチャ混みというのは存じ上げません。まあ12時台は出来るだけ避けているのでそうなのかもしれません・・?

aDSCN9989.jpg

aDSCN9993.jpg

で、まあ本日ももやし、胡椒抜きでお願いしました。よく観察しているとラーメンとミニ炒飯で出来上がる時間を一致させるよう、ラーメンのオニーサンが麺をスタンバイさせて待っていらっしゃいました。混んでいるとどうなっているか?までは存じ上げません。

aDSCN9991.jpg

aDSCN9986.jpg

で・・、本日は全く問題ないばかりか・・、いい方だったように思います。このシンプルさこそこちらの醍醐味で、ショボいオヤジ系なのかもしれませんな・・(笑)。最初の頃はやっぱこの薄さはちょっとな・・?って正直思っていたのは内緒です(笑)。って、ゆーかー、やっぱショボくなった証拠なのでしょうな・・(笑)。

一応、このコメントはお伺いしてすぐ書いていたし・・、内容的にはそうなのでしょう。ろんもち詳しくはよく憶えてりません^^。さあって・・、これで・・、スポンサーサイト様にはしばらく休暇を取って頂くことにしよう・・^^!まあまたしばらくしたら休暇から帰って来られることになるだろうことは想像に難くない!って、か・・(笑)。オイオイ^^!ほんじゃ~^^。

  ’1510

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン工房 龍
タイトルオビ プロト2

■ ラーメン工房 龍[北九州市八幡西区]

aDSCN8116.jpg

aDSCN8124.jpg

地元ブログで載っていたのでブリヒサシでお伺いしてみました。まあ結構前に数回はお伺いしています。まあちょっと14時を少しオーバーしていたので終了もあり得ると思ってスペアーはどこにしようか?と思案中でしたのは事実です(笑)。そしたら暖簾は出ておりまして何とか・・^^。

aDSCN8117.jpg

で、頂いていると終了閉店になりました(笑)。帰りに聞いてみますと・・、14時ごろまでは大方営業されていますが、15時は完璧に閉まっているとのこと某食べ○○には15時とも書かれていますのでそこは違いますから・・。

aDSCN8115.jpg

ということでラーメン570円と辛子高菜があるのでご飯160円にしました。「ご飯少なく・・。」と申し上げたのに普通でした(笑)。辛子高菜評論家としてはここのはやっぱアッパークラスで間違いないですな・・^^。

aDSCN8118.jpg

aDSCN8120.jpg

で、ラーメンはストレートなそれで、旨いです。注:ショボ系オヤジにはときに濃いと思われることが少しあることもお知らせしておきます(笑)。変化球や小手先系では最初からありません。ということで前述の某食べ○○では115件ほど記事になっていますから、その評価は推して知るべし系ですな・・^^。ほんじゃ~^^。

北九州市八幡西区三ケ森2-3-28 TEL 093-612-8868
11:30~売切れ終了 水曜、第2木曜
  ’1503

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

桃園⑥
タイトルオビ プロト2

■ 桃園[北九州市八幡東区]⑥

aDSCN7531.jpg

aDSCN7527.jpg

ちょっと門司まで用事です。さらに数時間後にまたお伺いしないといけないから、2~3時間ほどのところで探すとやっぱ小倉のあそこかな・・?って・・、ザセツの用意ですな・・(笑)。近くまで行くと・・、少し考えて本日はこちらまでにしました。正直いえばザセツ店の列挙をしていましたが、定休日を珍しく?思い出しました(笑)。

aDSCN7522.jpg

aDSCN7523.jpg

15時ごろだったので他にお客さんはおられません。お店も女将さんだけです。頼むものはミニチャーハンセット630円にしました。なるべく同時提供を心掛けて段取りをされているのはよく分かります。

aDSCN7521.jpg

aDSCN7524.jpg

まずはチャーハンですが、まあここの std レベルでしょう。量は確かに少ないですが、このぐらいで充分です。

aDSCN7526.jpg

aDSCN7530.jpg

本日ラーメンは少し雑味が感じられてこちらにしてはややあれですな・・(笑)。決して不味くはありませんが、そういう日もあるということなのでしょう・・(笑)。ほんじゃ~^^。

’1501

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

宝来軒
タイトルオビ プロト2

■ 宝来軒[北九州市八幡東区]

aDSCN5671.jpg

aDSCN5678.jpg

先日こちらのブログを拝見していてここがあの東洋軒@小倉北区のルーツ的な存在であることを存じ上げて、やっぱお伺いしてみようと思うようになって数週間後実現に到りました^^。私にしては結構速攻系だったかな・・(笑)。

aDSCN5670.jpg

まあなんちゅーか、やっぱ東洋軒っていうたら・・、小倉では有名店の中でもその存在はグンバツなのでご存知の方々も多いでしょうな・・^^。まあ詳しいことは前出のブログをご覧になってチョ^^。その辺のコア加減と正確さではちょっとダントツで他の追い上げはありません(笑)。場所は旧電車通の春の町です。駐車場はありませんけれど、付近にはコインPはかなりあります。

aDSCN5675.jpg

まあ正直いえば・・、以前からずっとお店は存じ上げておりましたが、お伺いするには到っていませんでした。理由・・?駐車場がなくて・・、久留米ラーメンと書かれているからです(笑)。おおよそ結構な久留米ラーメン店で、「どこが久留米ラーメンなのだろう・・?」と思うから・・(笑)。前にも書きましたが、ろんもち久留米ラーメンの定義とかはありません(笑)。でも私にとっては大方このぐらいで久留米ラーメンだと思われるのは北九では小倉蹄鉄@戸畑区とぼたもち@若松区の2店です^^。

aDSCN5667.jpg

入るとL字のカウンターのみので非常に歴史を感じるお店です。年齢からしたら、現大将の奥さんでしょうか・・?麺上げをお1人で担当されていました。もっともお伺いした時間帯は昼の忙しい時間帯ではなくて14時台だっと思います。でも先客3名です。皆さん若い世代には入りません(笑)。よって常連さんならこのラーメンとの付き合いは結構長いはずです。付近には競合店もあるある中、やっぱこのラーメンなのでしょう。

aDSCN5665.jpg

メニューは到ってシンプルです。こういうシンプルさのあるメニューを拝見する機会は極めて少なくなりましたな・・。大歓迎です^^。先客の2杯の後、すぐにカウンター上に on されました。一口。正直、トンコツずっと後方です(笑)。まあすでに存じ上げていた訳ではありませんが、鶏ガラのウエイトがそれなりにあるのでしょうな・・。優しい感じのラーメンです。他地域と比べて北九のバリエーションは一回り違うぐらい豊富だと思いますが、このような味のラーメンも頂いた記憶はありませんな・・。それからはやや集中系に・・^^。

aDSCN5676.jpg

まあ包み隠さずいえば・・、このラーメンから東洋軒には私は何とも・・(笑)。よって知らなければ、まず分からない自信?はあります(笑)。でも言われてみればほんの少し共通点もあったかな・・?ぐらいです(笑)。それで、やっぱ東洋軒の暖簾分け店の宝龍@小倉北区になるとこれはもう同じ系統とは思えません(笑)。

aDSCN5674.jpg

aDSCN5666.jpg

こうしてラーメンの味は受け継がれていくのでしょうが、やっぱこういう系統を存知あげて啜るのも少し面白いことだと思ったことですから・・、やっぱべーやんさんに感謝ですな・・^^。ほんじゃ~^^。

北九州市八幡東区春の町5丁目8-3 TEL 093-662-4300
  ’1409

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

一貫
― 焼鳥屋さんのラーメンではありませんな・・(笑)。 ―

一貫(北九州市八幡東区)

aDSCN4258.jpg

aDSCN4261.jpg

場所は八幡東区でも戸畑区寄りになります。大通りから少し上がったところです。

aDSCN4263.jpg

戸畑方面からですと、ちょうどこのJR鹿児島本線の高架をくぐってすぐの信号のところから上がります。その上がるところに看板がかかっています。本日は旗も立っていました。戸畑から八幡に抜けるときは大方この道になるので、前から存じ上げてはおりました。

aDSCN4254.jpg

しか~~し、北九まで来て焼鳥屋さんのラーメンを頂くにはやっぱリスクだらけと考えるのが普通でしょうか・・(笑)。それで、放置プレーになっていたところ昨年からやっぱ北九の麺バカさん達が行かれているのを某食べ○○で存じ上げて、じゃあとお伺いすることにしました。1年以上前の古いお話・・(笑)?でもその間お伺いしていてやっぱ昼の営業を15分オーバーしていたことなどもありましたよ(笑)。

aDSCN4255.jpg

aDSCN4256.jpg

で、本日は13時ごろですから充分に余裕でした・・^^。お店はテーブル席4席だけのこじんまりした店内です。ご覧のように焼酎キープもありますから夜も繁盛されているのでしょう。メニューを拝見するまでもなくラーメンと申し上げてチャクセ~キ^^。

aDSCN4259.jpg

すぐに出てきました。一口。結構しっかりと炊かれたスープですな・・。しかしまあここまでの味を出されるには結構手間はかかっているのはすぐに分かりましたな・・。

aDSCN4257.jpg

aDSCN4260.jpg

ということで、トッピ類も入れてこれは焼鳥で出されるようなラーメンではなかったという話だったげな・・(笑)。普通にラーメン店・・(笑)。ほんじゃ~^^。

北九州市八幡東区枝光4-16-4 TEL 093-662-9400
昼 ラーメン 11:00~14:00 夜 焼き鳥 18:00~23:00
  ’1406

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

桃園⑤
― チュワンポンを何となく・・^^。 ―

桃園(北九州市八幡東区)⑤

aDSCN3131.jpg

aDSCN3125.jpg

付近の未食店にお伺いするも・・、14:20だった・・。営業は14:00までだった・・。やっぱな・・(笑)。もう何も動じない強い精神力・・(笑)!←そういうなのは精神力というじゃあない!このアホッ^^!敢えていうなら性根のない精神力かな・・(笑)。⇒ということで、あの全部乗せ宿題もあるあそこも考えたが、やっぱそれでは芸がないということで、こちらに・・^^!

aDSCN3121.jpg

aDSCN3118.jpg

まあここでもそろそろ芸はないレベルになりつつありますな・・(笑)!ということで座ってメニューを拝見して毎回ラーメンでは芸がないかな・・?って思ったとこころで、本日は480円という値段にミリキを感じてチュワンポンにしてみることにしました。少し芸力? up か・・(笑)?←やっぱ救いようのないアホ・・(笑)!

aDSCN3130.jpg

aDSCN3128.jpg

女将さんが蒸し麺になりますが宜しいですか・・?って聞かれたので即オーケー^^。まあここは一般的な太麺と選べるのですが、このときは太麺は何かの都合でなかったか? sold out だったのでしょう。

厨房の方で何やら非常に手の込んだ調理ですが、やっぱそれぞれ理由はあるのでしょうな・・^^。仕上げに胡椒パッパッ・・。胡椒抜きをいうの忘れたがまあこの量ならほとんど問題はない量でしょう。でも一応胡椒のところはすぐにヤッツケました^^。

aDSCN3122.jpg

aDSCN3124.jpg

ということで、やっぱ野菜のしんなり加減とかもプロの技を感じます。流石の炒めだと思いますな・・。ここの麺はゴムのような感じではなくて、結構柔いと思います。茹で時間の差でしょうか・・?ろんもち戸畑蒸し麺と一言で申し上げても、麺の感じは結構バリエーションあるのでしょうな・・^^。よって数店のみで戸畑蒸し麺はこうだ!断定することは意味のないことなのでしょう・・?ろんもち私も反省・・(笑)。

トータル的に許容の範囲ですが、やや濃い味付けなのでやっぱラーメン同様薄味指定のほうが宜しいかと・・^^?またお近くまで行かれたときは時間を外せばそんなに混まないこちらはいかがでしょうか・・^^?

しかしまあ私の基準でいえば、このチャンポンはやっぱトップレベルゾーンだと思いますな・・^^。因みに現在のところ、そのトップゾーン店は・・、八福@北九州市戸畑区、寛太郎@北九州市戸畑区、マルケン@北九州市若松区、蘭風@下関市、ふじ@下関市、来秀軒@宇部市ぐらいまではすぐに思い出せます^^。ほんじゃ~^^。

  ’1404

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

桃園④
― 本日も戸畑のあそこは多そうなので・・^^。 ―

桃園(北九州市八幡東区)④

aDSCN0871.jpg

aDSCN0864.jpg

aDSCN0862.jpg

aDSCN0861.jpg

やっぱ私は待つの苦手な部類で間違いですな・・(笑)。本日も多そうなので前回同様パスしてしまった・・^^。それでこちらに来るとすんなりです。戸畑のあの多さからするとお昼時はこちらも結構混んでいるのでしょうか・・?

aDSCN0867.jpg

aDSCN0869.jpg

aDSCN0863.jpg

それで前回すすさんのお勧めのくーぱーさん仕様で出汁の旨さをストレートに味わって来ましたよ。どんなのかというと・・、薄味、胡椒なしです。それで私はさらにもやし抜きにしてもらっていますで、さらにそうだと思います。まあそれにネギ抜きすればさらにそれ系かもしれませんが、まあそこまですることないと勝手に決めてしまったチャン^^。まあ薄味なので、少し輪郭がルーズになった感は否めないが、まあこれも非常にあり!な仕様でしょうか・・?言えばデフォと本日の中間ぐらいの薄さがベストかもしれませんが、味わう側にそんな力量はないのが問題でしょう・・(笑)。ほんじゃ~^^。

  ’1312

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

KIWAMI
― ベースはトンコツスープか・・? ―

KIWAMI(北九州市八幡西区)

aDSCN0376.jpg

aDSCN0382.jpg

前からちょっとお伺いしてみたい坦坦麺でした。まあ北九で坦坦麺はもう1軒ありますが、それはいずれまた予定に・・^^。場所は黒崎の繁華街の一角です。近くのコインPにinして訪問です。お店は面白い三角形の作りなっています。その斜辺部分のカウンターだけのお店です。入ってすぐにチャクセ~キとなります(笑)。

aDSCN0374.jpg

坦坦麺700円を辛さ4(1~5)でお願いしました。まあ大方MAXでもよかったのですが、やっぱ辛さの基準はお店でマチマチだし、あまり辛くしても味が分からないのもあれなので・・^^。

aDSCN0379.jpg

aDSCN0375.jpg

それでまあベースにスープはどうもトンコツメインのようですので、結構こってりしています。それに最初は少し酸味を感じましたが、ミンチ等をよく混ぜるとなかなか馴染んできます。中国山椒の加減はそんなに強くはないようです。って、ゆーかー、あまり強くするとちょっとマニアックになることは大将は熟知されていてこのようにされているのでしょう・・?

aDSCN0381.jpg

aDSCN0383.jpg

それで問題は坦坦麺の一大派閥といえば陳ファミリー系だと思いますが、それと比べるとやはり違っていると思いますな・・。こちらはやや抑え気味で少し日本風にアレンジされているようで、それから先は好みの問題でしょうか・・^^?他にとんこつラーメンや中華そばなどもあったので近くにあればリピコースでしょうか・・^^?ほんじゃ~^^。

  ’1311

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.